ガンマ オリザノール 効果。 ガンマオリザノール錠50mg「トーワ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ガンマオリザノールの効能・効果

ガンマ オリザノール 効果

米ぬか特有の成分であるため、他の食品には含まれていない。 血中脂質を低下させる働きや成長を促進する働き、更年期症状の緩和など、多くの健康効果があり医薬品にも活用されている。 また、自律神経の働きを助けることによって、更年期に起こりやすい不定愁訴を改善する。 メラニンの生成を抑制するという報告もある。 また、皮脂の分泌が少ないことによって起こるさまざまな乾燥性の皮膚疾患を、皮脂腺の機能を高めることによって改善する効果もある。 また、コレステロールの吸収抑制、合成を阻害する効果もある。 そのため、脂質異常症の予防・治療薬に多く利用されている。 油脂などの酸化を防いで、保存性の向上に役立てられている。 また、オリザノールは熱にも強いため、加熱が必要となる加工食品の製造において有効であるとされている。 副作用には次のような症状があり、0. 1~5%未満の頻度で起こっている。 嘔吐、吐き気• 下痢 また、0. 1%未満であるが、めまいやふらつき、頭痛、、食欲不振、腹痛、口内炎、動悸、などの症状が現われている。 2~0. 5%含まれている。

次の

γ

ガンマ オリザノール 効果

副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 1.精神神経系:(頻度不明)眠気、眩暈・ふらつき、頭痛・頭重感、浮上感、いらいら感等。 2.消化器:(頻度不明)嘔気・嘔吐、下痢、便秘、腹部不快感、食欲不振、腹痛、腹部膨満感、腹鳴、胸やけ、げっぷ、無味感、口内炎等。 3.過敏症:(頻度不明)発疹、そう痒、皮膚異常感、潮紅等[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。 4.循環器:(頻度不明)血圧上昇、動悸等。 5.肝臓:(頻度不明)AST上昇(GOT上昇)・ALT上昇(GPT上昇)等の肝機能障害。 6.その他:(頻度不明)倦怠感、口渇、浮腫、脱力感、体のほてり、不快感、夜間頻尿。 使用上の注意 (添付文書全文) (慎重投与) 1.肝障害又はその既往歴のある患者[症状を増悪させる恐れがある]。 2.妊婦又は妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性。 (重要な基本的注意) 本剤の高脂質血症の適用にあたっては、次の点に十分留意する。 1.高脂質血症の適用にあたっては、適用の前に十分な検査を実施し、高脂質血症であることを確認した上で本剤の適用を考慮する。 2.高脂質血症の適用にあたっては、あらかじめ高脂質血症の基本である食事療法を行い、更に運動療法や高血圧・喫煙等の虚血性心疾患のリスクファクターの軽減等も十分に考慮する。 3.高脂質血症の適用にあたっては、投与中は血中脂質値を定期的に検査し、治療に対する反応が認められない場合には投与を中止する。 (高齢者への投与) 一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど注意する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある女性には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[動物実験(ラット)で胎仔への移行が報告されている]。 2.授乳中の女性には本剤投与中は授乳を避けさせる[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている]。 (小児等への投与) 小児等に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 (その他の注意) がん原性試験:ラット中期発がんモデルで、ガンマオリザノールを0. (取扱い上の注意) 安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、3年)の結果、通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

ピリドキシン塩酸塩ってどんな症状に効果や効能があるの?

ガンマ オリザノール 効果

無味、無臭の淡黄色の粉末で、熱安定性が高いため、優れた抗酸化力を発揮するといわれています。 植物ステロールの仲間として、人の体に対しては血行を良くしてコレステロールを低減させる効果、脳の機能の劣化防止などの効果があります。 古くから、更年期障害の症状の緩和、不安、緊張、抑うつや高脂血症への効果、効能により医薬品として使用されてきました。 また、酸化防止剤として食品添加物にも認可されています。 最近では、抗炎症作用、抗アレルギー作用、皮膚の乾燥や肌荒れを防ぐ作用、筋肉疲労防止作用などが報告されており、化粧品やサプリメントなど幅広く利用されています。 2~0. 5%含まれています。 使用する際は、医師や薬剤師の指示に従ってください。 <豆知識>米油とは 米油とは、コメ胚芽や米ぬかを搾ることで得られる油のことです。 米ぬかに含まれる油分は20%未満と低く生産量は少ないですが、米油には健康のための多くの微量成分が含まれています。 また、豊富に含まれる植物ステロールは、コレステロールを引き下げる働きが強いことが知られています。 私たちの身近な米油は、植物性油として食品の加工に用いられています。 例えば揚げせんべいで、米油で揚げることで香り高くなり、加熱されても酸化しにくいという特徴があるため、せんべいの品質を長く保持できる利点があります。 同じ理由で、ポテトチップスやかりんとうなどの揚菓子や即席麺など広く使用されています。 高脂血症ともいわれています。 血管を広げて血行を良くする効果があるほか、善玉(HDL)コレステロールを増やして悪玉(LDL)コレステロールを減らす効果があります。 コレステロールは動脈硬化の原因になるなど悪い面もありますが、細胞膜を形成すること、神経伝達に関与すること、など人の体を維持する上で大切な役割もあります。 コレステロールは大きく2種類に分けることができます。 悪玉(LDL)コレステロールが動脈硬化を招く余剰コレステロールの原因をつくり、善玉(HDL)コレステロールは体内で余ったコレステロールを回収し、肝臓でホルモンなどとして再利用できるようにしてくれます。 大切なことはこの2種類のコレステロールのバランスが取れていることです。 また、体内のコレステロールを良好な状態に保つためには、適度な運動も効果があります。 歩くことを例に挙げると、1日の歩数が多いほど善玉(HDL)コレステロールの値が高くなることが報告されています。 自律神経失調症は、ストレスや過労、不眠などで生活リズムが不規則なこと、女性に多く見られる更年期障害が原因で起こります。 症状としてはめまい、動悸、倦怠感、頭痛、不眠などがあります。 また、抗ストレス作用から老人性認知症の治療にも医薬品として用いられています。 参考文献 ・日本医師会、日本薬剤師会、日本歯科医師会監修 健康食品・サプリメント〔成分〕のすべて 日本健康食品・サプリメント情報センター ・中嶋洋子 完全図解版 食べ物栄養事典 この症状・病気に効くこの食品、この成分 主婦の友社 ・日経ヘルス編 日経ヘルスサプリメント事典 2008年版 日経BP社•

次の