河合夫婦逮捕。 【公選法違反】河井夫妻が「終了秒読み」!?案里氏は失職ほぼ確実!克行氏も広島地検が立件に向けて”本格準備”か!ネット「本丸の安倍夫妻も逮捕して」

河井前法相夫妻と安倍首相の大誤算 逮捕許諾請求と1億5千万円の行方〈週刊朝日〉 赤かぶ

河合夫婦逮捕

河井夫妻が逮捕されたがそもそもどんな人? 河井克行前法務大臣と、妻の案里参議院議員の二人は、夫婦で同じ事務所に入り、ずっと活動してきた政治家です。 河井克行氏は、広島3区選出の当選7回。 総理大臣補佐官や、自民党の総裁外交特別補佐などを歴任してきており、すごい人だということがわかります。 妻の案里議員はというと、県議会議員をやりながらも克行氏のサポートをしてきていたそうで、昨年7月には参議院選挙に自民党の候補として擁立され、党本部の支援を受けて初当選を果たします。 しかし、克行氏が法務大臣として初入閣を果たした去年9月から、わずか2か月足らずの去年10月に、案里氏陣営が参議院選挙の際に違法な額の報酬をウグイス嬢に支払っていたことがわかり、芋づる式に今回の県が発覚することになるのです。 スポンサーリンク 河井夫妻が逮捕されたが罪は何? 河井夫妻が行った罪についてですが、昨年2019年7月の参議院選挙にて夫妻は、地元の議員100人程度に2600万円の現金をわたし、票を取りまとめ、つまり買収をした疑いがあったんですね。 捜査をした結果、河井夫妻の自宅からは、100人程度の議員の名簿が出てきたことと、2000万円以上の金額を配ることを記した名簿が押収されたそうです。 名簿に名前の記されていた議員は現金の受け取りを認めたことから今回の逮捕に至りました。 河井夫妻は否定しているそうですけどね。 Twitterの反応 もし検察が安倍政権に支配されてるなら、河井夫妻は逮捕されないだろうと言う人がいるけど、今回河井夫妻を追い詰めたのは広島地検。 そして世論で黒川氏を退陣させたこと。 一言で語れない血みどろの戦いの結果なんだと思います。 — ナイフちゃん(暫定) knife900 河井夫妻の選挙買収疑惑も当然に問題だが、買収というなら忘れてはいけないのが「桜を見る会」における、安倍首相の地元選挙区民に対する饗応接待。 こちらは税金を原資としている分、更に悪質と言えるが未だに安倍首相は責任から逃げ続けている。 絶対に見逃してはならない。 — 異邦人 Narodovlastiye ヒドい国会だったな。 法を捻じ曲げて黒川氏を定年延長しようとし、要らないアベノマスクに税金投入し、電通に税金横流しし、追及から逃れる為に国会閉会し、秘蔵っ子の河井夫妻が買収で逮捕。 明日は政権みんなでお疲れ様宴会。 コレ全て安倍の所業だぞ。 国民はいい加減に目を覚ませよ。 — さよなら昨日の私 SaYoNaRaKiNo 二階幹事長は凄いことを言うね。 河井夫妻について「他山の石として」だってさ。 で「影響を及ぼすほどの大物議員ではない」と追い打ちなんだ。 いくら尽くしてもこうして切られるんだね。 それでいて1億5000万円の選挙費用を出した自民党や安倍さんの責任には触れないんだ。 河井夫妻よ、喋っちゃいなよ。 — 立川談四楼 Dgoutokuji 河井夫妻が逮捕されたが罪は何?いったい何をした人たちか?まとめ 悪いことをしたら絶対にばれるんですよ、国民の税金をそのように使うなんて絶対に許されることじゃないです。 スポンサーリンク.

次の

河井案里の不祥事をわかりやすく解説!夫・克行と逮捕された事件の全貌とは?

河合夫婦逮捕

週刊朝日 2020年3月20日号 河井前法相夫妻 (c)朝日新聞社 夫の河井克行前法相 (C)朝日新聞社 河井案里参院議員の選挙対策本部で働いたAさんの携帯電話に残された着信履歴(画像の一部を加工しています) 河井案里参院議員と衆院議員で夫の河井克行前法相の公職選挙法違反事件がようやく動いた。 広島地検は3月3日、案里氏の公設秘書立道浩容疑者、選対幹部の脇雄吾容疑者、克行氏の政策秘書高谷真介容疑者を車上運動員(ウグイス嬢)らに法定上限の2倍、3万円の日当を支払ったという運動員買収の容疑で逮捕した。 だが、ウグイス嬢への日当3万円は、秘書らではなく、最終的に克行氏が決めていたと広島地検ではみているという。 「脇さんは選挙のときにかかわるだけの立場の秘書。 選挙期間中、克行氏と案里氏の選挙遊説のスケジュールを毎日、調整していたので、日当3万円の了解を克行氏から得たようだ。 広島地検の取り調べや供述調書の内容から克行氏をターゲットにしているのは明らかです」(案里氏陣営関係者) 広島地検は秘書ら3人を逮捕した際、河井夫妻が滞在していた都内のホテルにも捜索に入ったという。 「広島地検の捜査員が河井夫妻がそれぞれ、所有する携帯電話を押収しようとしたら、どちらも激しく抵抗しました。 案里氏は『携帯電話なんて持ってない』と言い張っていた。 克行氏は捜査員ともみ合いになり、ケガをしたと主張。 案里氏は連座制の対象になる可能性が高い。 克行氏も選対の最高責任者だったという供述が複数あるため、逮捕許諾請求のXデーの日程まで上がっている」(捜査関係者) 秘書らの逮捕で大きく展開した、河井夫妻の政治とカネにまつわる疑惑は公職選挙法違反だけにとどまらない。 昨夏の参院選の際、自民党本部から案里氏陣営に1億5千万円もの選挙資金が渡り、安倍首相の秘書らが度々、広島に応援に入っていたことが明らかになっている。 案里氏の選対本部幹部がこう証言する。 「安倍首相の秘書が広島入りしたときに県議などを紹介するために同行しました。 安倍首相の秘書らは広島に宿泊しないにもかかわらず、いつもキャリーカートを持参していたので、変だなと思っていた。 1億5千万円の選挙資金という報道があった後、なるほどと、納得しました」 広島地検は近く河井夫妻から事情聴取する予定だ。 自民党幹部がこう嘆く。 「安倍官邸と近い東京高検の黒川弘務検事長の定年延長を強引に閣議決定したのに、さしたる効果もなく、河井夫妻の事件に捜査のメスが入った。 安倍政権の存亡の危機という声が相次いでいる。 コロナ対応で解散は難しいので退陣もありうるという雰囲気だ」 (今西憲之) やはり黒幕だったか。 「安倍首相の秘書らは広島に宿泊しないにもかかわらず、いつもキャリーカートを持参していたので、変だなと思っていた」 河井前法相夫妻と安倍首相の大誤算 逮捕許諾請求と1億5千万円の行方〈週刊朝日〉(AERA dot. ) — ジョンレモン horiris 【昨夏の参院選の際、自民党本部から案里氏陣営に1億5千万円もの選挙資金が渡り、安倍首相の秘書らが度々、広島に応援に入っていたことが明らかになっている。 案里氏の選対本部幹部がこう証言する】 アルパカ夫婦の選挙法違反の片棒を担いだ安倍晋三も、 当然辞職ですね。 安倍のその筋書き通りに進んでいるのです。 安倍に捜査の手が及ばなかったら、安倍の勝ちなのです。 安倍も、道義的責任は問われるだろうけど、 道義的責任の問題だけでは、なぜか、選挙で自公が圧勝する。 道義的責任で問題になることがどれほど山のようにあろうと、 投票する人の50% 有権者の25% が自公を選ぶという怪奇現象が必ず起きるのです。 公務員、創価学会員、利害関係者を全部合わせても精々、投票する人の10% 有権者の5% だから、 自公を選ぶ人が50%も居るというのは、怪奇現象なのです。 安倍に関して道義的責任に持って行ってはならない。 必ず刑務所に入れないといけない。 : : [622] >克行氏は捜査員ともみあいになり これが警察だったら、公務執行妨害で手錠をかけて即逮捕、となる。 その点、検察は甘い。 手錠も持っていない。 一方、警察は上部の意向に絶対に従う。 安倍政権の意向なら捜査を控えるだろう。 今回の場合は、政権の人事介入で地方検察が硬化し報復に出たためと見られる。 >自民党幹部がこう嘆く 幹部といっても安倍派ではなく、反・安倍派または非・安倍派の幹部。 嘆いてる、のではなく怒っている、と書くべき。 自分の子飼いのためなら1億5千万という破格のカネをポンと出す。 そうまでして敵(宏池会)を追い落とそうとする、その意地汚さ。 このまま安倍政権が続けば自分たちの首(議席)が危うくなる。 それが一番怖いはず。 : : [3066] そもそも選挙応援は手弁当が原則だろう。 代議士を国政に出し意思の代弁者として活動して欲しいからこそ無事に当選するべく支持者が応援するのである。 つまり出たい人より出したい人をのスローガンがあるように、出て貰いたい人を応援するのに応援料を請求することなど本来有り得ない。 候補者とて、背中を押してくれる多くの支持者がいるからこそ、国政に出て有権者、納税者の声を反映させる意欲が出るのであり当選のために金を使って協力者を募るのは本末転倒だ。 先ず代議士になることが目的であるかのようで支持者の声の反映を旨とする代議士としての矜持は感じられず、金を使わなくとも手伝いたい者が出るのが当然で、候補者に金を使って宣伝カーで連呼して貰っても、国民にとっては何ら彼らを国政に出す意義は無く単なる候補者の就職応援をやっているようなものだ。 それにしても公費が一億五千万円も投入されるのは完全に常軌を逸している。 米大統領選挙では膨大な資金が飛び交うようだが、主に映像や印刷物、集会に掛かる費用で、一般議員の選挙応援の多くはボランティアの手弁当の筈だ。 一般議員の選挙活動に億円単位の公金が党中央の名で使用されるなどは有り得ず、東京地検の出番である。 東京地検は党中央の経理内容を捜査し党首たる首相の事情聴取は不可欠だ。 手弁当である筈の選挙応援がいつの間にか選挙事務所のビジネスとなり総理大臣の肩書と権威を活用し億円単位の公金が流れれば汚職である。 開票など選挙に関する事務が民間事業者による選挙請負ビジネスとなり、丸投げ状態であることを考えても、こうした選挙関連ビジネスの跋扈を放置することは国家腐敗の元凶となろう。 権力の腐敗を正すべく、検察行政が主権者国民のために公僕としての義務を果たすべきである。

次の

検察は安倍首相を逮捕しない…「検察庁法改正」の根本的問題と今後(河合 幹雄)

河合夫婦逮捕

ここでいう「逮捕」は上の「逮捕」よりも広い意味であり行政措置上の身柄の拘束まで広く含む。 なお、これとは異なりでは「逮捕」ではなく「訴追」という文言を用いているが「逮捕」と「訴追」の関係については学説に対立がある 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 つまり 国会が始まれば原則として捕まることはありません。 こんな特権いらないんじゃないかと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、歴史から省みた制度なのです。 なぜ設けられた? 不逮捕特権ができた理由は、歴史的に王が対立する議員を政治犯として不当に逮捕したり、政府がその権力によって議員の職務の執行を妨害するために逮捕した過去があるためです。 不逮捕特権同様に、国会議員に認められている権利に、免責特権があります。 免責特権とは、国会議員が議院で行った演説・討論・表決について、院外で責任を問われないという特権のことです。 このふたつにより、国会議員の職務執行が妨げられず、審議を可能にすることが保障されています。 しかし、この二つの権利は、法の下の平等の例外とも言えます。 これも例外があるみたいで現行犯逮捕の場合などはこれに当たらないみたいです。 私の私見なんですが今回の捜査はわざわざ国会の前にしてるあたり、逮捕する気がなさそうだと思いますね。 そもそも、2ヶ月も経った後に強制捜査を行うのも微妙ですよね。 証拠隠滅の疑いもありそうですし… 「克行事務所は、文春の取材を受けた後、大量の書類をシュレッダーにかけて捨てたり、パソコンを処分したりしています。

次の