コロナ ウイルス フリー メイソン。 2019新型コロナウイルス

どいつもこいつもフリーメイソン(上級国民)だった

コロナ ウイルス フリー メイソン

毎年、ブラックな暗示を秘めた表紙で話題になる、英経済誌「エコノミスト 世界はこうなる」が 2019年12月5日に発刊されました。 2020年はどのようなメッセージが隠されているでしょうか。 エコノミスト誌は、金融資本家ロスチャイルド家が株主であり、日本に迫りくる危機があることを、何年も前から警告していました。 外国のYouTuberがさまざまな動画を出して解説しているので、参考にしながらまとめてみました。 あくまで、都市伝説としてお読みください。 AI(人口知能)=プロビデンスの目 エコノミストの表紙は、例年はイラストでメッセージを暗示していましたが、今年はガラリと変わり、文字だけになりました。 また、デザインは視力表で、日本ではおなじみではありませんが、スネレン指標がモチーフになっています。 視力は片目を隠して検査しますので、フリーメイソンのシンボルである プロビデンスの目(すべてを見通す目)を暗示しています。 2019年発行の「ワールド・イフ」表紙(右画像)と並べてみると、隠されたメッセージは AI VISION。 つまりこれからはAIがプロビデンスの目である、時代の到来をほのめかしていると思われます。 2020年暗号の解読 ここからが本題です。 画像の右側は、暗号部分を拡大したものです。 トランプからはじまり、ロシアまで、2020年に関係のある21の単語が並んでいます。 構成ですが、5行目の重要なメッセージをはさんで、上の4行と下の4行に分かれます。 5行目のメッセージ " Mission to Die"の意味は、 人口削減計画だと考えられます。 イルミナティカードでも、ゴールと表示されています。 「 XI(シ)」は、習近平(XI Jingpin)とも解釈できます。 共産主義国(中国、北朝鮮)の後退(recession)が暗示されています。 下半分に含まれる要注意のキーワードは、「ビジョン・ラット vision rat」と、「ビジョン・ウォー vision war」です。 人口削減のため、感染症と戦争が起こるということを暗に示しています。 「ビジョン・ラット」は、ネズミが媒介して猛威を振るった中世のペストを意味していると思われます。 危険なウィルスが空中散布されるほのめかしは、「ワールド・イフ」の表紙にも描かれています。 衝撃! イランのソレイマニ司令官殺害 2020年1月3日、米軍の無人機がイラクのバグダッド国際空港を攻撃し、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害しました。 ソレイマニ司令官の誕生日が "MARS XI" (3月11日)なのです。 脅威!新型ウィルスの感染力 2019年12月から、中国湖北省武漢で、新型ウィルスによる肺炎の感染が拡大しています。 重要ワード "MARS XI"(マルクス主義)の単語の中に、 "SARS"(重症急性呼吸器症候群)があります。 【追記】スリラー小説「アイズ・オブ・ダークネス」の中に、武漢で開発された重度肺炎を起こす生物兵器を、リー・チェンという科学者が持ち出す描写があり、 1981年に予知されていたとツィートで話題になっています。 どうなる? 東京オリンピック 表紙の中には、 "Tokyo"(東京)、 "Climate"(気候)、 "Recession"(不況)があります。 毎年甚大な自然災害に見舞われている日本にとっては恐怖の予知です。 東京が被災し、五輪が開催不能になれば、日本は経済破綻に追い込まれないほどの損額を受けることになります。 自然災害だけではなく、 北朝鮮から核攻撃を受けることをほのめかす暗号もあります。 【追記】1982年に出版された 大友克洋のマンガ「AKIRA」の中に、東京オリンピック2020年が中止になる描写があり、あたるのではないかという不安をよんでいます。 アメリカと日本で、1980年代に予知されていた2020年のこと。 このシンクロニシティはどういうことなのでしょうか。 ぜひ、フォローをよろしくお願いします。 テレビ東京「やりすぎ都市伝説SP 2020 春」の考察は、。 この記事の続きは、。 【はじめての方への御案内】2020年から都市伝説系マガジンを月ごとに発行しています。 発行順に読みたい時は、1番のマガジンからお読みください。 エコノミスト表紙予言の記事は、 2. YouTube「Mr. 都市伝説 関暁夫の情熱が止まらない」の考察記事は、「 」(有料マガジン100円 12記事)に保管してあります。 YouTube「都市伝説の極み」の考察記事は、「 」(有料マガジン133円 9記事)に保管してあります。 Deepな都市伝説を扱っています。 上の二つの動画の最新考察記事は、「 」(有料マガジン 133円 連載中)をお読みください。 さらにDeepな都市伝説を扱っています。 1月から11週連続で「最も多く読まれた記事」記録保持! 【情報】感染拡大がリアルタイムで見られるサイト。 () アメリカ大統領選挙の行方 今年の11月3日にアメリカ大統領選挙があります。 共和党のトランプが再選されるのか、民主党が覆すのか、世界から最も注目される話題のひとつです。 アメリカの国民的アニメ「ザ・シンプソンズ」では、トランプは失脚し、リサという女性大統領が就任するエピソードが話題になりました。 それでは、リサは誰と噂されているかというと、民主党の エリザベス・ウォーレン上院議員です。 エコノミストの暗号にも、一番初めにトランプ、下の方にウォーレンの名があります。 ワールドイフの表紙にも、二人の顔写真があります。 一騎打ちになるということでしょうか。 エコノミスト予測ははずれました。

次の

【都市伝説】フリーメイソンの生物兵器にまつわる怖い話「秘密結社のウイルス」新型コロナウイルスの感染拡大に隠された人口削減計画とは?!【洒落にならない怖い話】

コロナ ウイルス フリー メイソン

だから土地の人に怖がられる』となる書名が醸し出す反中・嫌中の雰囲気が気になったからだ。 それにしても不思議に思ったのは、この本が北京の出版社から刊行され、しかも香港の中国系書店に置かれている点だった。 Oriani&R. Stagliano Chiarelettere 2008) の翻訳である。 筆者にはイタリア語が分からないので、翻訳の出来不出来は判断のしようがない。 が、なにはともあれページを追ってみた。 すると、中国人のイタリア社会への逞しくも凄まじいばかりの浸透ぶりが、溢れんばかりに綴られていた。 たとえば西北部の穀倉地帯として知られるピエモンテでのこと。 1980年代末に「紅稲」と呼ばれる雑稲が突然変異のように発生し、増殖をはじめ、稲の生産を急激に低下させた。 ところが紅稲は除草剤や除草機では駆除できない。 やはり1本1本を人の手で丁寧に抜き取るしかない。 だが、肝心の単純労働力は不足するばかり。 そこへ、農家の苦境をどこで聞きつけたのか、大量の中国人がやって来た。 イタリアで半世紀以上も昔に忘れ去られてしまった田の草取りの方法のままに、彼らは横一列に並んで前進し、紅稲を抜き取っていく。 <7、8月の灼熱の太陽を受け泥に足をとられながら、手足を虫に咬まれ、腰を曲げ、全神経を紅稲に集中する。 想像を超える体力と集中力、それに一定の植物学の知識が必要だ。 紅稲は一本残らず抜き取らなければ正常な稲に害が及ぶ。 抜くべきか残すべきかを知っておく必要がある>(同書より抜粋) 過酷な作業ながら収入は少ない。 だが喜んで中国人は請け負う。 ある日、田圃で中国人が脱水症状で倒れた。 彼らに「健康を考慮し、明日からは10時間以上の作業を禁ずる」と告げた翌日、雇い主が田圃に行ってみたが、誰もいない。 慌てて宿舎に駆けつけると、彼らは荷物をまとめて立ち去るところだった。 「毎日10時間しか働けないなんて、時間のムダだ」と、口々に言う。 雇い主は、「中国人は疲れることを知らない。 気が狂っている」と呆れ返る。 かくして同書は、「中国人がいないとイタリアの米作りは成り立たなくなってしまった」と嘆く。 「中国人って1カ所には留まらない」 農業に次いで、大理石の石工、ゴミ処理工場労働者、ソファー・皮革・衣料職人、バー、レストラン、床屋、中国産品の雑貨商などが中国人に依存するようになり、中国人はミラノを「イタリアにおける中国人の首都」にして、ありとあらゆる産業を蚕食していった。 その大部分は浙江省や福建省の出身者で、多くは非合法でイタリア入りしている。 教育程度は他国からの移民に比較して低く、それゆえイタリア社会に同化し難い。 苦労をものともせず、倹約に努めるという「美徳」を備えてはいるものの、それ以外に目立つことといえば博打、脱税、密輸、黒社会との繋がりなど……。 どれもこれも、胸を張って誇れるビジネスではない。 文化程度の低さは、勢い生きるためには手段を選ばないことに繋がる。 これがイタリアで増加一途の中国人の現実である。 イタリア人は彼らを通じて中国を知る。 だが中国人は、そんなことはお構いナシだ。 子供をイタリアの学校に通わせ、イタリア人として育てようとしている両親もいることはいるが、カネ儲けに邁進しているので、学校や地域社会で偏見に晒されている子供の苦衷なんぞを推し量る余裕も意識も持ち合わせてはいない。 同書の著者が、アンナと呼ばれる20歳の美しい中国娘に「夢は?」と尋ねる。 すると彼女はこう答える。 <夢! そんなもの知らないわ。 中国人って1カ所には留まらないものなの。 あっちがよければ、あっちに行くわ。 おカネの儲かり次第ってとこね。 この地に未練なんてないの。 もう14年は暮らしたけど、とどのつまりは行きずりのヒトなのネ……> この印象的なシーンで、同書は終わっている。 アンナも他の中国人と同様に「とどのつまりは行きずりのヒト」なのだろう。 だが、新型コロナウイルスが「行きずりのヒト」と共に世界中を動き回ったとするなら、イタリアのみならず人類にとっては、やはり危険過ぎるというものだ。 対外開放でカネ・ヒト・モノが流入 1975年の時点で、イタリアでは400人前後の中国系住民(旧華僑世代)が報告されているが、鄧小平が対外開放に踏み切った1978年末から7年ほどが過ぎた1986年には、1824人になっている。 以後9880人(1987年)、1万9237人(1990年)、2万2875人(1993年)へと急増していったが、彼らは新華僑世代である。 1990年代半ば、新華僑はイタリア在住外国人としては6番目の人口を擁していた。 1986年から1987年の間の1年間に見られた5倍以上の増加の主な要因は、1985年1月にイタリア・中国の両国間で締結(同年3月発効)された条約によって、イタリアへの中国資本の進出が促された点にある。 人民元(カネ)と共にヒト、つまり中国人労働者が大量にイタリアに送り込まれるようになった。 また中国料理・食品(モノ)への嗜好が高まったことも、中国人労働者(ヒト)の流入に拍車を掛けたはずだ。 カネ・ヒト・モノが中国からイタリアに向かって流れだしたのだ。 新華僑世代も旧華僑世代と同じように、同郷・同姓・同業などの関係をテコにして「会館」と呼ばれる相互扶助組織を持つようになる。 1980年代半ばから1990年代末までの10年ほどで十数個の相互扶助組織が生まれた。 これこそ新華僑世代増加の明らかな証拠だろう。 商品の発送元は温州市 彼らは強固な団結力をテコに、自らの生活空間の拡大を目指す。 たとえば、2010年前後のローマの商業地区「エスクィリーノ地区」には、衣料品、靴、皮革製品などを中心に2000軒を超える店舗がひしめいていたが、その半数は中国人業者が占めていた。 現在はそれから10年ほどが過ぎているから、その数はさらに増したと考えて間違いないだろう。 彼らが扱う商品の発送元は、浙江省温州市である。 温州は、遥か昔の元代(1271~1368年)から中国における日用雑貨の一大拠点として知られる。 新型コロナウイルスを巡っては、2月初旬に湖北省武漢市に続いて封鎖措置を受けた。 ローマの商業地区と新型コロナウイルスによって危機的レベルにまで汚染された中国の都市がモノとヒトで日常的に結ばれていたことを考えれば、イタリアの惨状が納得できるはずだ。 友人のイギリス人は、感染拡大の背景にはイタリア人の生活様式もあると指摘する。 イタリア人はオリーブやトマトといった健康的な食生活によって、肥満の多い欧州先進国においては珍しいほどに長寿国で、高齢者が多い。 周辺先進国に比べて核家族化が進んでおらず、3世代同居も珍しくない。 特に高齢者には敬虔なカトリック信者が多く、教会でお椀を共有してワインを飲む習慣があるという。 中国人の数は40万人超 いま手元にある『海外僑情観察 2014-2015』(《海外僑情観察》編委会編 曁南大學出版社 2015年)を参考にし、近年のイタリアにおける中国人の状況を素描しておきたい。 中国人の人口は全人口の0. 49%で30万4768人(2013年1月1日現在)。 これに非合法入国者を加えると、実際は40万人超ではないか。 中国系企業が集中している地方は西北部のロンバルディア(1400社)、中部のトスカーナ(1万1800社)、東北部のヴェネト(8000社)、北部から中部に広がるエミリア・ロマーニャ(6800社)であり、貿易を主にして2万5000社前後。 他にアパレルや製靴関係が1万8200社、レストラン・バー・ホテルなどが1万3700社を数える。 「イタリアにおける中国人の首都」であるミラノを見ると、イタリアが2008年のリーマンショック以後、経済危機に陥ったにもかかわらず、中国系企業、殊に食品関連は急増。 同市で外国からの移住者が経営する600社のうち、中国人移住者のそれは17%を占めている。 アパレル産業の中心でもある中部のプラトでは、人口20万人余のうちの3万4000人を中国人が占めている。 じつに7人弱に1人だから、一大勢力だ。 彼らは有名ブランドの下請けから始まり、いまや伝統的な家内工業的システムを駆逐し、新たなビジネス・モデルを構築しつつあるという。 イタリアにおける中国系企業の小売り最大手は「欧売集団」で、イタリア全土で34軒のスーパーマーケットを経営しているという。 「ACミラン」の経営にも中国の影 「イタリアにおける中国人の首都」ミラノの象徴といえば名門サッカーチームの「ACミラン」だが、ここの経営にも中国人が大きく関係していた。 2014-15年シーズン終了後、ACミランのオーナーだったシルヴィオ・ベルルスコーニ元首相は、タイの青年実業家「Mr. Bee」ことビー・テチャウボンとの間で売却交渉を始め、2015年5月にACミラン株の48%売却で合意した。 Beeは、タイの「康蒂集団」と『星暹日報』の両社を傘下に置くサダウット・テチャブーン氏の長男である。 サダウット・テチャブーンは華人2代目で、華字名は鄭芷蓀。 父親の鄭継烈が起こした建設業を引き継ぎ、1990年代初頭から積極経営に転じ、タイ国内のみならず中国やオーストラリアでの不動産開発やホテル経営にも乗り出した。 その後、タイの老舗華字紙『星暹日報』を買収し、2013年11月には広東省政府系の「南方報業伝媒集団」からの資本参加を得て、紙面も一新。 それまでの繁体字からタイの華字紙としては初の簡体字横組みとし、電子版の配信、中国版Twitter「微博」の活用なども始めた。 当然のように論調にも南方報業伝媒集団の強い影響が感じられる。 さて、アブダビの資産管理会社「ADS Securities」と中国政府幹部が資金源と伝えられていたMr. Beeだが、ACミラン買収資金に苦慮していた。 そこで彼が資金援助を申し入れた相手が、「阿巴里里集団」を率いる馬雲(ジャック・マー)であった。 2016年8月、ACミランは中国企業のコンソーシアム(共同事業体)に約832億円(株式の99. 93%)で売却され、2017年4月にベルルスコーニ元首相はACミラン経営から撤退した。 その後、2017-18年シーズン途中で中国系オーナーの債務不履行が原因で、最終的にはアメリカのヘッジ・ファンドが新オーナーに就任した。 華僑・華人の本質は移動 こう見てくると、「アンナと呼ばれる20歳の美しい中国娘」から現在の中国を代表する企業家・資産家の馬雲まで、じつに多くの中国人がイタリアと関わりを持っていることが分かるだろう。 同時に対外開放以後に顕著になった中国人の「移動」という現象が、合法・非合法に限らず世界各地の社会に様々な影響を与えていることも確かだ。 武漢から感染が始まった新型コロナウイルスもまた、その一環と考えるべきではないか。 華僑・華人研究の第一人者である陳碧笙は、中国が開放政策に踏み切った直後に『世界華僑華人簡史』(厦門大学出版社 1991年)を出版しているが、同書で彼は、帝国主義勢力が植民地開発のために奴隷以下の条件で中国人労働者を連れ出した、つまり華僑・華人は帝国主義の犠牲者だという従来からの見解を否定した。 そして、華僑・華人の本質は、 「歴史的にも現状からみても、中華民族の海外への大移動にある。 北から南へ、大陸から海洋へ、経済水準の低いところから高いところへと、南宋から現代まで移動が停止することはなかった。 時代を重ねるごとに数を増し、今後はさらに止むことなく移動は続く」 との考えを提示した。 新型コロナウイルスを「毛沢東の怨念」と見做すのは、筆者の偏見だろうか。 樋泉克夫 愛知県立大学名誉教授。 1947年生れ。 98年から愛知県立大学教授を務め、2011年から2017年4月まで愛知大学教授。 『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。 関連記事• (2020年3月18日より転載).

次の

2019新型コロナウイルス

コロナ ウイルス フリー メイソン

法的な強制力を伴わない。 だから国が給付金を出す権限も責任もない。 アメリカやフランスなどでは法的な強制力があるため、 国民に対して補償。 逆も言える。 休業要請は法的な権限がなく、 だから国民に対して補償しない。 つまりコロナはやらせ。 安倍晋三は墓穴を掘っている。 前回はヤンキーはドルイド教から来ていたでした。 (その前にもシリーズものが残っているのですが、書けておりません(ごめんなさい)。 しかも動画連携の記事で動画もアップできておりません。 できうる限りアップロードしていきますのでお待ちくださいませ。 ) 今回はどいつもこいつもフリーメイソン=上級国民ばかりについて書かせていただきます。 昨年の池袋の交通事故で流行したのが、上級国民でした。 容疑者の飯塚幸三は、皇族の常陸宮正仁とも似ているとツイートされ話題にもなりましたね。 飯塚幸三、高齢のため、服役なしの可能性あり、らしい。 彼の不逮捕も「逃亡、証拠隠滅の恐れなし」と説明されていたが、 なぜ彼だけがこんな特別扱いなのか? 実はこの飯塚幸三、明仁上皇の弟・常陸宮正仁にそっくり。 つまり、明仁上皇の兄である可能性が高い。 まさに生粋の上級国民なのだ。 — 時計仕掛けのオレンジ 9n7eWQtutsamatw だから飯塚幸三があれこれ言い訳をして言い逃れをできるということかと、納得がいったことを覚えています。 完全ではありませんが、著名人の殆ど(全部ではありません)がフリーメイソンと密接な関わりがあり、一部は完全なフリーメイソンであることがわかってきました。 例えば、日本会議・体罰の会の加瀬英明。 彼の親族はオノ・ヨーコであり、彼女の夫はかの有名なジョン・レノンでした。 加瀬はいわゆる右翼で、日本の国益を主張し、中国などの国を仮想敵国と主張し、ウイグル人の保護を訴えておりました。 【加瀬英明はフリーメイソン!】 戦争礼賛右翼日本会議 体罰の会、 史実を世界に発信する会代表、 新しい歴史教科書をつくる会に参加。 レズビアンのオノ・ヨーコの親戚。 十字といえばマルテスクロス。 マルタ騎士団とも繋がってきますね。 ビートルズは赤ん坊の画像を載せたアルバムを出していましたが、その画像はとても気持ちが悪いものでした。 こちらもraptブログにしっかりと紹介されておりますね。 また、Raptブログの第88弾にはLSD=向精神薬とのつながりも書かれております。 ネトウヨ医師のEARLの医学ツイート 本名:福家良太 東北大学助教授 は薬の副作用についていちいち反論していますから、彼らは悪魔崇拝者なのでしょう。 しかも、EARLを訳すと、伯爵です。 福家良太も将来はフリーメイソンの地位が約束されているのでしょうかねw。 皆神龍太郎に話を戻すと、 ・疑似科学ウォッチャーでASIOS会員 ・33階級フリーメイソン高須克弥と交友。 月間ムー:飛鳥昭雄、苫米地英人、鳩山由紀夫(鳩山由紀夫はフリーメイソン) と学会:皆神龍太郎(高須克弥と仲良し)、山本弘、岡田斗司夫、 ASIOS:山本弘(ワクチン推進論者にナカイサヤカら) 彼らは茶番争いを繰り広げているということ。 つまり真相を闇の中に葬り去りたい一派で、上級国民でした。 鳩山由紀夫は一般財団東アジア共同体研究所「世界友愛フォーラム」の理事でした。 汎ヨーロッパを唱えたのがクーデンホーフカレルギー。 カレルギーといえば、 鳩山由紀夫の祖父鳩山一郎と交友があった。 鳩山由紀夫先生が習近平のパシリをなさっているのを見て悲しく感じております。 友愛の人が香港、台湾、チベット、ウイグルの人たちを弾圧するのはおかしいと思います。 国賓反対。 鳩山元首相 習近平主席と面談し「友愛」進言した 主席の言葉賞賛し安倍首相をチクリ — 高須克弥 katsuyatakasu しかしながら、彼らは利害関係で一緒になったり離れたりを繰り返しているというわけです。 日本は独立自尊の国 (加瀬英明)より引用 ———————— 引用ここから ——————— 今日から、1403年前になる。 推古天皇16(608)年に、聖徳太子が小野妹子を遣隋使として長安の都に派遣して、隋の皇帝に「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す。 恙 つつが 無きや」という国書を、献じた。 皇帝の煬帝がこれを見て、終日、機嫌を損ねていたと、『隋書』が記録している。 あの時の日本は、中国を刺激することを、恐れなかった。 日本は毅然とそうすることによって、中国を囲む国々がすべて中華帝国に臣従したのにもかかわらず、唯一つ中国と対等な関係を結ぶ国家となった。 日本史における最大の快挙だった。 いったい、日本はいつから中国を刺激することを、恐れるようになったのか。 アメリカや、ドイツや、インドを刺激してはならないと、いわない。 中国、ロシア、韓国、北朝鮮についてのみ、いうことだ。 きっと、日本国民がこれらの国々が、〃やくざ並みの国〃であることを、知っているからだろう。 怯懦な民となって、よいものか。 2010年9月7日に、中国漁船が尖閣諸島周辺の領海を侵犯した。 海上保安庁の巡視船「よなくに」「みづき」に二回も体当りして、破損させたために、船長を逮捕、漁船を拿捕して、十四人の船員を参考人として拘留した。 ところが、政府のその後の対応のために、日本の主権と威信を揺るがす重大事件なった。 いつの時代にあっても、国威を保つことが必要だ。 中国漁船が海上民兵に所属して、中央の指令によって尖閣周辺の領海を侵犯した疑いが濃かったのに、船員を十分に取り調べることなく、13日に帰国させて、漁船も中国に返還した。 9月の中国漁船による侵犯事件は偶発的なものではなく、中国の中枢が中国の海洋戦略にそって、日本側の対応がどうなるか、験すために試みた、威力偵察だった可能性が高い。 2010年4月から5月にかけて、寧波 ニンポー 基地から東海艦隊の駆逐艦、潜水艦各二隻、フリゲート、支援艦各三隻を含む十隻編成の戦隊が、沖縄本島と宮古島のあいだを通過して、太平洋に進出した。 沖ノ鳥島のまわりを巡った後に、引き揚げた。 これは中華人民共和国が成立してから、中国海軍による最大で、画期的な機動演習だった。 政府は中国が中国本土にいたフジタ社員四人の身柄を拘束し、レアアースの日本への輸出を止めるなど、露骨な恫喝を加えられると、膝を屈した。 那覇地方次席検事が判断したといって、24日に船長の取調べを中断して、釈放を決め、翌日、帰国させた。 船長は帰国すると、英雄として歓迎された。 菅政権は、中国に船長以下15人の乗組員と漁船を、朝貢したのだった。 政府の措置は日本を辱 はずか しめ、聖徳太子が隋に1403年前に、国書を送って以来の日本の独立を損ねるものだった。 鳩山・菅両政権は「日出づる国」の気概を、欠いている。 政府は中国に阿 おも ねて、わが巡視船が撮影したビデオを、秘匿することをはかった。 ビデオはようやく11月1日になって、六分あまりに圧縮編集したものが、衆参両院予算委員会に所属する一部の議員に対してのみ、限定して公開された。 だが、国民に対しては公開することを、拒み続けた。 巡視船上から撮影した映像は、ありのままの事実をとらえており、国家の機密を損なうものではまったくなかった。 政府は国民に目隠ししようとして、国民の「知る権利」を踏み躙 にじ った。 日本が民主主義国であるか、疑わせるものだった。 政府は国民を信頼していなかったのだ。 11月4日に、中国漁船が巡視船に体当たりする44分にわたる犯行の映像が、神戸海上保安部に所属する一色正春海上保安官によって、ユーチューブに投稿されると、全国から膨大なアクセスが、すぐに集中した。 多くの国民が中国漁船による暴挙を知ることができたことを、喝采するのをよそに、政府は映像を流出させた行為が、あたかも凶悪犯罪であるかのようにきめつけて、犯人探しに現 うつつ を抜かした。 なぜ、政府は中国漁船による暴挙を、隠蔽しようとしたのか。 ほどなく、一色主任航海士が名乗りでて、「一人でも多くの人に遠く離れた日本の海で起っている出来事を見てもらい、一人ひとりが考え判断し、そして行動して欲しかった」と、述べた。 映像を流出させたことによって、国民の真実を知る権利を擁護しただけでなく、世界に中国の暴挙を認識させることによって、国益を大きく増進した。 共同通信が11月12日、13日に行った世論調査は、83%の人が映像が表にでたことが「よかった」、映像が「国家の秘密に当たるか」という問いに対して、「当たらない」という回答が、81%にのぼった。 政府は中国漁船の船長を釈放した時にも、腰が据わっていなかった。 その後、一色海上保安官を罰することができないでいる。 NHKをはじめ民放テレビがこぞって、一色海上保安官が流出させた映像を、繰り返えし放映した。 もし、映像が国益を損ねるものであったとすれば、政府はどうして流出した映像を放映した大手マスコミを、非難しなかったのだろうか。 11月1日にロシアのメドベジェフ大統領がわが北方領土の国後島を訪れて、北方領土がロシアの固有の領土だと主張した。 メドベジェフ大統領がこのように不法に振る舞ったのは、日本が中国にだけ謟うのを見て、中国に対する嫉妬心に駆られたものだった。 もし、日本政府が先の中国漁船による暴挙に対して、毅然たる措置をとっていたとしたら、北方領土に闖入することがなかったはずだった。 11月23日に、北朝鮮が突如、黄海の韓国領の延坪島に砲撃を加えた。 菅首相は第一報を知ってから一時間以上にもわたって、「情報収集に全力をあげる」と、無爲に繰り返した。 自衛隊、海上保安庁、警察にただちに厳戒態勢に入るように指示したと、いうべきだった。 北朝鮮が万一、日本に攻撃を加えてくるとしたら、そのような余裕がなかった。 菅首相は翌日になって、はじめて北朝鮮を非難した。 かつて村山富一首相が阪神淡路大震災にあたって、対応が大きく遅れたことを批判されて、「何せ、初めてのことじゃったから」と率直に弁明したのを、思い出させた。 2011年が明ける。 中国とロシアの挟み撃ちにあい、日本国民は菅政権の腑甲斐無い対応を目のあたりにして、日本がサンフランシスコ講和条約によって独立を回復してから、はじめて民族の生存本能に目覚めた。 民主党政権のもとの日本は、危険な幻想に憑かれていた。 一昨年9月に、民主党政権が発足すると、鳩山首相は胡錦涛首席と会談して、得々として、東シナ海を「 友愛の海」にしたいと申し入れた。 鳩山首相は日本と米中の二国を等距離に置くべきだという、「日米中正三角形」論を唱えた。 これは、幻想というよりも、妄想だった。 爲政者は日米関係は〃魂 しこ の御 み 楯 たて 〃であり、中国は敵性国家であることを、理解しているべきである。 日米同盟を輕んじたのは、由々しいことだった。 だが、天は日本を見離さなかった。 中国とロシアが狼藉を働いたというのに、菅政権が爲すべきことを知らなかったために、隋眠を貪っていた国民が目を覚した。 今年から、国民は幻想を払って、現実と取り組むことになる。 いや、強いられることとなろう。 ———————— 引用ここまで ———————— 加瀬英明も友愛思想を掲げる鳩山由紀夫を激しく批判しています。 (苫米地と繋がるのにね・・噴飯ものです) 高須克弥や加瀬英明が激しく批判する鳩山由紀夫といえば、月間ムーでしたが、彼は度々安倍政権を批判しております。 この鳩山由紀夫は朝堂院大覚と仲良しでしたね。 — トマス AZETdrclzfunJJu この朝堂院大覚はRapt理論でもたびたび取り上げられている最上級国民で、嵯峨天皇の末裔ですが、彼はあるフリーメイソンともつながりがあります。 それは、チャイニーズフリーメイソン洪門会の槌屋次郎でした。 しかもこの槌屋次郎。 フリーメイソン版鈴木邦男とでもいうのでしょうか・・・いろいろな人たちと交友があるそうです。 やはり悪事を行うには、数多くの人脈が必要なのでしょうか。 新政未来の党代表で、生長の家信者の日野智貴のfacebookから見つけたのですが・・・(日野も将来はフリーメイソンの地位が約束されている上級国民なのでしょう) 高須克弥 鈴木宗男 佐藤優(佐藤優は創価学会) 坂の上零(腕を組んでいるから愛人の関係なのでしょうか) しかもこの坂の上零は朝堂院大覚とも繋がっていましたね。 今年になって、朝堂院大覚はJRPテレビジョンの出入禁止を周知しました。 (余程坂の上零とのつながりが都合が悪かったようですね) だってこれですから、坂の上零はワールドフォーラムで三橋貴明と繋がっていますし、三橋は麻生太郎を絶賛していましたね。 朝堂院大覚に誉められた山本太郎は三橋貴明と何度も対談。 三橋貴明は安倍晋三、西田昌司とも仲良く撮影。 西田昌司は有田芳生と仲良し。 三橋貴明は稲盛和夫が影響を受けたニューソートに毒されてます。 つまり、みんな 繋がり。 朝堂院大覚はQアノン日本支部とつながりがありましたね。 Qアノンといえば、陰謀論組織Qarmy、QmapJapanとも繋がってくるわけで。 私がアビガンが危険で、リチャードコシミズが推奨し、リチャードコシミズはQmapJapanのEriも所属していたとツイートしたらQの工作員が群がってきました。 日本の出版業界から日本の史実がリリースされることはありません。 その天皇替え玉説は史実を隠す煙幕。 朝鮮族に交易の産物は無い。 初めて日本の鉱脈目録を著したらその人物が鉱業権者になるのが近代社会。 それが箕作阮甫。 その孫の箕作奎吾は日本全土の鉱業権の相続人。 現にRapt理論でもそう書かれているはずです。 確かにQの一味も日本赤十字社は批判していますが、アビガンを救世主扱いしたり、明治天皇替え玉説を訴えるという。 結局はQの一味はロスチャイルドが入っているかもしれませんね。 しかも生長の家日野智貴、朝堂院大覚、鈴木宗男、佐藤優、坂の上零がチャイニーズフリーメイソンと繋がっています。 また朝堂院大覚はQアノン日本支部にも名を連ねていました。 qアノン、qarmy 、qmapは 朝堂院大覚と繋がっていた! さらに、山本太郎、藤原直哉(大本教)、外山恒一、高山清洲、ベンジャミン・フルフォード、リチャードコシミズ。 このQmap Japan、Qarmy、Qアノンの連中は真実から目を逸らさせるよう工作をし、ロックフェラーが悪い、ディープステートガー、カバールが悪いですぐに逃げます。 インチキ陰謀論者リチャードコシミズが推奨していたアビガンをコロナの特効薬と言い出した時点でQの嘘が一気に露になりました。 リチャードコシミズは安倍晋三と同じ李家でしたから、表面的には安倍晋三と不仲のふりをしているだけなのでしょうし、Qも彼らとなんも変わりがありません。 (ただ、Qは組織ではなくバラバラの気もしなくもありませんが) ———————— 引用ここから ——————— 5、6年前まで、日本では、「ロックフェラー」が悪い、全て「ロックフェラー」による陰謀だ!と声を上げる陰謀論者がいました。 「リチャード・コシミズ」です。 彼の本名は「李詠進」と言います。 (麻生太郎とアヘン貿易の仲間たち) 大陸系の人たちは、ビジネスをする際に、本名を使いません。 本名とは別に、仕事用の名前で、相手と取引します。 そのため、中国名を持っていても、「リチャード」「ジェニファー」「ウィリアム」などの別名で、やり取りします。 「リチャードコシミズ」も、本名を隠して、別名で活動しているんです。 彼は、日本の黒幕「天皇家」や、「生長の家」のことについては、一切触れず、「ロックフェラー」ばかり叩いていましたね。 それは、「李家」が日本で権力を失う元凶となった「 GHQ」、つまり「ロックフェラー」への恨みによるものだと考えられます。 実際にロックフェラー側のGHQによって、李家は日本での地位を奪われました。 「リチャード・コシミズ」の並々ならぬ「ロックフェラー」叩きは、「李家」の恨みをはらすためでもあった可能性が高いのです。 このように、「日本」と「李家」の関係がどんどん解き明かされることで、どうしてこの日本が在日朝鮮人で溢れているのかが分かってきました。 結局は「天皇家」「旧皇族」と「李家」は、一つにつながっていて、彼らの子孫たちが今でも日本のありとあらゆる分野で権力を握っているのです。 しかしながら、戦後、「日本国憲法」が制定されたことによって、彼らの地位は剥奪されてしまいました。 彼ら「旧皇族」と「李家」は、その地位を復活させ、さらなる支配を固めようとしているのです。 そのために、彼らは「安倍晋三」を使って、「明治憲法」の復活を目論んでいるのです。 今回は、日本の黒幕、「李家」についてお話ししていきました。 現在、ツイッターでは、「RAPT理論」を通して、「李家」の秘密がどんどん明らかになっています。 「イルミナティ」が隠したかった本当の日本の歴史が、見えてきました。 今後も日本の歴史の謎を解く「李家」について、どんどんご紹介していきます。 ———————— 引用ここまで ———————— このリチャードコシミズは朝堂院大覚と仲良しのベンジャミンフルフォードとつながっています。 ベンジャミンは大麻を推奨していましたし、アビガンを推奨していたQの工作員も大麻を推奨していました。 コメントを残す メールアドレスが公開されることはありません。 検索:• 41件のビュー• 19件のビュー• 10件のビュー• 7件のビュー• 5件のビュー• 5件のビュー• 5件のビュー• 5件のビュー• 4件のビュー• 4件のビュー 最近の投稿• 最近のコメント• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の