アンドロイド ネクスト。 ソースネクスト スマートフォンセキュリティのレビュー

アプリのダウンロード方法ご案内|ソースネクスト総合サイト

アンドロイド ネクスト

0以降 iOS:9. 0以降 Android:4. 0以降 iOS:9. 0以降 Android:4. 3以降 iOS:8. iOSは専用ブラウザで利用します。 Android 4. 4以上は非対応。 対応SNSはFacebookで、今後Twitterにも対応予定です。 対応OS: Android iOS Android版: Android OS 4. 0以上を搭載した機種 iOS版: iOS 9. 0以上を搭載した機種• インストール容量: Android版:約60MB iOS版:約100MB 必要メモリ容量などが書かれていない場合はこちらをご参照ください ご注意• (Android版)本製品をインストールするには、Google Playストアアプリが必要です。 有効期限後に引き続きご利用いただくには更新が必要です。 2台目、3台目の利用開始から1年間有効ではありません。 (iOS版)アプリ名の表記について iOS版は、AppStore上とアプリ内でアプリ名の表記に違いがありますが、仕様です。 AppStore: セキュリティ MOBILE ホーム画面、アプリ一覧: セキュリティ MOBILE アプリ内: ウイルスセキュリティ MOBILE.

次の

アプリのダウンロード方法ご案内|ソースネクスト総合サイト

アンドロイド ネクスト

ソースネクスト スマートフォンセキュリティ ソースネクスト スマートフォンセキュリティの概要 世界的に高い検出率と高速スキャンに定評のあるウイルス対策エンジン、Bitdefender。 ソースネクスト スマートフォンセキュリティにはこのBitdefenderのエンジンが搭載されており、高い検出率と高速スキャンを体感することができます。 着信ブロック機能がないなど、スマホ向けセキュリティソフトとしては珍しい機能構成になっていますが、ウイルス対策と盗難対策に重点を置くユーザーにとっては価格も安くオススメです。 主な機能 ウイルス検査 Webセキュリティ アプリ管理 盗難対策 <メイン画面> メイン画面はとてもシンプルで分かりやすいです。 機能がそれほど多くないということも関係していると思います。 ウイルス検査 ソースネクスト最大の売りは、ウイルススキャンのエンジンがBitdefenderであることです。 世界的に定評のあるスキャンエンジンなので、検出率が良い上に操作性も上々です。 AV-TEST. orgによる評価では、ソースネクストのエンジンであるBitdefenderのPROTECTIONは6. 0(満点は6. 0)となっており、さすがの満点評価です。 <ウイルス検査画面> Webセキュリティ Web閲覧の安全性を保つ機能です。 こちらも操作はいたってシンプル、ONとOFFを切り替えるだけです。 <Webセキュリティ> とても操作が簡単なので効果を実感しにくいですが、Bitdefenderの高性能エンジンが高い検出率でウイルスや悪意のあるサイトをブロックします。 アプリ管理 それぞれのアプリが行う動作、それに与える許可(パーミッション)を把握し、管理します。 <アプリ管理画面> 盗難対策 スマホ端末を持ち去られたり、紛失した際に威力を発揮します。 位置情報を取得し、パソコンなどから地図上でスマホの位置を特定したり、遠隔操作でのデータ消去、ロック、警告音をメッセージ付きで発したりすることができます。 <アカウントログイン、メイン画面> 最初にパソコンなどで遠隔操作するためのアカウントログインをします(左)。 メイン画面はとてもシンプルに、各機能のON、OFFを切り替えるだけです。 <パソコンからログインした画面> 左上に端末の情報が表示され、その下にあるメニューボタンで各種盗難対策の操作ができます。 <左上の操作画面を拡大> 左から順に、「位置特定」「ワイプ(データ消去)」「ロック」「警告」となっています。 クリックするだけで各種操作が可能です。 <警告を発信> 遠隔操作により、警告とメッセージを発することができます(左)。 実際に鳴らしてみると、かなりの音量でブザーが鳴り、左の画面で設定したメッセージが表示されます(右)。 動作の軽さ ソースネクスト スマートフォンセキュリティのウイルススキャン所要時間:0分39秒 スキャンの対象:インストールされているアプリ、SDカード 端末起動1時間後のメモリ使用量:482MB スキャンの速さは、さすがBitdefender。 しかも検出率も高いので、ウイルス対策に特化したセキュリティソフトとして非常に優秀です。 メモリ使用量についても、他のソフトでの標準的な数値よりも100MB近く低く、やはり優秀なエンジンです。 導入の手順 ソースネクスト社の公式サイトに、ダウンロード、購入ボタンがあります。 soucenext. 1年版と2年版から選ぶことができます。 <購入ボタン> すでにソースネクストのアカウントを持っている場合はログイン、持っていない場合は画面下にある必要事項を入力して購入画面に進みます。 <ダウンロード画面> 購入が完了すると、ダウンロード画面へのリンクが現れます。 <設定の変更> ソースネクストAppsというアプリをインストールして、そこからセキュリティソフトをインストールする手順になるので、まずはソースネクストAppsをインストールする準備をします。 不明な提供元からのインストールを許可するにチェックを入れます。 sourcenext. apk こちらからダウンロードをします。 ダウンロードを完了したら、インストール画面になります。 <ソースネクストAppsからインストール> ソースネクストAppsの画面上に、「スマートフォンセキュリティ」が現れますので、これをタップしてインストール開始です。 <スマートフォンセキュリティのインストール> Androidマーケットからインストールするというリンクが現れます。 現在はGoogle Playという名称なので古い呼び方のままになっています(左)。 Google Playのインストール画面です(中)。 ソフトを起動すると、ライセンスキー入力画面になります。 このライセンスキーは購入時のメールに記載されています(右)。 ここまでをこなして、ようやくインストール完了です。 システム要件 キャリア:対応OSを搭載した端末であればキャリア(通信会社)に関係なく利用可能 対応OS:Android OS 2. 2~4. 3を搭載した機種 まとめ Bitdefenderの優秀なセキュリティエンジンを搭載していることで、高いウイルス検出能力とスピードを発揮します。 着信ブロック機能がありませんが、その分価格はとても安く、1年あたり1880円という低価格に抑えられています。 ウイルスに対する脅威、安全なWeb閲覧に重点を置くのであれば最も効率の良い選択肢です。 価格 ダウンロード 2年版 2830円(税込) ダウンロード 1年版 1880円(税込).

次の

2020 新型Xperiaは7~9モデル、Xperia 1.1、Xperia 3、Xperia 5.1、Xperia 0とのリーク情報

アンドロイド ネクスト

Xperia 1では前後合計4つのカメラのうち、ソニー製センサーはリアのメインカメラのみであとはサムスン製センサーでした。 もちろん、だからと言って必ずしも画質が向上するとは限りませんが、多くの方にとってこれは「朗報」として受け取られるような気がします。 Xperia 1 IIのストレージはUFS3. 0でほぼ確定 このXperia 1 II、以前より不明な点として話題になっているスペックの一つがストレージ規格。 以下はXperia 1 IIのストレージ処理速度の計測結果。 UFS3. 0としては全体的に若干アクセス速度が遅めですが、シーケンシャルの読込と書込はUFS2. 1ではありえない速度なので、Xperia 1 IIにはUFS3. 0搭載、ということでほぼ間違いないでしょう。 UFS2. 1では前モデルのXperia 1ではこのストレージタイプはソニーが公式回答として「お答えできません」、としており、このXperia 1 IIについても公式フォラム上で「まだ未定」もしくは「まだ不明」との回答が見られまた。 よって、今後も正式な形で同モデルのストレージ規格が明らかにされることはなさそうです。 なお、今回のこの実機は新宿のau直営ショップ「au SHINJUKU」にあったとのこと。 触れるかは分かりませんが、私も明日あたり、早速行ってみようと思います。

次の