ギガゴリwifi どんなときもwifi。 [ギガゴリWiFi 評判]料金やエリアからおすすめの人は?

【無制限ポケットWiFi】どんなときもWiFiとギガゴリWiFiはおすすめはどっち?速度、料金などを徹底比較!

ギガゴリwifi どんなときもwifi

契約をおすすめしない理由の前に、まずは簡単にギガゴリWiFiについて説明するね そもそもギガゴリWiFiとはどんなWiFiなのか簡単に紹介すると、20GB・30GB・50GB超えのデータ通信量が使える1年契約のポケットWiFiです。 運営会社は、インターネット回線などの扱いをしている「GMOとくとくBB」です。 \\ギガゴリWiFi公式サイトもチェック// ギガゴリWiFiがアピールする5つのポイント ギガゴリWiFiのが売りにしているポイントをまとめると5つあります。 20GB・30GB・50GB超えのプランから選べる• 契約期間が1年と短い• 口座振替での支払いに対応(準備中)• 3日で10GBなどの制限がない プランが選択出来て、契約期間も短く、WiMAXのように3日で10GBのデータ通信制限がないポケットWiFiが欲しい人には丁度よいポケットWiFiだと思います。 ギガゴリWiFiの料金・データプラン ギガゴリプランには、20GB・30GB・50GB超の3つのプランがありますが、料金・支払い方法・解約金などを確認してみましょう。 ギガゴリWiFi 詳細 20GB 30GB 50GB超 事務手数料 3,000円 月額料金 2,350円 2,650円 3,050円 2年目の料金 2,850円 3,100円 3,500円 契約期間 1年 解約規約金 1〜12ヶ月目 18,000円 更新月 0円 更新月以外 8,000円 ドコモやソフトバンクなどの通信大手に比べると半額以下で使えるギガゴリWiFiはお得には感じますが、他のポケットWiFiに比べるとデメリットが多すぎるのがギガゴリWiFiです。 ギガゴリWiFiで使っている端末は? ギガゴリWiFiが使っているポケットWiFi端末は、20時間以上の連続利用が可能になっているFS030Wと言われる端末です。 同時接続台数も15台と多く、コンパクトで持ち運びに適しているので使いやすい端末ですがギガゴリWiFiの場合にはレンタル方式で、解約時には返却する必要があります。 ギガゴリWiFiをおすすめしない理由 ギガゴリWiFiにはメリットが一つもないと言いましたが、その理由は実に単純で、同じ条件で比較するともっと良いポケットWiFiがあるから。 結論から言うとギガゴリWiFiよりもお得に使えるポケットWiFiは「フジワイファイ」と「ネクストモバイル」の2つです。 このふたつが何故ギガゴリWiFiよりもお得なのか、ギガゴリWiFiのデメリットと一緒に説明していきます。 50GBプランなの?制限無しなの?どっち? ギガゴリWiFiには20GB・30GB・50GB超の3つのプランがありますが、一番データ通信容量が多いのが50GB超プラン。 この50GB超プランは50GBではなく「超」が付いているので、全く意味がわからないんですが、HPを詳しく見てみると・・・。 50GB超プランの場合には、月間容量を超えても通信制限はないと書いてあります。 契約更新月は13ヶ月目の1ヶ月間だけ!この期間を逃したら得月から値上がり確定! 契約期間中の解約違約金が高い ギガゴリWiFiは1年に1回の契約更新月以外に解約をすると高額な解約違約金が発生します。 契約1ヶ月目から12ヶ月までの間に解約しようとした場合には、18,000円の解約金が、13ヶ月目の更新月は0円ですが、14ヶ月目以降は8,000円の解約違約金が発生します。 端末はレンタルで貰えない ギガゴリWiFiで使用しているポケットWiFi端末はFS030Wで、連続20時間以上使用できる使い勝手の良い端末です。 この端末は、格安SIMにも対応しているので、他社で契約したSIMを入れて使う事も出来る万能な端末です。 しかし、ギガゴリWiFiでは契約終了後に返却する必要があります。 レンタルなんです。 口座振替払いの場合、手数料が20,000円 2020年2月の時点では、準備中なので申し込むことが出来ませんが、ギガゴリWiFiは口座振替払いにも対応する予定です。 クレジットカード以外の支払い方法として利用者が多いの口座振替ですが、他のポケットWiFiも確かに手数料を取られる場合が多くあります。 しかし、ギガゴリWiFiの場合には口座振替払いで申し込む時には20,000円の「初期契約手数料」が必要になります。 解約時に戻ってくる保証金とかじゃなくて、手数料だから!戻ってこないからね! ギガゴリWiFiのデメリットをまとめると• 50GB超プランが意味不明• 自動更新されてしまうと2年目の料金が高い• 解約違約金が高い• ポケットWiFi端末が返却必須• 口座振替払い希望なら20,000円余計に手数料がかかる このあたりが、ギガゴリWiFiのデメリットで契約をおすすめ出来ない理由です。 ポケットWiFiに詳しい人が見れば、ギガゴリWiFiのメリットって全然ない事が分かると思います。 なぜなら、同じ様に使えてもっとお得な物があるからです。 ギガゴリWiFiと比較して絶対にお得な2つのポケットWiFi 先程もちらっとお伝えしましたが、ギガゴリWiFiと同じ様に使えてお得なポケットWiFiは「」と「」の2つになります。 簡単に特長をまとめると。 契約期間縛りがなくいつでも解約できる「フジワイファイ」と、2年間料金が変わらず、ポケットWiFi端末(FS030W)が貰える「ネクストモバイル」です。 ギガゴリWiFi ネクストモバイル フジワイファイ 初期費用 3,000円 月額料金 20GB:2,350円 30GB:2,650円 50GB超:3,050円 20GB:2,400円 30GB:2,700円 使い放題:3,100円 クレカ/口座振替/コンビニ支払い ギガゴリWiFiとネクストモバイルを比較 ネクストモバイルはギガゴリWiFiと同じ様な料金プランですが、契約期間が2年間と長いのが特長で、口座振替・同じポケットWiFi端末と、ギガゴリWiFiの直接的なライバルと言えます。 ネクストモバイルの方がギガゴリWiFiよりも良いと言えるポイント• 20GB・30GB・使い放題プランが選べる• FS030Wが無料で貰える• 2年間使うことを考えればネクストモバイルの方が安い• 口座振替に対応(手数料は毎月200円) ネクストモバイルは、ギガゴリWiFiと同じ様に20GBプランと30GBプランがありますが、ギガゴリWiFiの意味不明な「50GB超」プランのような物はなく、使い放題プランが設定されています。 ギガゴリWiFiも50GB超えても通信制限にならないって言ってるけど、使い放題とは言ってないのが怖い。 ネクストモバイルは使い放題プランがちゃんと用意されてるよ ネクストモバイルとギガゴリWiFiの使っているポケットWiFi端末は、同じFS030Wを使っていますが、ギガゴリWiFiが返却必須のレンタルなのに対して、ネクストモバイルは無料プレゼントなので、契約終了時に返却する必要はありません。 FS030Wは、日本のドコモ・ソフトバンク・au系の回線の全てに対応しているので、格安SIMなど自分の好きなSIMを入れて運用する事が可能です。 FS030Wを詳しく知りたい人はこちらの記事も参考に! ギガゴリWiFiの料金プランはネクストモバイルより50円安くしているので、新サービスのギガゴリWiFiがネクストモバイルから客を奪おうとしているのは明らかですが、これも微妙・・・ ネクストモバイルが2年間の契約期間なのに対して、ギガゴリWiFiは1年契約。 2年目からは月額料金が500円も上がってしまいます。 2年間使うことを考えれば、月額料金が変わらないネクストモバイルの方が圧倒的に安い料金で使えることになります。 契約期間の縛りがあっていいなら完全にネクストモバイルの方がお得でしょ! \\公式サイトもチェック// ギガゴリWiFiとフジワイファイを比較 フジワイファイはポケットWiFiに中では珍しい契約期間の縛りが無いポケットWiFiです。 25GB・50GB・100GB・使い放題プランの4つなので、厳密にいうとギガゴリWiFiとデータ容量は少し違います。 フジワイファイがギガゴリWiFiよりも良いと言えるポイント• 契約期間の縛りがない• おまとめ支払いを利用すればギガゴリWiFiよりも圧倒的に安い• プランの変更が可能• クレジットカード・口座振替・コンビニ払いに対応 フジワイファイの最大の特長は、契約期間の縛り無くいつでも解約が可能な点です。 大げさに言ってしまえば、1ヶ月で解約してもなにも問題がありません。 初期費用3,000円と月額料金しかかかりません。 圧倒的にフジワイファイの勝ち フジワイファイには4つのプランがありますが、契約期間の縛りがないフジワイファイはプラン変更が可能です。 新規契約の時に必要になる事務手数料は3,000円ですが、プラン変更であれば1,500円の手手数料で変更する事が出来るので、生活環境の変化で使うギガ数が変わっても安心。 これもギガゴリWiFiにはない特長です。 そして、支払い方法に関してですが、フジワイファイではクレジットカードの支払いと「atone」と言われるクレジットカード無しで出来る後払い決済が利用出来ます。 atoneの支払い方法は、コンビニ払いと口座振替で選択出来るので、クレジットカードの支払いにしか対応していないギガゴリWiFiに比べても、支払い方が多くクレジットカードを持っていいない人でも契約する事が出来ます。

次の

ギガゴリWiFiワールドプランとどんなときもWiFiの比較

ギガゴリwifi どんなときもwifi

ただ無制限wifiは、新型コロナの影響でユーザー数が多くなりすぎて、場所や時間帯によっては通信の混雑・速度の低速化が見られています。 コロナの影響でずっと受付を停止していたのですが、予約受付が始まっています。 7月よりGO TOキャンペーン応援がはじまり、U2sのみ半年間月額料金が安くなっています。 U3は2020年5月に発売された新端末です。 本日はG4Max・U3は売り切れで、 現在申込みができるのは『U2s』という端末になります。 \ 在庫あり/ >> THE WiFi:発送まで1ヶ月程度。 初期費用0円キャンペーン中! THE WiFiは 初期費用(3,000円)が無料になるキャンペーンを行なっています。 THE WiFiも残念ながら、「場所や時間によっては速度の低下が起きている(2020年5月15日付)」と公式でアナウンスされています。 現在申込みはできるものの、発送を一時停止していて、新規の人の発送日が未定となっています。 こちらの記事で紹介している無制限wifiはU2sが多いですが、こちらのゼウスWiFiだけ『H1』という端末。 H1の最大通信速度はU2sと同じですが、 最大接続台数が10台と多いです。 またゼウスWiFiのおすすめポイントは、 30日以内の解約は、違約金が0円になること! 契約後に、繋がりにくい・速度が物足りないなど不具合があった場合も安心です。 また販売ページを詳しく見ると、端末の返却に関しての記載がありません。 しかし『THE WiFi』と同じ会社が運営しているため、おそらくTHE WiFiと同じ(レンタル・返却あり)と考えて良いと思います。 ただめっちゃWiFiは、2020年5月現在、場所や時間によって速度の低下が起きているので、申し込む際は気をつけてください。 詳しくは下記の記事にまとめています。 ギガゴリWiFiは現在注文数が多くなっており、端末の発送まで1ヶ月以上かかります。 GMOから出ているギガゴリWiFiも、解約時の違約金が更新月以外はかかります。 また端末の取り扱いについても書かれていないので、気をつけてください。 どんなときもWiFi:受付停止 どんなときもWiFiは、ユーザー数の増加により回線が不安定になったため、新規受付を停止しています。 Mugen WiFi:受付停止 Mugen WiFiも新規受付を停止しています。 hi-ho GoGo Wi-Fi:受付停止 hi-ho GoGo Wi-Fiも、在庫不足につき新規受付を停止しています。 よくばりWiFi:受付停止 よくばりWiFiは、システムメンテナンスのため新規受付を停止しています。 【まとめ】無制限wifiなら『クラウドWiFi東京』がおすすめ! 2020年7月6日現在、料金と契約条件・在庫状況を総合的に見ると 無制限wifiなら『クラウドWiFi東京』がよいです! 申込みできたら、超ラッキーです! ただ『クラウドWiFi東京』だったら速度低下しないか?と聞かれると、なんとも言えません。 ユーザー数に応じて、速度が低下する可能性はあります。 しかしクラウドWiFi東京は、契約期間の縛りがないので、万が一契約して速度が遅いと感じたら、いつでも解約できます。 テレワーク・オンライン授業・オンライン飲み会など、自宅でwifiを使う機会は増えています。 無制限で使えるwifiは在庫が少なく、ほとんどが入荷待ちとなっています。 受付状況・発送日も日々流動していますので、ぜひ参考にしてください。 \ 7月6日のおすすめ!/ >>.

次の

ギガゴリWiFiに50GB超プランが登場。その魅力とデメリットをご紹介!

ギガゴリwifi どんなときもwifi

当サイト限定のから申し込みで、 20GB・30GB・無制限プランは2年間割引月額料金割引となります。 通常の公式ページは1年間まで割引ですが2年間割引でお得に契約が可能です。 詳細は以下のリンクをクリックして下さい。 どんなときもWiFi端末WiFiランプの説明 どんなときもWiFi端末の一番左はWiFiランプです。 点灯した状態がインターネット接続可能状態です。 この状態の時は、スマホやパソコンやタブレットなどにWi-Fi接続が可能です。 消灯するとインターネット接続なしです。 スマホやパソコンやタブレットなどにWi-Fi接続ができない状態です。 点滅した場合はインターネット接続中です。 つまり、インターネットに接続する途中で時間の経過でインターネットにつながります。 点滅の段階ではスマホやパソコンやタブレットなどにWi-Fi接続できませんが、点滅から点灯に変わることでインターネットに接続できるようになります。 どんなときもWiFi端末の電波ランプの説明 どんなときもWiFi端末の真ん中は電波ランプとなっております。 点灯している時にアンテナが4本立っていれば電波状態は良好です。 アンテナが3本立っている場合は4本よりも弱い電波となります。 アンテナが1本や2本の場合、電波が不安定です。 このアンテナが点滅している場合は電波を掴んでいない状態です。 電波を掴んでいないのでインターネット接続はできません。 また、ご自身のSIMカードを装着していて選択を要求されている場合も点滅します。 どんなときもWiFi端末のバッテリーランプ どんなときもWiFi端末の一番右はバッテリーランプです。 点灯している場合は充電が完了しています。 早い点滅の場合はバッテリーが少なくなっております。 遅い点滅の場合は充電中です。 どんなときもWiFi端末の4つのランプ どんなときもWiFi端末の「Wi-Fiランプ」「電波ランプ」「バッテリーランプ」これら3つのランプの下に4つのランプがあります。 この4つのランプ点灯で、「電池残量」と「電波の強さ」を表示します。 電池残量が最初の3秒表示されます。 ランプ4個:約100%• ランプ3個:約75%• ランプ2個:約50%• ランプ1個:約25% その後は、電波の強さを表示します。 ランプ4個:非常に強い• ランプ3個:やや強い• ランプ2個:やや弱い• ランプ1個:弱い どんなときもWiFi端末の電源を入れた直後は点滅する どんなときもWiFi端末の電源をオンにした後、一番左のWi-Fiランプは30~60秒ほど点滅します。 この点滅している最中はインターネット接続ができなくなっております。 電源を入れて30~60秒経過して端末が電波を掴むとランプが一瞬だけ光ります。 その後、スマホ・パソコンなどにインターネット接続すると、ずっと点灯します。 電波を掴みづらい場所では、点灯するまでに時間が掛かります。 逆に電波の掴みやすい場所では、点灯までの時間が短いです。 どんなときもWiFi端末で急に電波ランプが点滅してネット接続できない場合の対処法 どんなときもWiFi端末の電波ランプが急に点滅してネット接続できなくなった場合は、端末を再起動することで改善することがあります。 再起動方法は、電源ボタンを18秒間押し続けると再起動が始まります。 再起動しても点滅する場合は、カスタマーセンターまでお問い合わせしましょう。 電源を切ってから30分や1時間など時間を空けて再起動すると改善する場合もあります。 どんなときもWiFi点滅の評判口コミ どんなときもWiFi到着。 うちはソフトバンクの電波がやや弱いので、こんなもんでしょう。 配達時点で満充電だった。 充電器につなげると、バッテリーが点灯(満充電)と点滅(充電中)を繰り返す。 電源つなぎっぱなしには注意した方がよさそう — 栗原景(くりはらかげり) kuriharakageri どんなときもwifi つながらなくなった 電池残量マークが点滅状態 電波捕まえてないっぽい また障害? — ナッキ nakkikki どんなときもWiFi ランプ点滅!? 電波マーク点滅からのアンテナ点滅で繋がらない状態でお困りのあなたの 【不安をいったん解消】 やることは割と普通ですみません。 お役に立てれば幸いです。 — カミヤ yamika1994 1週間前なので正確に覚えてないですが電波はたってるのにWiFiのマークが点滅してずっと探してる感じでしたね。 手持ちのiPhoneでテザリングはできましたしWiFi切ったら普通にdocomoの回線繋がりましたし。 どんなときも〜がWiFi探したまま30分くらい繋がらなかったです。 仕事終わりyoutube見たいんだけど、約2時間繋がらない、ずっーとwifiマークがチカチカ点滅、wifi探し中をずっーと2時間。 これ一度じゃないから。 — Pf lilyleeblue みんなもつながらないみたい。 どんなときもwifiもう1時間くらい点滅してて繋がらない。 はじめておきた現象、電源入れ直しで治らない。 そのままで治ってる人多いらしいが不通が1時間以上は返金レベルでしょ。 数十分Offにして再度Onでも不可。 繋がらなくなってから1時間強経って試しにOnしたら通信復旧。 — Keity Keity21661095.

次の