ナコン アンリミテッド。 eスポーツ仕様のPS4“レボリューションアンリミテッドプロコントローラー”が9月6日より国内販売

‟レボリューション アンリミテッド プロコントローラー” 進化したesports仕様のコントローラーをレビュー

ナコン アンリミテッド

そのためナコンというコントローラーの認知度は高いだろう。 実際に私も は1ヶ月程使っていた。 ナコンのメリット・デメリットは熟知しているつもりだ。 私なりの意見を入れつつ解説をする。 はをベースに作られているので何がアップグレードされたか見ていこう。 スティックの頭を凹型凸型に変えられる• スティックのシャフトが交換可能になり可動域を3種類から選択できる• 無線接続に対応• コントローラーでマイクをミュート音量調整可能になった• 背面ボタンを押しやすい位置に変更• コントローラーの重りを取り出しやすい位置に変更• プロファイル変更やモード切り替えが分かりやすくなった 大きな違いとしてはざっとこんなところだろうか。 個人的に嬉しいのは無線に対応したところだ。 は有線接続しかできず、 コードが邪魔で仕方なかった。 の背面ボタン位置 背面ボタンの位置が大きく変わり、と同じような位置に変更されている。 エビルコントローラーは少しボタンが大きい この位置にボタンがあると自然に押せるので、初めて使う人でも違和感ないだろう。 正直 の背面ボタンは、コントローラーが大きいのもあり押しづらかった。 とても良い変更点だと思う。 レボリューションアンリミテッドプロコントローラーその他機能一覧• 音声チャット対応の無線および有線接続• 交換可能なスティックヘッド• 5mmヘッドセット端子• ヘッドホンボリュームコントローラー、MUTEボタン有り• USB Type-C ケーブル• 設定可能な4つのショートカットボタン• ハードケース付 プロファイルにてカスタマイズ可能な項目• 各スティックのレスポンスカーブ調整が可能• 左右のスティックを逆転可能• 各トリガーの感度・デッドゾーンを調整可能• 左手・右手グリップの振動の強さを調整可能• レボリューションアンリミテッドプロコントローラー の評判は? 海外にて先行販売されている だが評判は良い方だと思う。 いくつか紹介しておこう。 を持っている方のレビュー参照 この方はプレイするゲームに応じてコントローラーを切り替えているようだ。 の方が手に馴染むのが早く、XBOXコントローラーのレイアウトだから使いやすい。 この方は ユーザーでありワイヤレスではなかった事から使用を断念したそうだ。 ソフトウェアは複雑だが、自分好みにコントローラーをカスタマイズできるので愛用しているとのこと。 箱から を取り出して驚いた人のレビュー参照 この製品を購入して開けて思った事はカスタマイズオプションが豊富とのこと。 スティックの形状・スティックの可動域変更と独自のカスタマイズができることが気に入っているそうだ。 グリップがもとから付いており、強力な滑り止めとして機能するのも良い点みたいだ。 ソフトウェアの設定が難しいと言っている人のレビュー参照 スティックのデッドゾーンなどの設定が難しいとのこと。 またバッテリーの寿命が純正コントローラーに比べて短い点・マイクの質が悪くなるのがマイナス評価だそうだ。 しかし背面ボタンやコントローラーの形状には満足しているとのこと。 ざっとこのくらいだが、そこまで悪い点が目立たないように感じる。 外国人と日本人の手の大きさは違うので国内では異なった評価が出てきそうだ。 レボリューションアンリミテッドプロコントローラーは買いか?それとも買うべきではないか?「まとめ」 色々な周辺機器の良いところを取って作ったようなコントローラーじゃから、かなりありだと思うなあ… ってのが個人的な感想。 は色々と難点があるコントローラーじゃと思ってたからそれが全て解消された印象じゃな。 やっぱり無線に対応したってのが一番大きいし、プロコンの一番のメリットとなる背面ボタンの位置変更が購入の後押しになりそう。 価格で見ても の 「定価19410円」の 「定価12960円」じゃから価格差は 6450円じゃ。 私はこの差額払う価値があるアップグレードだと思うな。

次の

【レビュー】NACON アンリミテッド 良かった点と悪かった点!【レボリューションアンリミテッドプロコントローラー】

ナコン アンリミテッド

開封の儀 箱がこうなってて 開けるとしっかりしたハードケースが ハードケースの中身がこちら 内容物がこちら ・コントローラー本体 ・ケーブル(USBType-C) ・無線用レシーバー ・重さ調節の為のウェイト ・交換用スティックヘッド ・交換用スティックシャフト ・ウェイト等を入れる専用ケース ・説明書 ・シール 見た目や特徴 形状は前回のナコン2と大きく 変わっていません。 純正コントローラーと大きく違うのはやはり 左スティックの位置でしょうか。 〇ボタン等の配色が 灰色で統一されててなんかいい感じ。 自分好みです。 新型の十字キーのナナメ入力がちょっとやりづらい印象です。 そして裏側 左から プロファイルの切り替えボタンと、 無線有線の切り替え、 使用モードの切り替えレバーですね。 下にあるのがヘッドセットをつなげた際の音量アップダウン、ミュートボタンですね。 音量系は以前は無かったですね。 で、両端にあるのが背面ボタン。 持つとこんな感じ。 押しやすく改善された気がします。 ちなみにココが パカっと開いて、ウェイト調整できます。 専用のケースにウェイトとスティックヘッド、スティックシャフトが入ってます。 ケースの質感も良いですね。 スティックの交換方法が上に 力を込めて引っ張るので何回もやってると爪が緩くなってきちゃいそうです。 スティックヘッドは好みがあると思いますので気に入ったやつ付けましょう。 シャフトについては 倒す角度の調整用ですね。 最初からついているのが一番細いのでとりあえずそれで使ってます。 あとは後述する PCの設定でスティック感度を調整すれば自分好みの感度に設定できると思います。 無線対応!しかし電源は・・・ 個人的にめちゃくちゃ楽しみにしてた機能なんですが、 無線に対応したんですよ。 これが無線レシーバー。 PSボタンで電源は・・・ 起動できない!! ちょっと残念。 まぁレシーバー使う時点で察していましたが・・・ レシーバーをPS4本体に差し込み電源を入れ、コントローラー(裏側の切り替え忘れずに)でPSボタンを押すと 大体5秒くらいで接続します。 (この5秒反応してるのか不安になる) 駆動時間は 大体6時間くらい。 (メーカー値では7時間)バッテリー残量は ミュートボタンを長押しすると正面のプロファイルLEDで残量がわかります。 4つ付いてるので25%刻みですね。 少なくなってくると点滅して教えてくれます。 純コンとは違い 画面で通知してくれないので、そこはちょっと気を使わなければいけませんね。 PCでの設定 PCで設定しなくてもこのコントローラーで遊べますし、背面ボタンもコントローラーのみで設定可能ですがスティックの微調整や振動、LEDの設定はPCが必要となります。 ( 要会員登録) 起動した画面がこちら PS4モードを押すとメニュー画面が表示されます。 既存のプロファイルは名前を変えないと設定が変えられないので、名前を変更するか新しく作成するかで設定しましょう。 設定の概要画面。 スティックの調整画面。 個人的には 感度はマイナスがオススメ。 マッピング画面。 既存のボタン配置も変えられますね。 トリガーの設定画面。 多少あそびを作ったりすることも可能ですね。 その他一般設定、バイブレーションやLEDの光りかたを変更できます。 LRの1のボタンのクリック感がより強くなって、押してて気持ちいいです。 純コンと比べると硬めですが押しやすいです。 〇ボタンなども若干大きくて押しやすいんですが、長押しの際ちょっとでも力を抜くと 離した判定になって慣れるまで時間が掛かりました。 スティックも若干高めなので 微調整はしやすいです。 あとはいかにPCの設定とゲーム内の設定が上手くかみあわせるかだと思います。 背面ボタンはとても押しやすくなりました。 慣れてくると便利ですね。 終わりに 僕個人としてはとても満足です。 ただ価格が 17,980円と中々お高め。 使いこなせるかわからないコントローラーにこの金額出すのも勇気がいると思います。 無線にこだわらないのであれば全然ナコン2でもいいかもしれません。 あちらなら 10,000円前後ですからね。 使ってみても思いましたが、あいかわらず 人を選ぶ商品だと思います。 気になった方は ちゃんとしっかり 隅から隅まで調べてから 購入をご検討してみてください。 以上ナコンアンリミテッドプロコントローラーのレビューでした。

次の

‟レボリューション アンリミテッド プロコントローラー” 進化したesports仕様のコントローラーをレビュー

ナコン アンリミテッド

価格とか 2019年9月6日に国内販売が始まった ナコンレボリューションアンリミテッドプロコントローラー。 これまでは輸入品が大体25,000円くらいしてて、安く輸入しても21,000円くらい。 現在は国内での販売が始まり定価で買うと19,000円くらい。 amazonでは 17,822円で売られてます。 旧型のNACON Revolution Pro Controller2は大体10,500円くらいで買えるようになってきてるので 差額は7,000円程。 17,800円するので決して安い訳では無いが、毎日ゲームをやる方なら選択肢には入れても良い値段かなと思います。 同梱内容 箱の中身はこんな感じ。 マニュアルは公式サイトからダウンロードするので詳しい説明書とかは付属してない。 コントローラーのケース、重りとかスティックのヘッドやシャフト等の部品とケーブル、あとは無線接続用のBluetoothレシーバー。 コントローラーの形状について まずは肝心な コントローラーの形状について、旧型であるレボリューションプロコントローラー2との比較など。 コチラはオモテ面。 基本的な配置はXBOXタイプで、アンリミテッドになって 十字キーの形が変わっている。 旧型はチープな感じの十字キーだったので今回のこの十字キーの方が 質感は上。 ただ、なぜか少し押しにくい印象。 押したつもりで押せてないことがたまにある。 反応が悪いわけではないけど押しにくい感じがする。 旧型と並べてみた。 左側が Unlimited。 大きさはほぼ変わってないですね。 ボタンや十字キー、スティックの変更点はあるものの、オモテに関しては配置はほとんど変わってないと思います。 コチラは Unlimitedの ウラ側のアップ。 今回は 背面ボタンが大幅に改善されていて、1つずつが 独立したボタンになっている。 あとは、事前に設定していたPROFILEの切り替えボタン、有線・無線の切り替えボタン、PCモード・PS4モードなどの切り替えボタンなど。 あと新機能としてマイクMUTEボタンやVolのボタンも追加されている。 ウラ側を並べた画像。 左側が Unlimitedで右側が Revolution Pro Controller2。 Unlimitedは持ち手の部分がシリコンっぽい材質に変わっていて、グリップ感は良くなったかなという印象。 この部分をスライドさせて ウェイトを入れることも出来る。 背面ボタンに関しては画像のようにかなり変更されている。 これまではグリップを握り込んだ指で押し込む感じというか、慣れないと変な使用感だったのと、内側の方の背面ボタンが非常に使いづらいという欠点があったが、 Unlimitedではグリップ部分を握った時に 自然と中指と薬指の場所にボタンがある感じ。 慣れれば新型の方が操作しやすいのではないかと思う。 逆にいえば必ず指がある場所にボタンがあるので慣れるまでは誤操作も起こりやすそう。 側面の比較。 R1・R2などのボタンも形状が変更された。 新型の Unlimitedの方が トリガー部分が大きい。 プレイしてみるとトリガーからL1・R1に指を動かすときに少し離れているなという印象。 ただトリガー自体の出来は Revolution Pro Controller2よりも新型 Unlimitedの方が良いような気がする。 旧型にあったような固すぎるトリガーでもなく、程よい固さ。 L1・R1のカチカチというクリック感もなんか良い感じ。 グリップの形状や太さもほぼ同じで、どの面から見てもサイズ感はほぼ同じなのだが、トリガーが大きいからなのか新しい背面ボタンに気を使っているからか、握っていると少し手が疲れる。 おそらく慣れれば問題ないとは思う。 スティックやウェイトなどのカスタマイズが出来る 今回 ナコンレボリューションアンリミテッドプロコントローラーには、替えの スティックシャフトと スティックヘッドが同梱している。 基本的には倒せる角度が大きい方がスティックを倒す幅がたくさんあって精密なエイムが出来るので初期状態で良いかなとは思いますが、愛用しているフリークがある方なんかはそちらを装着すると若干調整したい時が出てくると思うので、そういった場合に便利。 スティックヘッドについては凸型の方が個人的には好きだけど完全に好み。 ウェイト調整は持ち手の部分をスライドさせて中に重りを入れて調整する事が出来る。 まあ そのままでも軽い訳ではないので特にいじってない。 無線接続に対応した 今回のNACON Revolution Unlimited Pro Controllerでは 有線接続と無線接続の切り替えが可能で、2通りの接続方法に対応している。 ウラ側のケーブルの絵が書いてある方が 有線接続で、電波の絵の方に切り替えると 無線接続でプレイ出来る。 無線接続する場合はPS4本体のUSB端子に付属の レシーバーを取り付けて同期させる。 充電は付属のケーブルと繋ぐ事で可能。 USB type Cなのでケーブルの交換は可能。 また、ウラ側にある マイクのMUTEボタンを1秒以上押し続けるとバッテリー残量がライトで表示されるので分かりやすい。 無線接続自体は非常に便利で、今までのように引っかかったりしてイライラしないのは良い。 ただまあバッテリーの寿命とか不具合とかが発売直後なのでコレについて深く言及できない。 まあ バッテリーの寿命が来ても有線で接続すれば良いので別に良いかなとは思う。 PS4の電源を入れる事は出来ない。 PCのソフトウェアでの設定 今回も PCでソフトウェアをダウンロードする事で細かい設定をする事が可能。 Unlimitedは旧型とは 別のソフトウェアになっているので、旧型を持ってる人もまた公式からダウンロードしなければならない。 まあマニュアル自体付属してないので購入した人はいずれにせよ公式に一度は行きましょう。 で、今回も Naconへの登録が必要。 以前登録してたのでログインするだけでOKでしたが、初めてNACONを買う人は登録が必要なので注意。 ただ、新型の Unlimitedでは 背面ボタンのマッピング自体はPCのソフトウェアを使わなくても出来るようになった。 やり方としてはウラ側のモード選択スイッチを1にしてPS4ノーマルモードにし、PROFILEボタンを3秒長押しして割り当てたい背面ボタンを押した後に、背面ボタンに割り当てたいボタンを押すだけ。 最後にもう一度PROFILEボタンを3秒長押しして確定したら終わり。 これによって、 「 PC持ってない(もしくはソフトウェア使いたくない、登録したくない等)けど背面ボタンだけ使いたい、他はデフォルトでいいぜ!」っていう人も背面ボタンのカスタマイズは出来るようになった。 これは選択肢の幅が広がったので良いなと思います。 まず ソフトウェアで設定する時にコントローラーをPCに接続する際の注意点として、 モード選択スイッチを1に合わせているとコントローラーが接続されていません!とエラー表示が出る事に注意。 ソフトウェアで設定を変更するときはモード選択スイッチを2とかのPS4拡張モードに合わせないといけないようです。 モード選択スイッチ1はソフトウェア無しで使う人用の設定な模様。 コチラがソフトウェアを立ち上げて設定を変更するプロフィールを選択したりする画面。 基本的にはプロフィールを編集という部分をクリックして進めていくのだが、ここでも注意点があり、「 デフォルトのプロフィールでは細かい設定が変更できない」事に注意。 「新しいプロフィール」を選択して適当に名前を付けて上書きして編集を開始すると設定変更出来るようになりました。 この辺は説明されないしちょっとよく分かりにくかった。 これが設定画面。 かなりソフトウェアの作りが変わってますが、基本的な設定項目は同じ。 左側に右スティックと書いている下にある 丸いアイコンで設定項目を切り替えて、スティックやトリガー、ボタンマッピングなどの設定を出来る。 重要なのはスティックのレスポンスカーブの設定とマッピング。 今回も今のところ旧型と同じように「 感度—」に設定して試してます。 NACON レスポンスカーブの設定 表だけ見ると分かりにくいのですが、簡単に言うと「 スティックを傾けた角度によって感度が変わる」という事。 レスポンスカーブに関しては以前旧型をレビューした記事に マウスとパッドの違いとかを書いているので同じ言葉を引用します。 [ マウスでのエイムは、 マウスを 早く動かせば照準のスピードも上がり、 ゆっくり動かせば正確に狙うこともできる、これを マウスパッドの上で行う事ができるので 精密なエイムが可能な訳です。 しかし、 コントローラーのスティックでは 1cmほど傾ける事でしかこの動作を行う事ができない。 要するにものすごく狭いマウスパッドを使ってるようなものです。 この「 幅の狭さ」が問題であり、 素早く照準を合わせたいからといって ゲーム内で高感度に設定すると精密なエイムがしたい場合にも 常にカクカクした高速エイムで合わせることになり、逆に 精密なエイムをしたくて低感度にするとスティックを倒しても 振り向きが遅すぎてしまう。 ] スティックに フリークを付ける理由もコレです。 スティックが高くなればそれだけ 傾けた時の幅が広がるので通常より細かいエイムが可能になる。 ただまあ、感度を高くしてるとカクカクのまま細かいエイムをする事になってしまうのには変わりないので、マウスみたいなエイムをする事はコントローラーでは不可能ですね。 これを補うために、 レスポンスカーブの設定によってスティックを少し傾ければ低感度、傾けきれば高感度になって振り向きが早くなる、 その加減の設定が出来る。 と、文章で書くとすごく良いように聞こえるけど実際使うと違和感半端ないので慣れが必要。 この画像の場合だと、デフォルトのPROFILE2番「FPS」というPROFILEの右スティックの設定。 66、といった具合に感度の設定を変更できる。 遠距離での戦闘が多いゲームだと結構 低感度の部分が長くても有効ですが、 近距離戦メインのゲームだと 青い低感度の部分は短い方がやりやすいかなとは思います。 特に 純正のコントローラーで高感度でプレイしてた人にはかなり違和感があると思うので慣れるまでに時間がかかる。 まあ好みですが。 このニュートラルの設定が、感覚的に段々と感度が上がっていくので1番分かりやすいはずだけど、コレでも慣れが必要。 純正コントローラーのレスポンスカーブは恐らくこの設定よりも少し低感度の部分が短いと思われる。 いくつか設定してみてしっくりくるもので慣れていく必要がある。 ちなみにRevolution Pro Controller2と同じ設定にしても少し感度の感覚が違うような気がした。 ボタンのマッピング画面はこんな感じ。 変更したいボタンをクリックして、 割り当てたいボタンをコントローラーで押す事で設定が可能。 新しいプロフィールを作ってないとデフォルトのPROFILEは設定変更できなかったので注意。 コチラはトリガーの設定画面。 どのくらい押し込んだら反応するかといった設定が出来る。 この辺は旧型とほぼ変わってない。 試しにトリガーのデッドゾーンを10にしてプレイしたところ、結構効いていて連打しづらかったので低めか0でいいと思います。 コレが一般設定という項目から変更できるもの。 バイブレーションの強さや、右スティックの周りのライティングを変更できる。 ライトの点滅の仕方や、色も変更出来てちょっと楽しい。 色は4分割で設定出来ます。 光自体は思ったより地味だけどなんとなく楽しい。 新機能でテストエリアという項目でテストが出来る。 入力したボタンやスティックが赤くなって視覚的にチェック出来る。 コレはデッドゾーンとかトリガーの設定に便利。 あとはPROFILEのダウンロード機能もあって、他人の作った設定を共有出来ます。 パッと見ただけですがFORTNITEの設定とかFIFAでの設定とか色々あったので他人の設定も参考にすると良いかも。 ただ、どんな設定でもスティックの設定に関しては必ず慣れる必要があるので「この設定が良い!」っていうのは人によってかなり変わるし参考にならない部分が多いかも。 参考にできるとすればマッピングですね。 旧型との大きな変更点としては無線に対応した事と背面ボタンが変わった事。 無線は楽で良いけど、個人的には有線接続のみのタイプを別で少し安く販売してくれたらそっちを買ったかなという感じ。 有線でも別に良かった。 ソファに座って大型テレビでゲームしてる人には無線は特に良いと思うけど、そこをターゲットにするのなら約2万円という価格設定はどうなのかなと思います。 2万円あったらゲーミングモニター買えますからね。 ウェイト調整とか無線もそうだけど、こういった「あっても無くても良い機能」はオプションとして欲しい人は付けられるようにして、基本の値段を安くした方がたくさんの人に選ばれると思うわけで。 ウェイトなんて別売り出来るわけで。 「ウェイト調整できるからNACON買ったろ!」とはならないわけで…。 近頃のゲーミングデバイスは非常に多岐に渡るけど、ゲーマーが求めてる機能とメーカーが売りたい機能や値段との差とかを感じます。 ちょうどいいものが少ない。 色々ぶち込むから値段が高くなる。 欲しい機能がある商品の選択肢が少ないから多少高くても仕方なく買ってしまう。 売れるからメーカーも高いものを作る。 こういった循環に少し疑問を感じる今日この頃。 正直RaijuとかスカフとかASTROのやつとか高いプロコンが色々あるせいで、Revolution Unlimitedの18,000円くらいという値段を見た時に「あっ、安い」と思ってしまったんですが冷静に考えると別に安くない。

次の