うし ごろ。 うしごろバンビーナ 新橋店(新橋/焼肉)

焼肉うしごろ 西麻布本店

うし ごろ

うしごろバンビーナ(焼肉&バル) 渋谷店 住所 電話番号 050-3463-6242 (お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。 ) 営業時間 月~金 ディナー 16:00~24:00 (L. 23:00) 土・日・祝 ディナー 16:00~24:00 (L. 23:00) ・土日祝日は大変混み合っており、1時間45分となることがございます。 ・ご予約当日、ご予約時間より10分以上御来店、御連絡頂けない場合は、自動キャンセル扱いとさせて頂きます。 また、電話が繋がらない際にはお手数ですが、メールにてご連絡くださいませ。 ~公式ラインアカウント始まりました「うしごろ 渋谷」~こちらからもネット予約承ります。 (ホームページWEB予約は24時間、いつでも受け付けています) ぐるなび 上記は取材時点での情報です。 現在は異なる場合があります。 フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の

「焼肉うしごろ 西麻布本店」は焼き肉好きも唸らせる、タンが劇的に美味しい!タン、タン、タン!

うし ごろ

うしごろバンビーナ(焼肉&バル) 渋谷店 住所 電話番号 050-3463-6242 (お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。 ) 営業時間 月~金 ディナー 16:00~24:00 (L. 23:00) 土・日・祝 ディナー 16:00~24:00 (L. 23:00) ・土日祝日は大変混み合っており、1時間45分となることがございます。 ・ご予約当日、ご予約時間より10分以上御来店、御連絡頂けない場合は、自動キャンセル扱いとさせて頂きます。 また、電話が繋がらない際にはお手数ですが、メールにてご連絡くださいませ。 ~公式ラインアカウント始まりました「うしごろ 渋谷」~こちらからもネット予約承ります。 (ホームページWEB予約は24時間、いつでも受け付けています) ぐるなび 上記は取材時点での情報です。 現在は異なる場合があります。 フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の

高級店だけど、高級感を感じないのは何故なのか?焼肉うしごろ銀座店 : Non-Stress Life

うし ごろ

4年前、西麻布の本店がオープンするなり大ブレイクし、その後、恵比寿、中目黒・・・と店舗を増やして来た「うしごろ」。 攻め方も、カジュアルラインの「うしごろバンビーナ」、日本酒とのマリアージュを提案する「うしごろ貫」、「鉄板バンビーナ」など、精緻なマーケティングに基づいたブランド戦略も巧みです。 その「うしごろ」が、昨年4月、遂に銀座に西麻布本店と同格の店をオープンしたのが、此方「うしごろ銀座店」。 場所は地下鉄、銀座一丁目駅至近のビルの1&2階。 銀座のど真ん中とは言えませんが、アクセス的には便利な場所です。 入口は、ビルの壁の色と完全に同期化した黒一色の扉で覆われ、中の様子が全く窺えないデザイン。 同じく黒のファサードに白く浮かび上がる店のロゴマークがなければ、正体の分からない会員制倶楽部のようにも見えます。 名前を告げると、2階に案内され、つい立で仕切られた半個室に通されました。 平日の営業は夜のみですが、土日祝日は昼から営業しているとの事で、我々の隣のお客は、デザートを食べ終え、席を立つところでした。 店内は、黒で統一され、ダウンライトが僅かな光を放つだけのモノトーンのシックな内装。 サービススタッフの服装も黒。 個室、半個室を中心とした造りになっているようですが、室内全体が暗く、自分達が案内された場所以外は良く見えない為、店全体がどう言う構造になっているのかがよく分かりませんでした。 笑 MENUはアラカルトの他、コースが4種類。 食べごろコ-ス(6500円)、うしごろコース(8500円)、極み赤身コース(10000円)、極みコース(10000円) 真中のうしごろコース(8500円)をオーダー。 内容は、こんな感じです。 ・・・こちらはタレで。 此方は素人が焼くと、折角の肉が台無しになるので、スタッフが焼いてくれました。 最初は、ポン酢で・・・。 次は、タレで・・・。 残ったご飯は、TKGに・・・。 ・・・切り落としだけ、5人前とか注文する客が居たら、嫌がられるだろうなぁ・・・。 ******************* うしごろグループが、満を持してオープンした銀座店。 前述した黒を基調としたシックでセンスの良い内装や雰囲気。 黒毛和牛、A5ランクの処女牛のみを使用と言うだけあり、 口に入れただけで溶けてゆくような上品な脂と柔らかさを持った肉の旨さ。 (但し、自分的には、タレが甘過ぎました) スタッフが肉を焼いてくれるサービス サイドMENUやデザートに至るまでレベルが落ちないコースの流れ 丁寧で気配りが効いた接客・・・・。 と言った具合に、昔ながらの焼肉店とは一線を介した高級路線を売りにした焼肉店である事は確かです。 ご馳走様でした。 焼肉うしごろ 銀座店 中央区銀座1-6-6 03-3538-1129 【月~金】17:00~24:00 LO23:00 【土・日・祝】12:00~23:00 LO22:00 年中無休 年末年始を除く).

次の