トラッキング id。 トラッキングID とは?

GoogleアナリティクスでトラッキングID(UA~)を取得する方法と設定する方法を解説します!

トラッキング id

クロスドメイントラッキング設定はこんな方におすすめです。 2つ以上の複数サイト(ドメイン)でホームページを運営している。 今はそれぞれのアカウント(プロパティ)で別々のサイトとしてアナリティクスのデータを見ているが、できれば複数のサイト(ドメイン)をまたいだときでも、1つのサイトのようにユーザーの遷移を把握、分析したい。 標準のトラッキングとクロスドメイントラッキングの違い(アナリティクスヘルプ) クロスドメイントラッキング設定を行なうことで得られるメリット クロスドメイン設定をすることで、複数サイトのセッションを1つにまとめることができます。 ドメインが複数に別れていることを意識せずサイトを分析することができるようになるため大変便利です。 ドメインをまたいだコンバージョンも計測できるようになります。 ASPタイプのショッピングカートを利用しているときなども分析が可能です。 クロスドメイントラッキング設定の流れ アナリティクスのクロスドメイントラッキングは以下の流れで行います。 トラッキングコードの編集• レポートビューを設定してフィルタを追加• 参照元除外リストにドメインを追加 では、順を追って複数サイトをまとめて計測するためのクロスドメイン設定の解説していきます。 トラッキングコードを書き換える クロスドメイントラッキングを行なう場合は、解析したい複数のサイトに貼り付けるトラッキングコードに若干手を加える必要があります。 aaaaa. なお、とではトラッキングコードが異なりますのでご注意ください。 ユニバーサルアナリティクス analytics. js の場合 初期のトラッキングコード(ユニバーサルアナリティクス analytics. q []. getElementsByTagName o [0];a. parentNode. google-analytics. js','ga' ; ga 'create', 'UA-XXXXXXX-Y', 'auto' ; ga 'send', 'pageview' ; まず、メインのサイトに貼り付ける上記のような ユニバーサルアナリティクスのトラッキングコードをクロスドメイン計測ができるよう以下のように編集します。 q []. getElementsByTagName o [0];a. parentNode. google-analytics. 次にサブのサイトに貼り付けるトラッキングコードもクロスドメイン計測用に編集してください。 com を aaaaa. q []. getElementsByTagName o [0];a. parentNode. google-analytics. com の部分は、実際にご利用されるサブサイトのドメインを書き込んでください。 ドメインが3つ以上ある場合 ドメインが3つ以上ある場合は、 ga 'linker:autoLink', ['bbbbb. com'] ; と書き込んでいた箇所に、以下のように3つめのドメインを書き込んでください。 ga 'linker:autoLink', ['bbbbb. com', 'ccccc. com'] ; グローバルサイトタグ gtag. js の場合 初期のトラッキングコード(グローバルサイトタグ gtag. jp) window. window. com', 'bbbbb. com, bbbbb. com はご自身がクロスドメイン設定したいドメインに置き換えてください。 html のように、ドメイン以降のページのパスとページ名しか表示されません。 これでは、複数あるどちらのドメインのページにアクセスがあったのか把握することができません。 html このどちらのドメインなのかの把握するために必要なのは、レポートビューの設定です。 レポート画面に aaaaa. html ような感じでドメイン名を表示させることができるようになります。 これは別のドメインからの流入ということで、新しいセッションと判断されてしまうことを防ぐためです。 それにより重要なトラフィックが把握しやすくなるため、より施策に役立てることができるようになります。 トラッキングコードをご自身で書き換えることが面倒という場合は、それらの設定を簡単に変更している WordPress 用プラグインもありますので、そちらを利用してみるのもおすすめです。

次の

GoogleアナリティクスのトラッキングIDとは? 発行・設置・確認方法を解説!|アクセス解析ツール「AIアナリスト」ブログ

トラッキング id

測定対象のサイトを表す「プロパティ」ごとにトラッキングIDが1つ発行されます。 Googleアナリティクスに登録すると、アカウント・プロパティ・ビューがそれぞれ1つずつ作成されるので、トラッキングIDも発行されています。 トラッキングIDは、次のような場面で必要になります。 GoogleタグマネージャーでGoogleアナリティクス用のタグを追加するとき• WordPressのテーマやプラグインでGoogleアナリティクスを設定するとき トラッキングIDを発行するには、Googleアナリティクスへの登録が必要です。 まだ登録していない人は、まず以下の手順で登録してください。 トラッキングIDの複数サイト間での共有 トラッキングIDは、通常、サイトごとに1つずつ割り当てて使います。 ただし、では、1つのトラッキングIDを複数のサイトで共有します。 トラッキングIDを調査すると、関連する複数のサイトが同じトラッキングIDを使っていることがありますが、これらのサイトを横断的に分析するため、クロスドメイントラッキングを行っていると考えられます。 トラッキングIDを調査する方法 さて、トラッキングIDを調べる方法には、様々な方法があります。 Googleアナリティクス管理画面で確認する• トラッキングコードから確認する• Google Tag Assistantで確認する• Chromeデベロッパーツールで確認する Googleアナリティクスの権限の有無や、サイト公開の有無により、最適な方法を選んでみてください。 Googleアナリティクス管理画面でトラッキングIDを確認する Googleアナリティクスのアカウントがあれば、管理画面からトラッキングIDを簡単に調べることができます。 Googleアナリティクスにログインし、管理画面を開きます。 対象サイトを含むアカウント/プロパティを選択します。 プロパティ列の[プロパティ設定]メニューをクリックします。 「UA-」から始まる文字列がトラッキングIDです。 トラッキングコードからでトラッキングIDを確認する Googleアナリティクスのトラッキングコードには、トラッキングIDが含まれています。 そのため、トラッキングコードからトラッキングIDを調べることができます。 gtag. window. q []. getElementsByTagName o [0];a. parentNode. google-analytics. js','ga' ; ga 'create', 'UA-1234567890-1', 'auto' ; ga 'send', 'pageview' ; Google Tag AssistantでトラッキングIDを確認する 閲覧しているページで使用されているトラッキングIDを調べることもできます。 サイトにGoogleアナリティクスが導入済みだが、利用しているトラッキングIDが分からないときに便利です。 拡張機能のインストール まず、Chrome拡張機能「」をインストールします。 インストールされたら、Tag Assistantのアイコンをクリックします。 表示された画面で[Done]ボタンをクリックします。 これで準備完了です。 トラッキングIDをページから分析する• ブラウザで新しいタブを開きます。 Tag Assistantのアイコンをクリックし、[Enable]ボタンをクリックします。 調査したいページを開きます。 もう一度、Tag Assistantのアイコンをクリックします。 GoogleアナリティクスのトラッキングIDが表示されます。 上記の例では、UA-1234567890-1 と UA-1234567890-2 の2つがトラッキングIDです。 デベロッパーツールでトラッキングIDを確認する 拡張機能をインストールせずに調べるには、デベロッパーツールを使います。 Chromeブラウザで、調査したいページを開きます。 [F12]キーを押してデベロッパーツールを開きます。 ページを再読み込みします。 Nameが collect? 右側に表示されるRequest URL内にある tidパラメータがトラッキングIDです。 まとめ トラッキングIDは、Googleアナリティクスをサイトに導入するときに使います。 そのほか、Googleアナリティクス導入済みのサイトで、トラッキングされない原因を調査するときにも使うので、やり方を覚えておくとよいでしょう。

次の

【Googleアナリティクス】登録方法/トラッキングコード(ID)取得

トラッキング id

「Googleアナリティクスをワードプレスに設置してサイトを分析していきたいんだけど、登録方法が全然わからないので、サイト運営初めての僕でもわかるように教えてほしいなぁ・・」 そんな疑問にお答えします。 注意:「Google」のアカウントを持っていないとGoogleアナリティクスの登録はできません。 アカウントを持っていない方は、まずはGoogleアカウントを取得しましょう。 こちらからGoogleアカウントを新規作成できます。 正直、有料でもおかしくないくらいの高機能。 当ブログではGoogleアナリティクスで解析をしたことで、女性の割合が多く、かつ25〜34歳の方のアクセスが多いということが発覚。 無料でいろんなデータを解析することができるので、ぜひ登録して自分のサイトに導入してみましょう。 本記事の内容• 最後に:Googleアナリティクスがサイトと連動しているか確認 記事で解説します。 「 いつ・どこから・どのサイトに・どれくらいの訪問数が、、」 などなど。 無料なのにここまで分析することができるのはまさに神ツールですね。 もっと内容を説明したいですが、実際に導入して使いながら覚える方が効率的だと思うので、、、 もう、さっそくですがGoogleアナリティクスを登録しましょう! ということで、流れはこんな感じでいきます。 Googleアカウント名を作成• Googleアカウント名を作成 まずはGoogleアナリティクスの管理画面へ移動しましょう。 無料で利用するをクリック。 利用するには「Googleのアカウント」が必要。 チェック項目もありますが、基本的にデフォルトのままでOK。 フォーマットは下記を参考にどうぞ。 項目 内容 ウェブサイトの名前 登録するサイトの名前。 業種 登録するウェブサイトに該当する「業種」をプルダウンリストから選択。 レポートのタイムゾーン 「日本」をプルダウンリストから選択。 データ共有設定 アナリティクスのデータを他のサービスと共有することができます。 デフォルトのままでOK 作成をクリックすると、「Googleとのデータ共有に適用される追加条項」が表示。 内容を確認し、 同意する をクリック。 Googleから最新の情報などの通知を受け取る場合はチェックを入れて 保存 をクリック。 以上です。 画面はそのままの状態でOK。 下記からはトラッキングコード ID をサイトのホームページ内に設置し、サイトと連動させます。 「 サイトの<head>内?、、どこ?」 と思うかもですが、手順通りに進めてもらえば上手くいくと思います。 流れはこんな感じ。 Googleアナリティクスでサイトと連動しているか確認 順番に解説します。 上記画像のように枠の中のコードを全てコピーしましょう。 php」の順にクリック。 トラッキングコード ID の設置は以上です。 これでGoogleアナリティクスとサイトは連動されました。 今回はワードプレス内の設置方法について解説しましたが、ワードプレス以外のサイトのホームページの<head>内の設置も可能。 ここで、登録したサイトの画面にアクセスしてみましょう。 上記動画の通り、リアルタイムではサイトの現在のアクセスを確認することができます。 サイトにアクセスすると、Googleアナリティクスの管理画面上の「現在」のところに「数字」が表示されると連動されているということです。 万が一何も反応しなかった場合 下記をチェックしてみてください。 トラッキングコードの設置場所を確認• トラッキングコードをちゃんとコピーできているか確認• 最後に今回の記事の内容をまとめておきます。 Googleアナリティクスの登録• トラッキングコード ID を取得• ワードプレス内にIDを設置• Googleアナリティクスが連動されているかチェック ここまで全て上手くできたら、「ブックマーク」などに追加しておくと、いつでもすぐに開くことができ、確認しやすいです。 人気記事•

次の