リシャール くん。 山本リシャール登眞(とうま)は世界遺産博士ちゃん!両親や小学校中学校は?サンドウィッチマン&芦田愛菜

山本リシャール登眞のwikiプロフ!小学校や中学はどこ?父母の学歴や国籍

リシャール くん

名前:山本リシャール登眞(ヤマモト・リシャール・トウマ)• 生年月日:不明• 年齢:14歳• 身長:170cm前後(推定)• 出身地:フランス・リヨン• 出身小学校:京都市立岩倉北小学校• 将来の夢:建築士、イコモスの研究員• 資格:世界遺産マイスター• 使用言語:日本語、フランス語、英語 山本リシャール登眞の両親について 山本リシャールくんのご両親について見ていきましょー! まず 父親からですが、名前が「セルジュ」さんという方で、国籍が「スイス」の方になります。 職業は大学の数学教師とのことでかなりのエリートですな。 次に 母親です。 母親の名前は「クロディーヌ真理子」さんという方で、ベルギーと日本のハーフの女性です。 そしてお仕事が国際法の研究とまぁ、夫婦揃って凄い… こんなエリート夫婦のお子さんとなれば、そりゃ山本くんのような天才が誕生してしまうのも納得がいきますね(笑) スポンサーリンク 山本リシャール登眞の中学校について リシャールくんの中学校についてです。 残念ながら山本くんが現在どこの中学に通っているのかを特定することはできませんでした… 受験をしていないなら、小学校が京都市立岩倉北小学校なので、そのまま地元の岩倉中学に行っていると思われますが、リシャールくんの頭です。 もっとレベルの高い私立の難関中学を受験して合格していたとしても何らおかしくはないので、何とも言えませんね。 最後までご覧いただき、ありがとうございました!.

次の

山本リシャール登眞(とうま)の両親(父・母)の職業が凄い!勉強法や経歴は?【世界遺産博士】|エンタメになる!

リシャール くん

山本リシャール登眞のwikiプロフ!小学校や中学はどこ?父母の学歴や国籍 山本リシャール登眞 wikiとプロフィール まず、山本リシャール登眞くんのプロフィールから。 出生地:フランス・リヨン 年齢12歳・中学1年生 まだ中学1年生ですので、詳しい情報は載っていませんが、ここまでの経歴を紹介します。 幼稚園の頃の愛読書が、何と 「世界遺産の図鑑」だったと言います。 両親に買ってもらったのがきっかけなんだそうですが、もうこのあたりから普通と違いますね。 その理由を聞いてまたビックリ! 「地球の美しさ、人類が作りあげてきた建造物の素晴らしさに感動したから」ですって。 視点も感性も尋常ではないです。 小学1年生から2年生の1学期までは、両親の仕事の関係でブリュッセルやリヨンで過ごし経といいます。 今は京都に住んでいます。 世界遺産検定を受けることになったのは、書店でパンフレットを見つけたのがきっかけ。 そこからマイスターまで登り詰めることになるのですが、その勉強ぶりがまたすごいんです。 ・テキストの主なテーマやキーワードを拾って自分の言葉でノートにまとめる。 ・1問目の「語句の説明」は、50文字以内で答えられるようにした。 ・2問目、3問目については、新聞記事をスクラップし、世界遺産委員会の最新情報をチェックして、資料をたくさん集めるようにした。 ・特に、3問目は、過去の講評の「感情的にならないように」を参考に、事実をしっかりと把握した上で、冷静に書くことを意識した。 そして、認定証とバッジが届くことになります。 ちなみに将来の夢ですが、世界遺産をどんどん知るようになって、 建築士になりたい気持ちが強くなってきたそうです。 その他には、 イコモス(国際記念物遺跡会議)の調 査員になりたいという思いもあるそうです。 【イコモス】 国際記念物遺跡会議の略称で、パリに本部がある国際的な非政府組織。 ユネスコ 国連教育科学文化機関 の諮問機関の一つ。 「記念物と遺跡の保存に関する国際憲章」 通称:ヴェニス憲章、1964年 を受けて、遺跡や歴史的建造物の保存を目的として65年に設立されています。 世界遺産条約に基づき、世界遺産登録への可否を事前に審査する機関として知られています。 以前は、世界の平和と環境の保護に関する仕事がしたいと漠然と考えていたのが、だんだん具体化してきているようです。 山本リシャール登眞 学歴(小学校や中学について) 山本リシャール登眞くんの出身小学校は、 京都市立岩倉北小学校です。 その5年生のときに、 最上級の「マイスター」試験に合格しました。 それが、最年少記録を 1 歳更新する快挙だったんですね。 小 2 年のときに世界遺産のことに興味を持って、 「これが僕のやりたいことだ」と思ったと言います。 そして、そこから世界遺産検定の勉強を始めて、 小4で 1 級に合格(これも最年少)しました。 ちなみに、 1級の平均合格率は約 20%で、全世界遺産が出題範囲だそうです。 凄い! さらにマイスターの凄さをお伝えしますよ。 マイスター保持者って、全受検者数の約 0. まさに超難関です。 そりゃあ注目されるわけですよね。 小学生でマイスターに合格したのは2人目で、2013年に小6年の男の子が合格して依頼となっています。 だいたいそんな人が過去にいることも驚きです。 小学生って読めない感じもあるから本当なのか?って思うこともあると思うんです(私もそうだからなのですが)。 調べてみると、学習し始めたときはさすがに漢字が読めなかったそうです。 その当時は母親にルビを振ってもらっていたそうですが、だんだんと語彙が増えていき、小3の終わりには、大人用のテキストが問題なく読めるようになったのだとか。 このくらいの子供の学習能力は恐ろしいですね。 そして今は中学生になっているのですが… 残念ながら、どこの中学校に進んだのかはわかりませんでした。 中学受験をしなければ、京都の岩倉中学校に進学したと思いますが、受験しているとしたらどこかの難関私立中学校に通っているものと思います。 京都のジュニア観光大使に任命されている山本リシャール登眞くんですから、 京都市内に進学しているものと思われます。 ここは、もしわかりましたら更新します。 【世界遺産検定】 人類共通の財産・宝物である世界遺産についての知識・理解を深め、学んだ内容を 社会へ還元することを目指した検定です。 世界遺産への理解・習熟度を基礎から専門分野にいたるまで、幅広く総合的に出題されます。 2006 年にスタートして以来、約 14 万人が受検していて、8 万人以上が認定されています。 受検料の一部は、ユネスコ「世界遺産基金」に寄付されて、世界遺産の保護や保全等に活かされています。 (素晴らしい活用法です!) 主催は、NPO 法人「世界遺産アカデミー」で、年4回(3 月、7 月、9 月、12 月)実施されます。 受検級は、マイスター、1 級、2 級、3 級、4 級があって、解答形式はマークシートとなっていますが、マイスターのみ論述となっています。 山本リシャール登眞 父母の学歴や国籍 父と母については、職業は先程紹介の通り、父は大学で数学教師、母は国際法の研究をしています。 そして、 両親の学歴を調査したのですが、どこにも見当たらずわかりませんでした。 とても気になるのですが残念です。 まだ山本リシャール登眞くんが子供ですので、周辺の情報は最低限となっているようです。 こちらも分かり次第アップします。 同じくになってしまうのですが、 国籍についても明らかな情報は見当たりませんでした。 しかし、日本語の流暢さからしても、 日本国籍を取得している可能性は高いと思われます。 まとめ 将来が非常に有望で、メディアに取り上げられる機会もどんどん増えるであろう、山本リシャール登眞くんの情報をお伝えしました。 本が大好きと言いますから、これからの知識の蓄積は世界遺産に限らず相当なものになっていくはずです。 そうなったときには、 メディアでもわかりやすい解説をして高感度もアップしていくことでしょう。 そうなるべく生まれてきた感のある山本リシャール登眞くんの活躍を期待して終わりにしたいと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

山本リシャール登眞の両親や中学校について!イケメン画像も一緒に!

リシャール くん

今回注目するのは 歴代最年少で世界遺産検定の マイスターに合格した 山本リシャール登眞 とうま 君。 世界遺産検定の 最上位に位置するマイスター資格の 近年の合格率は50%近く。 ですがマイスターの受験者の大半は 社会人で、総受験者20万人のうち 0. 2%しか合格者がいません。 それに認定したなんて 山本リシャール登眞君は凄いの一言。 今回は山本リシャール登眞君が どんな少年なのか、 wikiプロフィールや中学・小学校、 世界遺産に興味を持った きっかけを紹介します。 それでは早速見ていきましょう。 プロフィール 名前:山本リシャール登眞 生年月日:不明 年齢:14歳 2020年1月現在 出身:フランス リヨン 居住地:京都府 推定身長:170~172㎝ 将来の夢:建築士、イコモス 国際記念物遺跡会議 の調査員 歴代最年少で世界遺産検定の マイスターに認定された 山本リシャール登眞くん。 名前や顔立ちからわかるように ハーフといいますか外国人の血 をひいています。 テレビを見ると中学2年生ながら 身長が170㎝を超えていると 思われるのでそれも納得ですな! フランス・リヨンで生まれた後は 4歳で一度、日本へきて、 6歳の時に両親の仕事の関係で ヨーロッパへ渡っています。 ブリュッセルやリヨンで 過ごしていたみたいですな。 そして小学2年生の2学期から また日本へきて、現在は 京都に暮らしています。 日本と海外を転々とする 幼少期時代を送っていたんですね! そんな環境もあってか、 話せる言語は日本語・フランス語・英語の3か国。 イケメンな上にトリリンガル、 背が高くて頭良しなんて 素晴らしすぎます。 スポンサードリンク 山本リシャールとうまの小学校は? 山本リシャールとうま君の 出身小学校は京都市立岩倉北小学校。 ブリュッセルやリヨンでの 小学校はわかりませんでしたが 日本では私立ではなく 公立の小学校に通っていました。 そして小学2年生の頃から 世界遺産検定を受け始めています。 3年生 8歳 :3級合格 3年生 9歳 :2級合格 4年生 10歳 :1級合格 5年生 11歳 :マイスター合格 小学生でマイスターに 合格したのは 山本リシャールとうま君で 二人目の快挙! 一人目は6年生だったので 山本リシャールくんが最年少になります。 山本リシャール登まが通っている中学校はどこ? 現在14歳で中学2年の 山本リシャール登ま君。 詳しい学校名までは わかりませんでしたが 今現在は京都に住んでいる という情報ですので、 小学校と同様に京都市内の 中学校に通っていると思われます。 中学生ということで 恋愛なども始まる年代ですが、 山本リシャール登ま君は 世界遺産が恋人というくらい 世界遺産に夢中みたいですよ! そういうこともあり、 受験勉強より世界遺産だと思うので 中学も私立ではなく公立でしょうな。 スポンサードリンク 山本リシャール登眞はなぜ世界遺産に興味を持ったの? 世界遺産博士など、番組で 博識な姿を披露する 山本リシャール登眞くん。 世界遺産に興味を持ったのは 幼稚園の頃、両親に買ってもらった 世界遺産の図鑑がきっかけで その図鑑が、 愛読書だったようです。 地球の美しさ、人類が作りあげてきた 建造物の素晴らしさに 感動したそうですよ! 幼少期を過ごしたリヨンも 歴史地区として世界遺産に 認定されていますので、 休みの日は家族で博物館を巡ったり 古い町並みを散策することが 多かったといいます。 それでますます興味を持つように なっていったそうです。 色んな図鑑を買い与えた中で 世界遺産図鑑に興味を示したのか 元々、図鑑や建造物の写真などに 興味を示していたのがわかったから 世界遺産図鑑を買い与えたのか どちらかわかりませんが、 凄い両親には間違いない。 博物館めぐりなど 世界遺産検定の際には テキストの漢字に ルビを振るなど 子供の才能を伸ばすために 興味のある物に対しては しっかりサポートされていますね! 両親についてはこちらからどうぞ まとめ 今回は最年少で世界遺産検定の マイスターに認定された 山本リシャール登眞くんを紹介しました。 読書が大好きだというので これから語彙力も知識も増え さらに博識になっていくでしょうね。 今後は世界遺産と言えば 山本リシャール登眞くん! といった感じに活躍されるでしょう! 今回は以上になります。 最後までご覧いただき、 ありがとうございました!.

次の