パッタイ 警察 用語。 知らなくてもいい警察用語集(専門用語・無線暗号など)

警察用語、警察の業界用語を全て一覧掲載(タタキ・謳う) 警察用語を完全理解できます。【職業データベース】

パッタイ 警察 用語

さ 三機(さんき) 一応集めましたって感じのロートル部隊。 警視庁の第三機動隊とはまったく異なる。 参集(さんしゅう) 召集されるのを待たずに自分から出署すること。 し 志願兵(しがんへい) 自ら望んで刑務所に入ろうとする人々。 万引きをした後わざと捕まるなど。 寒くなると増える。 警察にとっては大迷惑。 事故捜(じこそう) 交通事故捜査係のこと。 実況見分(じっきょうけんぶん) いわゆる「現場検証」のこと。 任意で行うが令状を取って同様のことをする場合は「検証」(現場検証とは決して言わない)。 シャブ関(しゃぶかん) 覚せい剤愛好家のこと。 シャンプーハット 制帽の上に雨よけでかぶせる雨覆いのこと。 形的にはどうみてもシャワーキャップに近いがなぜかシャンプーハットと呼ばれることが多い。 拾得(しゅうとく) 物を拾うこと。 (対義語:遺失) 受監(じゅかん) 監察を受けること。 針のむしろと同義。 術科(じゅつか) 柔剣道,逮捕術,けん銃,点検教練など体を動かす系の科目。 受令機(じゅれいき) 県内系を受信できる携帯ラジオ。 お巡りさんがつけているイヤホンがそれ。 巡連(じゅんれん) 巡回連絡のこと。 召集(しょうしゅう) =呼出し 召集訓練(しょうしゅうくんれん) 幹部が優しいと伝達訓練ですむが,厳しいと実際に署まで出頭する召集訓練になる。 さらに幹部がアレになると夜中に実施したりするので迷惑この上ない。 少年(しょうねん) 20歳未満の人。 女でも少女とは言わず少年。 少年簡易(しょうねんかんい) 少年を立件する際に使う書式。 成人でいう微罪処分のようなもの。 署活系(しょかつけい) 制服警察官が身につけている無線機。 自分の警察署や他の署員と通話できる。 職員(しょくいん) 警察職員のこと。 職質(しょくしつ) 職務質問のこと。 所属(しょぞく) 署や本部の課や隊などのこと。 初任科(しょにんか) 警察官に採用されて最初に警察学校でいろいろと仕込まれる課程。 大卒6か月高卒10か月の 監禁全寮生活。 初任補修科(しょにんほしゅうか) 初任科を卒業後,交番等で実習を積んで再度警察学校に入校して勉強すること。 昔の初任総合科,もっと昔は現任補修科。 初捜(しょそう) 初動捜査のこと。 刑事当直のことを初捜と呼ぶことも。 初動捜査(しょどうそうさ) 事件が発生したときにとりあえずすぐにやらなければならない捜査。 自ら(じら) 自動車警ら隊のこと。 「みずから」ではない。 身上照会。 身上調書。 人定(じんてい) 人を特定するための事項。 住居,職業,氏名,生年月日,連絡先など。 (例:(現場で相勤者に対して)「あの目撃者の人定取っておいて。 」) す 随監(ずいかん) 随時監察のこと。 悪魔の使者。 スーパー巡査長(すーぱーじゅんさちょう) 巡査(長)なのに著しく実務能力の高い人のこと。 せ 生安(せいあん) 生活安全のこと。 専務(せんむ) 刑事や交通,生活安全など一つの分野を専門にやっている部署のこと。 内勤ともいう。 前夜(ぜんや) 三交替勤務の当番日に,21時~2時に仕事をして2時~7時に寝る勤務。 遅く寝るから遅寝とも言う。 (対義語:後夜) そ 捜索(そうさく) 捜索令状による捜索のこと。 家屋を捜索しても「家宅捜索」とは決して言わない。 なお人を探したりする意味での捜索については,警察では検索ということが多い。 捜査用車(そうさようしゃ) 捜査部門が使っている車両。 一般人がイメージする覆面パトカーにかなりカブる。 ちなみに警察官がイメージする覆面パトカーは,交通取締用などのパトライトが屋根からパカッと出てくるタイプの車両。 送致(そうち) 検察庁に送ること。 いわゆる「送検」。 逮捕して被疑者ごと送致する場合は「身柄付送致(みがらつきそうち)」,任意捜査で書類だけ送致する場合は「書類送致」(書類送検とは言わない)。 側乗(そくじょう) 警察車両で助手席に乗っている人のこと。 事故を起こしたときは運転者だけではなく側乗も責任を問われることが多いので,安全確認や後方誘導をサボってはいけない。 足跡(そくせき) 「あしあと」とは言わない。 器具こんや手袋こんなどと合わせて足こん跡(そっこんせき)ともいう。

次の

警察用語集(さ行)

パッタイ 警察 用語

パッタイ 本来の名称は「・パッ・タイ」で、ライスヌードルのタイ風炒めという意味である。 ライスヌードルの種類(太さ)によって、センヤイ・パッ・タイ、センレク・パッ・タイ、センミー・パッ・タイといった呼び分けもされる。 ライスヌードルの代わりにを用いた場合は「・パッ・タイ」となる。 のライスヌードルを戻したものに、および小さく切ったを加えて中華鍋その他の大鍋で炒め、果肉、、、または、およびで調味し、および刻んだを添えて提供される。 、、またはの漬物、の花といった他の野菜が加えられたり、生エビ、、、その他のタンパク質系食材が加えられたりすることもある。 また、赤唐辛子、ライム、ローストピーナッツ、モヤシその他の生野菜など、として多数の食材が添えられる。 好みで、ナンプラーや酢などの卓上調味料でさらに味を付けてから食べることもある。 鶏卵は具材の一つとして炒められることが多いが、薄焼き卵でライスヌードルとその他の具材を包んだバージョンもある。 エビを省いて、ナンプラーの代わりにを用いた向けのパッタイも存在する。 パッタイに用いられる食材や調理法には、やの文化の強い影響が認められる。 例えば豆腐や干しエビは中国由来の食材であり、またパッタイに用いられるセンチャンというライスヌードルはベトナムのに類似している。 しかし、パッタイに用いられる調味料はタイ由来のものであり、これがパッタイをタイ料理として特徴付けている。 歴史 [ ] ライスヌードルを炒めた料理は、時代に、中国またはベトナムの商人によりに持ち込まれていたが 、パッタイが現在のような形で確立したのは1930年代に入ってからのことである。 1930年代、タイではの戦乱および洪水のためにに陥った。 タイ政府は当時の(ピブーン)の指揮のもと、国民に対し、国内でのコメの消費量を抑えるため、コメを粒食するのではなく、より入手しやすいライスヌードルを食べることを奨励した。 同時期に、ピブーンは、愛国主義的文化改革政策を実行し、文化・経済における華人の影響力を弱め、ナショナリズムを高揚させようと試みていた。 ピブーンはそのような政策の一環として 、国民食コンテストを開催しており、このコンテストで優勝した料理は現在のパッタイに非常に似た形のライスヌードル料理であった。 このコンテストでライスヌードル料理が優勝したのには、華人文化の影響の強い小麦麺の消費を抑えたいという政府の思惑もあった。 1945年の11月7日、タイ政府は、パッタイをタイの新たな国民食であると宣言した。 第二次世界大戦後、タイは不況による高い失業率に苦しむこととなった。 ピブーンは失業対策として国民がライスヌードルの製造・調理に従事することを奨励し、レシピを配布することさえした。 これ以降、パッタイは、都市部・農村部を問わず、タイ全土において国民の間に広く定着した。 世界的な普及 [ ] パッタイ 1960年代から1970年代にかけて、の間に多数の米軍兵士が休養地としてタイを訪れたことにより、外国人顧客を対象としたタイ料理レストランが作られはじめ、タイ料理が外国人にも知られるようになった。 その後2002年から、当時の首相は、タイ料理を観光資源として用いるため、タイ料理レストランの出店を奨励する政策を取るようになった。 この政策の一環として、タイ政府は良質なレストランに賞を与えるようになった。 受賞したレストランは政府が売り出したいタイ料理のイメージに沿った料理を提供することを求められ、そのような料理にパッタイも含まれていた。 2010年代現在、パッタイはタイ国外のタイ料理レストランでも広く提供されており、タイ料理初心者の間でも人気がある。 カセサート大学およびジョージア大学の研究者らがアメリカの消費者を対象に行った調査では、パッタイはに次いで人気のあるタイ料理である。 CNN Goが2011年に実施したWorld's 50 most delicious foodsの読者人気投票においても、パッタイは5位にランクインしている。 日本での生産 [ ] 炊飯米を硬くするの含有量が多い米の品種「 」は、冷めると硬くなりやすいため、それが欠点となり、生産量が年々落ち込んでいたが、逆に、米の麺として加工した場合、茹でても溶けにくく、麺離れが良いという利点となり、パッタイなど米の麺の原料として、新たな需要が喚起されている。 関連項目 [ ]• 出典 [ ] []• 食べるアジア. 啓旅社. 2017年12月30日閲覧。 2017年3月20日閲覧。 3rd ed. September 2005. 要購読、または。 (英国公立図書館のメンバーシップまたは購読が必要)• thaitable. com. 2013年7月28日閲覧。 luxevoyageasia. com. 2017年5月29日閲覧。 Independent. 2017年12月30日閲覧。 BBC. 2017年12月30日閲覧。 Ec-padthai. com. 2013年2月18日時点のよりアーカイブ。 2017年12月30日閲覧。 2017年11月7日閲覧。 玉田, 芳史 6 1996. 日本語. 東南アジア研究 京都大学東南アジア研究センター 34 1 : 138. 2017年12月30日閲覧。. 2017年11月7日. 2017年11月7日閲覧。 Ronald Ranta 2015. pdf. World Policy Journal: 36-37. 2017年12月30日閲覧。. Sujinda Sriwattana, Anna V. Resurreccion, Vichai Haruthaithanasan and Penkwan Chompreeda 2002. pdf. Kasetsart J. Soc. Sci 23 2 : 139-150. 2017年12月30日閲覧。. 2011年10月11日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 日本国内で入手しやすい素材を用いるようアレンジしたパッタイのレシピ• (キリンレシピノート)• (エスビー食品).

次の

警察用語、警察の業界用語を全て一覧掲載(タタキ・謳う) 警察用語を完全理解できます。【職業データベース】

パッタイ 警察 用語

最近、ショッキングな事件が続いています。 ニュースでは連日「容疑者」といったワードが飛び交っていますが、実はこの呼び名、警察官はあまり使わない、ニュースなどのメディアが主に使っている用語だということはご存知でしょうか。 元警察官でありキャリア官僚であったミステリ作家の古野まほろさんが、ドラマや映画でよく耳にする警察用語を易しく解説する幻冬舎新書『』。 「警察モノ」ファンのみならず、警察官志望者、警察エンタメの作者にもおススメの本書より、このメディア用語に関する部分をピックアップしました。 犯罪を犯した疑いのある者、は「容疑者」ではなく「被疑者」 (写真:iStock. 古野容疑者、見城容疑者といった感じで。 ですので、例えば私が捜査線上に浮かび、検挙され、検察官によって起訴されるまでの間は、ほぼずっと古野被疑者と呼ばれ/書かれます。 業界人が「古野容疑者」と呼ぶのは、かなりのレアケースです。 そういえば、私が幼かった頃は、そもそも被疑者はメディアでは呼び捨てでした。 ただ、ならば業界において「容疑者」が絶対に使われないかというと、経験上はそうでもありません。 例えば、『容疑者割り出し捜査結果報告書』のような感じのものは、まま見かけます。 警察における「容疑者」 (写真:iStock. ただ、見た範囲では、 捜査のかなり初期段階において「容疑者」という呼称がされているケースが多かったです。 きっと、平均的な警察官をつかまえて「被疑者と容疑者はどう違う?」と質問したとしても、「知らない」「そんなことは実務に関係ない」あるいは「捜査書類に書くときだとちょっと考えるかも知れないが、普段はあまりこだわらない」と答えると思います。 まあ、捜査書類が着々と作成されてゆき、例えば いよいよオフダまで 獲 とろうかといったあたりでは、100%がヒギシャと呼称されます。 そもそも、 捜査の基本となる刑事訴訟法が「被疑者」で統一していますので、刑事訴訟のための捜査書類がヒギシャを用いるのはむしろ当然でしょう。 そして、刑訴法以外の法令でも「被疑者」を用いる派が圧倒的で、その数は「容疑者」派と比較になりません(ちなみに法令用語は、古ければ古いほど用語にブレがあり、新しければ新しいほど狂気・執念を感じるほど用字用語の整合性を持ちます)。 ゆえに、もし創作物等でリアリティを求めるなら、ヒギシャを使用するのが「いかにもそれっぽい」でしょう。 ちなみに、別項でも述べますが、 「被疑者」の業界用語はそのままヒギシャか(言い換えるほど音が長かったり誤解を含んでいないので)、ちょっとボカしたいとき、例えば出先で市民の方に聞かれたくないとき等は マルヒです。 「ホシ」は100%ありません。 * * * 同じく「重要参考人」も、警察官が使わないメディア用語のひとつだそうです。 警察用語についてもっと詳しく知りたい方は、幻冬舎新書『警察用語の基礎知識』をご覧ください。 関連キーワード.

次の