セブンティ ウイ ザン ドラマ 化。 小日向文世&竹下景子『70才、初めて産みますセブンティウイザン。』

「70才、初めて産みますセブンティウイザン。」再放送と見逃し配信動画 NHKプレミアムドラマ

セブンティ ウイ ザン ドラマ 化

70才、初めて産みますセブンティウイザン。 のあらすじは?(ネタばれあり) このドラマは、自然妊娠による超高齢出産という奇抜な設定で始まります。 サラリーマンの江月朝一が65歳の定年を迎えたその日、帰宅すると、70歳間近の妻・夕子が「私、妊娠しました」と爆弾発言。 「ついに認知症か!? 」と焦る朝一だったが、夕子は大真面目。 町の産婦人科でも妊娠と診断され、医師も目を丸くする。 夕子は産む気満々だったが、朝一は思い描いていた穏やかな老後が崩れ去ったことに焦るばかり。 何とか覚悟を決めた朝一だったが、超高齢出産はリスクだらけで、周囲からは猛反対にあう。 覚悟が揺らぐ中、訪れた大学病院で、院長の鬼子母龍太郎から初めて「妊娠、おめでとうございます」と言われた夕子は泣きだす。 引用: インドでは70歳以上の出産のニュースも聞いたことはありますが、日本ではまずありえないことです。 漫画だから描ける世界観だと思っていたのですが、実写ドラマではどのように再現してるのか楽しみですね。 70才、初めて産みますセブンティウイザン。 出演者は? 出演者は主人公の夫:江月朝一に小日向文世さん、妻:江月夕子に竹下景子さんです。 出展: 画像からもわかるように、とても幸せそうな笑顔が印象的ですね。 その他の出演者は以下の通りです。 染蔵秀雄(夕子の実兄):竜雷太 大野恵(秀雄の娘):前田亜季 鬼子母龍太郎(夕子の主治医):中村梅雀 黄桜豊子(鴨南市役所子育て支援課の職員):伊藤歩 巻田タケシ(マンションの上層階に住む若いパパ):矢本悠馬 巻田サチ(タケシの妻):蔵下穂波 巻田朋子(サチの母親):ふせえり 玉川今日子(パパママ教室で知り合う):臼田あさ美 玉川亘(今日子の夫):田中美央 アチャコさん(朝一のバードウォッチング仲間):笑福亭鶴光 ハシビロくん(朝一のバードウォッチング仲間):山本圭祐 勝村(夕子のパート仲間で友人):根岸季衣 鰯田(朝一の元上司):吉澤健 山本(若き日の夕子の恋人):宇崎竜童 漫画の中では、出てきていないキャラクターもたくさんいますので、漫画とは違った人間ドラマが展開されていくのでしょうね。 出演者のコメント 【小日向さんコメント】 初老の夫婦の我が子の出産、育児、そこから始まる右往左往する日々、その先の人生の不安、非現実的なのだけれど痛い程身につまされる。 そしてファンタジーな時間。 不思議な縁を感じています。 長男が生まれた時に、新生児室に並ぶ赤ちゃん達をガラス越しに見つめ、一日中そこに居たかった事を思い出しました。 竹下さんと命のパワー溢れる赤ちゃんを抱っこして演じる現場が今からとても楽しみです。 【竹下さんコメント】 驚きました。 夕子さんが70才で出産する。 しかも初産!? 無理、って感じです。 でも、同じ頃、障がいのある女性が医療チームのサポートのもと命がけで赤ちゃんを産んだニュースを読みました。 「母になる」という強い思い。 夫や周囲の支え。 ハッとしました。 子育ての追体験、というより、これはもう未知との遭遇です。 生まれ変わったつもりで、ドラマの中のリアルを一つひとつ宝探しのように拾いあげていこう。 小日向文世さんの朝一さん、どうぞよろしくお願いします。 放送日はいつから? 放送開始日:2020年4月5日(日)22:00~ 放送局:NHK BSプレミアム(8本シリーズ) まとめ 今回は「70才、初めて産みますセブンティウイザン。 あらすじは?出演者は?【ドラマ】」と題して、まとめてみました。 セブンティウイザンという漫画は、私のような子育て世代だけでなく、どの世代でも楽しめる内容になっています。 笑って泣けるドラマになっていると思いますので、今から放送されるのが楽しみですね。

次の

セブンティウイザン(ドラマ)のあらすじやネタバレは?キャストは誰?

セブンティ ウイ ザン ドラマ 化

タイム涼介「セブンティウイザン」「セブンティドリームズ」のTVドラマ化が決定した。 小日向文世と竹下景子が出演し、NHK BSプレミアムで2020年4月以降に「70才、初めて産みますセブンティウイザン。 」のタイトルで放送される。 65歳の夫・朝一と70歳の妻・夕子という老夫婦が超高齢出産をし、育児に挑む姿を描く「セブンティウイザン」。 物語は定年退職を迎え帰宅した朝一が、夕子から「妊娠した」という衝撃の報せを受けるところから始まる。 2人の夫婦愛や、新たに加わった命との家族愛を描き出し、ネットやテレビで多くの反響を呼んだ。 同作の続編「セブンティドリームズ」は月刊コミックバンチ(新潮社)で連載されている。 ドラマでは朝一役を小日向、夕子役を竹下が担当。 NHKの公式サイトでは2人の意気込みと、タイムからの「セブンティウイザンは、子育て世代の方にも、お若い方にも、そして朝一と夕子のように年齢を重ねた世代の方にも、その気持ちを今一度感じていただきたいという気持ちで描きました。 是非ご家族でご一緒にご覧ください」というコメントが掲載された。 なお詳細は追って発表される。 プレミアムドラマ「70才、初めて産みますセブンティウイザン。 」 放送予定:2020年4月以降 放送局:NHK BSプレミアム(8本シリーズ) スタッフ 原作:タイム涼介「セブンティウイザン」「セブンティドリームズ」 脚本:本調有香 演出:渡辺一貴(NHKエンタープライズ) 制作統括:柴田直之(NHK)、西村崇(NHKエンタープライズ)、三木和史(ビデオプランニング) キャスト 小日向文世、竹下景子 ほか 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

70歳で妊娠、出産、子育て…ドラマ化された衝撃のコミックに続編!

セブンティ ウイ ザン ドラマ 化

プレミアムドラマ 70才、初めて産みますセブンティウイザン。 定年を迎えた65才のサラリーマン 家に帰ると70才まぢかの妻が衝撃の告白 「わたし 妊娠しました!」 ありえないけどリアル、笑いと涙と奮闘の日々が始まった 発表されるや爆笑と号泣の嵐を巻き起こしたマンガ「セブンティウイザン 〜70才の初産〜」。 自然妊娠による超高齢出産という奇抜な設定だからこそ浮かび上がるのは、リアルで感動的な夫婦の出産日記。 産むべきか産まざるべきかの葛藤、高齢出産に伴う身体的リスク、若夫婦に混じってのママパパ教室、何もかも初体験ゆえの失敗や迷走…。 そこには、誰もが共感できて、誰もが手に汗握る、夫婦の奮闘が詰まっています。 いくつになっても人生チャレンジ! 小日向文世と竹下景子演じる合計135歳の新米パパママの、笑って泣けるホームドラマです。 【小日向さんコメント】 初老の夫婦の我が子の出産、育児、そこから始まる右往左往する日々、その先の人生の不安、非現実的なのだけれど痛い程身につまされる。 そしてファンタジーな時間。 不思議な縁を感じています。 長男が生まれた時に、新生児室に並ぶ赤ちゃん達をガラス越しに見つめ、一日中そこに居たかった事を思い出しました。 竹下さんと命のパワー溢れる赤ちゃんを抱っこして演じる現場が今からとても楽しみです。 【竹下さんコメント】 驚きました。 夕子さんが70才で出産する。 しかも初産!? 無理、って感じです。 でも、同じ頃、障がいのある女性が医療チームのサポートのもと命がけで赤ちゃんを産んだニュースを読みました。 「母になる」という強い思い。 夫や周囲の支え。 ハッとしました。 子育ての追体験、というより、これはもう未知との遭遇です。 生まれ変わったつもりで、ドラマの中のリアルを一つひとつ宝探しのように拾いあげていこう。 小日向文世さんの朝一さん、どうぞよろしくお願いします。 【タイムさんコメント】 私たちの一番古い記憶は何才の頃でしょう。 3才か4才か・・・それもおぼろげでとても曖昧です。 ましてや生まれた時に、何を思い何を感じていたのかを思い出すことはできませんが、幸運にも子どもに恵まれて病院で初めてエコー画像を見た時に、私は確信しました。 一回一回全身全霊で心臓を鼓動させるこの命は、生まれたいと思っている。 そして私たちも生まれてきたかったんだと。 セブンティウイザンは、子育て世代の方にも、お若い方にも、そして朝一と夕子のように年齢を重ねた世代の方にも、その気持ちを今一度感じていただきたいという気持ちで描きました。 是非ご家族でご一緒にご覧ください。 プレミアムドラマ 『70才、初めて産みますセブンティウイザン。 』 【放送】 2020年4月5日(日)よる10時スタート BSプレミアム・BS4K同時放送 毎週日曜(全8回) 【原作】 タイム涼介「セブンティウイザン」「セブンティドリームズ」 【脚本】 本調有香 【主題歌】 いのちの歌(子どもたちの合唱をフィーチャーした新バージョン) 【音楽】 村松崇継 【出演】 小日向文世 竹下景子 伊藤歩 矢本悠馬 臼田あさ美 蔵下穂波 田中美央 笑福亭鶴光 山本圭祐 竜雷太 ふせえり 前田亜季 吉澤健 根岸季衣 宇崎竜童 中村梅雀 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の