れ いえもん カイロス。 カイロス

【ポケモンGO】6月28日カイロスレイドデイがキャンセル

れ いえもん カイロス

主にポケモンシリーズをプレイしていますが、マリオシリーズなど、他の任天堂シリーズのゲームもプレイすることがあります。 活動場所はYouTubeで、他の場所での活動は確認できませんでした。 そんなレイえもんさんのプロフィールについて! レイえもんさんは、自身のプロフィールについて語ることがなく、ほとんど不明です。 ツイッターを始めたのも、「偽物が出まわり始めたから」という理由のためで、ツイートのほとんどが動画の宣伝です。 自身のことについて話すツイートはまったく見当たりませんでした。 もっとも初期の動画では、実写動画で腕だけ登場する姿も見られるのですが、それだけのようです。 そんなプロフィールが全く謎に包まれているレイえもんさんですが、年収についてはわかっています。 Social Bladeによれば、レイえもんチャンネルの年収は 315万円~5038万円のようです。 再生単価によって差があるためこのような幅のある数字になっています。 いちばん小さい場合でも、315万円と、ふつうのサラリーマン以上の年収がありますね。 Social Bladeで出る一番小さい値は、CPM 1000再生あたりの単価 が0. 25ドルで計算していますが、これはかなり小さめの値です。 よって、315万円という数字は実際の年収よりかなり下だと思われます。 名実ともに、成功したYouTuberの一人と言えるのではないでしょうか。 ところで、レイえもんさんのサブチャンネルの名前である 「ゴンザマス」というのは、レイえもんさんの 「本名」という設定のようです。 ツイッターのアカウント名にもなっているので、かなり愛着のある名前のようですが、由来については分かりませんでした。 とくに、ポケモンGO動画は、レイえもんさんが有名になった理由なので、ポケモンGOなしにレイえもんさんは語れません。 その中でも、よく話題として挙がるのが、 「カイロス」です。 このランキングでもっともハズレ度が高いポケモンとして紹介されたのが「カイロス」でした。 いたるところで見るので、確かにハズレ感が強いですが、レイえもんさんは、 「視界に入ってもモンスターボールの無駄だと言われ 全世界数億人規模で無視されている」 「今地球上でもっとも嫌われているポケモン」 などとカイロスに対し散々な言いようでしたw このようなカイロスへの辛辣なディスりがかなり受けたようで、一気に再生数を伸ばしたようです。 この後も、動画の冒頭などで、カイロスがタマゴから出てくるのを面白おかしく語る様子が受け、 「カイロスの呪い」といったネタが生まれました。 それでも面白さは現在と変わらず、レイえもんさんの才能がわかる動画です。 のちの動画では、マリオメーカーの動画を作る経緯について語っており、 「マリオメーカー廃人だったのと、マリオメーカーブームだったので動画を投稿した」と語っています。 しかし、ゆっくり動画を作るのが面倒になってしまったため、この後しばらく投稿をやめてしまったようです。 そうして時間がたった後に始めたのが、ポケモンGOの動画だったようです。

次の

カイロス/対戦

れ いえもん カイロス

主にポケモンシリーズをプレイしていますが、マリオシリーズなど、他の任天堂シリーズのゲームもプレイすることがあります。 活動場所はYouTubeで、他の場所での活動は確認できませんでした。 そんなレイえもんさんのプロフィールについて! レイえもんさんは、自身のプロフィールについて語ることがなく、ほとんど不明です。 ツイッターを始めたのも、「偽物が出まわり始めたから」という理由のためで、ツイートのほとんどが動画の宣伝です。 自身のことについて話すツイートはまったく見当たりませんでした。 もっとも初期の動画では、実写動画で腕だけ登場する姿も見られるのですが、それだけのようです。 そんなプロフィールが全く謎に包まれているレイえもんさんですが、年収についてはわかっています。 Social Bladeによれば、レイえもんチャンネルの年収は 315万円~5038万円のようです。 再生単価によって差があるためこのような幅のある数字になっています。 いちばん小さい場合でも、315万円と、ふつうのサラリーマン以上の年収がありますね。 Social Bladeで出る一番小さい値は、CPM 1000再生あたりの単価 が0. 25ドルで計算していますが、これはかなり小さめの値です。 よって、315万円という数字は実際の年収よりかなり下だと思われます。 名実ともに、成功したYouTuberの一人と言えるのではないでしょうか。 ところで、レイえもんさんのサブチャンネルの名前である 「ゴンザマス」というのは、レイえもんさんの 「本名」という設定のようです。 ツイッターのアカウント名にもなっているので、かなり愛着のある名前のようですが、由来については分かりませんでした。 とくに、ポケモンGO動画は、レイえもんさんが有名になった理由なので、ポケモンGOなしにレイえもんさんは語れません。 その中でも、よく話題として挙がるのが、 「カイロス」です。 このランキングでもっともハズレ度が高いポケモンとして紹介されたのが「カイロス」でした。 いたるところで見るので、確かにハズレ感が強いですが、レイえもんさんは、 「視界に入ってもモンスターボールの無駄だと言われ 全世界数億人規模で無視されている」 「今地球上でもっとも嫌われているポケモン」 などとカイロスに対し散々な言いようでしたw このようなカイロスへの辛辣なディスりがかなり受けたようで、一気に再生数を伸ばしたようです。 この後も、動画の冒頭などで、カイロスがタマゴから出てくるのを面白おかしく語る様子が受け、 「カイロスの呪い」といったネタが生まれました。 それでも面白さは現在と変わらず、レイえもんさんの才能がわかる動画です。 のちの動画では、マリオメーカーの動画を作る経緯について語っており、 「マリオメーカー廃人だったのと、マリオメーカーブームだったので動画を投稿した」と語っています。 しかし、ゆっくり動画を作るのが面倒になってしまったため、この後しばらく投稿をやめてしまったようです。 そうして時間がたった後に始めたのが、ポケモンGOの動画だったようです。

次の

カイロス/対戦

れ いえもん カイロス

カイロスの歴史 第一世代 高いを活かす手段が程度しかなく、覚える攻撃技はとタイプだけで肝心の技は一切覚えなかった(それどころか当時は威力が貧弱なのしか無い)ので、当時の仕様によるを覚えていないとで完全に詰むという、環境を意識すれば致命的な欠点を持っていた。 防御の種族値こそ100と高いがHPは65、特殊は55と、ちきゅうなげでダメージを刻み続けられるような耐久をしているかと言えば全くそうではなかった。 弱点タイプが当時攻撃技としてメジャーでないものばかりであったとはいえ、不一致ですら抜群で急所に当たれば大抵一たまりもなかった。 でを覚えるのはこの世代には3匹しかおらず、その中で最も攻撃が高いという個性があった。 育成面ではある意味恵まれていたが、そのつるぎのまいの習得が54と高く、155ルールの下において仮にの処理がほぼ全く無理なカイロスを投入するとして、レベルコストをそれだけ割く価値があるかどうかは極めて疑問であった。 実戦向きですらなかったが、それでも能力値の高いレアポケモンという立ち位置からカジュアル対戦では多少なれど出番があった。 第二世代 第一世代でメインウエポンだったはの仕様変更で価値が低下。 代わりのメインウェポンとして()を入手、更にも覚えるようになったため、ゴーストタイプで完全に詰むことは無くなった。 しかしの強化やの登場などで実戦投入が厳しいのは相変わらずであり、の仕様変更からせいぜいこれで奇襲するしかなかったが、一撃必殺技要因としてはがいたためその点でも立場が無く、弱くはなっていないが第一世代と大して変わらなかった。 2019年ごろのVC版第一世代オフ会環境では、単タイプで唯一を覚え、さらにやと異なりを持たないことから利用価値が見いだされ、真剣勝負への投入が確認された。 、、()、という構成にすると、等倍範囲を確保しつつ技の通りが悪いポケモンへのワンチャンスを生み出す余地を持たせることができる。 第三世代 とを覚えたことによって攻撃性能はある程度手に入れたが、FRLGでが新たにつるぎのまいやいわなだれを覚えてしまい、さらにが特性を手に入れたための価値も急落。 やはり真剣勝負でカイロスを使用する明確な意義は見出し難かった。 一方、入りのカイロスはこの世代でしか直接手に入れることはできない個体であり、希少度が高い。 第四世代 特性としてを、技として、、を獲得し、アイデンティティと破壊力を両立して突破性能が格段に向上。 それでも同じく強化を受けたヘラクロスやには敵わず、相変わらずマイナーな立ち位置であった。 第五世代 によってかたやぶりとハサミギロチンのコンボを行えるアイデンティティが失われ、ストライクと違っての恩恵を受けないなどの冷遇を受けた。 第六世代 後述するメガシンカによっての環境ポケモンに太刀打ちできる性能を身に着ける。 によっておんがえしを高火力で叩きだすことができるため、ORASでが登場するまではそこそこ環境でも使われていた。 登場した後もなどの先制技があったため差別化は可能であった。 単体性能も高くなったが、ラグラージという相性補完に優れた組み合わせも有名になった。 また、を積まれたらメガカイロスの手にも負えないに対しても素の素早さでは勝っている上に、物理アタッカー振りで耐久無振りの個体が相手ならで確定2発かで確定1発である。 PGLレーティングバトル統計データによると、よく使われる技構成は、、、、性格の主流はであったことがうかがえる。 因みにとの同時遺伝がこの世代から可能になっているが、メガカイロスならフェイントで十分な火力が出る上にそちらの方がが高いので、この組み合わせの戦略的な意味は薄い。 第七世代 などの先制技無効により、一気に弱体化した。 それでもメガシンカによる高い攻撃性能とラグラージとの相性補完の良さから、レート戦使用率30位以内ランクインとまでは行かないものの、そこそこ強いフィニッシャーとして対戦でも使われ続けている。 といっても、メガシンカ抜きでは力不足である感が否めず、2017年9月に行われたメガシンカ可能なポケモンのみによる限定戦『メガランブル』でも、他にメガシンカさせたいポケモンが多いという理由もあってか、43体が使用可能であった中でいずれのカテゴリでも使用率ベスト30入りを逃している。 この世代では元よりのスカイスキンとのシナジーもあって優先度は低いがフェイントより火力の高いでんこうせっかが第六世代よりも相対的に見て採用率を伸ばした。 他方でやに流されるということからインファイトの採用率は大きく低下。 因みにUSUMリーグで使用率5位以内常連のリザードンとは相性が一見悪いが、交代合戦の中でメガリザードンYとメガカイロスが同時にでかち合った場合、チャンスがある。 例として、メガカイロスの込みのは、防御に努力値を4振って耐久に性格補正無しのメガリザードンYに対して、のダメージ2回(交代したターンと動くターンに1回ずつ)込みで確定1発となり、悪くしても1:1交換に持ち込める計算になる。 過去にUSUMリーグで使用率ベスト30に入選したポケモンを禁止する、いわゆる「上位禁止縛り」のシングルバトルとして行われたUSUMリーグシーズン16スペシャルレートでは使用率5位を記録。 要するに同じ持ちののリペアであった。 このスペシャルレートではで起点を作り、かカイロスで全抜きを狙い、3体の相性補完を活かした「ラグカイロスジャラ」が主流パーティとなった。 この世代以降、はこおりタイプに無効になってしまったが、ひこうタイプに変化したハサミギロチンは無効にされる事は無いので、現時点では唯一無効タイプ無しの一撃必殺技を使える。 第八世代 ダウンロードコンテンツ『』で解禁。 を没収されて大幅弱体化。 のエースならわざわざ単タイプのカイロスを使わなくともで十分である。 ただ、単タイプでとの両方を撒けるポケモン自体がカイロスしかおらず、にも比較的強いため、起点型としては差別化自体は可能。 メガシンカなしで使えそうな技としてはが没収された。 メガシンカありきであったが、、に至ってはデータ自体が削除されている。 一般的な育成論 高水準なを持つため物理アタッカー一択となるが、技の関係上やといった実質的な上位互換が他に多く存在しているため、マイナーなポケモンだった。 のXYにおいてメガシンカを獲得し、大きく性能が改善されたため、ようやく使う意義ができたといえる。 このことから、カイロスを運用するうえではメガシンカをしない選択肢はない。 メガカイロスになると、新たにタイプが追加される。 耐性としてはいわタイプが4倍弱点になり2倍弱点も増えるものの、特性はメガカイロスとメガボーマンダだけが持つタイプの技がひこうタイプになり、タイプ補正も合わせて実質1. 95倍の威力になるになる。 技候補はスカイスキンの恩恵を受けられるノーマル技が主力となる。 は入手容易で技としても安定しており、同条件のメガのおんがえしよりもわずかに強い。 ほかには先制技を諦めて第三世代からの輸送が必要になるが、行動制限ができるがすてみタックルと同威力で使えるが扱える。 サブウェポンとしてはや・など。 特にインファイトやじしんはひこうタイプと合わせて攻撃範囲が広くなる。 シングルバトルではやで積む戦術がある。 むし技のシザークロスは範囲も狭く、ひこう技と範囲が被るため、外す場合がほとんどである。 メガシンカ前の特性はが推奨される。 物理アタッカーであることからには必然的に弱くなるため、メガシンカのタイミングまでならそれらを無効化できるかいりきバサミがもっとも有用になりうる。 ほかの特性の場合、メガシンカしない場合の行動にのみ活用できる特性のため、場合のよっては役に立つことはあるにせよ選ばないのが一般的。 ただし、などを相手にする目的でを選択するという余地はある。 メガシンカ後の素早さの値は105とガブリアスよりも速くなる値であるため、はようきにして最速で育成するのが基本となる。 ただしメガシンカ前の状態で実際にガブリアスと対峙した際は気を付けたい。 第六世代ではメガシンカした直後のターンはメガシンカ前の素早さで行動するため、ガブリアスから岩技を受けると致命的であった。 第七世代でメガシンカしたターンにメガシンカ後の素早さが参照されるようになったことからこの点は改善された。 すてみタックルやおんがえしで火力が足りないと感じる場合は、とのコンボも一考の余地がある。 メガカイロスの素早さの種族値105は、素早さの種族値110以上のポケモンにを持たせることがざらな第七世代環境では安定して先手でみがわりを連打できるような数値とは言い切れないが、最もポピュラーな、・252振り、4振りとしても、素早さの実数値がレベル50の場合141と特別な調整をしなくとも「みがじた」構築が成立する。 の影響で先制攻撃技の使用率が低下しているため、によってコンボを破綻させられる心配も第七世代では比較的薄い。

次の