おんな の こ でも。 おんなの駅|ローカルフードが人気!沖縄県の道の駅

いい女はセックス上手 第2弾 [夫婦関係] All About

おんな の こ でも

歌舞伎 かぶき 、新派で女性に扮 ふん することを専門にする俳優の役柄の称。 「おやま」ともよぶ。 一般に「女形」の文字を使うことが多いが、語源的には「女方」が正しい。 元来歌舞伎は女優を主役にする踊りの芸能だった女歌舞伎として出発したが、1629年(寛永6)に禁止され、以後女性は舞台に立てなくなる。 1652年(承応1)に若衆 わかしゅ 歌舞伎が禁止されてのち、若衆の象徴である前髪を剃 そ り落とし、物真似 ものまね 狂言だけを演ずることを条件に再開が許された。 野郎 やろう 歌舞伎である。 この時代になり、命じられて「男方」と「女方」の俳優の名を書き出したことから、「女方」という称呼が生まれ、役柄としての確立をみた。 女方は、女性の衣装をつけ、手拭 てぬぐい や頭巾 ずきん で頭を隠していたが、やがて紫帽子をつけるようになる。 劇の内容の進歩に見合って延宝 えんぽう 年間(1673~81)には「かつら」が考案され、女方の芸はいよいよ真の女性の姿態、行動に近づくことを要求されるようになった。 女方の祖は、村山左近 さこん とも糸縷権三郎 いとよりごんざぶろう とも、また右近源左衛門とも伝えるが、明らかではない。 日常生活から女性の心で暮らすことによって女性美を追求し続け、女方芸の基礎を固めた元禄 げんろく 期(1688~1704)の初世芳沢 よしざわ あやめの功績が大きい。 女方の称を「女性の役」という広義にとれば、実際には「若女方 わかおんながた (「わかおやま」ともよぶ)」と「花車方 かしゃがた 」とに分かれる。 若女方は傾城 けいせい 方、娘方、姫、世話女房、女武道などの役々を含む。 花車方は老女方 ふけおやま のことである。 一座の女方俳優のうちもっとも地位の高い者を「立女方 たておやま 」とよぶ。 女方の部屋は楽屋では中二階(実際は二階のこと)に設ける習慣だったため、女方のことを「中二階」とよぶことも行われた。 幕末以降に一人一役柄の原則が崩れてのち、もっぱら女方だけを演ずる俳優をとくに「真女方 まおんながた 」とよぶことが生じた。 男性が女性に扮して写実的な演技をするという本来不自然な性格から、さまざまに演技のくふうが積み重ねられ、世界にも独特な女方演技術が生み出されたのである。 古くから著名な女方の名跡には芳沢あやめ、中村富十郎、瀬川菊之丞 きくのじょう 、岩井半四郎らがあり、近代になっては中村歌右衛門 うたえもん 、尾上 おのえ 梅幸らがある。 [服部幸雄] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説.

次の

おんなの駅|ローカルフードが人気!沖縄県の道の駅

おんな の こ でも

著者の本はほとんど読んだことはなく、最近文庫化された『女ぎらい』を読んで、もうちょっと著者の本を読んでみようという気になってまず手にとった本でした。 本書で著者は、みずからの言説実践にあたって深い影響なり示唆をうけた運動家や作家、思想家や学者批評家11人(森崎和江、石牟礼道子、田中美津、富岡多恵子、水田宗子、ミシェル・フーコー、エドワード・W・サイード、イヴ・K・セジウィック、ジョーン・W・スコット、ガヤトリ・C・スピヴァク、ジュディス・バトラー)について語っています。 とにかくいまのべたように、著者にフェミニズムをめぐる新たな思考へと導き、著者のフェミニズムにかかわる言説実践を強靱なまでに鍛えてくれたそうした思想的先導者たちの著作をおもに紹介し解説するという体裁を本書はとっています。 が、ここにあらわれた文章は、たんなる紹介、解説をこえて、そうした先導者たちへの愛と尊敬をともなった熱いファンレターというかオマージュというべきような、少し熱をおびたところがあります。 そのあたり、その攻撃的スタイルゆえにギスギスしていて読むのがしんどかった著者の『女ぎらい』のような本にはない魅力が本書にはあるといえます。 (ただ、いつも(?)の切れ味するどい辛口スタイルがまったく影をひそめ、批判的観点もなく、逆にあまりに手放しの礼賛になっているので、いつも(?)の上野千鶴子との落差というか違いに驚くという以上に、ちょっとどうしたのかなあととまどってしまいますが) それにまた、それら思想的先導者たちの、著者にとってとりわけ深く共鳴できるところなのか、スピヴァクやバトラーなどの難解な著作の勘所をさらりと明快に解説していて、読んでいてちょっとした知的発見も味わえます。 また、富岡多恵子がこんなにラディカルというか、突きぬけたことをすでに書いていたのかと認識をあらためるしだいとなりました。 ただ、敬意をいだきつつも、そういう富岡多恵子を「ニヒリスト」と呼ぶ著者は、たぶん行動家・実践家として現実的な目標と段階的な戦略があるのでそこまで突きぬけることはあえてしないのでしょうが。 評者にとって、本書を読むなかで、付箋を貼って、あとで記憶をあらたにしたいと思った箇所が多数あったことも書きそえておきたいところです。 名著とされる『イングランド労働者階級の形成』(1963年)を書いた歴史学者、「エドワード・P. トムソンのいう〈労働者階級〉とは男性労働者に限られていた。 実際には産業社会形成期の労働者には女性や子どももいたというのに、労働者階級という概念から注意深く、故意にあるいは無意識に、女性が排除された。 」 「個人individualという概念が、そもそも成人男性を範型としてつくられている。 」 「境界の攪乱は、既成の秩序をゆるがす変革的な実践であるだけではない。 それは既存の秩序を揺るがし、それに亀裂を走らせ、断絶を持ちこむ。 その不安と恐怖にもっとも敏感に反応する者たちは、境界線上に位置する者たちだ。 」 「東洋に言語がないわけではない。 しかし、非西洋人の言語は、あったとしても聞かれない。 覇者の言語を習得しないかぎり、声はなかったものにされる。 覇者を批判する言語ですら、覇者自身の言語でなければ、覇者の耳には届かない。 リンガ・フランカ(世界共通語)としての英語の覇権主義はこうやって成立した。 [サイードのような]ポストコロニアル批評が、旧植民地宗主国の内懐で、旧植民地出身の知識人によって、旧宗主国の言語によって生まれたのは偶然ではない。 」 (少し位相はちがいますが、台湾や旧朝鮮、あるいはマグレブや西アフリカ・中央アフリカあるいはカリブ海のような旧植民地(出身)の文学者が日本語やフランス語という旧宗主国の言語を自己表現の手段として用いた(ことがあった)こと、あるいは用いざるを得なかったこと、あるいはむしろときにあえて用いようとしたこともここで思い出されます。 いっぽうで、いま引用した著者の文にある「東洋」や「非西洋人」を「女」に、「覇者」を「男」に、変えてみれば、それは著者自身のフェミニズム批評のことを語っているともみえます: 「女に言語がないわけではない。 しかし、女の言語は、あったとしても聞かれない。 男の言語を習得しないかぎり、声はなかったものにされる。 男を批判する言語ですら、男自身の言語でなければ、男の耳には届かない…」) 「世界史的にみて、20世紀の学問研究上の覇権言語は、英語よりも、大陸ヨーロッパ言語、わけてもドイツ語とフランス語だった。 ドイツ語の学術上の覇権が崩壊したのは、ナチスドイツのユダヤ人迫害が原因だったことを、アメリカの思想史研究者、スチュワート・ヒューズが『大変貌』のなかで指摘している。 ドイツにおける学術研究の水準の多くは、ユダヤ人研究者によって保たれていたのに、その彼らがナチスを逃れてドイツから亡命したために、そしてその亡命者を受けいれたのがアメリカであったがために、世界の学術の拠点がドイツからアメリカへと移動してしまったのだ。 」 たしかに、日本でも、明治以降、とくに自然科学系、医学系の研究者たちのほとんど大部分はドイツに留学していたこと、しかし戦後になってからは、その留学先が圧倒的にアメリカに変わったことが思い出されます。 めちゃくちゃ面白かった。 初上野千鶴子だと思います。 論文集の中に載っている一つの論文として読んだことはあるかっも知れない。 宮台真司の本の秀逸な解説を読んだことはある。 しかし本を読むのは初めて。 橋爪大三郎の構造主義の本を読んだ時に上野千鶴子の名前が出てきたので気になっているときに駅中の本屋さんで見つけたので購入。 ウーマンリブ、フェニミズムのエートスを慣性で引きずっている堅苦しいおばさんかなあと勝手に想像していて、著作は敬遠していた。 嫌いなわけではないがなんとなく避ける潜在意識があったと思う。 しかし読んでみると素晴らしい。 この社会を理解するための認識のツールを与えてくれる。 ほかの著作も読んでみようとがぜん興味が沸く。 まず迷いながらも石牟禮道子を最初に持ってきたのが素晴らしい。 私は石牟禮道子は現代の霊媒、現代の巫女だと思っているが、そこを理解しているから取り上げるのを迷いつつも、男の言葉しかなく閉塞感に閉じ込められている女が自分の言葉で表現する道を開いた人物の一人。 ウーマンリブの先駆者、それが言い過ぎなら条件を地ならしした人物の一人として取り上げている。 この視点は素晴らしいと思った。 前半では日本のフェニミズムを拓いたと上野が考える作家を挙げ、後半はフェニムズムを考えるうえで古典とも言うべき西欧の知性を取り上げている。 森崎和江、石牟禮道子、田中美津、富岡多恵子、水田宗子。 ミッシェル・フーコー、サイード、セジウィック、ジョージ・スコット、スピヴァク、バトラーなど。 サイードのオリエンタリズムとジェンダーを同じ権力と服従の構造で分析する視点、ガヤトリ・スピヴァクの植民地出身の一流知性が帝国の知的ツールを使って内部から英国文学を批判し、そのことによって逆に英文学を活性化し、英文学の教授として帝国側の人間になる、自ら唱えた「服従が抵抗になり、抵抗が服従になる」を地で行くような人生と理論を俯瞰して見せる。 ここで全部書かないがフーコーも行ったような目の覚めるような近代の分析がここにいくつも紹介されている。 上野はこれをつづったのは前史で闘った先輩たちの歴史を忘れないでほしい、語り継いでほしいからだと言う。 彼女自身も語り継がれるべき存在だと思った。 泣く子も黙るフェミニストの親玉?みたいな人ですが、やっぱこの人相当に頭が良いと思われます。 数年前の「女ぎらい ニッポンのミソジニー」では、とても分かり易い文章で、(当然私も含む)オス共の浅ましさをばっさばっさとぶった切ってくれる様は逆に心地よく、笑えてさえきましたが、本書では、上野氏の思想を築く元になった先人達の著書が紹介されており、上野氏自身やフェミニズムへの批判も含む、これまた切れ味鋭い文章が目白押しで、その凄さに、やっぱり笑えます。 中でも富岡多惠子氏をラディカルなニヒリストとして紹介する一節は、なんか読んでてゾクゾクしてきましたが、その「藤の衣に麻の衾」が入手困難っぽいのは残念です。 積ん読状態のものが多いのに、読んでみたい本が増えてちと困ります。 紹介された中で私が読んだことがあったのはサイードの「オリエンタリズム」だけでしたが、これも再読の必要があるなと思わされました。 この本の、ザイードの章によると「東洋(オリエント)」とは「西洋」という視点からみた虚構である」といいます。 そしてその「西洋」を「男性」オリエントを「女性」と置き換えたときに、とてもはっきりと見えてくるもの。 それは、男性がいかに「女性」を自らの存在を脅かさない「弱い」存在として都合の良い定義のなかに押し込めてきたか、さらにその「男性」優位の視点によって「歴史」を編み、さらには「学問」を構築してきたか、ということです。 この本を読んでいくうち、頭のなかでうすぼんやりとわかっていたことが、次々と、小気味よいほどに整理され、雲がはれるようにはっきりとしはじめました。 「フェミニズム」はぜんぜん賞味期限なんかきていないと思うし、さらに言うなら、この本をもってやっと出発点にたどり着いたようなものだと思います。 フェミニズムが、この先、男もすなる「歴史」「学問」とどう関係し、どう発展し、どう渡り合っていけばいいのか、どうしたらこの先のわたしたちが「男性」視点ではない「人類」の歴史を編み始めることができるのか。 その道のりを上野先生はしっかりと先達として歩いてくださっています。 人類必読の書!.

次の

おんなの駅|ローカルフードが人気!沖縄県の道の駅

おんな の こ でも

歌舞伎 かぶき 、新派で女性に扮 ふん することを専門にする俳優の役柄の称。 「おやま」ともよぶ。 一般に「女形」の文字を使うことが多いが、語源的には「女方」が正しい。 元来歌舞伎は女優を主役にする踊りの芸能だった女歌舞伎として出発したが、1629年(寛永6)に禁止され、以後女性は舞台に立てなくなる。 1652年(承応1)に若衆 わかしゅ 歌舞伎が禁止されてのち、若衆の象徴である前髪を剃 そ り落とし、物真似 ものまね 狂言だけを演ずることを条件に再開が許された。 野郎 やろう 歌舞伎である。 この時代になり、命じられて「男方」と「女方」の俳優の名を書き出したことから、「女方」という称呼が生まれ、役柄としての確立をみた。 女方は、女性の衣装をつけ、手拭 てぬぐい や頭巾 ずきん で頭を隠していたが、やがて紫帽子をつけるようになる。 劇の内容の進歩に見合って延宝 えんぽう 年間(1673~81)には「かつら」が考案され、女方の芸はいよいよ真の女性の姿態、行動に近づくことを要求されるようになった。 女方の祖は、村山左近 さこん とも糸縷権三郎 いとよりごんざぶろう とも、また右近源左衛門とも伝えるが、明らかではない。 日常生活から女性の心で暮らすことによって女性美を追求し続け、女方芸の基礎を固めた元禄 げんろく 期(1688~1704)の初世芳沢 よしざわ あやめの功績が大きい。 女方の称を「女性の役」という広義にとれば、実際には「若女方 わかおんながた (「わかおやま」ともよぶ)」と「花車方 かしゃがた 」とに分かれる。 若女方は傾城 けいせい 方、娘方、姫、世話女房、女武道などの役々を含む。 花車方は老女方 ふけおやま のことである。 一座の女方俳優のうちもっとも地位の高い者を「立女方 たておやま 」とよぶ。 女方の部屋は楽屋では中二階(実際は二階のこと)に設ける習慣だったため、女方のことを「中二階」とよぶことも行われた。 幕末以降に一人一役柄の原則が崩れてのち、もっぱら女方だけを演ずる俳優をとくに「真女方 まおんながた 」とよぶことが生じた。 男性が女性に扮して写実的な演技をするという本来不自然な性格から、さまざまに演技のくふうが積み重ねられ、世界にも独特な女方演技術が生み出されたのである。 古くから著名な女方の名跡には芳沢あやめ、中村富十郎、瀬川菊之丞 きくのじょう 、岩井半四郎らがあり、近代になっては中村歌右衛門 うたえもん 、尾上 おのえ 梅幸らがある。 [服部幸雄] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説.

次の