エクセル 複数 セル まとめる。 複数セルの文字列を「&」で結合してひとつのセルにまとめる

複数のセルの内容を結合する、セル内で改行して結合する~Excelの達人技

エクセル 複数 セル まとめる

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 Excelの表内に含まれる「 重複データ」の確認。 よくある作業の1つですよね。 データが数件であれば検索や並べ替えでも事足りますが、数十件、数百件となると、かなりの手間がかかります。 重複が原因でデータの整合性がとれなくなってしまうこともあるので、しっかり取り除いておきたいものです。 【 エクセル時短】第12回では、重複データへの対処で役立つ2つのテクニック• [重複の削除]機能で重複データを削除する• 「COUNTIF」(カウントイフ)関数で重複データをチェックする を紹介します。 [重複の削除]機能で重複データを削除する Excelの[データ]タブにある[重複の削除]は、その名の通り、重複データを削除する機能です。 1つの列だけでなく、複数の列に含まれるデータを組み合わせて重複を判断できるのが特徴です。 重複しているデータはすぐに削除されます。 以下の例では、氏名、性別、居住地、年齢を組み合わせて、重複しているデータを削除します。 1[重複の削除]ダイアログボックスを表示する 表全体を選択し、[データ]タブの[重複の削除]ボタンをクリックします。 2重複データとして判断する列を指定する [重複の削除]ダイアログボックスが表示されました。 ここでは[氏名][フリガナ][性別][居住地][年齢]の列に含まれるデータを組み合わせたとき、重複するデータを削除します。 組み合わせたい列名にチェックマークを付け、[OK]をクリックします。 3重複データを削除する 重複データを削除するメッセージが表示されました。 重複データの数と、一意の値(重複しておらず残ったデータ)の数が表示されます。 [OK]をクリックすると重複データが削除されます。 COUNTIF関数で重複データをチェックする 重複データをチェックしたいけど、すぐに削除したくない場合は、「COUNTIF」(カウントイフ)関数とIF(イフ)関数を組み合わせて重複データを見つけ出しましょう。 COUNTIF関数は、指定した条件に一致するデータを数える関数です。 COUNTIF( 範囲, 検索条件) 1つ目の引数[ 範囲]に検索対象のセル範囲対象を指定し、2つ目の[ 検索条件]に条件を指定します。 最初に、[氏名]列に重複データが含まれているかをチェックしてみます。 セルH42までドラッグしてコピーすると、重複データをチェックできます。 このCOUNTIF関数をIF関数の条件にし、1より大きければ「重複」と表示、そうでなければ何も表示しない、という結果になります。 とセル参照が変化していき、重複データをチェックできるという仕組みです。 ただ、このままでは[氏名]列のみのチェックなので、今度は[氏名][フリガナ][性別][居住地][年齢]の列に含まれるデータを組み合わせた場合に、重複しているデータがあるかをチェックしてみます。 セルG42までドラッグしてコピーしておきます。 B列〜F列を連結した結果が入力されているG列を対象に、重複データをチェックできるようにした形です。 3数式をコピーする セルH3の数式をドラッグして、セルH42までコピーします。 [氏名][フリガナ][性別][居住地][年齢]の列に含まれるデータを組み合わせて、重複データをチェックできました。 この例では[氏名][フリガナ][性別][居住地][年齢]の列に含まれるデータを組み合わせて重複データをチェックしたかったので、B列〜F列を連結した結果をG列で求めたうえで、COUNTIF関数のセル参照をG列にしています。 少々粗い手法ですが、チェックには有用です。 重複データを削除したいときは[重複の削除]機能、チェックだけしたいときはCOUNTIF関数。 賢く使い分けて活用してください。 関連まとめ記事• close 閉じる.

次の

複数セルの文字を一つのセルに−CONCATENATE関数・文字列連結演算子:Excel(エクセル)の関数・数式の使い方/文字列

エクセル 複数 セル まとめる

JavaScriptを有効にしてご覧下さい。 文字列や数値を分割する方法は前項で学習しました。 分割する方法を理解したら、今度は結合する方法も知っておかなくてはなりません。 Excelでは、計算表ソフトという性質上、文字列や数値といったデータを「分割」して細かく集計していくというのがステップアップの流れになりますが、逆に、どんな場面で「結合」したいと思うでしょうか? おそらく、それほどあるわけではないと思います。 前項でも触れましたが、自身で一から作成したデータであれば、文字列や数値を結合したいと思うことはあまりないでしょう。 しかし、他のソフトからエクスポートしたCSVファイル等をExcelで利用する場合や、他の人が作成したデータを利用する場合は、自分の使いやすいように加工する必要性が出てくる場合があります。 例えば、下図のように「書籍番号」と「書籍名」を別の列に分けて入力している場合で、他の一覧などで使う名称には書籍番号と書籍名を結合した「登録名」を使いたいような場合です。 それでは、「B列」の「書籍番号」と「C列」の「書籍名」を結合させ、「D列」に結合させた文字列を表示させてみましょう。 代表的な方法は2つあります。 すると、セル同士の値が結合されます。 単純に「B3」セルの「A1001」と「C3」セルの「新大陸紀行」が結合して「A1001新大陸紀行」と表示さます。 いたってシンプルな方法で、あとは数式をオートフィルでコピーすればすべての列で文字列を結合させることができます。 (オートフィルについて詳しくは、 を参照していください) ただ、これだけでは芸がないので、この方法を少し応用してみましょう。 単純に文字列や数字をくっ付けて結合するだけではなく、前項で学習したような区切り文字で連結させることも可能です。 例えば、「書籍番号」と「登録名」の間に「半角スペース」をプラスして結合することができます。 固定の文字列や記号等を組み込むこともできます。 「""」の中はスペースだけでなく、記号でも文字列でもかまいません。 例えば、「県名」を省略している住所録があって、すべての住所の先頭に「県名」を付け加えたい場合などに効果的です。 では、次の方法です。 同様に数式を用いますが、今度は関数を使います。 利用するのは、 CONCATENATE関数(コンカティネイト関数)・CONCAT関数(コンカット関数) になります。 基本的にはこれら2つは同じ関数です。 Excel2016バージョンからCONCAT関数が新たに追加されています。 ただし、2016バージョンであればすべて利用できるわけでなく、CONCATENATE関数の上位関数になるので、本項では、CONCATENATE関数のみ解説します。 関数式の検索方法は、数式バー横の「fx」ボタン(「関数の挿入」ボタン)から検索する方法に慣れている方も多いと思いますが、最近のバージョンでは「数式」タブより検索する方法が簡単です。 下図のように、カテゴリ別にボタンがあって、そのリストメニューからダイレクトに関数を選択することができます。 ここでは、「文字列操作」ボタンより「CONCATENATE」を選択します。 すると、「関数の引数」画面が表示されます。 あとは、連結したいセルを「文字列1」と「文字列2」に指定するだけです。 これで、指定したセルの文字列を結合させることができます。 このように、CONCATENATE関数の操作は非常に簡単です。 連結するセルは、最大30まで指定することができます。 同様に、関数式をオートフィルでコピーすればすべての列で文字列を結合させることができます。 また、CONCAT関数と同じく、Excel2016バージョンから追加された、 TEXTJOIN関数(テキストジョイン関数) も、簡単に文字列を結合させることができます。 TEXTJOIN関数はCONCATENATE関数よりも機能が上です。 例えば、マウスで範囲指定した範囲すべてのセルに入力されている文字を結合させたり、区切り文字を指定して、例えばハイフン「-」を指定すれば「-」で文字列同士を連結させることもできます。 ただし、CONCAT関数同様、2016バージョンであればすべて利用できるというわけではないので、本項では割愛したいと思います。 さて、このように異なるセルの文字列を結合させるのは非常に簡単です。 しかし、これらの方法による結合は、ある問題が生じることになります。 どういうことかというと、結合したセルの値は、あくまで計算式による「計算結果」となるため、元のデータを削除したり変更したりすると、ともなって値が変化してしまうということです。 結合値を値として確定するためには、コピーして「形式を選択して貼り付け」より「値」を選択し、計算式ではなく値として、もう一度貼り付け直す必要があります。 (「形式を選択して貼り付け」について詳しくは、基本操作の を参照してください) なお、すべての結合が完了したあと、同じセル(列)に「形式を選択して貼り付け」をすると、新しい列を作成する必要もなく、元データの変更に影響されなくなります。 このほか、もうひとつの注意点があります。 それは、数字を結合させる場合です。 すると、おわかりのとおり、数字を結合すると左揃えレイアウトとなり「文字列」として認識されます。 したがって、「文字列」認識では、これらのセルの計算が正しく実行されない場合があります。 下図のように、単純な足し算(SUM関数)の計算結果が「0」になっています。 数値認識させたい場合は、これも同様に、コピーして「形式を選択して貼り付け」より「値」を選択し、計算式ではなく値として、もう一度貼り付け直す必要があります。

次の

複数セルの文字を一つのセルに−CONCATENATE関数・文字列連結演算子:Excel(エクセル)の関数・数式の使い方/文字列

エクセル 複数 セル まとめる

タイトル• =を入力• 結合したい文字のセルをクリック• 文字列結合の記号『&』を入力• 結合したい文字のセルをクリック 動画にあるように、結合したい文字列は2つだけじゃなくもっと多くても構いません。 その場合でも、結合したい文字と文字の間に『&』を挟むだけ。 エクセルのCONCATENATE関数でセルのデータを複数結合して1つのセルにまとめる方法 次は、CONCATENATE関数という『文字を結合する関数』を使う方法。 関数と聞くと、『難しそう』と思うかもしれませんが、マウスでポチポチするだけでいいので、さきほどの『&』を入力する方法よりも簡単かもしれません。 こちらも動画で、CONCATENATE関数の使い方を確認してください。 どうですか? 関数を使う方法といっても、関数を選んでマウスで結合したいセルを選ぶだけです。 『=』で始まる式の入力に慣れていない人は、こちらの方法の方が簡単だと思います。 なお、結合したい文字は最大30個までとなっています。 そんなに結合する人いませんか^^ エクセルでセルのデータを複数結合して1つのセルにまとめる方法のまとめ 今回のポイントは文字列を結合できる『&』です。 結合したい文字と文字の間に、この『&』を挟むだけなので簡単に結合ができると思います。 この方法を覚えたら、応用として同じように文字を結合できる関数の方も使えるようにしましょう。 文字の結合ができるCONCATENATE関数は、ただ結合するだけではなく便利な指定方法も用意されているので、ステップアップとして関数もぜひ覚えておくことをおすすめします。

次の