グーグルアドセンス クリック単価。 【グーグルアドセンス】クリック単価の平均は!?CPCを上げる方法はコレだ!!

Googleアドセンスで稼げるジャンル!クリック単価が高いおすすめジャンル7選!

グーグルアドセンス クリック単価

「グーグルアドセンスの収益が1円しかない!」 「クリック単価が1円の広告ってあるの?」 「広告単価が下がる原因を知りたーい!」 グーグルアドセンスの審査に合格し、 やっとブログに広告が配信されたと喜んでみたけど、 収益0が続き、なかなか報酬が発生しない。 やっと収益が出たと思ったら1~2円。 うんうん、私もアドセンスを始めたばかりの頃によくありました。 「収益0円」はまだわかるけど、 「1円やら2円やら一桁代の報酬」しか 発生しないのって意味が分からないというか、 「もしかして気づかないうちに何かやらかして、 グーグルからペナルティを受けているんじゃ!? このまま放置しても大丈夫なの!?」 って不安になっちゃいますよね。 グーグル先生からペナルティを受けている場合、 最悪「アカウント停止or削除」の危険がありますからね。 グーグル先生からアカウント停止されないように 「 アドセンス収入が1円の理由」を シッカリとお勉強しておきましょう! グーグルアドセンスのクリック単価が1円はあり? まずグーグルアドセンスの収入が「1円」になる事ですが、 実はこれ、特に珍しい事ではなく 普通にあり得る事なんです。 というのもアドセンスの普通の広告は 「広告をクリックされて収益が発生する仕組み」なのですが、 この「普通の広告」とは別に 「 インプレッション単価広告」 というものがありまして。 これ、広告をクリックされなくても 「ブログやサイトに広告が表示されるだけで収益が発生する」 というなんともスゴイ仕組みなんです。 そして、この「インプレッション単価広告」こそ アドセンス収益が1円やら2円やらになっていた原因なんです! グーグルアドセンスのインプレッション単価広告ってなに? 「インプレッション単価広告」と言われても、 アドセンス初心者だと「なにそれ?」って思っちゃいますよね。 グーグル先生曰く、インプレッション単価広告というのは インプレッション単価とは、「表示回数 1,000 回あたりの単価」です。 インプレッション単価広告を掲載する広告主様は、表示回数 1,000 回あたりに支払う価格を設定し、広告を表示するプレースメントを選択します。 料金は広告が表示された回数に応じて発生します。 つまり、インプレッション単価広告の場合は、サイト運営者様のページに広告が表示されるたびに収益が発生します。 インプレッション単価広告とクリック単価 CPC、クリック単価 広告は、同じオークションにかけられ、最も効果の高い広告のみがページに表示されます。 インプレッション単価広告では、広告を表示するために従来のクリック単価広告より高い単価を設定する必要があります。 という事らしいです。 「よくわからないんですけどー!?」 と思った方のために(というか、上の説目だけだと私もわからないw)、 もう少~しかみ砕いて、わかりやすく説明すると・・・• 「インプレッション単価広告」というのは、クリックされなくても サイトやブログに表示されるだけで収益が発生する広告の事ですよー• インプレッション単価広告の広告主は 「表示回数1,000回あたりの単価」を設定してますよー• サイト運営者は自分のブログやサイトに 「普通の広告(クリックされて収益が発生する広告)」と 「インプレッション単価広告」のどちらを表示させるかは選べませんよー• 広告は選べないけど、サイト運営者にとって利益につながりやすい 広告が自動で選ばれて表示されるから安心してくださいねー という事ですね。 つまり、アドセンス収益が1~10円くらいの場合、 あなたのブログにこの「インプレッション広告」が表示され、 広告が表示された回数に応じて「インプレッション広告単価の収益」が 発生していたというワケです。 ですので、アドセンス収益が1円2円だからといって グーグルからペナルティを受けているとは限りませんので、 そこまで気にする必要は無いですよ。 アドセンスの広告単価が下がる原因は? このようにブログ初期段階で収益が1円や2円の場合は 「インプレッション単価広告」が原因の場合が主なので さほど気にしなくても大丈夫なのですが、 問題は「アドセンスの広告単価がガクンと一気に下がっている場合」ですね。 アドセンスの広告単価は「表示される広告」や、 「月」によっても変わる物ですが、 ワンポイント 特にごちゃ混ぜブログで 「月によってアクセスがあるページが違う」という場合、 その月々でブログに訪れる読者の層も変わるので、 その影響で広告単価が上がったり下がったりします。 また、12月や3月といった年末、年度末は 広告主が競って広告単価を上げるので、 アドセンス収益もドドドーンと上がりやすいですね。 そういった「常識範囲の広告単価の変動」ではなく、 アドセンス収益が一気にガクンと下がってしまったという場合、 「無効クリック」で収益が下がってケースが考えられます。 こちらは下手したら「アドセンス規約違反」で ブログを圏外に飛ばされたり、最悪 アカウント削除なんて事もあり得ますからね。 ちなみに1回くらい自分でクリックしたからといって 即アカウント停止なんて事は無いので安心してくださいね。 間違ってクリックした場合は、グーグル側が自動で 「無効クリック」としてカウントしてくれますので、 グーグルへの報告も不要ですよ。 「1回のクリックぐらいバレないだろう」 そう思って友達に頼んだりしたらダメですよ~。 友達が悪気は無いけど、その後何度も広告をクリックしたり、 違う友達にあなたのブログの事を伝えて、 その友達があなたのブログの広告をクリックしまくる・・・ な~んて事もあり得ますからね。 無効クリック3 ツールを使ってクリックした これは特に説明なんていりませんよね。 完璧に規約違反です。 行う人なんてまずいないと思いますが、絶対にやめておきましょう。 無効クリック4 読者の誤クリック おそらく「無効クリック」の割合の中で このケースが1番多いのではないでしょうか? 読者が間違ってクリックしたケースですね。 読者が広告をクリックしたあと、広告をジックリ読まず 即閉じた場合などには「誤クリック」と判断され 「無効クリック」としてカウントされますよ。 ちなみに広告を「ページの1番上」に貼り付けている場合、 読者の「誤クリック率」が高くなりますので要注意ですよ。

次の

アドセンスでAmazon&楽天ブロック→クリック単価が下がる理由は?

グーグルアドセンス クリック単価

アドセンスの中でもクリック単価が高いジャンルなんてあるの?? そもそもクリック単価は起業が有料で広告を表示するときのキーワードによって支払われている金額も違うので一概にいくらとは言えませんが、 キーワードプランナーで調べた時のクリック単価の68%がサイト運営者に分配されているようです。 出典: ただ、作成している記事にあった広告や、読者のCookieを使用して、興味がありそうな広告を優先したりして表示しているので、こちらから広告を指定することはできないようになっています。 (指定した広告を表示させない事は可能) それにキーワードごとに単価が発生していますが、キーワードプランナーで出てくるキーワード以外にもキーワードは無数にあるので、どのキーワードがいくらと明確に全てがわかるわけではないのです。 だからと言って、単価に対して全く何もできないというわけではありません。 それは クリック単価が高いジャンルじたいが存在しているので、もしこれからサイトを作る、カテゴリーを増やすというのであれば参考になるかもしれませんよ。 アドセンスのアカウントをお持ちでない方は、の記事を参考にしてください^^• 金融系(キャッシング・カードローンなど)• 保険系(生命保険など)• 美容系(エステ・脱毛など)• 車系(自動車保険・中古車査定など)• 婚活系• 投資系(株・FXなど)• 歯科系(インプラント)• 転職系(看護師・薬剤師求人) になります。 基本的にクリック単価は20円~30円くらいが多いですが、これらの挙げたクリック単価は1クリック1,000円を超えたりすることもあるほど高かったりします。 (毎回1,000円ではないですよ) 僕もこの中のジャンルでサイトを作成していますが、記事数も100記事程度でアクセスじたいはそこまで大きくはないものの、単価が高いので軽く毎月そのサイトだけで10万は超えています。 逆に、芸能系のジャンルや今流行りのゲーム系(スマホアプリも含)の攻略サイトだと、単価じたいは1クリック10円だったりすることもあります。 起業が広告を出したいと思えるジャンル・キーワードだと単価は高くなる傾向ですが、芸能系だと企業に広告を出すメリットはなかなかないですよね。 ゲームの攻略サイトだって、だいたいゲーム名で検索をするわけなので、他のゲーム会社からするとそこに広告を出した所で、旨味も感じません。 ただ、競合サイトが少なければアクセスは爆発しますので、単価が低い分PCでまかなう事ができるのはこのジャンルのメリットなのかもしれませんよね。 サイトを作る上でクリック単価は重視するべき? サイトを作る上ではもちろんクリック単価は高ければ高いほうが良いです。 ただ、単価の高いジャンルというのは、普通にやっていてもサイトで上位表示ができないのでお金を払ってまで、広告を出すわけなので、 初心者が作ったサイトが簡単に上位表示されるわけないですよね。 (特に新しいドメインなど) いくら単価が高くてもアクセスがなければずっと報酬はゼロのままです。 なので、 単価は重要ですが、ジャンルは一番自分が作りやすいジャンルで構わないと思っています。 (芸能系はオススメしませんが。。 ) 基本僕は、ほとんどゲームをしたことがないので、ゲームの攻略系のサイトを作成する事もないですが、ゲーム好きな方にとってはゲームで遊びながら攻略法を知るわけなので、サイトを作成することができるわけです。 攻略サイトでは何百万PVを集めているサイトもあるので、今が稼ぎ時なのかもしれませんが、 そのゲーム自体が下火になれば同じようにサイトの価値も下がっていってしまうデメリットもあるのでそこはしっかりと考えないといけない部分でしょう。 サイトのテーマ・ジャンルについては、の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください^^ あと、クリック単価を気にする上でスマートプライシングは知っておいたほうが良いでしょう。 今ではスマートフォンの読者が大半なので、記事をスクロールしたときにたまたま広告をクリックしてしまい、その広告からすぐ離脱してしまった場合が多々あると、単価が極端に下がってしまう事があります。 単価が下がる原因に不正クリックもあります。 不正クリックを無視しているとアカウントの削除までされてしまう可能性もありますので、の記事も参考にしてください。 逆に、適切な広告の設置をしていると、広告に飛んでも長い時間閲覧したり購入までしてくれると、単価は上昇する事になります。 Googleは広告収入が大半の収益なので、広告主に広告の出向を続けてもらうためには、こういった事も重要視されているわけなので、広告へ意識的に誘導することだけは絶対にしないようにしましょう。

次の

アドセンスのクリック単価を簡単に調べる方法。|ボーナスライフアフィリエイト

グーグルアドセンス クリック単価

グーグルアドセンスの 平均クリック単価は30円と言われています(所説あり)。 これは ジャンルによってかなり左右します。 この記事を読み進めれば理解できるかと。 ただし、僕の実例を挙げておきます!• トレンドブログ(ごちゃまぜ)単価20円• あるジャンルに特化したブログ単価10円 このように全然違います!僕の特化ブログはメインのキャッシュポイントを楽天市場・アマゾンにしているため、かなりアドセンス広告単価が低いです。 そこで考えられる手法としては 「単価が高いジャンル」に注目して記事を書くことです。 するとその記事を読んでいる人は単価が高いジャンルの広告が表示されやすくなります。 グーグルアドセンスでは、パーソナライズした広告を表示されますからね。 パーソナライズした広告とは、あなたが仮にクレジットカードについて調べていたとします。 するとクレジットカードの広告がアドセンス広告に表示されるようになります。 グーグルアドセンスは、その人が辿ったWEB閲覧履歴などから興味を持っているであろう広告を表示させるようになっていますよ!めっちゃ頭良いんですよねw クリック単価が高いジャンルは? クリック単価が高い広告が表示されるジャンルとしては以下の通りです! クリック単価が高いジャンル例• 保険関連(生命保険・がん保険・医療保険など)• 借金関連(消費者金融・クレジットカード・住宅ローンなど)• 教育関連(英会話・予備校・海外留学など)• 仕事関連(求人・転職・派遣など)• 投資関連(不動産・FX・仮想通貨・株式など)• 美容関連(脱毛・エステ・整形など)• 健康関連(サプリメント・インプラントなど)• 法律関連(法律相談・離婚相談・浮気調査など) これらクリック単価が高いジャンルに共通して言えることがあります。 それはなんでしょうか?・・・答えは単価が高いことです。 EC関連(楽天市場、Amazonなど)• 旅行関連(大手旅行代理店など)• IT関連(リテラシー高いから)• とにかく薄利な商売系は低い 単価が低いアドセンス広告としては、ECサイトのように物販系です。 そのため安くなりがちです(僕の特化ブログの例)。 旅行関連も旅行代理店ですからそこまで商品から潤沢な利益があるわけではないです。 そのためクリック単価は低いです。 IT関連は意外に思うかもしれませんが、広告収入が発生することを知ってのことかクリックしません(笑)僕はお礼の意味も込めて高そうな広告をクリックしますけどねw なんとなく、クリック単価が高い・低いか分かったかと思います。 ですが、確かめたい!という方に、その方法も紹介していきます。 無料で使えるあるツールを使います。 見ての通りクリック単価がクレジットカードよりも低い状態ですね。 そのため、アドセンス報酬も低くなります。 Googleアドセンスについて調べる人はITリテラシーが高いですから広告をクリックしずらい傾向にあります! 注意するべき点 この 「広告出稿単価」は広告を出す側の費用です。 その 一部がブログでアドセンス広告を掲載しているブログ主の報酬となります。 そのため、元々の広告出稿金額が高くないジャンル、キーワードは広告が安くなります。 また自分が構築しているブログの趣旨とは異なる記事を入れるのもあまりおすすめできません。 たとえば、バイクの趣味ブログで「クレジットカードランキング」とか絶対に意味ないです(笑)それよりからは「バイク乗りが入っておくべきおすすめ損害保険」とかの記事の方が良いですね! 取り組んでいるブログのジャンルに高単価が狙えそうな記事を書くことができないか思考をぐるぐると回して考えてみましょう。 大抵の場合が何かしらあると思いますので!ここは訓練すればするほど結び付けられるキーワードが考えられるようになります! まとめ はい、まとめです!この記事では「グーグルアドセンスで広告単価が高いジャンル」を見てきました。 実際にどのような方法で広告単価が高いのか調べる方法も分かりましたよね? グーグルキーワードプランナーを使いましょう!気になるキーワードが見つかれば検索して単価や費用を見て出稿される広告単価が高いのか?見てみれば一目瞭然です! 単価を気にすることも重要ですが、それよりかは 「適切な広告の配置」の方が重要だったりもします。 広告は見られてなんぼ!という面があるため、見られない、邪魔になるという場所にあっても効果が薄めです。 その広告の配置については「 」でまとめています。 こちらご参考になれば嬉しいですね!以上、グーグルアドセンスで広告単価が高いジャンルについて解説終わります!.

次の