ミイラ取りがミイラになる。 ミイラ取りがミイラになるとは?意味や語源・使い方を解説

英語のことわざ【ミイラ取りがミイラになる】

ミイラ取りがミイラになる

知り合いにも 割と、そういう傾向のある 危険な人がいるような気がします。 逆転移っていうのは 心理用語だけど 「支援者がクライエントの影響を受けて 自分のコントロールができなくなる状態」だと 思っていただくとわかりやすいかと。 クライエントからイライラをぶつけられるうちに 自分がイライラしてしまうとか 今の時期なら コロナの支援しているはずが 周りのつらさに飲み込まれて 自分の方が 支援が必要な状態になっているのに気づかずに パニクって大騒ぎしちゃってるような そんな感じでしょうか。 個人相談をしていると 「一緒に泣いてくれたのが、うれしかった!」とか 「真剣に話したのに、素っ気ない返事をされた!」とか クライエントさんは セラピストの受け答えに対して いちいち共感や受容を要求しているけど わかってもらえた感が欲しいのは まあ、素人だから仕方ないけど 「すっごくわかる〜!!」 「それ、ひどいよね〜!」 って、セラピストが興奮していたら 冷静なカウンセリングって成立しないので セラピストは能面みたいな 冷静さと客観性は必要。 あと、スパッと 切り替えできないのも 逆転移現象です。 「あのクライエントさんのことが 気になって眠れなかった」なんて人は 一見すると、とても親身になって クライエントさんのことを思っている 素晴らしいセラピストに見えますが 自己管理できずに 公私の境界線キープできずに クライエントに対して 感情移入しちゃってる状態は すでに、プロとしては外れています。 クライエントのエピソードに 揺さぶられることは 誰だってありますよ。 人間だからね。 そこで、揺さぶられる 自分がいるかどうかを 自覚できるかどうかが セラピストに求められる 自己理解です。 どういうエピソードに 自分は、気持ちを揺さぶられる 傾向があるのか?とか それは、なぜか?とか 自分で自分のことが わかっていない支援者は 対象者さんのことを 結果として傷つけてしまう。 自己制御不能なわけだから。 クライエントさんから 「冷たい!」って言われてもね それが、私たちの仕事。 支援者に自分の話をしたら 支援者の方がメンタルやられて 病院通いするようになったら どう思う? 複雑性PTSDのクライエントなら 「ああ、私が迷惑かけたから!」って また、の学習してしまうわけでしょ? 逆転移っていうのは どんな状況やどんなエピソードと向き合っても でん!と構えていられない状態のことです。 トラウマ被曝すると この逆転移は、非常に起きやすいのです。 トラウマ持ちのセラピストは特に。 わざと逆転移を誘発しようとする タチの悪いクライエント (本人は自覚のない症状だから仕方ないけど) も、いたりするので。。 支援者と対象者は 距離感が必要。 その安全と安心の領域は 相互の関係性の中でしか 確認することはできない。 トラウマ持ちのクライエントは もともと猜疑心や不信感が 半端ない状態で来るから 試されますよね、実際。 ほんっとに 「てめ〜、いい加減にしろ!」って 喚きたくなるくらい、執拗な人もいる。 で、思うわけですよ。 これは、症状であって この人ではないって。 トラウマ支援って エクソシストっぽいところも ある気がしています。 トラウマがその人に 憑依している的な。。 あぶない表現になりそうなので 今日は、この辺で。

次の

ことわざ/ミイラ取りがミイラになる(みいらとりがみいらになる)とは?

ミイラ取りがミイラになる

「ミイラ取りがミイラになる」の語源と意味とは? 最初に「ミイラ取りがミイラになる」の語源と意味から解説します。 語源は「中世ヨーロッパで使われた薬」 「ミイラ取りがミイラになる」の語源は、ポルトガル語の「ミイラ」という薬に由来しています。 「ミイラ」は「ミルラ」とも呼ばれ、効果の高い薬の一つとして中世ヨーロッパで広く使われていました。 そのような背景から、ミイラの採取で生計を立てる人が増えていきましたが、ミイラの採取には過酷な砂漠越えなどを余儀なくされることもあり、途中で倒れて息絶えることが多かったと言われています。 これが「ミイラ取りがミイラになる」の語源です。 つまり「ミイラを採取に行こうとするが、砂漠で自分が倒れ、結局自分がミイラと化してしまう」という意味となります。 (豆知識)「ミイラ」ってどんな薬? 「ミイラ」は熱帯地方に生息するカンラン科・コミフォラという低木から採取できるゴム樹脂で、痛み止めやうがい薬、そして「死体などに塗る防腐剤」として利用された「没薬(もつやく)」の事です。 ちなみに、ポルトガル語の「ミイラ」は日本語で「木乃井」と表記します。 意味は「連れ戻せなくて留まること」 「ミイラ取りがミイラになる」とは「人を連れ戻しに行ったものの連れ戻すことができず、結局その場に留まること」または、「説得をしようとしているにも関わらず、意図とは反対に相手から説得をさせられてしまうさま」を意味しています。 状況によってこの二つの意味に分かれますが、どちらも「当初の意図とは反し、逆の結果に終わる」「上手に丸め込まれてしまり目標が果たせない」という状況を表しているのがわかるでしょう。 「ミイラ取りがミイラになる」の同義語は? それでは言い換えが可能な「ミイラ取りがミイラになる」の同義語を挙げてみます。 「説き伏せる」「首肯かす」 「ミイラ取りがミイラになる」で「考えや信条を仕向ける」の意義がある類語は「説き伏せる」「首肯かす(うなずかす)」「説き勧める」「説き落とす」などがあります。 表現を柔らかくするなら「心を動かす」も類語の一つと言えるでしょう。 「口説き落とす」「言いくるめる」 また「ミイラ取りがミイラになる」で「相手に同意させ自覚させる」という意義のある類語には「口説き落とす」「言いくるめる」「丸め込める」などがあります。 どれも状況的にはやや強引的なニュアンスのある表現です。 「ミイラ取りがミイラになる」の使い方と例文 続いて「ミイラ取りがミイラになる」の使い方と例文について解説します。 相手に説き伏せられた時に使う ビジネスシーンでも日常生活でも「ミイラ取りがミイラになる」は「相手に説き伏せられた時」に使うのが適切です。 すなわち、状況や事情があって、心に決めていたことや目標などが果たせないのではなく、不本意に口説き落とされたような状況に対して使うのがベストでしょう。 「ミイラ取りがミイラになる」の例文 「ミイラ取りがミイラになる」の例文をいくつか挙げてみます。 綿密なプランを練ったのに相手に丸め込まれた。 ミイラ取りがミイラになったと言われても仕方がない。 相手の説得力に負けた私は、ミイラ取りがミイラになったような状況である。 ミイラ取りがミイラにならないように、必ず彼を連れ戻して戻ってくるからね。 「ミイラ取りがミイラになる」の英語と中国語での表現 最後に「ミイラ取りがミイラになる」の英語と中国語での表現についてみてみましょう。 英語では「羊」が登場 「ミイラ取りがミイラになる」を英語で表現するなら、定型文の「going for wool and coming home shorn(羊の毛を刈りに行ったのに、自分が毛を刈られて返ってくる」を使うのが最も適しているでしょう。 「ウールを取りに出かけたのに、何とも自分がスッキリ刈られて戻ってくるとは…」というニュアンスで使われます。 まとめ 「ミイラ取りがミイラになる」は「人を連れ戻しに行くが、結局返ってこないこと」また「説得しようとするものの、逆に相手に説得をさせられてしまうさま」を指す言葉です。 ビジネスシーンでも勢いを持って顧客やクライアントに提案や契約の話をしに行くこともあるでしょう。 しかしながら、当初の目的とは裏腹に、相手に説得させられてしまい、別の内容でゴーサインを出す結果になることもあるかもしれません。 職場では「ミイラ取りがミイラになった」とからかわれることのないように、意思を強く持って行動するようにしましょう。

次の

ことわざ「ミイラ取りがミイラになる」の意味と使い方:例文付き

ミイラ取りがミイラになる

「ミイラ取りがミイラになる」の意味とは 「ミイラ取りがミイラになる」とは 「連れ戻しに行ったのに、逆に先方に留まってしまい、帰ってこられなくなる」や「説教をしようとしたのに、反対に相手に説教をされる」という意味に使われています。 「ミイラ取りがミイラになる」の語源 「ミイラ取りがミイラになる」の語源についてお話します。 昔は、ミイラを作るための防腐剤に用いる薬を取りに行くには、危険が伴っているようです。 これを取りに行った人が、砂漠などで倒れてしまい、目的を果たすことも出来ずに死んでしまった後、そのままミイラになってしまったというのが語源です。 「ミイラ取りがミイラになる」ということわざは、日本で誕生したという説もあります。 江戸時代の人形浄瑠璃『本朝廿四孝』が、最初だったようです。 ミイラは、15~17世紀ごろのヨーロッパでは、万能薬や不老不死の薬として重宝されていました。 薬効についてはもちろん、ミイラを盗むという悪人の話は既に、当時鎖国をしていた日本にも伝わっていたようです。 「ミイラ取りがミイラになる」の類語 類語とされることわざや言葉をご紹介します。 <類語> 「木菟きが木菟も引かれる」「人捕る亀が人に捕られる」「懐柔される」.

次の