寝 すぎ 頭痛。 寝過ぎで頭痛がヒドイ時に行うべき対処と原因

寝過ぎ頭痛の解決策をひたすらまとめてみた!

寝 すぎ 頭痛

緊張型頭痛は、 筋肉の緊張が原因で起こる頭痛で、 頭が締め付けられるように痛くなるのが特徴です。 寝過ぎで起こる原因としては、 寝ている間の姿勢に問題があることが挙げられます。 通常は仰向けや横向きなどをし、枕に頭がありますが、 枕から頭が外れていたり、手や足、腰、首などが、無理な状態で押されていたり、曲がっていたりして長時間姿勢が悪いまま寝続ける と、肩、首に余計な負担がかかります。 すると、頭痛が起きやすくなると考えられています。 頭や首の筋肉が緊張して頭痛が起こる 僧帽筋、側頭筋、後頚筋など、頭や首の筋肉が緊張状態になると血流が滞ります。 その結果、筋肉に強い緊張と収縮が起こり、 締め付けられるような鈍痛が続く可能性があります。 コーヒー(カフェイン)で頭痛が悪化する? 緊張型頭痛の場合、筋肉の緊張が原因で頭痛が起こるため、コーヒーを飲むと さらなる筋肉の収縮を促し、頭痛がひどくなる場合があります。 逆に 片頭痛の場合は、頭痛の発作が始まった 初期段階であれば、コーヒーや紅茶等のカフェインを含む飲み物を摂ると症状が緩和されるケースがあるようです。 吐き気を伴うことも 片頭痛の場合、 症状が悪化すると吐き気や嘔吐を伴い、起きていられない状態になるケースがあるようです。 緊張型頭痛の場合は、 吐き気があるケースもありますが、嘔吐するケースは少ないようです。 寝すぎて頭痛がする時の治し方 寝て起きたときに頭痛がした場合は下記の対処法がオススメです。 頭痛薬を使用する 症状が軽い場合や頭痛が頻繁に起こらない場合は、 バファリンやロキソニンなどの鎮痛剤の服用で症状が改善が期待できるでしょう。 しかし、 市販薬を自己判断で使用し続けると、逆に頭痛が慢性化する恐れもあります。 頭痛を頻繁に起こす場合は、 内科や神経内科などの専門医療機関を受診してください。 漢方薬もおすすめ 次の漢方薬は、頭痛を緩和する働きを持っています。 市販でも購入が可能です。 片頭痛の場合• 呉茱萸湯(ゴシュユトウ)• 桂枝人参湯(ケイシニンジントウ)• 五苓散料(ゴレイサンリョウ)• 葛根湯(カッコントウ) 緊張型頭痛の場合• 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)• 釣藤散(チョウトウサン)• 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)• 葛根湯(カッコントウ) 頭痛体操 片頭痛予防と緊張型頭痛の軽減が期待できる体操です。 また、 体温上昇に伴い痛みがひどくなる傾向にあるため、 外気温が高い場合は室内等の涼しい場所が望ましいです。 緊張型頭痛の対処法• 首、肩の周辺を温める 温めると筋肉の緊張がほぐれて症状の改善が期待できます。 寝るときの体勢を改善する 高すぎない、低すぎない枕の使用やかたい布団にせず、リラックスできる姿勢で寝るようにしましょう。 寝る体勢を改善できると、緊張状態の筋肉がほぐれるため、頭痛の予防が期待できます。 マッサージ、鍼灸 マッサージや鍼灸で血流を改善することで、筋肉の緊張がほぐれて頭痛が緩和する場合があります。 運動 週3日ほど、ウオーキングを30分程度行うなど適度な運動をすると、筋肉の緊張がほぐれるため頭痛の改善が期待できます。 入浴 寝る1時間くらい前に入浴すると、筋肉が温まり、頭痛が改善する場合があります。 頭痛がする時に避けた方が良い行動 寝すぎで頭痛の症状が現れている場合、次の行動は控えましょう。 片頭痛の場合• 血流を増加させないように運動や入浴を控える。 マッサージ等で刺激を与えない。 チーズ、ナッツ、チョコレート、ソーセージ、赤ワイン等はできるだけ控える。 頭痛を引き起こす「チラミン 」という成分がチーズ、ナッツ、チョコレート、ソーセージ、赤ワイン等に多く含まれています。 また、 タバコは血管を収縮させ、頭痛を引き起こすため、避けた方が良いでしょう。 緊張型頭痛の場合• 頭を冷やすと悪化する可能性がある。 お風呂に入るときはシャワーだけで済まさず、湯船に浸かるようにする。 ストレスを溜め込まない。 長時間同じ姿勢で過ごさない。 参考URL 日本臨床内科医会 頭痛 医療法人松藤会 入江病院 頭痛について 医療法人社団吾勢会 指田医院 社会医療法人医翔会 札幌白石記念病院 頭痛 頭痛を和らげるツボ エスエス製薬 日本医師会 慢性頭痛 一般社団法人須磨区医師会 健康コラム.

次の

寝すぎで頭痛になる原因とは?|すぐに解消したいときの対処法

寝 すぎ 頭痛

1日中寝過ぎてしまい、起きたら頭痛がして辛い思いをした……という経験はありませんか? 独特な痛みはなかなかとれないので厄介なものです。 風邪や寝不足でもないのに、なぜ寝過ぎで頭痛が起こるのか。 その原因と対処法をお伝えします。 寝過ぎで頭痛がヒドイ時に行うべき対処と原因 頭痛のメカニズムを知ろう 15歳以上の日本人のうち3人に1人は頭痛持ちと言われているほど、頭痛は身近な症状です。 一度頭痛になると集中できなくなったり、ひどいときには生活に支障をきたしたりとなかなか厄介ですよね。 それに加えて、一言で頭痛と言ってもタイプがいくつか存在し、対処法を間違うと悪化する場合もあるので注意が必要です。 頭痛の種類は大きく分けて、脳の血管が急激に広がって起きる「偏頭痛」と頭の周りや肩、首の筋肉が緊張から発症する「緊張型頭痛」があります。 「偏頭痛」はストレスから解放されると急に血管が拡張することがあり、周囲の三叉神経が刺激され痛みを引き起こします。 リラックスしやすい休日や仕事のないときになることが多く、寝不足や女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の刺激も偏頭痛の原因の一つになると言われています。 もう一つの「緊張型頭痛」は精神的、身体的なストレスが主な原因です。 長時間のパソコン作業など同じ姿勢をとり続け、首や肩の筋肉が緊張することが主な原因です。 寝過ぎで起こる頭痛はコレ それでは寝過ぎによる頭痛の原因は何でしょうか? それは「偏頭痛」と言われています。 具体的には、睡眠によって脳の活動が穏やかになることで緊張が緩まり、血管が拡張します。 そこで寝過ぎると必要以上に脳の血管が広がってしまい、周囲の三叉神経を刺激してしまいます。 それに加えて、神経伝達物質などの放出によって血管の周囲に炎症が広がり、痛みが起こります。 寝過ぎってどのくらい体に悪いの? 寝過ぎが頭痛を引き起こすメカニズムはわかりましたが、ほかにも悪影響を及ぼす可能性があることは知っていますか?1980年代にアメリカで行われた、睡眠時間と寿命の関係の調査では、7. 5~8. 5時間以上の睡眠時間をとっている人は、6. 5~7. 5時間睡眠の人よりも死亡率が20%もアップしたという結果が出ています。 なぜ睡眠時間が長いと寿命が短くなるのか、その原因はまだ解明されていませんが、頭の隅においておきたい気になる結果ですね。 また、日の出より後の睡眠は太陽の光や外の音に遮られ、浅い睡眠になりがちです。 長時間浅い眠りを続けると目覚めたあともスッキリせず、再び眠気に襲われることにもなります。 休日だと言っていつまでも布団の中でダラダラすることは時間を有効に使えないとともに、体にも決してよいことではないことがおわかりでしょう。 そこで寝付きと目覚めがよく、起きてからも活動的に過ごせた日の睡眠時間を何度か記録してみるとよいでしょう。 また、平日と休日では緊張したりリラックスしていたりと心身の状態が異なりますので、分けて記録することがポイントです。 寝過ぎ頭痛を治す方法 寝過ぎ頭痛を解消するためには、偏頭痛の原因である血管の拡張を抑え、収縮させることで頭痛をやわらげることが重要です。 その方法とは ・痛む部分を氷水などで冷やす(氷枕や冷えピタが使いやすい) ・血管の収縮作用のあるカフェインを含む緑茶や紅茶、コーヒーを飲むなどが有効 また、頭痛が起こっているときは体を動かしたり光を感じたり騒音を聞いたりすることでも痛みが悪化したりします。 できるだけ暗い場所で静かに横になることが大切です。 寝過ぎ頭痛を治すためにしてはいけないこと 入浴やマッサージなどは血行をよくし、血管の拡張を促してしまうため逆効果です。 予防となるカフェインの摂取も、続けて摂ることで逆に頭痛を誘発する原因になるため、ほどほどにしておきましょう。 寝過ぎ頭痛を起こさないためには 寝だめはもちろん、先ほども述べたように疲労や空腹も偏頭痛の原因になるのでできるだけ避けるようにしましょう。 さらに、偏頭痛を誘発させるチョコレートやチーズ、ハム、ヨーグルト、かんきつ類、赤ワインなどの摂りすぎもよくありません。 頭痛を治すことよりも大切なことは、平日の睡眠不足を休日に解消するのではなく、休日も平日と同じ睡眠時間をとり、生活のリズムを整えることです。 軽い運動やリラックスする時間を確保することも睡眠の質を上げ、寝過ぎを防ぐのに有効です。 いかがでしたか? 睡眠は心身にとって重要ですが、寝過ぎるのもストレスになったりしてしまいます。 過ぎるのも不足も体には悪いことがおわかりになったと思います。 適度に体を休めて、偏頭痛を起こさないように注意してくださいね。

次の

寝すぎて頭痛がひどい時に試してほしい7つの対処法

寝 すぎ 頭痛

スポンサーリンク 寝すぎると体がだるいのはなぜ? 寝すぎると体が重だるくなってしまうのはなぜなのでしょうか? これは自律神経が関係していると考えられます。 自律神経とは、自分の意志と関係なく働いており、私たちが睡眠中の時は、副交感神経が優位に働いています。 この副交感神経といわれるものは、心身をリラックスさせ、鎮静状態に導く作用があります。 反対に、心身を緊張させ興奮状態に導く作用のある神経が交感神経。 この2つの神経をまとめて自律神経といいます。 自律神経は朝昼晩の時間帯にバランスよく自動的に切り替わって働いてくれていますが、 眠りすぎてしまうと、このバランスが崩れてしまいます。 これがよくいわれる自律神経の乱れです。 寝すぎると体がだるくなってしまうのは、 寝すぎてしまったことによって自律神経の切り替えが上手くできなくなって、体をリラックスさせる副交感神経が優位に働く状態が続いてしまってる為だと考えられます。 起きているつもりでも、身体はまだ眠っている状態に近いのですね。 スポンサーリンク 寝すぎると頭痛がする原因は? では、頭痛が起こってしまうのはなぜでしょうか? これも先の章でご説明した副交感神経が関わっています。 副交感神経は血管を拡張させる働き があり、血管が拡張したことにより頭に血流が流れ込む為、頭痛を引き起こすと考えられます。 血管の拡張で引き起こされる頭痛は 片頭痛が主です。 また寝すぎた時は、寝具の上に長時間横になっており、あまり体を動かさないために血行不良も起こしています。 このために肩や首が凝り、この凝りが原因で首や肩の筋肉が緊張し、頭痛を引き起こしている可能性もあります。 寝すぎてしまうのを防ぐ改善策 身体がだるくなってしまうのも、頭痛を引き起こしてしまうのも眠りすぎが原因の一つ。 ではこの眠りすぎてしまうのを防ぐにはどうしたらよいのか。 効果が期待できる対策の一つに 睡眠の質を高める事があげられます。 スポンサーリンク 長く寝てしまう人は睡眠の質が悪い傾向にあるそうです。 寝すぎてだるい時でもカーテンを開けて部屋に太陽光を入れたり、外にお出かけしたりして、日中に太陽の光を沢山浴びておくと、交感神経のスイッチがオンになり、副交感神経が優位に働いている状態の自律神経のバランスを整えてくれます。 休みの日ついつい朝寝坊してしまう人は、タイマーセットしておけば自動でカーテンを開け閉めしてくれるグッズを使って強制的に目覚めるようにする方法もおすすめ。 朝に太陽の光を浴びると、体が自然と目覚めるモードに切り替わっていくので、すっきり目覚めることができるので、「朝起きれないし身体がだるい~…」といったことの改善につながります。 また午前中にしっかりと太陽の光を浴びることによって、夜になるとメラトニンという眠たくさせる体内物質が分泌され、自然に眠りへと導いてくれ睡眠の質の効果アップにもなります。 寝る前の2時間ほど前には、ぬるめのお湯につかったり軽い運動をして体温を少し上げる。 寝る前1時間までにはスマホやゲーム機などを見ない。 というのも睡眠の質を上げる方法です。 生活習慣を少しずつ変えていき、睡眠の質を上げることによって、自律神経の切り替えも正常に戻り、寝すぎてしまうのを防げます。 休日で少しゆっくり寝れるときでも、普段の睡眠時間+2時間までにしておきましょう。 まとめ 休みでゆっくりできる時は、ついつい寝すぎてしまう事はありますよね。 しかし寝すぎる事によって自律神経の乱れを誘引してしまい、疲れを取るために寝ているのに、体に余計に不調をきたしてしまうことになってしまいます。 睡眠の質を上げることによって、過眠も自律神経の乱れも防ぐことができます。 出来る事から少しずつ取り組んでみて、ちょっとずつ変えていってみましょう。 >> >>.

次の