モイーズ キーン。 ユーヴェとの契約が残り1年のM・キーン、本人の希望はインテル移籍?(2019年6月28日)|BIGLOBEニュース

エバートンモイーズ・キーン、自宅に複数の女性を呼びパーティー開催…英紙「パーティーは朝方まで続いた」

モイーズ キーン

名前:モイーズ キーン 生年月日:2000年2月28日 国籍:イタリア チーム:エヴァートンFC(背番27) 身長:183cm 体重:不明 利き足:右 ポジション:フォワード モイーズ キーンはイタリアのヴェルチェッリという都市で生まれ育ちました。 ユース時代はユヴェントスの下部組織に在籍しており、 2016年11月(当時16歳)のセリエA・ペスカーラ戦でトップチームデビューを果たします。 2017年8月には同じセリエAのエラス・ヴェローナへの1年間のレンタル移籍が決まり公式戦20試合に出場、4ゴールをマーク。 そしてレンタルから帰ってきた 2018-19シーズンはユヴェントスで公式戦17試合に出場し、7ゴールをマークする活躍を見せました。 ユヴェントスでの活躍を受け、 2019年8月にはイングランド・プレミアリーグのエヴァートンFCへの移籍が決定。 新天地ではなかなかゴールが生まれず苦しんでいるようですが、まだ19歳と若く今後の成長が楽しみな選手です。 先ほども解説しましたが、2019-20シーズンは記事執筆時点(プレミアリーグ第26節終了)でリーグ戦19試合に出場、1ゴール2アシストという結果になっています。 現状では2018-19シーズンほどの活躍を見せられていないためウイイレアプリ2021では金玉昇格はなさそうですが、今後確実に伸びる選手です。 【ウイイレアプリ2020】モイーズ キーンの能力値 レベル1 レベル53(MAX) 総合値 79 91 オフェンスセンス 81 90 ボールコントロール 76 85 ドリブル 77 86 ボールキープ 75 84 グラウダーパス 72 81 フライパス 65 74 決定力 79 88 ヘッダー 71 78 プレースキック 63 72 カーブ 69 76 スピード 83 92 瞬発力 86 93 キック力 74 83 ジャンプ 77 86 フィジカルコンタクト 78 87 ボディコントロール 73 82 スタミナ 82 91 ディフェンスセンス 48 57 ボール奪取 52 61 アグレッシブネス 73 82 GKセンス 40 40 キャッチング 40 40 クリアリング 40 40 コラプシング 40 40 ディフレクティング 40 40 逆足頻度 3 3 逆足精度 2 2 コンディション安定度 6 6 怪我耐性 3 3 【ウイイレアプリ2020】モイーズ キーンのポジション ウイイレアプリ2020でのモイーズ キーンはメインポジションがCFとなってなっていますが、LWGとSTのサブポジション適性もついています。 今後確実に伸びる若手有望株なので、獲得できる方は今のうちに獲得しておくことをおすすめします。 まとめ 今回はウイイレアプリ2020のモイーズ キーンについて紹介しましたがいかがでしたか。 ユヴェントスの下部組織で育ったモイーズ キーンはエラス・ヴェローナに1年間レンタルで在籍した後、2018-19シーズンにはレンタルバックしたユヴェントスで素晴らしい活躍を見せました。 2019-20シーズンからイングランドのエヴァートンFCに活動の場を移し、今後活躍が期待される選手です。 ウイイレアプリではいずれ黒玉昇格もあり得る選手ですので、持っていない方は確定スカウトで今のうちに獲得しておくことをおすすめします。

次の

モイーズ・キーンのプレースタイルの特徴は?弱点は、ドコ?

モイーズ キーン

この記事の内容• モイーズ・キーンのプロフィール。 ユベントスで、若くして出番があるということだけで凄いです。 2017-2018シーズンに、エラス・ヴェローナFCにレンタル移籍をし、リーグ戦19試合に出場し、4得点を挙げた。 そして、2018-2019シーズンに、ユベントスに復帰し、リーグ戦終盤に5試合連続ゴールを挙げ、注目を浴びました。 2019-2020シーズンから、プレミアリーグのエバートンに移籍をし、プレーをしています。 エバートンの成績ですが、22試合に出場し、1得点という記録です。 (2020年3月30日時点です。 ) モイーズ・キーンもプレミアリーグ適応の最中なのでしょう。 慣れてきたところで、どこまで得点ができるのか?楽しみなところです。 イタリアに戻ってきてほしいと言っていたようです。 ユベントスを離れ、フィジカルコンタクトが激しいプレミアリーグに移籍をしたモイーズ・キーンですが、どんなプレースタイルなのでしょうか? 次は、モイーズ・キーンのプレースタイル、ポジションについて書いていきたいと思います。 モイーズ・キーンのプレースタイル、ポジションは? モイーズ・キーンの ポジションは、フォワード。 トップ下やウイングのポジションもこなせるようです。 攻撃のポジションであれば、どこでもできるということでしょうね。 モイーズ・キーンのプレースタイルはというと、テクニックは、もちろん、運動能力も優れた選手と言えます。 まず、凄いと思えるのが、スピードとフィジカル。 ディフェンスラインの裏へ抜ける動きは速いですし、カウンター時には威力を発揮するでしょう。 フィジカルも強いので、多少の当たりでは、ビクともしません。 ジャンプ力もあり、空中戦も強い。 しかも、パワーもあるので、ミドルシュートもアリ。 多くの方が言っていますが、スポーツに必要な身体能力を兼ね備えています。 しかも、嫌なのが、モイーズ・キーンは足元も上手く、柔らかいタッチでボールを扱います。 身体能力が高い選手は、ボールコントロールが苦手ということは昔のことですね。 その証拠に、最後のシュートのところは凄く丁寧・・・。 足元も上手く、身体能力に優れているモイーズ・キーンを止めることは難しいかもしれませんね。 左右両足でもシュートが打てますし、バランスを崩しても倒れない・・・。 相手にするのが嫌な選手です。 最近の若い選手は、総合力が高い!何でもこなせますからね。 モイーズ・キーンのプレースタイルの動画がなかったので、ゴールシーンの動画を載せてみました。 相変わらず、素晴らしいポジショニングでした。 ゴールシーンのみで、モイーズ・キーンのプレースタイルがわかりづらいですが、試合を見て見るとわかると思われます。 エバートンの試合を見て見れば、スピードやフィジカルの凄さがわかると思われますので、1度見て見ると良いと思いますよ! リシャルリソンもいますし、今後、期待できるクラブだと個人的には思っています。 センターフォワードとして素晴らしい能力を持っているモイーズ・キーンですが、弱点もあります。 次は、モイーズ・キーンのプレースタイルの弱点について書いていきたいと思います。 モイーズ・キーンのプレースタイルの弱点とは? モイーズ・キーンのプレースタイルの弱点とすれば、ポストプレーですかね。 フィジカルは強く、相手を背負ったプレーもできますが、キープをしてチャンスを作ることは苦手のようです。 スピードがある選手なので、ポストプレーを求めてはいけないのですが・・・。 モイーズ・キーンを活かすためには、ワントップではなく、ツートップでの起用がいいのかもしれませんね。 得点能力を活かすのであれば。 最悪、ウイングのポジションで起用するのもアリでしょう。 ここは、クラブの戦術で大きく変わってくるので、モイーズ・キーンには上手く適応してもらいたいところですね。 もう1つ。 プレースタイルというわけではないですが、メンタルの部分でしょう。 バロテッリのような部分もあるので、抑えられるようになれば、化ける可能性が高いと思われます。 私としては、感情むき出しの選手は好きなので、モイーズ・キーンは変わらずにいてほしいです。 たぶん。 今後、多くの試合を経験し、パワーアップをしていくことでしょう。 将来、世界を代表するストライカーになれるのか? モイーズ・キーンのプレーに注目していきたいと思います。

次の

ユーヴェとの契約が残り1年のM・キーン、本人の希望はインテル移籍?(2019年6月28日)|BIGLOBEニュース

モイーズ キーン

ご覧いただきありがとうございます。 つきご()ともうします。 同一選手が3体あつまればトレードで、好きな選手と交換できますが、その際に獲得すべきオススメの銀玉選手をご紹介します。。 バロテッリ2世!おすすめ銀玉選手CF編 ~モイーズ・キーン~【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 銀玉CF モイーズ・キーン エヴァートン所属の19歳の選手です。 モイーズ・キーンのレベルマックス能力値と使用感 銀玉最強のラインブレイカー。 レベルマックスにすれば、 総合値は91です。 保有スキルは 「シザーズ」「ワンタッチシュート」「ノールックパス」。 キーンの魅力は、 快速ピードで、フィジカルも強い!しかもドリブルもできる! なので、野性味あふれる強引なドリブルの抜け出しができます。 「ワンタッチシュート」もっていて、 決定力も高い! ぜひとも、 「スーパーサブ」を追加したい選手。 ユベントスの下部組織出身で、バロテッリ2世とも呼ばれる、スケールが大きく将来有望な選手です。 モイーズ・キーンの ポジションは、 センターフォワードをメインに、トップ下やウィングでもプレー。 16歳ながら体格は大きく、 スピード、パワー、テクニックと攻撃面の能力は全般的に高い。 また強烈なミドルシュートも持っている、と 特徴を上げてもバロテッリに似ているところがありますね。 相手が何人いようと関係なく強引にいくところがありつつも、最後のシュートのところは冷静で丁寧なところも似ていると思う。 また、 髪型がわりと派手なところもバロテッリ似。 本人もあえて意識してやっているのかも? ちょっと違うところは、 バロテッリに比べてより周りが見えていて味方を使うパスも上手いように見えますね。 初めてバロテッリのパワーやテクニックを見た時ほどの衝撃はないものの、より賢い現代的なアタッカーだと思います。 その他のおすすめ銀玉選手を紹介しています! その他のおすすめ銅玉選手を紹介しています! おすすめ白玉選手を紹介しています!.

次の