承知 いたし まし た 意味。 「了解」「了承」「承知」「承諾」の意味とは?“わかりました”の使い分けは難しい

「了解しました」は失礼?「承知しました」との正しい使い分け

承知 いたし まし た 意味

「了解しました」の意味・敬語 「了解しました」の意味は「理解しました」 「了解しました」の意味は 「理解しました」です。 「了」という漢字には 「はっきりわかること」という意味があり、「解」という漢字には、 「問題をとく・わかる・わからせる」という意味があります。 「了解」は「わかる・理解する」という意味の言葉が二つ使われた言葉で、 「物事の意味内容、事情などを理解すること」ということです。 簡単に表現すると、「理解した」という意味になります。 また、「了解した上で承認すること」という意味があります。 つまり、「了解しました」は、「理解しました」という意味です。 「了解しました」は丁寧語 「了解しました」は、「了解」という言葉に「しました」を付けた 丁寧語です。 「了解しました」は、 同僚などの立場が同じ人や、部下に使用する言葉とされています。 「了解しました」の使い方 「了解しました」一般的な使い方 「了解しました」は、上記で説明したように、 「丁寧語」です。 同僚や目下の人に、言われた事を「理解して、受け入れました」ということを 「わかりました」というカジュアルな敬語で使用する場合に使用します。 例えば、「13時までに書類の提出をお願い致します」と部下に言われた時に、そのことを理解できたのであれば、「了解しました」と返事として使用します。 「了解しました」を用いた例文 「会議の日程変更の件、了解しました」 「詳しい事情を聞き、すぐに了解しました」 「了解しましたとだけ簡単に返事をされた」 「了解しました」はビジネスシーンで目上の人には使わない方がいい 「了解しました」は、丁寧語である為、 ビジネスシーンで目上の人の使用することは避けたほうがよいとされています。 目上の人と会話をする場合、話し手が自分にある時は、 相手に敬意を示す為にへりくだった表現をする必要があります。 相手に敬意を示す表現をする場合は、「丁寧語」ではなく 「謙譲語」を使用することが基本となる為、「了解しました」は、ビジネスシーンで、目上の人に使用することはふさわしくないとされています。 「了解しました」の類語・言い換え かしこまりました 「かしこまりました」は、 「命令・依頼などを受け入れる意を表す丁寧な言い方」です。 「かしこまる」という言葉には、 身分の高い人の前で、謹みを表すという意味合いがあります。 「かしこまりました」は、目上の人など、相手が言ったことに対して「かしこまって、承知する」という場合に使用します。 「かしこまりました」を用いた例文 「かしこまりました、ではそのように対応させていただきます」 「かしこまりました、検討させていただきます」 「かしこまりました、後ほど連絡させていただきます」 了承しました 「了承しました」は 「事情を理解して承知しました」という意味です。 「了解しました」と同様に、「了承しました」は丁寧語である為、基本的には 同僚や、部下など目下の相手に対して使用する言葉です。 「了承しました」を用いた例文 「次回の会議についてのお話、承知しました」 「承知しました、次回までに準備いたします」 「値段の変更につきましても承知しました」 わかりました 「わかりました」は、 「物事を理解しました」という意味です。 「わかる」の丁寧語が、「わかりました」になります。 「わかりました」は、敬意が足りないを感じる人も多いので、 目上の人に対して使用ことは避けたほうがよいでしょう。 「わかりました」を用いた例文 「午後に伺えばいいのですね、わかりました」 「思っていたほどの重労働ではないことがわかりました」 「開催時間の記載に間違いがあることがわかりました」 承りました 「承りました」は、 「引き受けました」という意味です。 「引き受ける」の謙譲語が「承る」になります。 また、「聞く」の謙譲語でもあり、「質問があれば承ります」というような使い方をすることもできます。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の

承知しましたの意味と使い方。取引先、目上の人に使って良い?

承知 いたし まし た 意味

すべて同じように感じている人も多いかと思いますが、 使用する相手やそれぞれの微妙なニュアンスの違いを使い分けたほうがいい場合もあります。 例えば、「了解しました」は、「了解する」の丁寧語です。 目上の人に「理解しました」ということを伝えたいのであれば、謙譲語の「承知しました」を使用するほうがふさわしいとされています。 つまり、「了解しました」は同僚や目下の人に使用し、ビジネスシーンや目上の人に使う場合は「承知しました」を使用するとよいということです。 「かしこまりました」は、命令や依頼など理解し、「わかりました」と返事をする場合に、謹んで受け入れるという意味で最も丁寧な言い方とされています。 「承りました」は、「理解して、引き受ける」という意味があり、何かをお願いされたときに、「わかりました、引き受けます」という返事を「承ります」といいます。 それぞれの、詳しい意味と使い方を紹介します。 「了解しました」の意味と使い方 「了解しました」の意味は 「理解しました」です。 「了」という漢字には 「はっきりわかること」という意味があり、「解」という漢字には、 「問題をとく・わかる・わからせる」という意味があります。 「了解」は「わかる・理解する」という意味の言葉が二つ使われた言葉で、 「物事の意味内容、事情などを理解すること」ということです。 簡単に表現すると、「理解した」という意味になります。 また、「了解した上で承認すること」という意味があります。 つまり、「了解しました」は、「理解しました」という意味です。 「了解しました」は丁寧語で、 目上の人には使うべきではないという考えの人も多い為、使用は控えたほうが無難です。 しかし、カジュアルな内容、場面など場合によっては使用する場面もあるかもしれません。 その場合は、「します」の謙譲語である「いたします」を使用して、「了解いたしました」という使い方をすると失礼が少ないでしょう。 「了解しました」を用いた例文 「明日までに提出すればいいのですね、了解しました」 「備品購入の件、了解しました」 「了解しました、では指示に従って開始してください」 「承知しました」の意味と使い方 「承知しました」の意味は、 「内容を理解して、聞き入れること」です。 相手の依頼や、希望、命令などを聞き入れる場面で、「承知しました」という使い方をします。 例えば、「打ち合わせの日にちを変更したい」という要望を伝えられた場合、その要望を理解したうえで、「わかりました、変更します」という返事を「承知しました」という言葉を使います。 また、「承知しました」は、 「わかりました」の謙譲語です。 「承知しました」を用いた例文 「承知しました、ではお待ちしております。 」 「採用試験の件ですね、承知しました。 ではこちらから折り返し連絡いたします。 」 「無理を承知の上でお願いしているのですが」 「かしこまりました」の意味と使い方 「かしこまりました」は、 「命令・依頼などを受け入れる意を表す丁寧な言い方」です。 「かしこまる」という言葉には、 身分の高い人の前で、謹みを表すという意味合いがあります。 「かしこまりました」は、目上の人など、相手が言ったことに対して「かしこまって、承知する」という場合に使用します。 例えば上司や、目上の人に「~を改善してください」といわれた時など、かしこまって「わかりました」という返事をする時に「かしこまりました」を使用します。 その他、上司などに「企画書を提出しておいてほしい」などと言われた場合、「謹んでお受けいたしました」という丁寧な答え方として、「かしこまりました」を使用することもできます。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の

「承知しました」の意味と上司に対する使い方!メール用の例文も

承知 いたし まし た 意味

「重々承知(じゅうじゅうしょうち)」の正しい意味をご存知でしょうか。 分解すると「重々(じゅうじゅう)」は「充分であること」や「よくよく」という意味です。 元は「重ね重ね(かさねがさね)」だったのですが、簡略化されていき「重々(じゅうじゅう)」になったと言われています。 「承知」は「事情などを知っていること」などの意味があります。 繋げて「重々承知」はただ知っているだけではなく「充分に知っています」「よくわかっています」という意味になります。 この言葉は「あなたの事情はよく理解していますよ」という気持ちを伝える時に使える便利な言葉です。 誠実で謙虚な印象を持っていると伝えたい時に使える言葉でもありますが、どういうシチュエーションでどの様に使えば良いのかを見ていきましょう。 相手の気持ちや要望を「私はよく理解していますよ」と伝える時に使います。 顧客に謙虚で誠実な印象を与えたい時に使うと良いでしょう。 クレームの現場でも使う事ができます。 それでは例文を見ていきましょう。 「お客様のご要望は重々承知しております」 「この度は私どもの不手際でお客様にご迷惑をお掛けしている事は重々承知しております」 ただ「はい、わかっております」「ご迷惑をおかけしました」だけ伝えると不快に感じる方もいらっしゃるかもしれません。 ストレートに伝えるのではなく「重々承知しております」と前置きする事で謙虚な印象に変化します。 必要な時にさっと使える様になっておきたいものです。 頼みにくい依頼の時の「無理なお願いは重々承知... 」 お願いしたいけれど、これを頼むのは悪いと感じる事もあります。 または相手にとってメリットが全くないお願いも頼み辛いかもしれません。 そういった時に使えるのが「無理お願いは重々承知なのですが... 」という使い方です。 この言葉を最初に伝える事で先方に「物凄く大変なお願いだとわかっているけれど、やむを得ずお願いしている」という事が伝わります。 いきなりお願いすると「そんな大変な事をさらっと言ってくるなんて非常識だ」と不快にな気持ちにさせてしまうような時に使うと良いでしょう。 目上の方に心苦しいお願いをする時に「重々承知の上で」 忙しい目上の方にお願いしないと解決しない問題を抱えている時にも便利な言葉です。 上司や先輩、目上の方にお願いするのは心苦しいと感じてる時に使う事で低姿勢な態度が伝える事が出来ます。 「部長がお忙しいのは重々承知の上ですが、お願いに参りました」 「ご事情は重々承知の上ですが、あえてお願い致します」 例文を見てみると「重々」を使わず「承知」だけでも意味は通じるのでは?と感じられる方もいらっしゃるでしょう。 ですが、自分が後輩や部下から言われたと想定してみると非常に分かりやすく「お忙しいのは承知ですが」だけより「お忙しいのは重々承知ですが」とした方が不躾な印象が無くなるのをおわかりいただけるでしょう。 自分自身の事を表現する「重々承知」 ビジネスのメールでは返事を督促したり、相手の望まない返事をする事はよくあります。 また、クレームなどで謝罪をする場面もあるでしょう。 そういった時に活躍するのが「重々承知」です。 それではメールで書く時の例文を挙げてみましょう。 「多大なご迷惑をおかけしている事は、重々承知しております。 誠に申し訳ございませんでした。 心よりお詫び申し上げます」 「お忙しい事は重々承知しておりますが、期日が過ぎておりますので至急ご連絡をいただけますようお願い申し上げます」 「ご事情は重々承知しておりますが、今回はご要望にお応えできない事をお詫び申し上げます」 メールで重要なやりとりをする時には対面の場合よりも言葉遣いに注意する必要があります。 短く要点のみを書いていると不快に感じてしまう事もあるので、ビジネスのメールとはいえ、相手を気遣う言葉を使えるようになっておきたいものです。 お互いの表情や態度が見えないので文字だけでそれを表現するので、意味を正しく理解した上で使いましょう。 「重々承知」を使う事で誠実で真摯な態度であると先方に伝える事ができます。 文章で使う時の「重々承知」 特定の相手に伝えるものではなく、文章を書く時に使う場合は「自分はその事をよく理解していた」という事を表現する時に使えます。 それでは例文を挙げてみましょう。 「彼女の気持ちがもう自分には無い事は重々承知の上だったのですが、実際に冷たい態度を取られた時は心が痛んだものです」 「それが難しいという事は重々承知していたつもりだったのですが、いざ現場に立ってみると今までのノウハウを全く生かす事ができませんでした」 「これを伝えると彼が傷つくのは重々承知していましたが、事実として伝えざるを得ない状況でした」 「重々承知」という言葉を使う事でどのように向き合っていたのか、どう考えていたのかを読み手に伝える事ができます。 理解していた上で行ったという事を読み手に念押しする時に有効です。 いかがでしたでしょうか?上司や先輩に頼みにくい時を頼む時、相手の状況を知っているからこそ言いにくい事を伝える時、謝罪する時に低姿勢で真剣に向き合っていると伝えたい時など、言いにくい時に活躍するのが「重々承知」です。 自分の言いにくさを緩和するだけでなく、大切なのは伝える相手に熱意や真剣さ、低姿勢である事を伝えて相手も不快にさせない事です。 ちょっとした言葉の使い方ひとつでコミュニケーションはスムーズになったり、逆にうまくいかなくなったりします。 いざという時の為にさっと「重々承知ですが」という言葉を使えるようになっておくとビジネスの場面でも役に立つ事が多いでしょう。 上手に「重々承知」を使い、仕事や日々のコミュニケーションがスムーズなものとなっていく事を心より願っています。

次の