エルビス プレスリー 映画。 エルヴィス・プレスリーの映画作品

エルヴィス・プレスリー

エルビス プレスリー 映画

エルヴィス・プレスリー謎の死因とは?!娘リサ・マリー・プレスリーの現在は? エルヴィス・プレスリーは、キング・オブ・ロックンロール さて、突然ですがクイズです!キング・オブ・ポップと言えば、マイケル・ジャクソン。 では、キング・オブ・ロックンロールと言えば、誰でしょう?正解は、エルヴィス・プレスリー。 彼は、史上最も成功したソロ・アーティストとしてギネスにも認定されています。 1935年生まれで、1977年、まだ42歳の若さでなくなっているエルヴィス・プレスリー。 1950年代に芽吹いたロックンロールのフロンティアとして、ロック・アラウンド・ザ・クロック、まさに世界中の若者たちを、熱中させました。 今では考えられませんが、当時のアメリカ(白人)社会において、ロックンロールは黒人の音楽とみなされ、激しく腰や体をくねらせて踊るスタイルなどが、良識ある白人の大人たちに大ひんしゅくを買っていました。 しかし、留まるところを知らない若者たちの熱狂は高まるばかり。 エルヴィス・プレスリー自身は、飲酒もせず、好きな食べ物はピーナッツバター・サンドという素朴な青年で、不良どころか、熱心なプロテスタントの信者でした。 1950年代は、まだ、古き良きアメリカという時代だったのかもしれません。 エルヴィス・プレスリー謎の死とスーパースター家族の葛藤 エルヴィス・プレスリーは、スーパースターで在り続けることのプレッシャーからか、過食や、さまざまな薬物を摂取することによる極度の肥満で、体を蝕んでいきます。 そして1977年8月16日、メンフィスの自宅バスルームで倒れているところを発見されました。 ドーナツを食べ過ぎて喉に詰まらせて死んだ、ドラッグをやりすぎて死んだなど、もはや都市伝説化しているエルヴィス・プレスリーの死因。 しかし、実際のところは、処方された薬の摂り過ぎからなる不整脈による突然死という検死結果でした。 エルヴィス・プレスリーだけでなく、マイケル・ジャクソンや、ホイットニー・ヒューストンなど、多くのスーパースターたちが、過剰な薬物摂取が原因で、亡くなっているのは残念なことです。 スーパースターたちの運命や人生は、また新たな伝説を生み出します。 エルヴィス・プレスリーの一人娘、リサ・マリー・プレスリーは、世紀の大スターだったマイケル・ジャクソンと結婚。 わずか2年で離婚しています。 リサ・マリー・プレスリーは、その後も結婚と離婚を繰り返し、4度目の結婚後、イングランドでやっと落ち着いた日々を過ごしているそうです。 すべてが血筋のせいだとはいえませんが、スーパースターとは、本人だけでなく、その子供たちにとっても、時に大きな負荷を背負わせる宿命を持つものなのかもしれません。 エルヴィス・プレスリー関係の名曲ベスト3!オススメ映画は? エルヴィス・プレスリー、ロックンロール&バラード、ベスト3 エルヴィス・プレスリーが、音楽シーンに残した功績は、偉大なものです。 初期のロックンロールもいいですが、珠玉のバラードも最高です。 ロックンロールなら、定番の「Jailhouse Rock」(監獄ロック)、「ハウンド・ドッグ」。 そしてなんといっても、「ハートブレイク・ホテル」でしょう。 これらの曲は、当時日本でも、ロカビリー歌手たちがカバーしたことから、広く一般に知られています。 後に「バラードの名手」とまでいわれるようになった甘い歌声は、エルヴィス・プレスリーならではのものです。 エルヴィス・プレスリーの映画は、元祖アイドル映画だった エルヴィス・プレスリーが歌う曲のほとんどは、彼自身の主演映画の主題歌となって大ヒットしました。 エルヴィス・プレスリー主演映画は、1956年の「やさしく愛して」を始めに、1969年の「「チェンジ・オブ・ハビット」まで、13年間の間になんと31作が制作されましたが、その後は、ツアーやライブ、記録映画が3本作られているだけです。 そのほとんどが、たわいのない歌入りのアイドル映画ですが、「監獄ロック」、「G. ブルース」、「ブルー・ハワイ」、「ラスヴェガス万才」など、どれもこれもが大ヒット。 これは、エルヴィス・プレスリーのマネジメントを担当していたパーカー大佐の戦略で、エルヴィス・プレスリー本人としては、俳優として、もっと本格的な作品に出演したかったようです。 エルヴィス・プレスリーが、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団によって40年ぶりに復活 エルヴィス・プレスリーが、再び脚光を浴びています。 彼がロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団をフィーチャリングして作ったアルバム「イフ・アイ・キャン・ドリーム」をメインに、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団が、エルヴィス・プレスリー死後40年を期して、ツアーを敢行することが決定したそうです。 このツアーでは、アルバム使用曲に収録されているエルヴィス・プレスリー秘蔵の歌声が聴けるだけでなく、エルヴィス・プレスリーの元妻プリシラ・プレスリーも特別ゲストとして参加する予定だそうです。 エルヴィス・プレスリーの元妻プリシラ・プレスリーは、「このアルバムのライブデビューであると共に、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によって、他のヒット曲の数々を披露できることは、たいへん光栄なこと」と語っています。 しかし、このコンサートツアーは、故マイケル・ジャクソンのドキュメンタリー「This is it」の世界的ヒットを多分に意識して企画されたものに違いないようです。 スーパースターというものは、本人の思いとは関係なく、死後であっても、さまざまな思惑によって利用されるのも仕方がないものなのでしょうか……。 エルヴィス・プレスリーが、今までも多くのアメリカ人に愛され続けているのは、彼の存在自体が、光り輝く1950年代の、古き良きアメリカの象徴であったからなのかもしれません。

次の

エルビスプレスリーの生涯・年表まとめ【名曲や名言、死因まで解説】

エルビス プレスリー 映画

エルビス・プレスリー伝記映画にオースティン・バトラーが決定 2019年7月17日 11:00 オースティン・バトラー [映画. com ニュース] 「」「」のが監督する歌手の伝記映画に、がプレスリー役として抜てきされた。 米Deadlineによれば、タイトル未定の本作は、貧しい家庭に育ったプレスリーが世界的スターになるまでの軌跡と、長年彼を支えたマネージャーとの関係を描く。 プレスリーを見出しスターに育て上げたマネージャーのトム・パーカー役は、が演じることが決定している。 注目を集めるプレスリー役には多くの若手俳優が名乗りをあげ、バトラーのほかに「」の、「」の、「」で俳優デビューを果たした元ワン・ダイレクションのがオーディションの最終候補に残っていた。 このほどプレスリー役を勝ち取ったバトラーは、昨年、と共演した舞台「氷人来たる(The Iceman Cometh)」でブロードウェイ・デビューを飾り、その演技が高く評価された。 また、現在全米公開中の監督の新作「」や、7月26日全米公開の監督の新作「」にも出演しており、今後本格的にブレイクしそうだ。 プレスリー伝記映画の脚本は、ラーマン監督作常連のが監督と共同執筆している。 「」「」で美術賞・衣装デザイン賞を受賞したが、今回も美術と衣装を担当する。 米ワーナー・ブラザースが製作し、2020年初頭に豪クイーンズランド州でクランクインの予定。 (映画. com速報)•

次の

エルヴィス・プレスリーの作品

エルビス プレスリー 映画

本物のサンタクロースを自称する老人が巻き起こす騒動を通じて、夢を信じることのすばらしさをうたい上げたハートフルなドラマ。 ジョージ・シートン監督・脚本、モーリン・オハラ主演で47年に公開された同名映画を、「ホーム・アローン」「恋しくて」のヒットメーカー、ジョン・ヒューズ製作・脚本でリメイク。 監督はデビュー作「原始のマン」に続いて2作目となるレス・メイフィールドが当たった。 エクゼクティヴ・プロデューサーは「ホーム・アローン」シリーズのウィリアム・ライアンと、「赤ちゃんのおでかけ」のウィリアム・S・ビーズリー。 撮影に「ホーム・アローン」のジュリオ・マカット、美術に『おじさんに気をつけろ!』(V)のダグ・クレイナー、音楽に「赤ちゃんのおでかけ」のブルース・ブロートン、編集に「オンリー・ザ・ロンリー」のラジャ・ゴズネルと、ヒューズ作品の常連スタッフが集結。 ほかに、衣装で「リバー・ランズ・スルー・イット」のキャシー・オレアなど。 またナタリー・コール、レイ・チャールズ、エルヴィス・プレスリー、さらにアレサ・フランクリン、ケニー・Gらの新曲まで、全編を彩るクリスマス・ソングの数々も聴きもの。 主演は「永遠の愛に生きて」などの監督作や「ジュラシック・パーク」などの出演作で知られるリチャード・アッテンボローと、「ミセス・ダウト」の子役マラ・ウィルソン。 共演は「フリント・ストーン モダン石器時代」のエリザベス・パーキンス、「ザ・シークレット・サービス」のディラン・マクダーモットほか。 監督はデニス・サンダース、撮影は「ワイルドバンチ」のルシエン・バラード、編集はヘンリー・バーマン、音響はラリー・ハドセル、ライル・バーブリッジ、衣装デザインはビル・ベルーがそれぞれ担当。 出演はプレスリーと、エレキ・ギターのジェームス・バートン、ピアノのグレン・ハーディン、ギターのチャーリー・ホッジ、エレキ・バスのジェリー・シェフ、ドラムのロニー・タット、ギターのジョン・ウィルキンソンとボーカル・グループ「ザ・スウィート・インスピレーションズ」「ザ・インペリアルズ」、ジョー・グエルシオ指揮のインタナショナル・ホテル管弦楽団など。 監督 出演キャスト エルヴィス・プレスリーの音楽映画としては第1回作品「やさしく愛して」から21本目にあたる作品。 「青春カーニバル」のアラン・ワイスの原作から、アラン・ワイス自身とアンソニー・ローレンスが脚色。 監督は、「ブルー・ハワイ」から6本のプレスリー作品の助監督をつとめた、マイケル・ムーアの第1回作品。 撮影は「荒野の駅馬車」のW・ウォーレス・ケリーが担当。 音楽はジョセフ・J・リリー。 プレスリーをめぐる助演者には、「ボーイング・ボーイング」のスザンナ・リー、「太陽にかける橋」のジェームズ・繁田、「底抜け男性No7」のドナ・バタワース、「レッド・ライン7000」のマリアンナ・ヒルなど。 製作は「青春カーニバル」のハル・B・ウォリス。 監督 出演キャスト.

次の