総合資格 評判。 【建築士取得なら総合資格学院】1級建築士、2級建築士、宅建、施工管理技士の資格試験合格をめざすなら総合資格学院

総合資格学院の口コミ

総合資格 評判

勤務時間・休日休暇:会議、研修、ミーティングの頻度が尋常ではなく、全社員参加のものも多い。 業務圧迫の最大の原因となっていますが、ほとんどは同じ話の繰り返しなので士気を下げ稼働を止めるだけの現状です。 あまりの多さに、シフトを組む際に会議等を参加予定 休めない日 として組むと、規定休日が収まらない。 結果、会議だけ受けに休日出勤が常態化。 現在は休日出勤は制限されているので、業務上出勤が必要な日に休みをいれなければならない。 月に5~6回程度は一日規模の会議があり、その他でも半日規模の会議は4~6回程度。 日曜日、水曜日は講習の運営で手一杯で他の業務は遂行できず、上記の会議研修で平日の大半は削り取られ、その他の時間も報告業務に追われます。 総じて労働生産性が極端に低く、限られた時間で最低限の運営をせざるを得ない状況となっています。 口コミ投稿日:2017年06月28日 雇用の安定性:【長く働ける環境か否か】とんでもないです、長く働ける環境では全くありません。 また、高年齢になると過去の実績者や功労者でも営業的に現在会社に貢献していなければ降格させていますので自分が高年齢になった時にどうなっているか不安です。 高年齢になっても営業職以外のポジションが少ないためまだ営業をしていなければならないと思います。 自分や家族の人生・生活を託せるような会社ではありません。 また全営業マンの売上成績を毎日公表し、社員同士を競わせているので、そこに社内の良い雰囲気などないし、殺伐としたものしか残りません。 社長自身が言う事もころころ変わるし、それを信じてやっている社員は堪ったものではありません。 社員を大切にしない会社ですね。 口コミ投稿日:2015年08月 1日.

次の

総合資格学院の口コミ

総合資格 評判

ども、Tです。 あなたは• 「日建学院の評判は?良い、悪い?」• 「日建学院の合格率って?」 と思っていませんか。 下図をみてどう思いました? 日建学院で勉強すれば、86. 5%が一級建築士試験に合格できる! と思いませんでしたか。 ksknet. aspx) デカデカと書いてありますし無理もありません。 でも簡単に信じないで。 赤文字で大きく書いてある数字じゃなくて、細かく書いてある文字を注意して読んでみましょう。 これが 予備校のトリックなんです。 僕は学科試験を独学で合格しました。 やる気さえあれば合格できますよ。 今回は日建学院や総合資格の合格実績についてお話します。 ちなみには、総 合資格や日建学院の 半額の受講料。 もし独学が厳しいという方は、こちらでも十分かと。 とりあえず、まずは資料請求をして検討しても良いかも。 5%ですね。 わざわざ基準達成合格実績という数字を使うくらいなので、 皆さんが思う「合格率」は、もっともっと低いハズです。 一級建築士の合格率は 学科試験で2割です。 日建学院に通ったからといって、この数値が大幅に変わるとは思えません。 良くて3割程度の合格率じゃないでしょうか。 ちなみに公開模擬試験で90点取得した人、という条件がついています。 そもそも、予備校が行う公開模試はとんでもなく難しい。 それで90点以上取る人は、黙っていても合格するのです。 それが実際の試験を受けると87点。 ですから日建学院模試で90点取る人は、100点以上は余裕じゃないですか? 逆に言えば、こんなに条件を付しても合格率100%でなくて、88. 2%なのだな・・・と思いましたね。 このような合格率はあってないようなもの。 例えば付した条件を変えれば合格率はドンドンUPします。 講義に100%出席の方、とかね。 要するに予備校に行ったから合格する・しない、ではなく 真面目に努力した人なら合格できる、そう思いますよ。 僕は悔しいです。 一級建築士の受験生は「オツムが弱い」と思い、この程度のトリックを「見抜けない」と思われています。 それに気づいてい下さい。 ちなみにTACは、そんな誇大広告を出していません。 大手2社より信頼していますね。 総合資格の場合、72. 2%の合格率(条件付き) 総合資格でも同じこと。 総合資格の場合、さらに条件をいじっています。 shikaku. html) 合格率は日建学院より低いですが、その代り講義の出席率と宿題の提出率を8割に上げています。 このあたり自分たちの好きなように数字をいじって調整しているんでしょうね。 周りに流されず自分の頭で考えよう 「先輩が日建学院(総合資格)行ってたから僕も行こう」 とか、思考停止する前に、自分で一回考えよう。 少なくとも学科試験は独学で突破可能。 高いお金がかかるのが嫌な方は 独学か大手2社以外の選択肢もあるんですよ。 例えばスタディングもその1つですね。 特徴などまとめたので下記をご覧ください。 まとめ 今回は日建学院や総合資格の合格実績(合格率)についてお話ししました。 デカデカと宣伝している合格率は、受講者全員の合格率ではないことに注意しましょうね。 ところで独学は不安だから学校に行きたい、という方は、が良いですよ。 大手2社に比べて、 半額で受講できます。 内容も変わりません。 ちなみにTACの方が、会社規模は大きいですからね。 ともかく、「総合資格」か「日建学院」の2択に絞る必要は無いです。 独学やTACという選択肢もあるし。 決めつけないで欲しいですね。 各資格学校の比較を知りたい方は、下記も参考になります。 TACは本当に大手の半額なので、とりあえず資料請求だけしても、損は無いと思いますよ。

次の

株式会社総合資格の評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (8977)

総合資格 評判

通学講座のなかでも一番スタンダードな宅建総合講座を、通信講座でも受講することができます。 コース展開はありませんが、初学者から学習経験者まで誰にでも対応したカリキュラムとなっています。 各解答・解説には分かりやすい動画解説もあるので、初学者でも無理なく学習することができます。 テキストと問題集は書店で販売されているものなので、受講時に持っていればその分割引が適用されます。 また、 早期申込みを行うと無料で受験願書取り寄せサービスを受けることもできます。 所定の場所まで取りに行く手間が省け、さらに受験申込みを忘れてしまう心配もないので是非利用してください。 合格に直結!ノウハウを詰め込んだオリジナル教材 総合資格学院の宅建士講座で使用する教材は、講師や講習開発スタッフが編集を行っているオリジナル教材です。 スクーリングでは直接指導することで、生徒の反応や質問の多い部分などが分かります。 そういった 受講生の生の声を教材に反映しているため、誰が見ても分かりやすい教材を実現しています。 また、テキストや問題集は毎年改訂されているので、常に最新の情報をカバー。 学習内容も試験の全範囲ではなく、 合格に必要な部分に絞って掲載しているため、効率的に学習することができます。 基本のテキストと問題集の他に、豊富な演習問題や模擬試験もセットになっているので、知識のインプットからアウトプットまで行うことができるのも魅力です。 演習問題は単元ごと・科目ごとに行われるため、 しっかり知識を定着させながら進められるのが高い合格率を誇る理由です。 全25回の豊富な問題演習 総合資格学院では単元ごとに全16回、科目ごとに6回、模擬試験3回と全25回の演習を行います。 出題形式は本試験と同じ四肢択一形式なので、早い段階から試験の雰囲気になれることができます。 定期的に演習を行うことで知識のインプットになりますし、基礎力だけでなく応用力を身に付けるのにも役立ちます。 科目ごとに行う演習は「中間効果測定テスト」と言い、学習の進捗や理解の到達度を確認するためのテストでもあります。 講師による採点・添削を行い成績表を返してくれるので、自分の今の実力や弱点の発見にもつながります。 宅建士は専門知識を問われる出題も多いため、問題文の意味を理解する力が求められます。 読解力を付けるためにも演習をたくさん行うことは効果的なので、その点でも総合資格学院はおすすめです。 毎日コツコツ続けられたのが合格に繋がったと思います。 10代男性・学生 就職する前に、少しでも自分に付加価値を付けたくて宅建士に挑戦しました。 建築の専門学校に通っており、総合資格学院は学校の先生からおすすめされました。 教材の内容はもちろんのこと、価格が安いのも学生の自分にはありがたかったです。 はじめのうちは専門用語が多く、文章を理解するのに時間がかかってしまいました。 少し不安もありましたが、毎日コツコツ続けていくうちに次第に理解できるようになり嬉しかったです。 動画解説が特に分かりやすくて重宝しました。 夏が終わってからは問題集や過去の演習問題をとにかく繰り返し解いて、読解力を身に付けるのに時間をかけました。 解説が丁寧なので根本から理解することができ、少し違った問題にも対応できたときは、総合資格学院のすごさを感じました!本試験前の模擬試験では40点を取ることができ、本番の試験ではなんと42点をとれました。 おかげで自信を持って就活に挑むことができて、希望する職種にも就けたので本当に感謝しています。 家業を手伝うために宅建士試験に挑戦しました。 40代女性・主婦 子育ても落ち着いてきて、実家が不動産会社を営んでいたので、高齢な両親の手助けができればと仕事を手伝うことに。 手伝うといっても不動産に関する知識が全くなかったので、少しでも知識を付けようと宅建士試験に挑戦することにしました。 いろんな通信講座を見ましたが、e-講義の解説が分かりやすかったのでこちらに決めました。 実際に使用してみて、HPに書いてあることは本当だったと実感しました。 要点をしっかりまとめてるし、用語の解説や具体例がとにかくわかりやすい!映像講義でも簡単な言葉で解説してくれるので、自分でイメージをしながら考えることができました。 また、添削があったのも良かったです。 ただ問題集を解くより理解度が全然違いましたね。 解法のコツも教えてくれたので、しっかり頭に入れることができました。 なんい知識もない主婦だった私が合格できたのは、すばらしい教材と講師の方々のおかげです。 ありがとうございました。 宅建士に合格したおかげで転職に成功し、年収もアップしました! 30代女性・会社員 20歳から都内でOLをしていましたが、事務職にも飽きてしまって30歳を機に転職をしたいと考えていました。 将来のためにもしっかり稼げる仕事がいいなと思い、不動産会社やハウスメーカーの営業職への転職を目指し、宅建にも挑戦したのが総合資格学院との出会いでした。 はじめは、日本語なのに分からない言葉ばかりで驚きました。 法律に関わるものなので、中途半端に勉強してはだめだと自分を奮い立たせて、毎日2時間机に向かうのを日課にしました。 確認テストで正解が多いと本当に嬉しくて、母や友人によく自慢していました 笑 なんとしてでも一発合格したくて、9月からは毎日3時間勉強したのですが、人生で一番努力した時間だったと思います。 問題を解いて、解説を見ての繰り返しを約2ヶ月続けました。 テストの回数が多いので、自然と勉強しなきゃ!という気持ちになり、私には合っていたのだと思います。 添削時にはいつも励ましのメッセージもくれました。 努力のかいあって、結果は見事に一発合格!母にも褒められ、転職も成功し、忙しいですが充実した毎日を送っています。

次の