パパ恋 見逃し。 パパがもう一度恋をした|ドラマ動画(1話-最終回)配信情報!【全話無料版】見逃し向けあらすじ&キャストまとめ!

【東海テレビ】パパがも一度恋をした

パパ恋 見逃し

『パパがも一度恋をした』2話のネタバレあらすじ 如意棒!ボニータ!ガンダーラ!! 就職先が見つからず、まだまだ家でごろごろしている吾郎(小澤征悦)ですが、そんな吾郎にも悩みはあるようです。 おっさん多恵子(塚地武雅)を本物の多恵子だと認めたはいいものの、おっさん多恵子のちょっとした行動やしぐさに如意棒が反応してしまうため、どうやって接していいのか従兄弟のトカレフ(塚本高史)に相談します。 トカレフは、ボニータしたなら愛の国ガンダーラに行くべきだと、意味不明なアドバイスをしますが、吾郎はそれを理解したようで、おっさん多恵子とボニータしてガンダーラに行くために奮闘し始めます。 そんな吾郎を知ってか知らずか、おっさん多恵子は掃除の際にトモ(福本莉子)の部屋で進路希望表を見つけます。 トモに一緒に考えようと母親らしく声を掛けましたが、トモは部屋に入らないでと、おっさん多恵子を完全に拒否してしまいます。 おっさん多恵子を完全拒否のトモ 吾郎はおっさん多恵子に耐性をつけるためデートの計画を立てましたが、なかなか手も握れずモヤモヤしていたところ、テニススクールの体験に行くことになります。 テニススクールでは、イケメンコーチ宮下(黒木啓司)に手取り足取り指導してもらっているおっさん多恵子を見て、またしても如意棒が反応してしまい、焼きもちからイケメンコーチと対決することになりました。 おっさん多恵子は、そんな吾郎を置いてトモと仲直りするためにトモのアルバイト先に行きます。 トモには会えませんでしたが、バイト募集の張り紙を見て、トモと一緒に働くことを決めます。 少しでも一緒の時間を過ごしたいと思っての行動でしたが、トモはおっさん多恵子をなかなか受け入れてはくれません。 そんな中、バイト中に試食のウィンナーを焦がしてしまったおっさん多恵子が、助けてくれたトモにテヘペロポーズをしたところ、トモにはその姿が本物の多恵子に見え、少しづつおっさん多恵子を見る目が変わっていきます。 思い出のぬいぐるみに込めた多恵子の想い トモはこの3年間、吾郎を支えてきたのは自分だという思いが強く、急に現れたおっさんに吾郎を取られたように感じており、自分で作ったぬいぐるみに向かって悩みを話しかけていました。 そんなトモを見たおっさん多恵子は、トモが幼いころに作ってあげたぬいぐるみをトモに渡します。 昔、「ぬいぐるみがなくても大丈夫だから捨てて」と言われて預かったぬいぐるみでしたが、トモの思い出のぬいぐるみだからと捨てずにとっておいたものでした。 おっさん多恵子が本物の多恵子に見えたトモは、おっさん多恵子と仲直りしたところに、吾郎が「銭湯に行くぞ!」と張り切って登場しました。 おっさん多恵子と一緒の風呂に入って仲を深める作戦でしたが、ガンダーラの歌を歌いながら湯船で待っている吾郎は、入ってきたおっさん多恵子が本物の多恵子に見え、周りの男たちにタオルを取れと言われている現状に如意棒がまたしても反応してしまい、おっさん多恵子を連れて出て行きました。 帰り道、吾郎はおっさん多恵子と手を繋ぐことに成功、さらに、親子3人で手を繋いで帰宅・・・と思ったところ、おっさん多恵子の手がにちゃにちゃする!と言って、またしてもトモに拒否反応を起こされてしまいました。 ドランクドラゴンの鈴木拓がまたしても登場していたのは謎ですが・・・。 母と子が絆を取り戻す姿がメインなのか、それとも、ボニータとガンダーラがメインなのか、謎な回でもありました。 夫に続いて、娘にも母親として認めてもらえることができたおっさん多恵子でしたが、次回、第3話では自分の父親との関係で辛い思いをするようです。 果たしておっさん多恵子は、実の父親に多恵子と認めてもらえることができるのでしょうか。

次の

「パパがも一度恋をした」無料動画【1話〜最終回】見逃し配信を全話無料視聴できる動画配信サービスを紹介

パパ恋 見逃し

FODプレミアムの詳細解説 ドラマ『パパがも一度恋をした』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。 FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、 現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『パパがも一度恋をした』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。 無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。 ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。 過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。 2020年冬ドラマ『パパがも一度恋をした』第7話のあらすじ 2020年3月14日 土 23時40分放送のドラマ『パパがも一度恋をした』第7話のあらすじをご紹介します。 多恵子(本上まなみ)があと8日で天国に帰らなければいけない!? 突然の告白に衝撃を受ける吾郎(小澤征悦)とトモ(福本莉子)。 おっさん多恵子(塚地武雅)は、多恵子の死後、落ち込んでいた吾郎に元気を取り戻してもらうために天国の神様に頼んでここにやってきたという経緯を皆に話す。 多恵子の愛を感じ、余計に別れを受け入れられない吾郎。 そんな中、トカレフ(塚本高史)から好きな娘ができたと協力を求められる二人。 吾郎はそれどころではないと拒否し部屋に引きこもってしまう。 仕方なくおっさん多恵子が付いていくと、トカレフの恋のお相手はおっさん多恵子のパート先の同僚、姫乃樹ティアラ(綾乃彩)だった! トカレフは周囲から促され、意を決して想いを伝えようとするが撃沈! ショックで橋から飛び降りようとしたところを、傷心で家を飛び出した吾郎に助けられる。 トカレフは吾郎に、吾郎と多恵子が憧れの夫婦だったと告白。 トカレフは周囲から促され、意を決して想いを伝えようとするが撃沈! ショックで橋から飛び降りようとしたところを、傷心で家を飛び出した吾郎に助けられる。 トカレフは吾郎に、吾郎と多恵子が憧れの夫婦だったと告白。 トカレフの恋の行方は?そして残された時間を吾郎はどう過ごすべきなのか? 感動の第7話! (より引用) おっさん多恵子のもうすぐ天国に帰るという告白はびっくりでしたが、次回のトモと吾郎のリアクションも気になります。 トモもやっとおっさん多恵子を多恵子と理解して幸せそうだったのに辛いです。 吾郎も大分ショックのようで再び引き籠もってしまうようですし、予告映像では黒魔術みたい事もしてますね。 黒魔術はギャグになりそうですけど、この際シリアスになるよりギャグの極みに入って欲しいです。 トカレフも恋をするようです。 トカレフは山下夫婦に憧れていて、おっさん多恵子がいるうちに彼女と幸せになりたかったと・・・。 泣ける話です。 次回は映像で動いてるトカレフがこの話をするシーンが楽しみです。 ペンネーム:よしか(30代・女性) おっさん多恵子があと8日したら天国に帰るという現実を吾郎とトモは受け入れられなかった。 吾郎はすっかり落ち込んでしまい、家に引きこもってしまった。 そんな中、トカレフが好きな子が出来たと吾郎に言った。 おっさん多恵子がトカレフの協力をすることになり、スーパーのパート先の同僚であるティアラに会わせることにした。 トカレフは告白したが、成功しなかった。 トカレフは吾郎に吾郎と多恵子の夫婦が理想だったと話した。 トカレフは再度ティアラに告白することにした。 公園の素敵な場所を選び、ティアラを呼び出した。 吾郎たちも遠くで見守っていた。 トカレフの恋の行方も気になるが、第7話は吾郎たちは残された時間をどう過ごすかが特に楽しみなポイントである。 ペンネーム:toko3(50代・女性) 今回のラストでおっさん多恵子がカレンダーに印を入れていた理由は、その日に天国に帰らなければならないからだということが明らかになりました。 次回、もうすぐおっさん多恵子と別れが訪れることを知った吾郎やトモは悲しむことでしょう。 さらに次回は多恵子がおっさん姿でこの世に蘇った経緯についておっさん多恵子により明かされるようなので楽しみです。 次回は、何かと破天荒で時には吾郎の心の支えになっていたトカレフの恋についてのストーリーが展開されるようです。 トカレフの恋の行方はどうなるのか、さらにおっさん多恵子が天国に帰るまでの残された時間吾郎やトモはどのように過ごすのか、注目して観たいです。 ペンネーム:1029(20代・男性) おっさん多恵子がもう少しで天国に帰るということで落ち込む吾郎が目に浮かびます。 ただそんな吾郎を立ち直らせて強くなるように復活させる事が起こるんだろうなと思います。 どんな出来事が起こるのか楽しみです。 おっさん多恵子と山下家が短い期間のなかでどんな生活をするのかも気になるところです。 トカレフが好きな人が出来るのも面白くなりそうです。 恋の相手はおっさん多恵子のパート先の同僚ということです。 意を決して想いを伝えるがフラれてしまいショックで橋から飛び降りようとするそうです。 トカレフの異端さが全面に出る第7話が見れそうで楽しみです。 ペンネーム:有吉(40代・男性) 2020年冬ドラマ『パパがも一度恋をした』第7話のあらすじネタバレと感想! DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『パパがも一度恋をした』第7話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。 『パパがも一度恋をした』第7話のあらすじネタバレ たえこが数日後に天国に帰ると聞いて落ち込むパパは、精神状態がおかしくなるほど落ち込む。 たえこがおじさんの体になったいきさつも、神様が促してくれたものだとわかった。 結果、自殺を図ろうとしていたギャングのおじさんの体になった。 パパは、たえこに会えなくなるなら自分も天国にいこうと自殺未遂を図るが、たえこに止められ怒られる。 ある日トカチャンが家に来て、恋をしたから協力して!と。 パパは、今はそれどころじゃないと怒るが、たえこは協力をする。 恋の相手に会いに行き、告白をするが振られてしまう。 トカチャンも落ち込み、自殺を図ろうとする。 パパに止められ、話を聞くうちに、パパの心も変わっていく。 たえこはトカチャンの恋の相手に話をしに行くと、トカチャンのことが嫌いで振ったわけではないことを知る。 遊びに誘い、4人デートをすることになった。 トカチャンたちをみたパパとたえこは、自分たちの出会ってすぐのデートを思い出す。 幸せな時間を思いだし、パパはたえこがいなくなることを悲しむより、たえこと過ごす時間を最後まで大切に過ごす!と決める。 トカチャンたちは結ばれる。 パパとたえこが家に帰ると、警察が来ていた。 ママの体であるおじさんは、指名手配犯だった。 『パパがも一度恋をした』第7話の感想 トカちゃんが恋をして、その相手がとても地味な子でびっくりしました。 告白をしたけど、自分に自信がないために思わず振ってしまったその子も、たえこに背中を押されて最後はめでたく付き合うことになって、微笑ましかったです。 周りの人がいなかったら、付き合うことにはならなかったので、周りの人に感謝だなあと思いました。 パパは、たえこが数日後には天国にいってしまうと知って自殺未遂をするほど落ち込むけど、たえこと過ごせる時間を最後まで大切に凄そう!と気持ちを切り換えることができてよかったです。 自殺未遂を図ったときは、(こんなに大人でしっかりした娘がいるのになにやってるんだ!! とたえこのような気持ちになりました。 ペンネーム:ちー(20代・女性) 『パパがも一度恋をした』第7話のあらすじネタバレ おっさん多恵子(塚地武雅)は、多恵子の死後、落ち込んでいた吾郎に元気を取り戻してもらうために、ここにやってきたと吾郎(小澤征悦)とトモ(福本莉子)に告白。 吾郎は、別れを受け入れられず、そんな中、トカレフ(塚本高史)から好きな娘ができたから協力してほしいと言われるが、吾郎は、気持ちが整理できず、部屋に引きこもってしまう。 それで、おっさん多恵子が付いていくと、そのお相手は、おっさん多恵子のパート先の同僚、姫乃樹ティアラ(綾乃彩)だと言う。 トカレフは、意を決して想いを伝えようとするが思い通りにいかず、ショックを受け、橋から飛び降りようするところを、家を飛び出した吾郎に助けられる。 その時、トカレフは、おっさん多恵子がこの世にいるうちに、ティアラと、憧れの夫婦である吾郎と多恵子の様になりたかったと言う。 『パパがも一度恋をした』第7話の感想 死後、落ち込んでいた吾郎に、元気を取り戻してもらうために、ここにやってきたとおっさん多恵子(塚地武雅)が言う言葉は、本当に深い愛情をもっていないと、言えない言葉だと思います。 お互いが思いあって、初めてでてくる言葉の宝物。 そして、人からこの様になりたいと、言われるほど、うれしい言葉はないと思います。 トカレフが、仲睦まじい吾郎と多恵子の様になりたいという言葉は、本当に感動ものです。 ティアラとの関係はどうなるのかわかりませんが、自分を大切にしてほしいと思います。 後、おっさん多恵子が戻ってしまうまでの時間を、大切にしてほしいと思います。 ペンネーム:ワンス(50代・女性) 『パパがも一度恋をした』第7話のあらすじネタバレ 多恵子があと8日で天国に戻ることを吾郎は受け入れられず、部屋に閉じこもってしまった。 そんな中、トカレフに好きな子ができ、吾郎に協力してほしいと思っていたが、おっさん多恵子が代理に一緒にいくことになった。 トカレフの好きな子はおっさん多恵子のパート先のティアラという子だった。 トカレフは告白するが、ティアラに断られ落ち込んでいた。 一方、吾郎も意気消沈しており夜道を歩いていると、トカレフが橋の上から飛び降りようとしていた。 吾郎は正気に戻り、トカレフを止め、二人で話をしているうちに吾郎の心も晴れていった。 また、おっさん多恵子がティアラに話を聞いたら、トカレフのことは好きだが別れるのが怖くて断ったことを話してくれた。 そこで、4人で会うことになりトカレフが再度告白したらティアラは受け入れてくれた。 その様子を見ていた吾郎たちはハッピーな気持ちになった。 『パパがも一度恋をした』第7話の感想 トカレフは女性とよくしゃべるが、彼女がいなかったことが意外だった。 ティアラも地味だが、かわいくてトカレフと付き合うことが出来るようになって良かったと思った。 二度目の告白でうまくいくこともあるのだと思った。 また、吾郎が多恵子があと8日で天国に戻ってしまうことに意気消沈したようすは見るほうもつらかった。 相棒を失うことはすごく大変なことなのだと感じた。 回想シーンで、吾郎と多恵子が初デートした時の場面がすごくよかった。 多恵子がかわいくて、初々しい感じがみていてほっこりした気分になった。 だが、おっさん多恵子の顔が指名手配の男性の顔にそっくりでびっくしりた。 おっさん多恵子はどうなってしまうのか心配だ。 ペンネーム:toko3(50代・女性) 『パパがも一度恋をした』第7話のあらすじネタバレ 天国に帰らなきゃいけない多恵子 、 12月6日の 49日目、魂が極楽浄土へ帰る日、 そういう中で、五郎は悲しんでいる中、 友達のトカレフが スーパーの女の子に恋をして、告白し嫌われたと思って 橋から飛び降りようとしていましたが、 五郎に助けられた。 多恵子が、ティアラに話を聞いたら、 自分は顔も悪いし 、嫌われるのが怖くて、トカレフ を断ったということを知る。 四人で思い出の公園で、遊びに行き、吾郎と多恵子が出会った 時のことを思い出して、トカレフとティアラの仲を持った。 トカレフとティアラはお互いの気持ちを確認し合い、無事カップルになることができた。 その後、警察が多恵子の体を使った男を追って いることがわかり、次回に続いた。 『パパがも一度恋をした』第7話の感想 トカレフがティアラに思いを伝えようとした時に、ティアラが安全日を答えてくれたのに、 告白を断ったことに 、ちょっとおかしな展開だなあと思いました。 ですが、その後ティアラがトカレフのことを気に入ってるということが分かり、そういうことだったのかと思いました。 ちょっと分かりにくい展開だったなあと思いました。 人生は辛いことがいっぱいだけど、かけがえのないこともたくさんあった、とか楽しかったこと、亡くなってしまえば楽しかったことしか残らないんだな、ということ を思いました。 それから最後の一秒まで大事にしなければならない、という人生 生きていくということは、そういうことかな、っていうこともドラマに教えられました。 ペンネーム:しばちやん(60代・女性) 『パパがも一度恋をした』第7話のあらすじネタバレ 吾郎とトモはおっさん多恵子が天国に帰ることを知り衝撃を受ける。 おっさん多恵子曰く、自分が死に落ち込んでいた吾郎に元気を取り戻してもらうために天国の神様に頼んでここにやって来たのだとか。 その話を聞いた吾郎は多恵子との別れを受け入れられないのだった。 そんななか、トカレフに好きな人ができる。 そしてトカレフはその女性を恋人にするために吾郎たちに協力するを頼むも吾郎は「それどころではない」と拒否。 そしておっさん多恵子に協力してもらうこととなり、トカレフの好きな人がおっさん多恵子のパートの同僚・ティアラだと判明。 トカレフは周囲から促され、意を決してティアラに想いを伝えようとするも撃沈するのだった。 その後、吾郎は落ち込み家を出るとある橋へ。 すると吾郎は恋に撃沈したショックで橋から飛び降りようとするトカレフを発見し助ける。 その後、トカレフと吾郎は2人で話すことに。 そこでトカレフは、吾郎と多恵子が憧れの夫婦だったこと、おっさん多恵子がこの世にいるうちに、ティアラと結ばれ、吾郎と多恵子のような最高の二人になりたかったという胸の内を語る。 それを聞いた吾郎は、嬉しさと多恵子との別れの辛さが入り混じり涙を流すのだった。 翌日、おっさん多恵子はティアラと話していた。 実はティアラはトカレフのことが好きだったが、自分に自信がなく付き合った後にフラれて傷付くのが怖くて、トカレフからの告白を断ってしまっていたのだ。 それを聞いたおっさん多恵子はダブルデートをすることに。 トカレフとティアラのデートの様子を見ながらおっさん多恵子と吾郎はかつての自分たちを思い出し、吾郎は多恵子が天国に帰ることを受け入れるのだった。 その後、トカレフとティアラは付き合うことになるのだった。 吾郎たちが帰宅すると警察がおっさん多恵子を逮捕しに来ていた。 『パパがも一度恋をした』第7話の感想 前回のラストでおっさん多恵子が天国に帰る日が近づいていることが明らかになりましたが、今回はそれを聞いて落ち込む吾郎が立ち直り受け入れるまでのストーリー、そしてトカレフの恋のストーリーが展開されました。 トカレフの恋のストーリーは、いつも破天荒なトカレフの恋愛下手な可愛らしい一面が垣間見れて面白かったです。 一度はフラれてしまいましたが最終的には想いを寄せるティアラと付き合うこととなり良かったですね。 そして、おっさん多恵子が天国に帰ることを知りひどく落ち込む吾郎は、トカレフの恋をおっさん多恵子と応援するなかで過去の自分たちのことを思い出し、最終的には多恵子が天国に帰ることを受け入れることができたようで良かったです。 そして今回のラスト、山下家の前に警察がやって来て犯罪者であるおっさん多恵子の外見のおっさんを逮捕しに来たという展開には驚かされました。 次回の最終回、どんな展開・結末が待ち受けているのか楽しみです。 ペンネーム:1029(20代・男性) 『パパがも一度恋をした』第7話のあらすじネタバレ おっさん多恵子があと数日で天国へ帰らないといけないと知り落ち込む吾郎がいた。 そんな吾郎にトカレフが好きな人が出来たからと協力を求めるが今はそれどころじゃないと拒否する吾郎だった。 トカレフが好きな人はおっさん多恵子が働くスーパーの同僚ティアラだった。 トカレフは告白するがあっさり断られてしまう。 ショックからトカレフが橋から飛び降りようとするのを傷心で家を飛び出し外を歩いていた吾郎が助けるのだった。 おっさん多恵子はティアラの本心を聞いて動物園でのダブルデートを開催するのだった。 そしてトカレフとティアラは付き合うことになり、吾郎も多恵子といろいろと語り合い元気を取り戻すのだった。 『パパがも一度恋をした』第7話の感想 トカレフがやはりマトモじゃないんで面白かったですね。 好きになったティアラに対して安全日はいつですかといきなり聞いたり、ティアラのことを野球で例えるならワンナウト二塁、三塁とか言ったりと訳のわからないコメントが見ていて笑わせてくれました。 いつも流暢に意味不明なセリフを吐き続けるトカレフがティアラと2人きりになったらまったく喋れないというのもどういう人間なんだトカレフはと感じました。 ただそんなトカレフが多恵子と吾郎のような関係になりたかったという言葉はなかなか印象的な場面でした。 そして付き合えるとなった瞬間のトカレフの変わり様も面白かったです。 ペンネーム:トカレフ(40代・男性) まとめ.

次の

「パパがも一度恋をした」無料動画【1話〜最終回】見逃し配信を全話無料視聴できる動画配信サービスを紹介

パパ恋 見逃し

2月1日(土)から放送スタートの『パパがも一度恋をした』のドラマを見逃してしまった方は、無料視聴する方法があるので安心してください!この記事では、『パパがも一度恋をした』の見逃し動画を、登録などなしで無料で見る方法、1話〜最新話まで無料で見る方法などを紹介しています。 『パパがも一度恋をした』ドラマの見逃し動画を無料で見るならTVer! TVerという公式民法動画配信サービスでは、放送から1週間限定で見逃し配信を無料で行っています。 登録など一切なしで無料で『パパがも一度恋をした』の見逃し動画を視聴することができます。 『パパがも一度恋をした』を見逃してから1週間以上経ってしまった場合に無料で視聴する方法 TVerでは放送から1週間以内であれば無料で『パパがも一度恋をした』の見逃し動画を無料視聴することができますが、見逃しから1週間以上経過してしまった場合は、 に登録することで無料で『パパがも一度恋をした』の見逃し動画を視聴することができます。 FODプレミアムでは『パパがも一度恋をした』の見逃し動画が見放題配信中! 1ヶ月無料トライアルを実施しているので、登録から1ヶ月間は完全無料で利用することができます! FODプレミアムなら、 ・1話から無料で見放題で視聴できる ・そのほかのフジテレビドラマの見逃しも無料で見れる ・過去に放送されたフジテレビドラマ、バラエティも無料で見れる ・そのほか映画や海外ドラマ、アニメなども配信中! ・電子書籍や漫画もポイントを使ってお得に見れる(毎月最大1300ポイントがもらえる!) などのメリットもあります。 しかし、デイリーモーションやパンドラなどのサイトは違法アップロードサイトなので、動画を視聴することでウイルスに感染したり、架空請求が届くなどの被害が多く報告されています。 違法動画をアップロードするということは、何か裏があってアップロードしているということ(アップロードする人にメリットがなければそんな労力はかけないですよね。 )なので、犯罪などに巻き込まれないように注意する必要があります。 パパがも一度恋をした1話のあらすじ 3年前に最愛の妻・多恵子(本上まなみ)を亡くした山下吾郎(小澤征悦)。 ショックをひきずり自分の部屋に引きこもり続けている吾郎を一人娘のトモ(福本莉子)は心配していた。 ンな訳あるか!と認めない吾郎とトモだったが、吾郎の父・タロスケ(麿赤兒)まで「多恵子さんが生き返ったんじゃ!」と騒ぎ出す始末に。 そんな中、多恵子の父・十郎(山田明郷)が吾郎の家にやってくる。 この3年、ろくに働きもせず、家事もトモ任せの吾郎に堪忍袋の緒が切れたのだった。 「あと一週間以内に再就職して見せろ。 さもなければトモはうちで引き取る!」元プロレスラーの十郎。 言ったからには強引にでもトモと吾郎を引き離してしまう!トモまで失うわけにはいかない、と従兄弟のトカレフ(塚本高史)を巻き込んで就職活動を始める吾郎だったが、そんな吾郎をおっさんが付け回していて...... 人は大切なものを失ったとき、どうやって立ち上がるのか。 tokai-tv. html.

次の