チェサピーク ベイ レトリバー。 「レトリバー」は6種類もいる?!珍しいレトリバー犬種の特徴や飼い方を知ろう!

チェサピークベイレトリバーの歴史と特徴と性格! アメリカ出身レトリバー!

チェサピーク ベイ レトリバー

— 2019年 8月月8日午後8時41分PDT チェサピーク・ベイ・レトリーバーは、ラブラドール・レトリバーの兄弟犬といわれています。 ラブラドール・レトリバーは、大きな身体とやさしく穏やかな性格が魅力的ですが、チェサピーク・ベイ・レトリーバーも似たような性格です。 チェシーという愛称で親しまれており、穏やかで明るいのが特徴。 身体つきはがっしりとしており、くるくるとした巻き毛がかわいいアメリカのチェサピーク湾原産の銃猟犬です。 くるんとした三角形の折れ耳は、断耳して立たせるケースもあります。 サイズ的には大型犬にあたり、その重量ゆえにたいへん存在感のある風格をしています。 チェサピーク・ベイ・レトリーバーの歴史 チェシーの歴史は意外と浅く、起源は19世紀のアメリカです。 原種となったのは、一説によるとアメリカ東海岸で難破したイギリス船に乗っていたセントジョーンズ・レトリバーの子犬だそうです。 その後アメリカ大陸に渡った子犬はさまざまな犬種と掛け合わされ、チェシーが作出されたそう。 日本では知名度が低い犬種で、故郷アメリカにおいても飼育頭数やブリーダーさんの人数がまだまだ少ないというのが現状です。 しかし愛好家の人数は世界的にじわじわと増加しており、コアなファンを多く抱えつつあります。 チェサピーク・ベイ・レトリーバーの特徴 <特徴>• 大きさ:大型犬• 標準体高:53cm~66cm• 平均体重:25kg~36kg• 被毛:短毛• 被毛の色:ブラウン系• かかりやすい病気:外耳炎 体型 大型犬らしい、筋肉がついてがっちりとしたボディをしています。 頭蓋骨のわりに口が大きめで、獲物を運ぶのに適しています。 毛の長さ カールした短毛に覆われており、見た目のそっくりさも相まって「くせ毛のラブラドール」と呼ばれることもあります。 被毛はダブルコートで、下毛は水をはじく油分を含んでいます。 毛色 セッジ、デッドグラスなどさまざまなバリエーションがありますが、基本的にはすべてブラウン系の毛色をしています。 注意したい病気 チェシーは頑丈な犬種ですが、皮脂分泌量が多いため外耳炎などに注意が必要です。 できるだけ清潔に保ってあげましょう。 チェサピーク・ベイ・レトリーバーの性格 <飼育方法>• 散歩頻度:朝・晩の1日2回、1時間以上• 食事の回数:1日あたり360g程度の量を2~3回• ブラッシング:週に1度• 飼育環境:運動できる環境 散歩の回数 身体が大きく体力もあるため1時間以上の散歩を朝・晩の1日2回は行ってあげましょう。 できることなら、毎日でもドッグランなどで走らせてあげると良いでしょう。 ごはんの量・頻度 成犬の場合、1日あたり360g程度の量を2~3回に分けて与えてください。 お手入れの頻度 短毛種ですが抜け毛が多いため、週に1度はブラッシングしてあげましょう。 春と秋の換毛期にはこまめなブラッシングが必要です。 飼育環境 体力のある犬種であることから、庭のある一軒家や共用部にドッグランがあるマンションなど身体を思う存分動かせる環境が適しています。 また、暑さに弱いため、夏場は空調をしっかりと整えてあげる必要があります。 これから飼う方に向けて.

次の

「レトリバー」は6種類もいる?!珍しいレトリバー犬種の特徴や飼い方を知ろう!

チェサピーク ベイ レトリバー

チェサピークベイレトリバーの起源は、1807年、アメリカ東海岸メリーランド沖で難破したイギリスの貨物船から救出された2頭のの子犬であると言われています。 その後救出された2頭は、赤褐色のオスが「セーラー」(Sailor)、黒のメスが「カントン」(Canton)と名付けられ、難破船の救助にあたった人達に育てられました。 この2頭は成長するにつれ、類まれなる水鳥の回収能力を見せるようになり、以後数々の犬種と交配が行なわれていきました。 交配種に関しては明確ではないものの、恐らく、、、、などと交配が進み、現在のチェサピークベイレトリバーの原型が出来上がったと考えられます。 犬名は、この犬が鳥猟犬として活躍したアメリカ東海岸の「チェサピーク湾」(Chesapeake Bay)にちなんでおり、「チェシー」(Chessie)の愛称で親しまれています。 1964年にはメリーランド州の「州犬」に指定されました。 チェサピークベイレトリバーの性格・特徴 以下でご紹介するのはチェサピークベイレトリバーの動画です。 カスター将軍は戦場にこの犬を連れて行ったと伝えられており、またルーズベルト大統領が飼っていた「セイラーボーイ」という名の犬は、このカスター将軍の連れていた犬の子孫だとも。 アメリカ・メリーランド州の州犬に指定されており、「チェシー」の愛称でも親しまれています。 密生した下毛の上は油分の多い上毛で覆われており、防寒・防水性に優れています。 毛色はブラウン、セージ、デッドグラス(枯れ草)などです。 見た目はに似ていますが、性格はだいぶ異なり、やや警戒心の強い面があります。 回収が好きなのでボールフェッチ(取って来い)などを散歩や遊びに取り入れると喜ぶでしょう。 熟練した飼い主が、広い敷地の中で飼うことをお勧めします.

次の

チェサピークベイレトリバーの歴史と特徴と性格! アメリカ出身レトリバー!

チェサピーク ベイ レトリバー

— 2019年 8月月8日午後8時41分PDT チェサピーク・ベイ・レトリーバーは、ラブラドール・レトリバーの兄弟犬といわれています。 ラブラドール・レトリバーは、大きな身体とやさしく穏やかな性格が魅力的ですが、チェサピーク・ベイ・レトリーバーも似たような性格です。 チェシーという愛称で親しまれており、穏やかで明るいのが特徴。 身体つきはがっしりとしており、くるくるとした巻き毛がかわいいアメリカのチェサピーク湾原産の銃猟犬です。 くるんとした三角形の折れ耳は、断耳して立たせるケースもあります。 サイズ的には大型犬にあたり、その重量ゆえにたいへん存在感のある風格をしています。 チェサピーク・ベイ・レトリーバーの歴史 チェシーの歴史は意外と浅く、起源は19世紀のアメリカです。 原種となったのは、一説によるとアメリカ東海岸で難破したイギリス船に乗っていたセントジョーンズ・レトリバーの子犬だそうです。 その後アメリカ大陸に渡った子犬はさまざまな犬種と掛け合わされ、チェシーが作出されたそう。 日本では知名度が低い犬種で、故郷アメリカにおいても飼育頭数やブリーダーさんの人数がまだまだ少ないというのが現状です。 しかし愛好家の人数は世界的にじわじわと増加しており、コアなファンを多く抱えつつあります。 チェサピーク・ベイ・レトリーバーの特徴 <特徴>• 大きさ:大型犬• 標準体高:53cm~66cm• 平均体重:25kg~36kg• 被毛:短毛• 被毛の色:ブラウン系• かかりやすい病気:外耳炎 体型 大型犬らしい、筋肉がついてがっちりとしたボディをしています。 頭蓋骨のわりに口が大きめで、獲物を運ぶのに適しています。 毛の長さ カールした短毛に覆われており、見た目のそっくりさも相まって「くせ毛のラブラドール」と呼ばれることもあります。 被毛はダブルコートで、下毛は水をはじく油分を含んでいます。 毛色 セッジ、デッドグラスなどさまざまなバリエーションがありますが、基本的にはすべてブラウン系の毛色をしています。 注意したい病気 チェシーは頑丈な犬種ですが、皮脂分泌量が多いため外耳炎などに注意が必要です。 できるだけ清潔に保ってあげましょう。 チェサピーク・ベイ・レトリーバーの性格 <飼育方法>• 散歩頻度:朝・晩の1日2回、1時間以上• 食事の回数:1日あたり360g程度の量を2~3回• ブラッシング:週に1度• 飼育環境:運動できる環境 散歩の回数 身体が大きく体力もあるため1時間以上の散歩を朝・晩の1日2回は行ってあげましょう。 できることなら、毎日でもドッグランなどで走らせてあげると良いでしょう。 ごはんの量・頻度 成犬の場合、1日あたり360g程度の量を2~3回に分けて与えてください。 お手入れの頻度 短毛種ですが抜け毛が多いため、週に1度はブラッシングしてあげましょう。 春と秋の換毛期にはこまめなブラッシングが必要です。 飼育環境 体力のある犬種であることから、庭のある一軒家や共用部にドッグランがあるマンションなど身体を思う存分動かせる環境が適しています。 また、暑さに弱いため、夏場は空調をしっかりと整えてあげる必要があります。 これから飼う方に向けて.

次の