質問 回答 お礼 メール。 就活の質問の回答メールへのお礼方法・件名・例文・書き方|持ち物

質問に対する回答へのお礼メール|ビジネスで使える丁寧な例文

質問 回答 お礼 メール

質問に回答してくれた時のお礼メールは、どんな内容にすればいいんだろう? 送った質問や問い合わせメールに対して、相手からしっかりした回答が来ると、ありがたいですよね。 では、 質問 に対する 回答 をもらったときの お礼メールは、どんな内容で返信すればよいのでしょうか? そこで今回は、回答のお礼の例文を・・・• 社内の方に宛てる場合• 社外の方に宛てる場合 の2パターンでご紹介していきます! 私の部署では、相手からの質問に回答することが結構あります。 回答をしたにも関わらず、相手から返信がなかったり、雑な場合がたまにあるんですね・・ そのため、相手の気持ちを考えた内容で 回答へのお礼メールを送ることがとても大切。 相手が回答してくれたという行為に対して、 感謝の気持ちを込めてお礼メールを送るのが社会人としてのマナー。 でも、どんな内容でお礼メールを送ればよいのか、悩んでしまうかもしれません… そこで、例文とともに意識すべきポイントをお伝えしていきます。 社内の人へ返信する場合• 社外の人へ返信する場合 それぞれでお伝えしていきますね。 まずは社内の人へお礼メールを送る場合の例文から見てみましょう! 件名:Re:イベントAの流れにつきまして 〇〇 課長 お疲れさまです。 山田です。 当日の流れの件について、迅速にご回答いただきありがとうございます。 〇〇課長のおかげで、効率よく司会の進行を行うことができると思います。 詳細はこれから詰めて参りますので、決まり次第ご連絡いたします。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 山田 一郎 まずは 回答してくれたことへのお礼をしっかりと述べましょう。 それは、お礼だけだと、どうしても事務的で味気ない文章になってしまうから。 回答に対して、どう考えているか・どう行動していくかといった、 今後のことを入れるのが大切です! そうすると、相手が回答をしてよかったと思ってくれるでしょう。 株式会社ビジマナねっとの山田です。 ご回答の内容を反映し、プロジェクトの詳細を考えて参ります。 今回のプロジェクトについては、私個人としても非常に関心を持っており、何としても成功に導きたいです。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 jp 全体的に 丁寧な言い回しを心掛けていきましょう。 社内の場合であれば、多少フランクな文調でも許されることが多いですが、社外の場合は要注意。 しっかりとした言葉遣いをしなければ、マナーを知らない人と思われてしまいます。 回答に対する内容についても、忘れずに触れてくださいね。 いざ返信でお礼を伝えようとしても、手が止まってしまうかもしれません。 もしかすると、あなたも・・・ そうならないよう、 意識すべきポイントを頭に入れて、メールを書いていきましょう! 次の見出しでご紹介しますので、ぜひ続けてご参照くださいませ。 スポンサーリンク お礼メールで意識すべき3つのポイントとは? 社内・社外問わず、回答のお礼メールで押さえるべきポイントがあります。 特に意識すべきなのがこの3つ。 件名は「Re:」を付けたままにする• 24時間以内に返信を行う• 回答に対する結果を述べる それぞれについて見ていきましょう! 件名は「Re:」を付けたままにする 件名は 基本的にそのままにしましょう。 その理由は、何のメールかということがすぐに分かるから。 件名にRe:を付いていることで、それが新規のメールなのか、やり取りをしているメールなのかが分かります。 相手は一日にたくさんのメールを受け取っているかもしれません。 受け取る相手の負担を軽減し、何の件のメールなのかがすぐ分かるように、 Re:を付けた状態で返信をしましょうね! 24時間以内に返信を行う お礼メールは鮮度が命でもあります。 時間がかかりすぎれば、「今更」と思われる可能性もあります。 お礼に限らず連絡の早い人は、社会では重宝されるもの。 一般的なマナーと言われる24時間以内を意識しましょう。 可能な限り早いレスポンスを心掛けてくださいね! 回答に対する結果を述べる 手間を取って対応してくれた相手に対して、「ありがとうございました」の一言だけでは、 素っ気ない印象を与えてしまいます。 相手は、回答が役に立ったのかどうかが分からないと、悶々としてしまうかもしれません。 また、相手の進捗が分からなければ、場合によってはお互いの業務に支障をきたす恐れもあります。 解決しなかった場合は勿論、解決した場合でも 回答をもらった結果を伝えるようにしてくださいね。 ある程度距離感が近い相手であれば、「〇〇さんのおかげで助かりました」のように多少フランクな表現も交えてもOK。 社外向けお礼メールは、 丁寧さを重視しましょう。 自分は会社の看板を背負っているんだ意識を持って、言葉遣いや言い回しに気を付けることが大切。 お礼メールはただの社交辞令ではなく、 回答に対する結果や方針を伝えることができます。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

「ビジネスメールの返信」書き方とマナー!お礼や状況別の例文も

質問 回答 お礼 メール

「質問メール」の書き方とは?+【例文】も紹介 まずはじめに質問や問い合わせのメールのマナーと書き方のポイントを紹介します。 内容が一目でわかる「件名」をつける 質問や問い合わせのメールでは、メールを受け取った人が一目で内容がわかるように具体的かつ簡潔な件名をつけます。 たんに「問い合わせ」や「日程について」など中途半端な情報だとメールを開封してもらえないこともあります。 <件名の例>• 〇〇に関するお問い合わせ• 〇〇についてのご質問• 〇〇に関するご照会• 〇〇の日程について確認のお願い• 〇〇について質問がございます 初めての相手へのメールの場合は、件名に自分の会社名や名前を入れて安心感を与えるようにします。 <件名の例>• 御社製品〇〇に関するお問い合わせ(〇〇株式会社営業部 鈴木一郎) なお、自分の動作に「お」「ご」をつけるのは「謙譲語」として相手に敬意を示す表現です。 「ご連絡」「ご報告」など、相手のために行う自分の動作に「お」「ご」をつけるのは問題ないのですが、自分のために行う自分の動作である「質問」や「問い合わせ」に「お」「ご」をつけることについては、間違いだという考え方と正しいという考え方に分かれるようです。 しかしビジネスの場では「ご質問よろしいでしょうか」「お問い合わせいたします」など、一般的に「お」「ご」をつけて用いられているため、慣習に従うのがよいでしょう。 ただし「質問がございます」など、「ございます」の丁寧語をつけている時は、「ご質問」とせず「質問がございます」で十分に丁寧です。 「お願い」とつけても丁寧になります。 「ご確認のお願い」「確認のお願い」はどちらでもよいといえます。 状況に応じて使い分けましょう。 複数の質問内容は箇条書きにする 質問の内容は一目でわかりやすく伝えるため、質問内容が一つの場合は簡潔な一言での表現とし、複数の場合は箇条書きにします。 箇条書きとする時は、「下記の内容についてご相談申し上げます。 」などと書いてから箇条書きとします。 その時、1.2.と番号を振ると相手が答えやすくなります。 負担をかけたことを配慮する結びの言葉で締める 結びの言葉は「以上、ご回答いただけますようお願いいたします」「ご確認いただきますようお願いいたします」などのお願いの言葉にします。 「ご回答ください」「ご確認ください」では一方的で高圧的な印象になってしまいます。 さらに、「お手数をおかけします」「恐縮ですが」など、相手に負担をかけたことを思いやる言葉を添えるのがよいでしょう。 <例>• お手数をおかけしますが、ご回答のほどよろしくお願いいたします。 お手数をおかけしまして恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 お忙しい中、申し訳ございませんがご確認いただきますようお願いいたします。 現在弊社では貴社の新製品〇〇の導入を検討しております。 つきましては、下記の内容について確認したいと存じます。 1.… 2.… 以上となります。 お忙しいところお手数ですが、ご回答のほどよろしくお願いいたします。 (メール署名) 「質問メール」の回答の書き方とは?+【例文】も紹介 次に質問や問い合わせのメールを受けた時の「回答メール」の書き方と例文を紹介します。 回答メールの書き方 メールをいただいたお礼を述べる 回答する前に、問い合わせなどのメールをいただいたことへのお礼を述べます。 相手がなんらかのアクションをしたことに対して、まずお礼を述べるのがビジネスマナーです。 「このたびはお問い合わせいただきありがとうございます」などと書きます。 回答は簡潔に述べる 回答はわかりやすく簡潔に述べます。 「~ではないかと思われます」「~のようです」など曖昧な回答では問い合わせの回答にならないためです。 また、企業方針などにより回答できない質問だった場合は「誠に申し訳ございませんが、その件につきましては〇〇のため、ご回答いたしかねます」などと、理由を添えて「いたしかねます」という表現を用います。 「回答できません」「回答しておりません」などの否定の表現をストレートにするのは避けましょう。 回答までに時間がかかる時はとり急ぎの返信をする 問い合わせ内容の回答に確認の時間がかかる場合は、翌営業日までにその旨を記した返信メールを行います。 複数の質問があり、回答できる質問がある場合は、回答できるものだけはすぐに回答した方が親切です。 このたびは弊社製品〇〇についてお問い合わせいただきありがとうございます。 下記の通りご回答申し上げます。 ご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。 ご検討のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 (メール署名) 「質問メール」の回答へのお礼の書き方とは?+【例文】も紹介 次に「回答メール」への「お礼のメール」の書き方と例文を紹介します。 回答へのお礼メールの書き方 回答を受け取ったら必ずお礼の返信をする 質問や問い合わせのメールを送って回答を受け取った時は、必ずお礼の返信をするのがビジネスマナーです。 回答へのお礼メールでは、時間を割いて回答していただいたことへのお礼と、確かにメールを受け取ったということを伝える目的があります。 件名は書き換えずにそのまま返信する 一般的には件名は「Re:〇〇」の状態で返信されてきますので、そのメールへの返信も件名は書き換えずにそのまま返信します。 件名を「ありがとうございます」などと書き換えてしまうと、相手はメールの履歴がわからなくなってしまうためです。 お忙しい中、ご回答をいただきありがとうございます。 〇〇の点が不明でしたので、明確にご回答いただき大変助かりました。 ありがとうございます。 ご回答いただいた内容のもと、検討を進めたいと存じます。 結果につきましては追ってご連絡いたします。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 (メール署名) まとめ 問い合わせメールは件名、本文ともに一目で質問内容がわかるように簡潔に書くことがポイントです。 質問内容が複数の時は箇条書きにしてだらだらと書かないよう端的に記します。 また問い合わせの際は、相手の時間を割いていただくことになるため、「お願いいたします」というお願いの表現を用い、さらに「お手数ですが」「ご面倒をおかけしますが」など相手への気遣いの言葉を結びの言葉に入れるようにしましょう。

次の

ビジネスメール【質問・問い合わせ】|回答の書き方から質問文まで

質問 回答 お礼 メール

【ヤフオク】質問の回答に対するお礼は必要? ヤフオクを使用し始めて数年になりますが、 今まで落札側でしか使用したことがありません。 ヤフオクで送料や状態の詳細などを質問し、 出品者様よりお返事をいただいた後、 『ご回答ありがとうございました。 検討させていただきます。 』 と、お返事をしておりましたが、 友人に、『いちいち通知が来て面倒だから不要』と言われました。 みなさんは、回答のお礼は伝えていますか? ちなみに、本当に検討しているものにも、 お返事をいただいた内容で購入しないと決めたものにも、 社交辞令的な?定型文的な感じで、 一律、上記のような返答をしております;; そもそも【質問欄】として存在している箇所に お礼を書き込むのはルール違反でしょうか? 今後、どうしようかなあと思い、質問です。 相手に、『いちいち通知が来て面倒だ』と 思わせているなら申し訳ないですし、 しなくていいならしない方が楽ですし。 ただ、聞きっ放しで放置というのも気が引けるし…。 みなさんはどうされていますか? いろんなご意見をお聞きしたいです。 お時間ございます方、お付き合いいただけますと幸いです。 よろしくお願いします。

次の