行政書士 試験内容。 行政書士の仕事内容は? 資格取得後をイメージしやすい詳細解説

行政書士の基礎知識(仕事内容・難易度・試験対策・メリット)を全て解説!

行政書士 試験内容

行政書士とは 行政書士とは、主に、官公署に提出する書類の作成とそれに関する相談業務を行う職種です。 総務省の行政書士制度に関するページでは、以下のように業務範囲が示されています。 官公署に提出する書類(電磁的記録を含む。 以下同じ。 )その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成すること• 官公署に提出する書類について、その提出の手続及び当該官公署に提出する許認可等に関して行われる聴聞又は弁明の機会の付与の手続その他の意見陳述のための手続において当該官公署に対してする行為(弁護士法第72条に規定する法律事件に関する法律事務に該当するものを除く)について代理すること• 行政書士が作成した官公署に提出する書類に係る許認可等に関する行政庁に対する不服申立ての手続について代理し、及びその手続について官公署に提出する書類を作成すること• 契約その他に関する書類を代理人として作成すること• 行政書士の業務領域は、非常に幅広く、代表的な相談内容を挙げるだけでも以下のように多岐にわたります。 遺言書作成• 契約書の作成• 日本国籍の取得• 自動車の登録手続き• 土地活用• 中小企業支援• 知的財産権の保護 弁護士や司法書士との違いは? 行政書士との違いが分かりづらい資格として、弁護士や司法書士などがあります。 これらの資格は、業務領域がそれぞれ異なります。 先述したように、行政書士は、主に官公署に提出する書類の作成・代理業務を行う職種です。 それに対し、弁護士は法律に関するトラブル全般を扱い、司法書士は不動産登記や法人登記などの代理業務を行う職種です。 弁護士は、基本的に司法書士、行政書士の仕事を行うことができます。 また、司法書士や行政書士は、紛争となった場合に代理業務を行うことができなくなります。 行政書士の試験概要 行政書士になるためには、行政書士試験に合格する必要があります。 また、行政書士試験に合格するほか、以下の一定の資格を得たうえで行政書士会を経由して、日本行政書士会連合会の登録を受けることで行政書士になることが可能です。 行政書士試験に合格した者• 弁護士となる資格を有する者• 弁理士となる資格を有する者• 公認会計士となる資格を有する者• 税理士となる資格を有する者• 国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間及び特定独立行政法人又は特定地方独立行政法人の役員又は職員として行政事務に相当する事務を担当した期間が通算して20年以上(学校教育法による高等学校を卒業した者などにあっては17年以上)になる者 行政書士試験の概要 受験資格 年齢、学歴、国籍等に関係なく、どなたでも受験できます。 受験手数料 7,000円 受験申請受付期間 7月下旬~8月下旬 試験日および時間 例年11月第2日曜日13時~16時 2018年度は11月11日(日)13時~16時 試験科目および方法 行政書士の業務に関し必要な法令等(択一式及び記述式、出題数46題)• 5肢択一式:基礎法学2問(8点)、憲法5問(20点)、行政法19問(76点)、民法9問(36点)、商法・会社法5問(20点)• 多岐選択式:憲法1問(8点)、行政法2問(16点)• 記述式:行政法1問(20点)、民法2問(40点) 行政書士の業務に関連する一般知識等(択一式、出題数14題)• 5肢選択式:政治・経済・社会7問(28点)、情報通信・個人情報保護4問(16点)、文章理解3問(12点) 合格発表日 1月下旬に事務所の掲示板とホームページにて公開。 2018年度の試験結果は、2019年1月30日(水)午前9時に公開 行政書士試験の難易度は?合格率はどのくらい? 行政書士試験実施結果は、行政書士試験研究センターのホームページにて公開されています。 資料によると、2018年度の試験結果は以下のようになっています。 2018年度行政書士試験実施結果の概要 実施概要• 受験申込者数 50,926人 前年度52,214人 対前年度1,288人減(2. 受験者数 39,105人 前年度40,449人 対前年度1,344人減(3. 男性 28,049人 前年度29,608人 対前年度1,559人減(5. 女性 11,056人 前年度10,841人 対前年度215人減(2. 受験率76. 合格者数 4,968人 前年度6,360人 対前年度1,392人減(21. 男性 3,661人 前年度4,958人 対前年度1,297人減(26. 女性 1,307人 前年度1,402人 対前年度95人減(6. 合格率 12. 合格者平均得点 197点(前年度200点) 上記の概要を表にまとめると以下の通りです。 申込者数 受験者数 合格者数 合格率 男性 ー 28,049 3,661 13. 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、122点以上。 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、24点以上。 行政書士試験全体の得点が、(300点満点中)180点以上。 行政書士試験の特徴は、合格基準点が決まっている絶対評価の試験であることです。 そのため、試験の難易度が合格率にそのまま反映されます。 合格率はあくまで目安として考え、合格基準を満たすための学習をする必要があります。 (参照) 行政書士になるにはどのくらいの勉強時間が必要? 資格予備校などによると、 行政書士試験の勉強時間は500~800時間が目安とされています。 行政書士試験は、一般的に法律系国家資格の入門と言われることも多く、比較的短い勉強時間となっています。 1年で修了する場合、1日1. 5~2時間程度の勉強時間です。 ただし、前提知識には人によって差があります。 例えば、法学部出身(もしくは在学中)の方であれば、この数字よりも短い時間で学習を終わらせる方もいます。 500~800時間という数字はあくまで目安程度に考えておくとよいでしょう。 行政書士試験は独学で合格することが可能? 行政書士試験に限らず、あらゆる試験において独学での合格は可能です。 難関試験ではあるものの、弁護士(司法試験)や司法書士と比べた場合、難易度は低く、予備校に通わずに独学で合格する方も多いようです。 受験年齢に制限がなく、民間企業の会社員として働きながら勉強する受験者もいます。 2018年度の受験年齢層で最も多かったのは40歳代で26. (参照) 独学であれば、予備校に支払う費用を抑えることができ、自分のペースで学習を進めることもできます。 これらは、独学のメリットと言えるでしょう。 しかし、独学の方が予備校に通うよりも、結果的に効率が悪くなってしまう場合もあります。 特に法律の勉強に慣れていない方にとっては、法律は理解が難しく戸惑ってしまう方も多くいます。 予備校であれば、これらのデメリットはほぼ感じることなくスムーズに学習が進められ、結果的に勉強時間につながり効率が良いとも考えられます。 独学と予備校での学習とで、長所・短所を比較して自分に合った学習方法で勉強を進めることをおすすめします。 行政書士を取得するメリットは? 法律に関する知識を得ることが出来る 行政書士試験は上述したように、憲法、行政法、民法、商法など基本的な法律の知識を体系的に学習することが出来るので、法人の設立や行政の手続きがどのようにおこなわれるかを理解出来ます。 直接関連する業務に就くわけでなくとも、こうした社会の仕組みを把握しておくことはキャリアにとってプラスになりえます。 開業ができる 行政書士は、資格があれば即開業することができます。 また、多額の設備投資などは必要なく、パソコンとプリンターがあれば自宅で開業することもできます。 参入が容易なため、競争も厳しく、実際には、行政書士事務所で数年経験を積んだあとに開業する方が多いようです。 就職・転職に有利 行政書士で得られる知識は、企業の法務部や総務部などの業務で活かすことができます。 そのため、法務部や総務部での募集の場合、行政書士の資格を持っていると有利に扱われることもあります。 行政書士のキャリアは? 行政書士のキャリアプランには、大きく以下の3つのケースがあります。 個人事務所や行政書士法人で勤めるケース 自ら開業はせず、使用人行政書士として働くケースです。 また、行政書士としてではなく、「補助者」登録をして行政書士事務所で働くケースもあります。 特に開業する予定の方で、官公庁との付き合いや、報酬額の設定方法などの実務経験を得ることを目的に、補助者として働く方が多いようです。 一般企業に勤務するケース 個人事務所や行政書士法人ではない、一般企業に勤める方もいます。 資格の領域を直接活かせる部門で働く場合もありますが、直接的には関係ない営業や企画、管理部門での勤務をされている方もいます。 直接仕事に結びつけるわけではないケースです。 開業するケース 行政書士は、資格取得後すぐにでも開業することが可能です。 しかし実際のところ、司法書士のように資格取得後の研修などもないことから、事務所で経験を積んでから開業するケースがほとんどのようです。 自分の得意領域や開業後の依頼の獲得方法など、充分に熟慮してから開業することが望ましいと考えられます。 転職活動で転職エージェントを利用すべき最大の理由 転職を考えたらまずは転職エージェントを利用することをおすすめしています。 転職エージェントしか保有していない求人があるから• 無料で書類や選考対策が出来るから• 効率的な転職活動が可能• 条件交渉がしやすい 転職エージェントの利用には、上記のようなメリットがありますが、 転職エージェントしか保有していない非公開求人があるというのが最大のメリットです。 中途採用の求人は、企業によっては、特定の転職エージェントにしか依頼をだしていなかったり、一般には公開せずに転職エージェントにのみ、求人の情報を公開していることがあります。 そうした求人は、個人で転職活動をする限り見つけられません。 非公開求人に応募するには、転職エージェントを活用するしかないのです。 他にも、選考対策によって通過率が向上したり、日程調整や各企業とのコミュニケーションを代行してもらえる、年収やその他の条件などの交渉がしやすいといった点はメリットですが、 最大のメリットは「転職エージェントしか保有していない求人がある」ことです。 大手2社+専門性の高いエージェント1社を利用するのがおすすめ 先程、転職エージェントの最大のメリットは非公開求人にあると説明しました。 一般的に 非公開の求人を多く保有しているのは、大手の転職エージェントです。 一方で、 特定の領域に特化した転職エージェントは求人数は大手ほどではありません。 しかし、強みとしている領域の企業の非公開求人や情報を豊富に保有しています。 大手の転職エージェントで紹介される求人で、転職市場全体の相場観を理解し、特定領域のエージェントで興味のある分野の詳細を聞いていくのがおすすめです。 大手の転職エージェントの複数利用をおすすめしているのは、担当者との相性が理由です。 転職エージェントとは一定期間、密なやり取りをすることになるので、相性の良い方・信頼出来る方を選びましょう。 そのためにも複数の転職エージェントを活用し、信頼出来る方を選ぶべきです。 続いて、おすすめ出来る大手の転職エージェントと、専門・特化型エージェントを紹介します。 おすすめの大手転職エージェント 大手の転職エージェントは広告も積極的に行っており、ご存知のサービスも多いかもしれません。 こうした大手の転職エージェントは多くの求人数を保有しており、様々なタイプの方に対応が可能です。 どんな方にもおすすめできる転職エージェントといえるでしょう。 転職支援実績N0. 親身なサポートに定評のある「 」• 外資系企業やハイクラスの人材に強い「」 などがあります。 おすすめの専門・特化型転職エージェント 専門や特化型転職エージェントは、CMなどのマスプロモーションは行わないため、一般的には知名度が高くありません。 しかし、専門の領域では大手を超える実績や情報をもっていることもあります。 採用背景の解説• 求人内容の詳細説明• 書類選考対策• 面接対策 専門特化型の転職エージェントは上記のような、転職活動のサポートもじっくり行う傾向があります。 丁寧なサポートをしてほしい、興味・関心がある程度定まっている方は積極的に活用すべきです。 既卒やフリーターに特化した転職エージェント「 」• 教育業界専門の転職エージェント(弊社運営)• 教育・人材・IT領域に強い転職エージェント(弊社運営) などがあります。 上記のような領域に興味・関心があるかたは、こうした転職エージェントを活用しましょう。

次の

【行政書士】試験科目の特性と効率的学習法 | 法律資格合格応援サイト

行政書士 試験内容

行政書士の業務は大きくわけると2つ 行政書士業務については大きく2つに分けることができます。 ひとつが許認可系です。 行政書士の王道の業務と言えます。 代表的なのは建設業許可、風営法関連、自動車関連などです。 行政書士はこれらの書類作成や提出の代理、作成における相談などを行います。 1日で終わる案件もあれば数か月から何年もかかる案件もあります。 もうひとつが民事系です。 これは例えば、遺言書の作成や相続手続き、離婚協議書の作成、内容証明などです。 遺言や相続の関心も高まったことから、民事系を専門とする行政書士も増えました。 また、行政書士だけで行える案件もあれば、他士業などとと連携して行う案件もあります。 例えば、遺言書には自筆証書遺言、公正証書遺言などがあります。 自筆証書遺言については、遺言者の方と打ち合わせしながら、作成していくことになりますが、公正証書遺言の場合はさらに公証人と連携して作成していくことになります。 また相続手続きについては、登記関連は司法書士、税金関連は税理士、紛争性の高いものは弁護士、などと他士業と連携していくわけです。 許認可業務は比較的、行政書士だけで行うことができます。 お客様や関係官公署と連絡を取りながら、申請又は届出の書類を作成し、提出の代理をします。 不備があれば補正することもありますし、法的根拠を提示し行政と交渉することもあります。 また、特定行政書士に認定されれば、行政の不許可などについて不服申し立てすることもできます。 提出書類は、その申請などにより提出枚数が異なります。 数枚でいいものから何十枚もの添付書類が必要なものもあります。 書類が膨大になるとスーツケースに入れて持ち運ぶ、なんてことも! 近年はコンサルティング業務も増えている 行政書士業務は書類作成や提出の代理だけに留まりません。 相談業務やコンサルティング業務も行います。 例えば会社設立については、ただ設立のお手伝いをするだけでなく、助成金の紹介や会社運営のアドバイスなども行います。 建設業許可についても、許可を取って終わりではなく、更新のお知らせをしたり、会社の成長にとってメリットがありそうな他の許可をご案内したりします。 顧客の利益となるアドバイスをして成長の手助けをしていくのも行政書士の仕事となっています。 とある行政書士の一日 8:30 事務所へ まずメールチェックや返信、郵便物の確認をします 9:00 営業開始 顧客への連絡やアポ取りなどを行います 10:00 官公署などへ出向く 必要書類の収集や申請書の提出などを行います 12:00 顧客とランチミーティング ランチはお客様と食べながらついでにミーティングや打ち合わせをすることもあります 13:00 顧客回り 申請書の打ち合わせや必要書類を収集したり、お客様のところへ出向きます 17:00〜18:00 事務所に戻る 夕方くらいに事務所に戻り、またメールの返信などを行います 19:00〜 申請書の作成 一通りの作業を終えたら依頼を頂いた申請書の作成に取り掛かります 行政書士というと事務仕事のイメージを持っている方もいるかと思いますが、ご覧の通り、意外と行政書士の仕事というのは外出が多いです。 忙しい行政書士だと、平日のほとんどは外出しており、書類作成などの事務仕事は土日に行うという人もいます。

次の

行政書士の基礎知識(仕事内容・難易度・試験対策・メリット)を全て解説!

行政書士 試験内容

公務員として一定期間以上働くと行政書士の試験が免除になると聞きましたが本当ですか?他にもそういったものがあれば知りたい。 その経験は著書「 」に書いて全国出版をしています。 ( ・ でも販売) 現在はストーリークリエイターという肩書きで、密着・インタビュー取材をして記事や動画を制作する活動をしています。 HARU()といいます。 行政書士は、代書屋(だいしょや)と呼ばれている職業で、役所に提出する書類を企業や個人に変わって作成する仕事です。 案外知られていないんですが、公務員として一定の勤続年数が経てば行政書士の資格試験が 免除になります。 行政書士以外の資格試験の試験科目の一部(物によっては全部)が免除になる制度を、 「特認制度」といいます。 今回は、 公務員として働き続けると試験が免除される資格の種類について説明していきます。 SPONSORED LINK Contents• 公務員が取得できる資格まとめ【行政書士試験も免除】 「行政事務 20年以上(高等学校を卒業した者は 17年以上)の経歴を有する者は試験免除」となっています。 行政書士の仕事内容とは 行政書士は、行政書士法第1条の2、第1条の3の規定に基づき、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類、その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成することを業とするものです。 行政書士の具体的な業務としては、官公庁への許認可に関する書類提出や契約書、交通事故調査報告書等、権利義務又は事実証明に関する書類作成業務などを行っています。 ぼくが道路管理担当者として働いている時のことです。 大型トラックなどの「特殊車両の通行許可」を申請しに行政書士さんがよく職場に来られてました。 当時、運送会社から1件あたり3万円ほどの料金をもらっていたようで、 「あぁ、人脈があれば行政書士って儲かるんだなぁ」と感じたのを覚えています。 行政書士の資格の他にも、• 司法書士(裁判所事務官、裁判所書記官、法務事務官若しくは検察事務官)• 弁理士(特許庁)• 税理士(国税専門官)• 気象予報士(気象庁・防衛庁) でも 、公務員の特認制度があります。 この中でも、司法書士の試験免除ってすごくないですか? これは、年1回しか受験できない試験で、しかも合格率は 3. 超難関試験です。 「公務員を優遇しすぎ!」という賛否両論もあるようですが、ぼく個人的としては、公務員の特認制度はあっても良い制度だと思います。 公務員には雇用保険の制度がないので。 まとめ 公務員として一定期間勤務することで、資格試験が免除され、「〇〇士」と名乗ることはできるようになります。 しかし、独立してやっていくには人脈が必要だし、役所内でどんな実績をつけてきたかを証明していくのが重要です。 具体的にいうと、行政書士の仕事の中でも、ぼくも事務を担当していた 「特殊車両の通行許可」の許認可業務を担当していた公務員であれば、 「年間〇〇〇件審査していたので、どんな風に手続きすれば良いかはわかってます!」と伝えられるので、大きな武器となりますね。 しかし、これからはAIが導入されていくので 「〇〇士」は食いっぱぐれていくという声も聞こえてきます。 テクノロジーの進歩・動向を踏まえて、行動していくべきです。 公務員として組織の中で働くか、法律関係の事務所orフリーで行政書士として働くか迷っている方もいると思います。 そんなあなたが専門学校に授業料を払う前に読んでいただきたいのが、「」です。 この本には、 14年公務員として働いたぼくの経験をもとに、 公務員の仕事内容や業界のことをホンネで書いてあります。 ぼくもそうでしたが、役所に入る前後のギャップがすごいです。 「こんな仕事内容があるのか…」 「思っていたのと違った…」 「もっとラクだと思ってた…」 せっかくお金(何10〜220万円)を払って勉強して公務員になったものの、辞めてしまったりメンタルを崩してしまってはとてももったいないのです。 公務員の仕事内容などに興味のある方は 下のリンク先の記事をどうぞ。 関連記事 HARU() 自己紹介 水樹ハル|元公務員フリーランス。 大学に1浪するも大学受験に失敗し、社会の落ちこぼれとなるが、その後、公務員試験を突破し奈良県庁職員となる。 精神保健福祉・自殺対策の担当者として4年間働く中で、精神疾患の患者やそのご家族への傾聴・カウンセリングを実践。 また、広報担当として働く中でインタビュー・ライティング力を身につけたのち、独立。 現在はそのスキルを活かし、 最高の人生を送る思考習慣作りをサポートする メンターとして活動中。 セッション後に「以前より自分に価値を感じる」と答えた人の割合は94. 4%!夢や目標の達成のために突き進む人のサポートが生きがい。

次の