東電 株価。 東京電力 実質国有化 公的管理下 株主・株価・株はどうなる?

【東京電力】今後株価が上昇し、配当が復活する理由【復配】

東電 株価

東電株価の今後 東電株価がひどく安くなっていますが、これは色々な東電に取ってマイナスのコメントが出されマーケットが心配しているからとのことです。 東電は国が全面的に補償していくと何回も発表されているため、ここまで信用不安になることはないはずですが、何でですか? 話が変わってきているのでしょうか? 補足親族が平均2500円沢山持っています。 退職金を全て使い、老後のためです。 株主は大変損を出し配当なしの状態、それでも誰か株主は責任取れと言っています。 人事なんでしょうね。 これでは株式制度そのものを壊し、株主は連帯責任、全て出して責任取れです。 これでは誰も企業に投資しなくなり、今の株式法が否定されることになりませんか? 投資は悪だと。 故意や過失によるものでなければ巨大な天災なので、法律上の賠償責任は誰にもありません。 しかし、福島県や地元自治体などは50年前に原発を誘致する時に、1000年前の貞観地震の大津波を隠蔽して、福島には大津波が来ないとして誘致競争で宮城や青森に勝ちました。 東電はそれを信じて昨年までは福島は5メートルの津波しか来ないので安全であるとしてきました。 当時の原発誘致の地元が貞観大津波を隠蔽して誘致した行為は犯罪行為です。 かれらの大多数は既に故人であり時効も成立するため、いまさら罪に問えませんが、少なくとも彼等の遺産を相続した子孫たちが被害者のような顔をして賠償請求するのは厚かましいと思います。 東電が被害者から加害者にされてしまったのは、菅内閣がポピュリズム(国益や正義などを無視して大衆の人気取りを優先する政治で、ナチス政権や欧州の緑の党が代表的)のバラマキ政権であったため、法的に責任がない東電を恐喝して賠償金を払わせることにしたからです。 民主党政権下の日本は法治国家ではありません。 次回の選挙で、野田政権が倒れて、自民党政権に戻れば、東電は加害者から被害者に変わることもあり得ます。 東電を倒産させると賠償金は払えなくなる仕組みなので、株価が戻るまで今は慌てて売らないで無配でがまんするしかないと思います。 都合の良い記事だけ読んでいませんか? 政府高官が、東電再建案によっては、料金値上げなど許可しないと 言っているのです。 世論も、企業保護より、被災者保護だろう、税金による負担は、東電 の企業でまかないきれない部分のみと、言う論調です。 JALの二の舞で、株価0がありえるので安くなっているのです。 ところで、東電が原子力発電していたのは知っていたのでしょう。 原子力発電を応援してきたことになります。 株主はその意味で加害者 です。 国は、原子力を推進し、税金で原子力発電をCMしてきた問題も 大きいのですが、今は、やっと理解して危険で縮小と言い出しました。 間違った政策で迷惑をかけたと謝罪する政治家が一人もいません。 この国は、そういう国です。 (日本では多重安全策で原発事故は心配 無いという、国会答弁も何度も聞いた気がします。 (:安全神話)) 補足拝見 株式投資はリスクがあります。 分散投資は当たり前です。 一社に全財産入れるようなのは、あまりも無知といえるでしょう。 >株主は責任取れと言っています。 人事なんでしょうね。 これでは株式制度そのものを壊し、株主は連帯責任、全て出して責任取れです。 何か思い違いをされているようですね。 株主こそが、「会社の所有者」です。 「原子力発電所は、5重の安全装置で守られています。 」そう言ってきた会社が大事故を起こし世間に大損害を与えたのですから、被害者が、会社(東京電力)及びその所有者(株主)に対し、「この不祥事の責任を取れ!」と要求するのは当然の権利ですよ。 被害者が権利を行使することは、株式制度を壊すことにはなりません。 >これでは誰も企業に投資しなくなり、今の株式法が否定されることになりませんか?投資は悪だと。 いいえ、それはありません。 株式投資の世界では、「大事故が起きたときは、その会社の株は売り」というのは、ほとんど常識のような知識です。 常識を持った投資家がもし東電株を持っていたら、今回の大事故のニュースを知った直後に東電株を手放したでしょう。 「投資は悪」ではなく、「不勉強での投資は悪」だと思いますよ。 なお、株式投資の基礎知識を得るためには、「株の公式」 林則行 著、ダイヤモンド社(1600円)が良書です。 今からでも、この本の精読をおすすめします。 東電の株でも持たれていらっしゃるのですか? 国は全面的に保証するとは一言も言ってませんし、株主を守るとも言っていません。 国はあくまで被災者支援を惜しまないと言っているだけです。 また、最近の下落もちゃんとした根拠があっての下落です。 マーケット情報をしっかりと把握していればこの下落は予想できましたよ。 【補足に関して】 株式に関してあまり詳しくないようですね。 マーケットが不安とか信用不安とありますが不安ではなく事実です。 東電は今後の補償問題で数兆円規模の賠償金を支払わなければなりません。 電力料金値上げをしないと債務超過となり事実上の倒産になる寸前です。 話が変わってきてるとか意味不明ですよ。 株を購入するという事はその企業の一部を買う事です。 つまりその企業の所有者です。 会社というのは利益を生めば倒産することも当然あります。 仮に会社が倒産したら誰の責任ですか?それは所有者です。 株を所有すれば銀行金利より高い配当金が受け取れます。 しかしリスクもあるという事です。 責任がなく配当金が受け取れるのであればみんな株を買いますよ。 貴方の親族の場合は損をしたから企業に投資したくなるのは当然です。 逆にあなたが株で多大な利益を生んだらどうします?さらに増資するかもしれないでしょう。 貴方の親族が損失を出した分、どこかに利益を生んだ人がいます。 株でお金が消えるわけではありません。 ちなみに私は東電で1000万ほど利益をだしました。 負けた人間は愚痴を言うものです。 ただ投資を悪というのは間違いです。

次の

東京電力 実質国有化 公的管理下 株主・株価・株はどうなる?

東電 株価

東電株価の今後 東電株価がひどく安くなっていますが、これは色々な東電に取ってマイナスのコメントが出されマーケットが心配しているからとのことです。 東電は国が全面的に補償していくと何回も発表されているため、ここまで信用不安になることはないはずですが、何でですか? 話が変わってきているのでしょうか? 補足親族が平均2500円沢山持っています。 退職金を全て使い、老後のためです。 株主は大変損を出し配当なしの状態、それでも誰か株主は責任取れと言っています。 人事なんでしょうね。 これでは株式制度そのものを壊し、株主は連帯責任、全て出して責任取れです。 これでは誰も企業に投資しなくなり、今の株式法が否定されることになりませんか? 投資は悪だと。 故意や過失によるものでなければ巨大な天災なので、法律上の賠償責任は誰にもありません。 しかし、福島県や地元自治体などは50年前に原発を誘致する時に、1000年前の貞観地震の大津波を隠蔽して、福島には大津波が来ないとして誘致競争で宮城や青森に勝ちました。 東電はそれを信じて昨年までは福島は5メートルの津波しか来ないので安全であるとしてきました。 当時の原発誘致の地元が貞観大津波を隠蔽して誘致した行為は犯罪行為です。 かれらの大多数は既に故人であり時効も成立するため、いまさら罪に問えませんが、少なくとも彼等の遺産を相続した子孫たちが被害者のような顔をして賠償請求するのは厚かましいと思います。 東電が被害者から加害者にされてしまったのは、菅内閣がポピュリズム(国益や正義などを無視して大衆の人気取りを優先する政治で、ナチス政権や欧州の緑の党が代表的)のバラマキ政権であったため、法的に責任がない東電を恐喝して賠償金を払わせることにしたからです。 民主党政権下の日本は法治国家ではありません。 次回の選挙で、野田政権が倒れて、自民党政権に戻れば、東電は加害者から被害者に変わることもあり得ます。 東電を倒産させると賠償金は払えなくなる仕組みなので、株価が戻るまで今は慌てて売らないで無配でがまんするしかないと思います。 都合の良い記事だけ読んでいませんか? 政府高官が、東電再建案によっては、料金値上げなど許可しないと 言っているのです。 世論も、企業保護より、被災者保護だろう、税金による負担は、東電 の企業でまかないきれない部分のみと、言う論調です。 JALの二の舞で、株価0がありえるので安くなっているのです。 ところで、東電が原子力発電していたのは知っていたのでしょう。 原子力発電を応援してきたことになります。 株主はその意味で加害者 です。 国は、原子力を推進し、税金で原子力発電をCMしてきた問題も 大きいのですが、今は、やっと理解して危険で縮小と言い出しました。 間違った政策で迷惑をかけたと謝罪する政治家が一人もいません。 この国は、そういう国です。 (日本では多重安全策で原発事故は心配 無いという、国会答弁も何度も聞いた気がします。 (:安全神話)) 補足拝見 株式投資はリスクがあります。 分散投資は当たり前です。 一社に全財産入れるようなのは、あまりも無知といえるでしょう。 >株主は責任取れと言っています。 人事なんでしょうね。 これでは株式制度そのものを壊し、株主は連帯責任、全て出して責任取れです。 何か思い違いをされているようですね。 株主こそが、「会社の所有者」です。 「原子力発電所は、5重の安全装置で守られています。 」そう言ってきた会社が大事故を起こし世間に大損害を与えたのですから、被害者が、会社(東京電力)及びその所有者(株主)に対し、「この不祥事の責任を取れ!」と要求するのは当然の権利ですよ。 被害者が権利を行使することは、株式制度を壊すことにはなりません。 >これでは誰も企業に投資しなくなり、今の株式法が否定されることになりませんか?投資は悪だと。 いいえ、それはありません。 株式投資の世界では、「大事故が起きたときは、その会社の株は売り」というのは、ほとんど常識のような知識です。 常識を持った投資家がもし東電株を持っていたら、今回の大事故のニュースを知った直後に東電株を手放したでしょう。 「投資は悪」ではなく、「不勉強での投資は悪」だと思いますよ。 なお、株式投資の基礎知識を得るためには、「株の公式」 林則行 著、ダイヤモンド社(1600円)が良書です。 今からでも、この本の精読をおすすめします。 東電の株でも持たれていらっしゃるのですか? 国は全面的に保証するとは一言も言ってませんし、株主を守るとも言っていません。 国はあくまで被災者支援を惜しまないと言っているだけです。 また、最近の下落もちゃんとした根拠があっての下落です。 マーケット情報をしっかりと把握していればこの下落は予想できましたよ。 【補足に関して】 株式に関してあまり詳しくないようですね。 マーケットが不安とか信用不安とありますが不安ではなく事実です。 東電は今後の補償問題で数兆円規模の賠償金を支払わなければなりません。 電力料金値上げをしないと債務超過となり事実上の倒産になる寸前です。 話が変わってきてるとか意味不明ですよ。 株を購入するという事はその企業の一部を買う事です。 つまりその企業の所有者です。 会社というのは利益を生めば倒産することも当然あります。 仮に会社が倒産したら誰の責任ですか?それは所有者です。 株を所有すれば銀行金利より高い配当金が受け取れます。 しかしリスクもあるという事です。 責任がなく配当金が受け取れるのであればみんな株を買いますよ。 貴方の親族の場合は損をしたから企業に投資したくなるのは当然です。 逆にあなたが株で多大な利益を生んだらどうします?さらに増資するかもしれないでしょう。 貴方の親族が損失を出した分、どこかに利益を生んだ人がいます。 株でお金が消えるわけではありません。 ちなみに私は東電で1000万ほど利益をだしました。 負けた人間は愚痴を言うものです。 ただ投資を悪というのは間違いです。

次の

東京電力ホールディングス(東電HD)【9501】株の基本情報|株探(かぶたん)

東電 株価

com) 東北地方太平洋沖地震が発生したのは、2011年3月11日の金曜日14時46分。 東京株式市場の大引けまであと14分という時間帯だった。 体験したことのないような揺れが東日本を中心に襲い、ただならぬ状況が報道などで伝わりはじめると、株式市場には売りが殺到。 1万350円前後で推移していた日経平均は1万254円と前日比180円安まで急落し、安値引けとなった。 時間さえあれば、さらに下げたであろう事は明らかだった。 週末のTV報道では、東北地方太平洋沿岸部の津波や福島第1原子力発電所で水素爆発や放射能漏れの事故が明らかになるなど、地震の被害の状況が刻一刻と報道され続けた。 日本全体に絶望的な気分が蔓延するのに時間はかからなかった。 週明け後の14日の東京市場は売り気配で始まった。 日経平均は、210円安の1万44円で始まり、ほぼ一貫して下げ、634円安の9620円と1万円を割りこんだ。 翌15日も原発事故の状況がさらに悪化したことで日経平均は大幅続落、一時1392円安の8227円まで下げ、引け値は1015円安の8605円と9000円を割り込んだ。 地震後、安値は3日で20%ほど下げたことになる。 地震から4営業日目の16日にはやっと初の反発となり、488円高の9093円まで戻した。 【合わせて読みたい「伝説の投資家」シリーズ】 ・ ・ ・ ・ 東日本大震災では思わぬ円高に 大地震が報道されると、為替は一瞬円安に振れた。 日本を懸念する売りで、82円台後半だったドル円は一時83円前半まで売られた。 電子取引が主流になっている現在では、大きな地震がニュースのヘッドラインに流れるとその国の為替や株式市場を売るというアルゴリズムが存在しているという。 当時のトレーダーたちも大地震の初期は「株売り、円売り」で対応したのだ。 ただ、地震の被害が想定をはるかに上回ることが分かり始めると、11日夜のロンドン市場では早くも為替は円高に切り返しはじめた。 損害をカバーする資金や復興資金調達のために、保険会社や金融機関は所有している外債を売り、資金を円に環流させる(レパトリ)との見方や、復興資金捻出のために長期の円債を大量に換金するため円金利が上昇するとの見方が広まったためだ。 想像を超えるような大きな災害では、災害を受けた国の為替が買われることがあり得る。 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロでも同じような観測でドルが買われた。 東日本大震災後、円は12日に81円台後半まで買われた。 その後も円高トレンドは続き、11年の10月の歴史的な円高75円をつけることになる。 9割下げた東京電力の株価 東京電力 の福島第1原子力発電所のメルトダウンによる放射線物質の放出事故も衝撃だった。 地震前の3月10日の東電株の値段は2153円。 11日はまだ東京電力の事故が判明していなかったため2121円と32円安程度だったが、週明けの14日から3日連続ストップ安で場中には寄らず、17日になってようやく全株一致の741円で寄り付いた。 わずか4日間で6割以上下げた。 寄り付かないので売りたくてもほとんど売れない状況だった。 東京電力は高配当の優良株として、機関投資家だけでなく多くの個人投資家が長期保有している株だった。 前年の2010年には29年ぶりの株式の公募増資をして、国内と海外で約2億5000万株を売り出し、約5500億円を調達したばかりだった。 公募増資で株主になった個人投資家も多かったことだろう。 福島第1原発の事態は悪化し続け、東京電力の巨額の賠償金の懸念で、3月28日から東電株は再び3日連続のストップ安となり300円をも割り込んだ。 結局、地震後の安値をつけるのは12年7月の120円。 地震前日からは90%以上の下落だった。 2017年3月10日の終値が428円、地震後の安値からは約3. 56倍となっているが、震災前の株価には大きく届かない状況だ。 想定をはるかに上回る事故後の株価の動きで教訓的な事を言ってもしかたがないと思うが、チャートや指標などテクニカル面や、見た目の低PERや好配当で買った投資家はほとんどロスカットせざるを得なかった。 保有していたのならできるだけすぐにロスカットする、保有していないのならマネーゲームには参加しないといったことが投資行動としてはベストだった。 東京電力の株価は、アベノミクスでの株高の恩恵で2015年には事故後の高値939円を付けている。 ただ、2016年12月に経済産業省が福島原発事故の処理費用が2014年時点の当初見込み11兆円から21兆5000億円にまで膨らむ見通しを発表すると、東電株は再び下落トレンドに入り16年3月には安値の343円まで下げることになる。 日経平均は11年7月には地震前のレベルを回復 日経平均は上述のように3月15日の9000円割れが目先の底となり、反発をはじめ、7月初旬には地震前のレベルを回復した。 大きな悲劇に対し、国民が一丸となって再建への道を進み始めたことで買いが入り始めた。 大きなショック時に、ショックに直接関係のある株でなく、それ以外のパニックで売られた株を長期の割安株投資として買っておくという投資スタイルはワークしたようだ(ZUU online 編集部) 【合わせて読みたい「伝説の投資家」シリーズ】 ・ ・ ・ ・•

次の