手越 祐也 炎上。 NEWS手越祐也がコロナ禍でも手越ガールズ集めてパーティーで炎上!LINE画像あり!銀座夜遊びや昭恵会など根っからのパリピぶりやコミュ力の高さまとめ

手越祐也に岡村隆史、コロナでひと悶着「やらかし芸能人」の茨の道

手越 祐也 炎上

週刊ポストのWeb版『NEWSポストセブン』が先行公開した記事によれば、3月下旬に東京都内某所で行われた花見には13人が参加していたといい、この写真を見た参加者の知人は、 「この日の参加者は、昭恵さんと以前から交流があった人が中心だそうです。 写真で昭恵夫人の隣にいるのは人気モデルの藤井さん。 藤井さんは2014年にYouTubeで昭恵さんと対談するなど、もともと交友があったようです。 他にもアイドルグループ・NEWSの手越祐也さんや音楽プロデューサーなど芸能関係者の姿もありました」と語っています。 また、安倍昭恵夫人はこの花見についてどのような話をしているのか問われると、 「東京都が自粛を求めている公園ではありません。 レストランで知人と会合を持った際に、レストランの敷地内の桜の下で撮っている」と弁明しました。 すると野党議員から、 「レストランならいいのか。 新型コロナ問題で、全国、東京をはじめ、国民の皆さんが大変な思いをしている。 ファーストレディの行動として、この行動は適切なんですか?」と指摘されたのですが、これに対して首相は、 「じゃあ、レストランに行ってはいけないのか。 その時にどのような自粛が求められていたのか、正確に把握した上でご意見を述べられたら」と反論しています。 このように安倍晋三首相は安倍昭恵夫人の尻拭いをしていたのですが、政府による専門家会議では2月時点で、 「よほど重要な飲み会でなかったら、今のところはやめた方がいい」「至近距離で行き合うだけでなく、しばらく一緒におしゃべりしたり、いろんなことをするところが、一番感染が生ずるとすればそこなので、そこは気をつけてください」と呼び掛けており、昭恵夫人が取った行動は非難されても仕方がないものとなっています。 ネット上でもこの件に対しては、• 花見じゃなきゃ人が集まるとこ行ってはしゃいできてもいいのか、この状況で総理大臣夫人が。 昭恵が感染したとして旦那にうつしたら国政はどうなるんだ。 恥を知れ、恥を。 花見がどうか、場所がどうか?という問題ではなく、日本の現状を考えれば、一国の総理大臣夫人として恥ずかしくないのか?という問題。 それに関する「レストランに行ってはいけないのか」と言う安倍総理大臣も恥ずかしい!• 問題にしているのは、花見かどうかではない!感染拡大を防ぐために、特別な用事がない限り、他人との接触を極力減らすように政府から要請されているのに、総理の夫人がお友達とはしゃいでいて良いのか?という話。 森友問題にしても亡くなった方の遺族から遺書などがでてきていて、あれを読んで美味しい食事を食べて桜を見ようと思えるなんて 人の血が通った人なら到底思えないと思うんだけど。 首相婦人としての自覚が無さすぎ。 国民が精神的、肉体的、経済的に苦痛を味わっているときに、プライベート空間でも花見をする気が起きるのだろうか。 この写真が出回ったときのことを考えられなかったのか。 森友もこの方が発端だよね?あまりにもマイペースの利己主義。 国民に寄り添えない方がファーストレディとしての座に居ることがとても残念だ。 いつも奥様の件を追及されると、逆ギレされるが国民に自粛を要請しておいて、しかも参加者が手越祐也さん他だなんて、重大な集まりとはとても思えない。 ここは潔く謝罪が出来ないんだろうか?• 安倍さんよ、世界に向かって「あれは花見ではない。 問題ない。 」と言ってみてくださいよ。 世界からどんな反応が来るか、対策会議を開いても一般常識がないあなたたちにはわからないでしょうけどね。 などと批判の声が噴出しており、大炎上状態になっています。 また、手越祐也さんが花見に参加していたことでも話題になっており、• 昭恵夫人と手越一緒とかウケる• 手越はやっぱり手越やね• 手越って結構、問題を起こしているよね?処分がないのは首相夫人とお友達だからなの?• 手越もバカだね ちょっと考えようや。 一応一流人気アイドルですよね?• ジャニーズってほんとゆるいのが多い。 ちゃんとやっている人らの足引っ張るなよ、手越。 手越にとっては、女性スキャンダルより安倍夫人とつるんでることの方がイメージダウンになりそう。 手越はそろそろ事務所やほかのメンバー(とくにまっすー)の足引っ張るのやめた方がいい• 飲酒事件など何があっても、安倍支持の読売系日本テレビは、手越くんを切らないでしょう。 それに乗じてやりたい放題の手越くんですが、そろそろ事務所もブレーキを踏んだ方がジャニーズ全体の為ではないでしょうか? などの声が上がっています。 手越祐也さんは新型コロナウイルスの影響でNEWSのライブが延期になった際にも、東京・銀座の人気クラブで夜遊びしていたことを『女性自身』によって報じられており、深夜1時半過ぎに店から出てきた手越さんが、美女2人とハイヤーに乗り込む姿が目撃されていました。 感染経路は不明ながら、手越祐也さんと同様に夜遊び好きのタレント・志村けんさんは、23日に新型コロナウイルス感染が発覚し入院しており、これによって様々な影響が出ているので、とりあえず新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着くまで夜遊びは控え、周囲に影響を与えることがないようにしてもらいたいです。

次の

『NEWS』手越祐也をバッサリ! アンミカのコメントに賞賛「ド正論すぎる」

手越 祐也 炎上

画/彩賀ゆう (C)まいじつ つい先日、緊急事態宣言の中での〝豪遊〟が報じられた『NEWS』の手越祐也。 そんな彼が5月24日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に何事もなく出演していた。 これに視聴者からは案の定、批判の声が殺到している。 この日の番組では新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、司会を務める『ウッチャンナンチャン』内村光良以外の出演者はリモート出演となっていた。 そしてまず初めに「恒例! メンバーのごあいさつ」として、『LINE』風のグループトーク画面が映し出される。 するとその中で手越は「どうも~!」「最近 玄米炊いて食べてま~す」「よろしくお願いしま~す!! 」と近況を報告し、併せて彼の肉声も流されていた。 「手越は『週刊文春』にて、緊急事態宣言の真っ只中である4月下旬に複数の女性たちとパーティーを催していたことを報じられています。 これだけならまだしも、謹慎中であろう5月下旬にも六本木のラウンジやバーで、朝まで女遊びをしていた模様。 もともとスキャンダルの多い彼ですが、今回ばかりは擁護より批判の声が勝っていましたね」(芸能ライター) 出演しただけで炎上!? 「自粛しろ」 ちなみに今回手越の姿が映し出されることはなく、全くと言っても差し支えないほど出番はなかった。 しかしネット上には、 《何しれっと出てんだよ……。 他にも報告することあるだろ》 《手越出てきて無意識に舌打ちでた。 もう出さないでほしい》 《イッテQに手越が必要なのは分かるけどさ、ちょっとは自粛させろよ。 喋り方も存在もイメージダウンするばかりだよ》 《手越普通にテレビでてんのすげーな》 《手越ってなんでこんなにやらかして干されないでイッテQ出てるの?》 などといった批判の声が殺到。 しかし一方で手越の熱烈なファンからは、 《元気な声が聞けて嬉しいよっ! 手越くんの声聞いたら泣けてくる。 嬉し泣きだよ……》 《声聞かせてくれてありがとうございます! やっぱ『イッテQ』大好き!》 など、歓喜の声も見受けられた。 一部では〝年内に事務所を退所する〟とも報道されている手越。 それが事実かは不明だが、もはや普通に活動していくのは難しいかもしれない。

次の

手越 祐也がトニトニ外されまた「荒野行動」にあけくれTwitter炎上まとめ

手越 祐也 炎上

緊急事態宣言がいよいよ関西でも解除されたが、このコロナ禍でSTAY HOME、自粛が求められてきた中、思わぬ「しくじり」を招いてしまったタレント・俳優が、複数登場した。 コロナに感染しても批判された石田純一 まず大きなニュースとなったのが、ナインティナインの岡村隆史の失言だ。 自身がパーソナリティをつとめるラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』の番組中、「コロナが終息したら面白いことがある」として、生活に困った女性、しかもその中にはカワイイ女性も風俗店に勤務するようになるという内容の発言をした。 「軽い笑いのつもりだったはずですが、これは完全にダメですよね。 結果的に大炎上し、翌週に謝罪、相方の矢部浩之も番組に出演し、お説教ということになりました。 志村けんさんや岡江久美子さんなど、芸能界でも亡くなられた方がいるわけですし、軽率以外の何ものでもありませんでした」 と、ある芸能ジャーナリストは語る。 謝罪後、同番組は岡村個人のものからナインティナインふたりのものに変更し、岡村のほかのレギュラー番組については、現時点で終了や降板とはなっていない。 行動での軽率さで批判されたのは、自身がコロナに感染してしまった石田純一だろう。 4月なかばにコロナウイルス感染が判明、入院することになった。 その数日前に沖縄で経営する店舗の打ち合わせとして、東京では緊急事態宣言下だったにも関わらず沖縄に出向き、しかもそこでゴルフをしていたことが判明。 前出のジャーナリストは言う。 「 打ち合わせ程度ならリモートでできたのに、わざわざ沖縄まで出向き、ゴルフまで楽しんだというところに、多くの批判が集まりました。 感染は沖縄行きより前のゴルフの場だったと言われていますが、回復した今でも同情の声はなかなか聞こえてきませんね」.

次の