山梨県コロナ女性。 山梨帰省コロナ感染女性のプライベート暴露される / 友人が情報書き込みか「顔写真や恋愛関係も暴露」「責めすぎだ」

『山梨県20代女性』コロナは男性にも感染?行動歴や住所や名前が特定?|ブログと育つ

山梨県コロナ女性

Twitterの専用アカウントをとおして、県内の最新状況や感染拡大防止に向けた注意事項などの情報発信を行っています。 新型コロナウイルス感染症の県内における発生状況 県内で新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者について、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査を行っています。 なお、患者の生活圏など、特にご注意いただきたい情報は、をご覧ください。 ・7月15日 水曜 、発熱 38. 帰国者・接触者相談センターに相談後、市内医療機関を受診。 帰国者・接触者外来を受診し、PCR検査を実施。 ・7月16日 木曜 、PCR検査の結果が陽性であることが判明。 県内の感染症指定医療機関に入院。 6 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴: なし) ・発症前2週間以内に県外 静岡県、東京都、神奈川県 へ外出。 ・7月12日 日曜 、13日 月曜 、出勤。 ・7月14日 火曜 、出勤。 14時30分頃市役所市民課に来庁 10分程度。 ・7月15日 水曜 、市内医療機関及び帰国者・接触者外来を受診。 ・7月16日 木曜 、入院。 7 濃厚接触者 ・同居家族3名及びアルバイト先関係者1名の計4名のPCR検査を実施した結果、 陰性を確認。 東京都内で確認 発生判明日:令和2年7月11日 土曜 7月11日、東京都内の医療機関におけるPCR検査で新型コロナウイルスへの感染が確認された患者が、県内医療機関に入院されました。 なお、本件は、東京都内の医療機関で発生が確認されたため、山梨県の発生患者数には含まれません。 1 年代:20代 2 性別:男性 3 居住地:東京都 4 職業:会社員 5 症状・経過 ・7月8日 水曜 、発熱 37. 都内の医療機関を受診し、PCR検査のため検体を採取。 ・7月11日 土曜 、医療機関から検査結果陽性の連絡あり。 県内医療機関に入院。 症状は、発熱 38. 6 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴:なし) ・7月9日 木曜 、夜、親族が運転する自家用車で山梨県へ移動。 ・7月10日 金曜 、終日外出せず。 ・7月11日 土曜 、終日外出せず。 7 濃厚接触者 ・濃厚接触者として、県内の親族1名を特定。 今後、PCR検査を実施予定。 東京都内で確認 発生判明日:令和2年7月3日 金曜 7月3日、新宿区保健所が行った新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となった患者が、県内医療機関に入院することとなりました。 なお、本件は、新宿区保健所の検査で感染が確認されたため、山梨県の発生患者数には含まれません。 1 年代:20代 2 性別:男性 3 居住地:東京都 4 職業:接客業 5 症状・経過 ・7月1日 水曜 、新宿区保健所によるPCR検査を受検。 ・7月2日 木曜 、発熱 37. ・7月3日 金曜 、新宿区保健所から陽性の連絡あり。 県内医療機関に入院予定。 症状は、発熱 37. 6 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴:なし) ・7月1日 水曜 、深夜、自家用車を運転し、山梨県へ移動。 ・7月2日 木曜 、未明、県内の親族宅に到着後、終日外出せず。 ・7月3日 金曜 、終日外出せず。 7 濃厚接触者 ・親族宅到着後、患者は可能な限り部屋から出ず、親族と接触しないようにしていたため、濃厚接触者はいないが、念のため、親族3名について、PCR検査を実施予定。 ・6月30日 火曜 他疾患により医療機関Aに入院。 発熱 37. ・7月1日 水曜 解熱し、他の症状もなし。 7 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴:なし) ・発症前2週間以内に、県外への外出はなく、他にも感染経路の推定につながる行動歴は確認されていない。 8 濃厚接触者 ・濃厚接触者として、同居の3名を含む親族4名を特定。 ・勤務先の事務所においては、本人が短時間しか滞在しておらず、従業員は全員マスクを着用していたため、濃厚接触者はいない。 また、外勤中は1人での行動であり、人と接する時間は短く、接する際もマスクを着用していたため、濃厚接触者はいない。 ・医療機関Aにおいては、職員は、マスクの着用、手指消毒など適切な感染防御対策を講じており、一時的に同室となった患者についても、病床間は距離が確保され、カーテンで仕切られており、全員マスクを着用し、会話もしていないため、濃厚接触者はいないが、念のため、同室となった患者3名についてPCR検査を実施予定。 3度 、倦怠感出現。 発熱はこの日のみ) ・6月25日 木曜 、友人が陽性と判明したため、帰国者・接触者相談センターに相談。 味覚・嗅覚障害出現。 ・6月26日 金曜 、PCR検査の結果、陽性を確認。 ・6月27日 土曜 、県内医療機関に入院。 7 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴:なし) ・6月19日 金曜 ~20日 土曜 、東京にて友人と会食。 ・6月21日 日曜 、職場に出勤。 ・6月22日 月曜 、職場に出勤。 屋内運動施設を利用。 ・6月23日 火曜 、自宅から外出せず。 ・6月24日 水曜 ~25日 木曜 、職場に出勤。 ・屋内運動施設については、適切な感染予防対策が講じられていたため、濃厚接触者はなし。 ・6月26日 金曜 、医療機関Aにおいて、抗原検査の結果、陽性を確認。 医師から管轄保健所に発生届を提出。 県内医療機関に入院。 体温は36. 6 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴: なし) ・発症前2週間以内に、県外への外出はなく、他にも感染経路の推定につながる行動歴は確認されていない。 ・発症日の2日前に当たる6月15日 月曜 以降の行動歴について、本人及び同居親族から聞き取りを行い、把握された利用施設について管轄保健所が現地調査等を行った結果、 いずれの施設においても、適切な感染予防対策が講じられており、本人の各施設における利用の状況も踏まえて、濃厚接触者がいないことを確認。 【各施設の感染予防対策の状況】 〔施設A、B〕:定期的な換気、身体的距離の確保、アクリル板の設置、マスクの着用徹底、利用後の消毒等 〔施設C〕:主に屋外施設であり、入場時の手指消毒、列を作る場所での身体的距離の確保、マスクの着用徹底、 トイレ等の定期的な消毒等 〔施設D〕:換気の徹底、身体的距離の確保、マスクの着用徹底、共用部の消毒等 〔施設E、F〕:入場時の手指消毒、マスクの着用徹底、身体的距離の確保、共用部の消毒等 7 濃厚接触者 ・濃厚接触者である同居の親族について、6月27日 土曜 、PCR検査の結果、陰性を確認。 帰国者・接触者外来を受診。 ・6月16日 火曜 、PCR検査の結果、陽性を確認。 県内医療機関に入院。 症状は、発熱 37. 7 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴:なし) ・6月12日 金曜 、通所リハビリテーションを利用。 ・6月13日 土曜 、自宅から外出せず。 ・6月14日 日曜 、教会の集まりに参加。 8 濃厚接触者 ・濃厚接触者として、同居の2名を含む親族3名を特定。 6月17日 水曜 PCR検査の結果、陰性を確認。 ・通所リハビリテーション事業所においては、濃厚接触者はいないが、介助を担当した職員1名について、6月17日 水曜 PCR検査を実施し、陰性を確認。 ・教会においては、濃厚接触者なし。 ・6月5日 金曜 から10日 水曜 、発熱等の症状なし。 ・6月11日 木曜 、発熱 37. ・6月12日 金曜 、帰国者・接触者相談センターに相談後、市内の医療機関Aを受診。 ・6月13日 土曜 、帰国者・接触者外来を受診し、PCR検査を実施。 ・6月14日 日曜 、PCR検査の結果が陽性であることが判明。 県内の感染症指定医療機関に入院。 6 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴及び県外への外出はなし) ・6月2日 火曜 、3日 水曜 、自宅で過ごす。 ・6月4日 木曜 、発熱 37. ・6月5日 金曜 、症状はなく、登校。 ・6月6日 土曜 、自宅で過ごす。 ・6月7日 日曜 、同居家族と親戚宅にて食事。 ・6月8日 月曜 、9日 火曜 、登校、夜から外出。 ・6月10日 水曜 、登校。 ・6月11日 木曜 、登校、夜から外出。 ・6月12日 金曜 、前日夜の発熱により学校を休み、受診。 7 濃厚接触者 ・6月15日、濃厚接触者である同居家族2名と親族1名の計3名のPCR検査について、全て陰性と確認。 県内70例目第1報 発生判明日:令和2年6月12日 金曜 1 年代:80代 2 性別:男性 3 居住地:山梨県 4 生活圏:身延町 5 職業:無職 6 症状・経過 ・6月11日 木 発熱 37. 医療機関Aを受診し、入院。 医師から帰国者・接触者相談センターに相談。 ・6月12日 金 PCR検査の結果、陽性を確認。 県内医療機関に入院。 解熱し、他の症状もなし。 7 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴:なし) ・5月中旬以降、自宅の敷地から出ていない。 8 濃厚接触者 ・濃厚接触者として同居の親族1名を特定。 PCR検査を実施予定。 ・医療機関Aについては、適切な感染防御対策を講じているため、濃厚接触者なし。 医療機関Aを受診し、入院。 医師から帰国者・接触者相談センターに相談。 ・6月11日 木曜 、PCR検査の結果、陽性を確認。 解熱し、他の症状もなし。 7 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴:なし) ・ 6月8日 月曜 、既往症の治療のため、医療機関Aを受診。 ・ 6月9日 火曜 、自宅から外出せず。 8 濃厚接触者 ・ 濃厚接触者として、同居の2名を含む親族3名を特定。 6月12日 金 PCR検査の結果、陰性を確認。 ・ 医療機関Aについては、適切な感染防御対策を講じていたため、濃厚接触者なし。 市内の医療機関AにおいてPCR検査を実施。 ・6月9日 火曜 、PCR検査の結果が陽性であることが判明。 県内の感染症指定医療機関に入院。 7 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴及び県外への外出はなし) ・6月6日(土曜)友人宅で過ごす ・6月7日(日曜)友人数人と食事、買い物 ・6月8日(月曜)アルバイト勤務。 県内の警察署において発熱症状があることから医療機関を受診。 ・6月9日(火曜)入院。 8 濃厚接触者 ・濃厚接触者については、6月12日時点において、6月6日に友人宅で過ごした4名、6月7日に友人と食事、買い物をした19名、 6月8日にアルバイト勤務の1名の計24名を濃厚接触者として特定し、PCR検査の結果、全員の陰性を確認。 なお、6月10日時点において陰性を確認した同居家族4名と警察署員1名、友人1名の計6名と合わせ30名全員の陰性を確認。 ・同居家族は6月7日にPCR検査の結果陰性が判明。 ・親族は6月8日にPCR検査の結果陰性が判明。 これにより濃厚接触者3名全員の陰性を確認。 空港検疫で確認 発生判明日:令和2年6月6日 土曜 6月7日、空港の検疫所におけるPCR検査で陽性となった患者2名が県内医療機関に入院されました。 なお、本件は、空港検疫で感染が確認されたため、山梨県の発生患者数には含まれません。 1人目 1 年代:40代 2 性別:男性 3 居住地:山梨県 4 症状・経過 ・6月6日 土曜 羽田空港に到着。 東京検疫所にてPCR検査を実施。 県内へ帰宅後、検疫所から陽性の連絡あり。 ・6月7日 日曜 県内医療機関に入院。 症状なし。 5 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴:あり) ・2月下旬からブラジルに滞在。 ・6月6日 土曜 羽田空港から親族が運転する自家用車で帰宅後、自宅待機(公共交通機関の利用なし)。 6 濃厚接触者 ・車に同乗していた親族2名を濃厚接触者として特定。 PCR検査を実施予定。 2人目 1 年代:10代 2 性別:女性 3 居住地:山梨県 4 症状・経過 ・6月6日 土曜 羽田空港に到着。 東京検疫所にてPCR検査を実施。 県内へ帰宅後、検疫所から陽性の連絡あり。 ・6月7日 日曜 県内医療機関に入院。 症状なし。 5 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴:あり) ・2月下旬からブラジルに滞在。 ・6月6日 土曜 羽田空港から親族が運転する自家用車で帰宅後、自宅待機(公共交通機関の利用なし)。 6 濃厚接触者 ・車に同乗していた親族2名を濃厚接触者として特定。 PCR検査を実施予定。 ・6月5日 金曜 医療機関Aを受診。 医師から帰国者・接触者相談センターへ相談。 帰国者・接触者外来を受診。 ・6月6日 土曜 PCR検査の結果、陽性を確認。 症状は微熱 37. ・6月7日 日曜 県内医療機関に入院。 解熱し、他の症状もなし。 7 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴:なし) ・3月中旬以降は、通学していない。 ・6月2日 火曜 自宅から外出せず。 ・6月3日 水曜 午前中、友人1名と車で外出。 ・6月4日 木曜 午後から、友人2名と車で外出。 8 濃厚接触者 ・濃厚接触者として、同居の親族3名、一緒に外出した友人2名を特定。 6月7日(日曜)、PCR検査の結果、陰性を確認。 ・医療機関Aについては、濃厚接触者なし。 医療機関Aを受診。 ・6月2日 火曜 PCR検査の結果、陽性判明。 ・ 6月3日 水曜 県内医療機関に入院。 7 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴:なし) ・5月30日 土曜 勤務先にて、調理業務等。 ・5月31日 日曜 勤務先にて、調理業務等。 ・6月2日 火曜 勤務先にて、調理業務等。 8 濃厚接触者 ・濃厚接触者として、同居の親族2名を特定。 6月3日(水曜)、PCR検査を実施し、陰性を確認。 ・勤務先において、濃厚接触者は確認されていないが、同僚15名について、6月3日(水)、PCR検査を実施し、全員の陰性を確認。 ・医療機関Aについては、濃厚接触者なし。 ・その他、現在調査中 空港検疫で確認 発生判明日:令和2年5月31日 日曜 6月1日、空港の検疫所におけるPCR検査で陽性となった患者が県内医療機関に入院されました。 なお、本件は、空港検疫で感染が確認されたため、山梨県の発生患者数には含まれません。 1 年代:30代 2 性別:女性 3 居住地:山梨県 4 症状・経過 ・5月31日 日曜 羽田空港に到着。 東京検疫所にてPCR検査を実施。 県内滞在先へ移動後、検疫所から陽性の連絡あり。 ・6月1日 月曜 県内医療機関に入院。 症状なし。 5 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴:あり) ・5月30日 土曜 までイギリスに滞在。 ・5月31日 日曜 羽田空港から親族が運転する自家用車で移動後、滞在先で待機(公共交通機関の利用なし)。 ・5月20日 水曜 医療機関Cを受診。 ・5月21日 木曜 から22日(金曜)解熱。 ・5月23日 土曜 再度発熱(37. ・5月27日 水曜 帰国者・接触者相談センターへ相談。 ・5月28日 木曜 PCR検査の結果、陽性を確認。 ・5月29日 金曜 県内医療機関に入院。 症状は、発熱(37. 7 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴:なし) ・ 発症日の2日前以降、登校はなく、外出は、近所への買い物程度。 (マスク着用) 8 濃厚接触者 ・同居の親族2名及び母の友人1名について、PCR検査の結果、陰性を確認。 ・医療機関Cについては、濃厚接触者なし。 ・5月27日(水曜)帰国者・接触者相談センターへ相談。 ・5月28日(木曜)PCR検査の結果、陽性を確認。 ・5月29日(金曜)県内医療機関に入院。 症状は、食欲不振。 7 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴:なし) ・5月25日(月曜)医療機関A受診。 ・5月26日(火曜)医療機関B受診。 8 濃厚接触者 ・同居の親族2名を濃厚接触者と特定。 PCR検査の結果、陰性を確認。 ・医療機関Bにおいて、同じ時間帯に診療した患者23名、医療従事者10名について、PCR検査の結果、陰性を確認。 ・医療機関Aについては、濃厚接触者なし。 (何例目の患者かは非公表) ・5月27日(水曜)発熱(37. 帰国者・接触者相談センターへ相談。 ・5月28日(木曜)PCR検査の結果、陽性を確認。 県内医療機関に入院。 症状は微熱、頭痛。 7 行動歴(発症前2週間以内の渡航歴: なし) ・ 退院後は、近所への買い物等以外に外出なし。 (マスク着用) 8 濃厚接触者: なし。 令和2年5月25日(月曜日)発表(甲府市発表) 新型コロナウイルス感染症で県内の医療機関に入院されていた方がお亡くなりになりました。 お亡くなりになられた方に哀悼の意を表するとともに、御遺族の皆様方に心よりお悔やみ申し上げます。 1 患者の概要• 年代 : 高齢者(御遺族の意向により非公表)• 性別 : 女性• 居住地 : 甲府市• 基礎疾患 : 特になし 2 経過 5月24日(日曜日)死亡確認 新型コロナウイルス感染症患者発生時の情報の公表について 公表の目的• 新たな患者発生の予防及びまん延の防止• 県民への感染予防に関する注意喚起• 県民の不安の軽減及び誤った情報等による混乱の防止 公表の契機• 県内において、新型コロナウイルス感染症患者の発生が確定したとき• 県外で新型コロナウイルス患者が発生し、県内に不特定多数の濃厚接触者がいることを覚知したとき 公表の手順及び留意事項• 疫学調査の結果を踏まえ、疾患の感染経路、潜伏期間等を考慮し、国等と協議しながら、最新の医学的判断に基づき、上記の目的のために必要な情報を速やかに公表するものとする。 公表を行う場合は、事前に患者またはその保護者に対して、公表の目的や公表内容、公表方法等を説明するものとする。 個人情報の保護や施設及び地域等の風評被害に特に留意し、個人や施設等が不必要に特定されたり、差別・偏見の対象にならないよう十分配慮し、報道機関に対して理解と協力を求めるものとする。 個人が特定されるおそれのある氏名、生年月日、住所等の個人情報は、公表の対象としないものとする。 感染の拡大を防ぐため、特に、施設や地域等の特定につながるおそれのある情報を公表する必要がある場合は、当該施設及び自治体等の承諾を得たうえで公表を行うものとする。 2 行政の対応状況 患者・接触者への指導内容、施設等への措置内容等 3 感染予防のための情報 手洗い、咳エチケット等 上記と同じ内容をPDFでも掲載します。 現在特に注意が必要な情報 手洗いうがいの徹底や、咳エチケットなどにご留意いただく中で、現時点で特に注意が必要な情報について、掲載しています。 県内で確認された患者の生活圏にお住まいの方へ 県内で確認された患者の生活圏等の情報について、現時点で特にご注意いただきたい事項は次のとおりです。 下記生活圏にお住まいの方や、患者の勤務時間帯に勤務先などを訪れた方で、健康状態に不安のある方は、にご相談ください。 県内77例目(令和2年7月16日 木曜日 発生判明 甲府市発表) 1.居住地 甲府市 県内76例目(令和2年7月10日 金曜日 発生判明 甲府市発表) 1.居住地 甲府市 県内75例目(令和2年6月30日 火曜日 発生判明) 1.生活圏 甲府市、笛吹市、中央市 県内74例目(令和2年6月26日 金曜日 発生判明) 1.生活圏 昭和町 県内72例目(令和2年6月16日 火曜日 発生判明) 1.生活圏 中央市、昭和町 県内71例目(令和2年6月14日 日曜日 発生判明 甲府市発表) 1.居住地 甲府市 県内70例目(令和2年6月12日 金曜日 発生判明 1.生活圏 身延町 県内69例目(令和2年6月11日 木曜日 発生判明 1.生活圏 富士吉田市 県内67例目(令和2年6月7日 日曜日 発生判明 甲府市発表) 1.居住地 甲府市 県内66例目(令和2年6月6日 土曜日 発生判明 1.生活圏 富士吉田市、富士河口湖町 県内65例目(令和2年6月2日 火曜日 発生判明 1.生活圏 北杜市、昭和町 2.勤務先 1 店舗名 「かかし」甲府店(イオンモール甲府昭和内 2 勤務日 5月30日 土曜日 、5月31日 日曜日 、6月2日 火曜日 県内64例目(令和2年5月28日 木曜日 発生判明 甲府市発表) 1.居住地 甲府市 県内63例目(令和2年5月28日 木曜日 発生判明) 1.生活圏 甲斐市 県内62例目(令和2年5月28日 木曜日 発生判明) 1.生活圏 中央市、市川三郷町 SNSによる新型コロナウイルス感染症に関する情報発信 Twitter なお、このアカウントでは、公共性の高いアカウントを除いて他のアカウントをフォローすることはありません。 また、寄せられたコメントに対して直接返信することはありません。 Twitterに関するお問い合わせは、ホームページ内のお問合せフォームをご利用ください。 LINE 山梨県では、新型コロナウイルス感染症に関する情報発信のため、LINEに公式アカウントを開設しました。 コロナウイルス感染症に関しては、県ホームページの専用ページや、Twitter専用アカウントで情報発信するほか、適宜、県公式Twitter、Facebookでも情報発信していますが、より多くのツールを活用して発信することにより、一人でも多くの県民のみなさまへ情報を発信することを目的としています。 QRコード 本アカウントへの投稿に対して、個別の回答は行いません。 ご意見やお問い合わせは、県ホームページ内の「お問い合わせフォーム」などを利用するか、各担当課までお問い合わせください。 いただいたご意見等に対し、県が表明する方針等をもって回答とさせていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 オープンデータ 新型コロナウイルス陽性患者属性.

次の

山梨コロナ帰省女性の名前特定!顔写真/父の職業/友人/実家/BBQの場所も|Mahiyu's blog

山梨県コロナ女性

山梨県コロナ陽性の女性のニュース概要 女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。 ところが、2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 PCR検査陽性の結果は同日午前9時ごろ、保健所から本人に伝えられており、女性は陽性を知りながらバスに乗ったことになる。 特別チームは「陽性であることを知りながら公共交通機関を利用したことや、事実と異なる説明をしたことは非常に残念だ」としている。 県は改めて、同じバスの乗客で健康に不安がある人は保健所に相談してほしいと呼び掛けている。 引用元: 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 名前:不明 年齢:20代 性別:女性 職業:会社員 住所:東京都(実家は山梨県) 家族構成:4人家族 一般人ということもあり、報道ではこれ以上の正確なプロフィールが明らかになっておりせん。 東京から帰省した山梨県コロナ陽性の女性のような、外部から来る人さえいなければ、感染のリスクが低い地域のように思えます。 山梨県コロナ陽性の女性の勤務先の会社がどこなのかも調べようと思ったのですが、いくらスイーツ職人の可能性があるとは言え、東京都にあるスイーツジャンルの会社はあまりにも多く存在するため、特定は不可能と判断し、今回は調べるのは断念しました。 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 山梨県コロナ陽性の女性の顔画像・facebookは? 山梨県コロナ陽性の女性は一体どんな人だったのでしょうか? 今回の報道が上がった際に、ネットやツイッターで山梨県コロナ陽性の女性本人らしき顔画像が多く上がっておりました。 しかし、あまりにも数多くの情報が上がってしまっており、山梨県コロナ陽性の女性の顔画像を正確に特定することが出来ないと判断しました。 報道でも一般人ということもあるため、今後も上がってくる可能性はないと思われます。 またfacebookに関しても、同じような理由により、今回は特定は出来ないと判断しました。 正確に特定できるという情報などが入手できた場合のみ、こちらまた更新していこうと思います! 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 4月26日 味覚・嗅覚に異常を感じるようになる。 4月28日 東京の勤務先に通常通り出勤する。 4月29日 午後3時15分の高速バス(バスタ新宿~山中湖旭日丘行、京王バス)で山梨の実家へ帰省する。 4月30日 山梨県の友人宅で友人4人とバーベキューをする。 同日に、勤務先の同僚がコロナ陽性であることが判明する。 5月1日 PCR検査を受ける。 実家で検査結果が出るまで待機する。 5月2日 午前9時ごろ、コロナ陽性の検査結果が出る。 午前9時25分の高速バス(富士急ハイランドバス停で乗車、新宿で下車、徒歩で帰宅)で東京の自宅へ戻る。 山梨県コロナ陽性の女性は、 山梨県富士吉田市、山梨県鳴沢村、山梨県富士河口湖町を中心に滞在していたようです。 5月4日追記: 山梨県コロナ陽性の女性は、PCR検査当日の5月1日に、 山梨県内で20代の男性と会っていたことが新たに判明しました! この20代の男性は、4月30日にバーベキューをした友人4人とは別のようです。 山梨県コロナ陽性の女性と濃厚接触してしまった20代の男性は、5月3日の夜に、陽性反応だったことが明らかになっています。 4月30日にバーベキューをした友人4人の検査結果は明らかになっていませんが、時間も経過している中で陽性反応の報道などが上がっていないため、恐らく陰性だったのではと推測します。 5月4日追記: 4月30日に友人宅で行ったバーベキューの場所がネットで上がっていました。 バーベキューが行われた友人宅は 山梨県南都留郡富士河口湖町船津にあるようです。 ネット上では、山梨県コロナ陽性の女性がどこにバーベキューの買い出しに行ったのかで下記候補が上がっていました。 パワーマーケットTAC• 5月4日追記: 山梨県コロナ陽性の女性が検査結果が出る前に、新たに行っていた場所が判明しました! 山梨県コロナ陽性の女性は、PCR検査を受けた日である5月1日に、友人らと一緒に ゴルフ練習場や整骨院にも行っていました。 引用元: これまでに山梨県コロナ陽性の女性の周りの家族や友人でPCR検査を受けているのが11人と報道があったため、推測ではありますが、ゴルフ練習場や整骨院に一緒に行った友人らは、4月30日に一緒にバーベキューをした友人らとは違う友人と思われます。 保健所にリークした情報提供者は誰で名前は? 2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり 引用元: 保健所に情報を提供したのは、一体誰だったのでしょうか? 報道などでは明らかになっていませんが、ネットなどでは 4月30日に一緒にバーベキューをした山梨県内の友人が情報提供者ではないかと声があがっています。 おそらく、会社の同僚がコロナ陽性で自分も感染者かもしれないといった情報を全く聞かされていなかったのでしょう。 そのうえで濃厚接触されたものだから、激高からのリークだったと思われます。 こちらは詳細がまた分かり次第、更新していきます! 5月5日追記: 山梨県コロナ陽性の女性が、バーベキューを一緒にした友人ら以外の友人とも複数人あっていたことから、保健所に情報提供を行った人物の候補が増えました。 バーベキューを一緒にしていた友人ら以外で可能性がある一人として、山梨県コロナ陽性の女性と濃厚接触をして自身も陽性反応が出てしまった 20代の男性。 20代の男性は、山梨県コロナ陽性の女性が帰省してから何日間も継続して会っているところから、山梨県コロナ陽性の女性の彼氏ではないかと推測できます。 20代の同士のカップル、それも遠距離恋愛でたまにしか会えないのであれば、それなりに大人な関係の時間もあったと思われます。 そんな20代の男性からしてみれば、山梨県コロナ陽性の女性がとった行動は自身に対しての裏切り行為と取られても仕方がないことだと思います。 自分は裏切られた、と思った20代の男性が次に思ったことは「自分も裏切り返してやる」ということではなかったのでしょうか。 「やられたらやり返す、倍返しだ!」一時期、某ドラマで有名になったフレーズを今回まさに実践したというわけです。 現在、山梨県コロナ陽性の女性に対するネットでのバッシングや誹謗中傷を考えると、倍返しどころではない気もしますが・・・。 ただし、20代の男性にも非がないとは言い切れません。 山梨県コロナ陽性の女性が帰省したのは緊急事態宣言後、つまり外出自粛となってからです。 そのため、山梨県コロナ陽性の女性が帰省している時点で、しかもコロナ感染が多い東京都から帰省してきている点を踏まえると、山梨県コロナ陽性の女性と会うこと自体を避けるべきだったでしょう。 おそらく遠距離恋愛だったため、会いたくて会いたくてしょうがなかったと思いますが、それでも自分の命、ましてやコロナだから家族やその他の周りの命まで考えると、そこは我慢すべきだったと思います。 同じような理由で会いたくても我慢している人が多くいる中で、山梨県コロナ陽性の女性と会ってしまった点は事実のため、20代の男性を擁護することは出来かねます。 本当に山梨県コロナ陽性の女性の彼氏であれば、東京都の自宅から出ないようにしっかりと説得することが、彼女への愛情表現なのではないでしょうか。 山梨県コロナ陽性の女性だけでなく、この20代の男性にもしっかりと反省してもらいですね。 山梨県コロナ陽性の女性だけでなく、この20代の男性と濃厚接触した人がいないことを願うばかりです。 5月5日追記: 山梨県コロナ陽性の女性が、バーベキューを一緒にした友人ら以外の友人とも複数人あっていたことから、保健所に情報提供を行った人物の候補が増えました。 バーベキューを一緒にしていた友人ら以外で可能性がある一人として、 ゴルフ練習場や整骨院に一緒に行った友人らです。 山梨県コロナ陽性の女性の周りでPCR検査を受けた人数の計算上、山梨県コロナ陽性の女性が、ゴルフ場や整骨院に一緒にいった友人らは、バーベキューを一緒に行った友人らとは別になります。 このゴルフ場や整骨院に一緒にいった友人らの情報はネット上でも上がっておらず、特定はできておりません。 ただ、山梨県コロナ陽性の女性を含め、20代の女性が複数人でゴルフ練習場に行くのでしょうか。 整骨院はまだ行くかもしれないかなと思うのですが、ゴルフ練習場に20代の女性が複数人いるのはちょっと想像しにくいです。 そのことから、ゴルフ練習場に一緒に行ったのは、女性の友人ではなく、男性だったのではないかと推測します。 それも濃厚接触による陽性反応があった20代の男性とは別の男性です。 ゴルフ練習場ということからも、その男性は山梨県コロナ陽性の女性よりも年上だったのではないでしょうか。 そこから考えられる一つとして、このゴルフ練習場に一緒に行った男性こそが、山梨県コロナ陽性の女性の本命の彼氏ということです。 年上彼氏の趣味であるゴルフを一緒に楽しむゴルフデートを山梨県コロナ陽性の女性はしていたのではないでしょうか。 そんな年上彼氏にも、山梨県コロナ陽性の女性は同僚がコロナ陽性だったことを話していなかったのでしょう。 知った時には既に濃厚接触後、山梨県コロナ陽性の女性の同僚が陽性反応の報道を知った時、年上彼氏は相当なほど激高したのではないでしょうか。 愛すべき人が自分を裏切った、という感情だったのか。 年下の女に騙された、という感情だったのか。 いずれにしろ、年上彼氏のプライドに傷をつけたことには変わりなく、保健所へ情報提供を行ったのではないかと推測します。 外出自粛の中ではありますが、ゴルフ練習場は屋外であれば営業しても大丈夫で、整骨院も営業しても大丈夫となっているため、行った場所に関しては問題はありません。 ただ、山梨県コロナ陽性の女性の同僚が陽性反応だと事前に知っていれば、この年上彼氏も山梨県コロナ陽性の女性と会うことはしなかったと思います。 そうなると、濃厚接触による陽性反応があった20代の男性とは、一体どんな関係だったのか。 おそらくこの男性は、山梨県コロナ陽性の女性にとっての幼馴染や男友達といった関係、あるいは、セフレといった関係になると思います。 前者であれば、まだ救いようがありますが、後者であればネットなどでのバッシングは相当なものになると思われます。 ただでさえ、ひどいバッシングを浴びている中、行動経緯の中身が性的欲求を満たすためのものだとしたら・・・ 考えただけでも、バッシングの量にゾッとします。 山梨県コロナ陽性の女性の今後のためにも、後者でないことを願っております。 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 5月4日追記:山梨県コロナ陽性の女性の虚偽申告は家族もグルだった? 山梨県コロナ陽性の女性の虚偽申告は、家族ぐるみでのものだったようです。 今回の虚偽報告については「実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかった」と話している。 引用元: 山梨県は感染者からの正確な情報収集を目的とした特別チームを発足させているようですが、感染者本人だけでなく、その家族までが虚偽申告をしていたのであれば、なかなか見破れなかったと思います。 山梨県コロナ陽性の女性経由で感染が発生した場合、情報提供者からの連絡がなかったら感染源が不明のままだったため、多くの感染被害が生まれていた可能性があります。 情報提供者からの連絡がなかったと思うと、怖いですね。 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 5月4日追記:山梨県コロナ陽性の女性の濃厚接触者が陽性反応 山梨県は、山梨県コロナ陽性の女性が帰省していた際に濃厚接触した、山梨県在住の20代男性が新たに陽性反応だったと発表しました! 県は3日、女性の濃厚接触者としてPCR検査をした県内在住の20代男性が新たに陽性だったと発表した。 県内56例目。 女性とバーベキューをしていた友人4人とは別という。 引用元: 4月30日に一緒にバーベキューをした友人らとは別のため、おそらく彼氏ではないかと考えられます。 東京と山梨での遠距離恋愛をしていて、彼氏に会いたいという想いもあって梨県コロナ陽性の女性は帰省したのかもしれませんね。 整備士としてよく使われるのは、車の整備士のため、恐らくここでも車の整備士のことを指しているのだと思います。 きっと、高校を卒業して専門学校に通って資格を取得して、今の職に就いたのでしょう。 整備士は車好きや、エンジン構造が好きな人が就く職業ですが、おそらくこの20代の男性も昔から車やバイクといった類のエンジン車が好きだったのではないでしょうか。 20代ということもあり、今が一番体力的にも頑張れる時期に陽性反応。 少し可哀想な気もしますが、外出自粛中に濃厚接触してしまった20代の男性にも非があるため、擁護は出来かねます。 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 5月4日追記:山梨県コロナ陽性の女性と一緒にバーベキューをした友人4人は誰で名前は? ネットや爆サイでは、山梨県コロナ陽性の女性と一緒にバーベキューをした友人の名前が上がっていましたが、未確定な情報だったため、ここでは記載を控えようと思います。 もしこの情報が本当だとすれば、集団感染の恐れがあったことになるでしょう。 看護士ということは、つまり勤務先はどこかの病院ということ。 病院には一般の患者さん、場合によってはコロナの患者さんがいます。 病院の規模にもよりますが、入院されている患者さんも多くいる可能性があります。 もし、この看護士の友人から陽性反応が出てしまっていたら、病院内での集団感染が起こる可能性がありました。 そう考えるだけでも、ゾッとします。 命を守るべきものが命を失くすものへと変わってしまうことも十分も考えられたのです。 本当に山梨県コロナ陽性の女性と一緒にバーベキューをした友人の一人が看護士だったのならば、考えが甘すぎる行動だったと言えるでしょう。 世間体を考えても、今の時期にバーベキューを看護士がやったらどう映るか。 そんな看護士がいる病院に行きたいと誰が思うか。 SNSに敏感な20代の若者であれば、すぐに分かると思うのですが。 また、保育士に関しても同じことが言えます。 保育士は多くの子どもを預かる責任感が必要な仕事です。 預ける親御さんからしたら、信頼しているからこそ預けていると言っても過言はないでしょう。 今回のバーベキューは、そんな親御さんたちの信頼を裏切る行為に等しかったと思います。 先程と同様、万が一、この保育士の友人から陽性反応が出てしまっていたら、どうなったのでしょうか。 ゴールデンウィーク中だったため、保育士の仕事は休みで集団感染にはならなかったかもしれませんが、それでも親御さんたちの信頼はガタ落ちするでしょう。 理由が友人とバーベキューに行って友人から感染したというものであれば、尚更です。 親御さんはきっと、こんな時期に外出自粛も出来ずに友人とバーベキューするような人に大切な子どもを預けたくない、そう思うはずです。 そうなると、保育士の友人の問題だけでなく、勤め先の保育園にまで影響が出てしまいます。 親御さんの信頼、勤め先の保育園の信頼、そういったことをもっと真剣に考えられていれば、バーベキューに行くことなどもなかったでしょう。 いずれにしろ、バーベキューに行った友人らは全員審査結果が陰性ということなので、その点に関しては不幸中の幸いだっと言えます。 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事.

次の

【炎上】山梨コロナ感染女性が顔写真まで暴露されプライバシー侵害された理由 / 本名も特定され流出 | バズプラスニュース

山梨県コロナ女性

に感染していることが判明したのち、高速バスでから東京都に帰京した20代女性が物議を醸している。 彼女は体調に異変を感じ、で検査を受けたものの、検査当日にで施術を受けたり、ゴルフ練習場を利用していたことが判明。 さらに複数の知人とバーベキューをし、複数の濃厚者を生んでいた。 ・行動を自粛することなく高速バスで東京都へ この女性は2020年4月26日 日曜日 に体調に異変を感じた。 味覚と嗅覚に異常があると認識しつつも4月28日 火曜日 まで東京都内で仕事をし、体調がおかしいまま4月29日 水曜日 にに帰省。 4月30日 木曜日 は友人の家で複数の人たちとバーベキューを楽しんだ。 彼女は5月1日 金曜日 に検査を受けたのち、やゴルフ練習場でプライベートをエンジョイ。 5月2日 土曜日 にに感染している事が判明したが、行動を自粛することなく高速バスで東京都へと帰った。 ・行動を共にした男性がコロナ陽性 また、この女性は4月29日 水曜日 から友人男性と3日連続で行動を共にして濃厚しており、その男性はに感染している事が判明。 彼女が男性に感染させた可能性が高いともいわれているが、感染経路は不明瞭なため断定できない。 『女性と家族に配慮して』?配慮して欲しかったのはその女の方ですけど?と東京都の何千、何万、何十万人の人達が外出自粛してコロナを必死に抑えてたのに、たった一人のこの馬鹿のせいで全部水の泡。 危機感無さ過ぎ。 馬鹿過ぎ。 — 翔 adgjmptwunn 山梨でコロナ感染判明後東京に戻った女性、SNSで名前まで出され批判受けているとラジオで聞いたが、それ、クルーズ船でが同じことしてるがなぜ責めないの?やったことは確かに悪いが、SNSで名前まで出して批判することはないだろう。 バーベキュー開催しなければいかなかったはず。 — 桑ちゃん namiekuwabara ・恋人や友人の彼氏との関係などを赤裸々に書き込み この女性や友人は、などのインターネット上にバーベキューのようすや近日の行動を写真付きで掲載しており、さらに彼女の知人と思われる人物が彼女のプライベートをインターネット上に暴露。 それらのプライベート情報をインターネットユーザーらが情報収集するなどし、恋人や友人の彼氏との関係などを赤裸々に書き込みしている。 ・ふたつの意味で問題が発生している もちろんそれらの情報は不確定情報でしかないし、それを確定情報として受け止めることは避けるべきだが、今回の一連の騒動に関して、ふたつの意味で問題が発生している。 ・多くの人たちの感染リスクを高めた ひとつめの問題は、彼女があまりにも自由な行動をとり、多くの人たちの感染リスクを高めてしまった点だ。 事実、感染経路はまだ不明だが、3日間彼女と行動を共にした男性がの検査で陽性反応が出ている。 この件に関して彼女は猛省すべきだと考えられる。 ・彼女の交友関係や恋愛関係を特定 もうひとつの問題は、本来は守られるべき彼女のプライバシーが守られていない点だ。 確かに彼女は感染していながら 感染している危険性がありながら 、行動を自粛することなく自由奔放に行動し、他人の感染リスクを高めたのは事実だが、プライバシーは守られるべきであり、本人の交友関係や恋愛関係を特定し、インターネット上で暴露する行為はやりすぎだとの声が出ているのである。 山梨20代女性の感染者、アカウントが特定されたと聞いてゾッとした。 プライバシーの無い社会怖い。 チクり当たり前で全国ネットで暴露されるとか怖い。 やっぱり田舎暮らしは無理だわ。 — 毎日を拭く・くらミツハ・デラックスは中立・中庸 筋トレ推奨 7424h みんな感染してると思えば、山梨の帰省した女性のプライバシーを暴いて私刑するような、戦時中のみたいな運動も無くなると思います。 東京閉鎖される前にも、たくさんの若い子が帰省しましたけど、結局何も起こらなかった。 プライバシーの侵害だし、ここまで晒されるなら今後誰も濃厚者の申告しなくなる。 コロナも怖いけど、コロナ関係で執拗に人を叩く人間も怖いよ! — シカク100@勉強垢 100shikaku の感染女性の特定やらない方がいい。 間違っていたら大変なことになるし、日本は私的制裁はとして、許可していないから。 — 林雄介・元キャリア官僚の開運作家・新刊「宗教で得する人・損する人」・新刊「大開運」大絶賛販売中。 yukehaya プライバシーの問題、人権意識の問題で、日本では難しいみたいな言い方をする一方で、の男性や山梨の女性を叩いてもいい存在と標的化し、それを嬉々として追随して叩きまくる住人の人権意識だとか、聞いて呆れる。 — Toyomanne Rothschild toyomann 山梨帰省女性の件で思うのはいい加減こういう報道をやめないとますます虚偽申告とかだんまりをするを与えてしまうわけだけどそれでいいのってことですよね。 対策を名分に事細かく個人のプライバシーを暴露しすぎでしょう。 メディアも行政も。 — バーニング burningsan ・女の行動は確かに間違っていたかもしれないが インターネット上に暴露されている情報が事実かどうかは不明だが、どちらにしても、守られるべきプライバシーが守られていない可能性が高い。 そしてそれは「正当な批判」の範疇を超えた誹謗中傷にも繋がりかねない。 彼女の行動は確かに間違っていたかもしれないが、必要以上に責める行為はいかがなものか。 と、そういう声がインターネット上から出ているのも事実だ。 ・いろいろと考えを深めるきっかけとなる出来事 彼女に対して強い怒りを感じる人がいるのも事実であり、それを間違いだと抑え込むことも難しい。 今回の件は「批判されて当然の部分」と「守られるべきプライバシー」の双方を意識し、考える必要があると考える。 今回の件は、我々もいろいろと考えを深めるきっかけとなっているのではないだろうか。 あなたは今回の彼女の一連の問題に関して、どのように考えるだろうか。

次の