キレ る ポメラニアン コタ 最新。 ポメラニアンの性格や特徴、飼い方の注意点と歴史

すぐキレるポメラニアン!コタ|YouTubeランキング

キレ る ポメラニアン コタ 最新

「 今日も疲れたなぁ〜...。 」 「 この荒んだ心を誰かに癒してもらいたい...。 」 こんな気持ちのとき、ありませんか? 筆者(aruyoga)は、最近しょっちゅうこんな気持ちになります。 というのも、ギックリ腰でヨガはできずじまい...。 旦那さんからもらった風邪は2週間ほど治っていません...。 時間があれば、実家に帰るのですが、どうしても時間がなくて実家に帰れない... 、そんなときはスマホに撮り貯めている愛犬の動画を見まくっていました...。 コタの家族は、お父さん・お母さん・しょうちゃん(息子)。 キレる相手の9割は、お父さんが相手。 ただ、キレてもお父さんに直接噛み付いたりはせず、近くにあった人形をめっちゃくちゃにします(爆) キレてる姿は怖いけど、どこかにほんのりと優しさを感じる、不思議な気持ち... (笑) いくらキレられてもめげないお父さんのファンもただいま増加中です! お父さんとは目があっただけでキレるのに、息子さんのしょうちゃんにはデレデレな姿にもきゅーん!!ときます。 会うだけで毎回うれション(お漏らし)しちゃうところも、かわいい〜...。 ちなみにいつも動画を撮影して編集しているのはお母さんのようなのですが、この編集がまた面白い。 コタちゃんのことをよく理解してるからこそ、できる編集なんだなぁ〜と、お母さんの編集力にも感動させられてます。 YouTubeのチャンネル登録者数も、なんと 約9万人!! どれだけの人が毎日コタに癒されていることでしょう...。 なんか見ていると思わず笑顔になっちゃうし、抱っこすると柔らかいし。 前に参加したセミナーで、赤ちゃんや犬の脳波は、常にリラックスしている状態のシータ波だと聞いたことがあります。 で、誰かが近くにいると、その人にもシータ波が伝わって思わず笑顔になるんだって! それは直接会ったりしなくても、写真や動画でも効果があるらしいですよ〜! コタの動画から、シータ波を分けてもらっちゃいましょう〜。 aruyoga.

次の

【疲れたときに見てほしい】キレまくるポメラニアン、コタ

キレ る ポメラニアン コタ 最新

今回ご紹介するチャンネルは「遠山まさこ」というペットチャンネルである。 このチャンネル名でピンとこない方も多いかもしれないが「 すぐキレるポメラニアン」と言えば誰もが「あー!あのチャンネルね!」と頭に思い浮かぶことだろう。 今回はそんなキレるポメラニアンの「コタ」について徹底調査! お父さんやしょうちゃんなど家族についてや、コタが何故あのようにキレてしまうのかについてもじっくり観察してみよう。 すぐキレるポメラニアン コタと家族をご紹介! では、まずは「すぐキレるポメラニアン」に登場する遠山ファミリーをご紹介していこう。 お父さん・お母さんはわかるが「しょうちゃんって誰?」と疑問に思っている方もいるようなので、そちらについても詳しく調査をしてみたのでコタの家族について知りたい、という方は是非ご覧になっていただきたい。 すぐキレるポメラニアンの「コタ」 出典: 「すぐキレるポメラニアン」の主役である コタ。 名前が 「コタロウ」で、更に動画で出るコタのセリフの一人称が 「オレ様」であることから男の子だと勘違いされがちだが、実は れっきとしたレディなのである。 普段何もないときは、どこにでもいるごく普通のポメラニアンなのだが、キレた瞬間 別犬になったかのように荒れ狂う猛獣と化す。 出典: 普段とのギャップがあまりにも激しすぎることから多くの人々に注目されるようになり、現在は 急上昇ランキングの常連に。 本人はそれどころではないのかもしれないが、お茶の間に爆笑をお届けするちょっぴり異色のペットアイドルなのだ。 現在 2018年 5歳。 なんでコタはメスなのに「コタロウ」なの? 出典: 何故メスなのに「コタロウ」なのか? その理由はコタを飼う際、 息子であるしょうちゃんの弟分としてオスの犬を飼う予定で事前にコタロウという名前を考えていたから。 しかし、予定とは異なりメスの犬を飼うことに。 メスの名前は考えていなかったようで、そのままコタロウと名付けられたそうだ。 すぐキレるポメラニアン コタの宿敵?「お父さん」 出典: コタが 「あいつ」「お前」と嫌っている ? お父さん。 お父さんはコタのことが大好きで、ぬいぐるみをUFOキャッチャーで取ってきてくれたりお風呂に入れるなどの面倒を積極的に見てくれているのだが、何が気に食わないのかお父さんが近づいた瞬間コタは激しくキレキレモードとなってしまう。 特に お父さんの「くるーん!」が大嫌いで、この単語を言われた瞬間「ガウガウガウガウ!」とぬいぐるみに八つ当たり。 何故ここまでお父さんにコタがキレまくるのか、その理由については後ほどじっくりと検証をしていこう。 すぐキレるポメラニアン コタが愛する「しょうちゃん」 出典: コタが愛してやまない しょうちゃん。 しょうちゃんが誰なのか気になっている方が多いようだが、実はしょうちゃんは 遠山家の一人 ? 息子である。 本名は 「しょうたろう」。 既に独り立ちしており、お盆やお正月などの長期休暇の際にしか実家に帰って来ることがないため、 しょうちゃんが帰って来るとコタは大喜び。 あちらこちらに嬉ションを撒き散らしながらしょうちゃんをお出迎えするのだ。 しょうちゃんと一緒にいるときのコタは、 お父さんといるときとは打って変わっておとなしく、しょうちゃんにデレデレ。 出典: これはこれで、まるで別犬のようである。 しかし、お父さんが近付こうとすると 「邪魔するな!」と言わんばかりに牙を剥くコタなのだった・・・。 すぐキレるポメラニアン カメラ担当「お母さん」 出典: 「すぐキレるポメラニアン」の動画撮影、視聴者を笑いを誘うセンスあるテロップやセリフで動画を演出してくれる お母さん。 殆ど動画には登場することはないが、たまーに手や体の一部が見えることがある。 「遠山まさこ」という名前は、 恐らくお母さんの本名であることが推測される。 ご飯や散歩など、日々のコタのお世話もお母さんが担当しているため、 キレられることは全く無い。 チャンネルの説明欄にも記載されている通り、 コタがキレる原因は99%お父さん絡みなのだ・・・。 【おまけ】すぐキレるポメラニアン コタのぬいぐるみたち 出典: コタがキレた際、噛みつかれ振り回される哀れな ぬいぐるみたち。 一番の被害者はこちらの ウルトラマン先輩。 コタの噛みつき攻撃に耐え続ける不死身の男である。 しかし、布のボディでは到底太刀打ちはできず、あらゆる箇所が破けてしまい過去に 数回にも渡る整形手術 お直し を受けている。 すぐキレるポメラニアン コタがキレる理由とは? では、ここからが本題。 ドッグトレーナーなど犬に携わる仕事をしている人でも 「全くわからない」と言われているコタのキレる理由について、視聴者が動画に投稿したコメントから読み解いていこう。 しかし、普段のコタは普通のしつけがされている犬と同じく 大変良い子であり、お母さんやしょうちゃんの声かけにはしっかり従う 従順なワンちゃんなのだ。 しかし、お父さんの言うことも しぶしぶ ではあるが聞くこともあるコタ。 更にどんなにキレていても 本気でお父さんに噛み付くことはしないため、コタのヒエラルキーの中でのお父さん位置が下だったり激しくお父さんを憎んでいる、というわけでも無いようである。 極稀にではあるが、 お父さんにデレることもあるコタ。 お父さんが長いこと家に帰って来なかったときは、帰宅時喜びのあまり嬉ションをしてしまうほど、 本当はお父さんが大好きだったりするのだ。 そうすることで お父さんや家族が笑ってくれるため、構って欲しさからキレ芸をしているのではと言う声も実は多かったりするのだ。 確かに、稀にではあるがお父さんにデレたり言うことを聞く事を考えると合点がいく、なんとも的を射た意見である。 【まとめ】コタ「キレる理由はオレ様しか知らないんや!」 結局、人間同士でもお互いの気持を理解し合うことはできないのに、別の種族である犬の気持ちをわかることなど、 ほぼ100%無理なことなのだ。 つまり 「オレ様の気持ちはオレ様だけが知っている」ということ。 キレる理由は コタのみぞ知る、永遠の謎なのである。 そんなコタは、今日も今日とて元気にキレまくるのだった。

次の

【疲れたときに見てほしい】キレまくるポメラニアン、コタ

キレ る ポメラニアン コタ 最新

通常、7〜10ヵ月で成犬サイズに達します。 ポメラニアンは、ふわふわとした豊かなダブルコートと、よく動く尖った耳を持つフォクシー・ヘッドが特徴的です。 体型はスクエアで、ふわふわの尾が背上に巻き上がっています。 頸まわりの豊かなカラー(ラフ)が、ドイツ北方の雪にも負けないこの犬種の全体像を完成させています。 頭部は丸みを帯び、特徴的な鼻先を持ちます。 ポメラニアンは多種多様な美しい毛色をしています。 もっとも典型的な色は深いレッドですが、ブラックからホワイト、セーブル、チョコレートまでさまざまな色合いが認められています。 性格: 一般的に、元気でフレンドリーな小型犬です。 自分が小さいことには気づいてないようで、大型犬に向かっていったり、吠えて威嚇することがあります。 非常に活発で、ほんの近所までの散歩でもいいのですが、毎日の運動が必要です。 非常に知的で、ある程度自立した性格をしていますが、オビディエンス競技も得意です。 年齢とともに落ち着き、抱っこされるのが好きな真の愛玩犬になります。 用心深く、よい番犬になることが多いのですが、吠えやすい傾向があります。 子供との相性もよいですが、子供には、小さいポメラニアンは華奢であることを教える必要があるでしょう。 飼育上の注意: 一般的に飼いやすい性質です。 活発な性質も持っていますが、中には太りやすい個体もいるので、体重管理には注意しましょう。 ダブルコートは週1〜2回の定期的なグルーミングが必要で、抜け毛の季節には毎日のケアを必要とします。 体は小さいのですが、定期的な運動が必要で、しつけによく反応します。 非常に賢く、トリックも楽しんで覚えて披露してくれます。 他のペットともうまくやっていけますが、大型犬との同居では、ポメラニアンがけがをすることのないよう気をつける必要があるでしょう。 一緒に育てば子供とも非常に相性がよいのですが、子供を知らずに育った場合は慎重な態度を見せることがあります。 子供には、小さいポメラニアンは大型犬ほど丈夫ではないことを教え、目の届くところで一緒に遊ばせる必要があります。 用心深く吠えやすい性質のため、番犬としても優れています。 よく気がつき、体の小さなポメラニアンは、高齢者のペットとしても最適です。 歴史: ポメラニアンはスピッツ系の犬を小型化したものと考えられています。 1800年代にドイツのポメラニア地方で最初に作出されましたが、この時はまだかなり大型だったようです。 ビクトリア女王が夢中になり、自らの犬たちを用いて今日の一般的なサイズまで小型化しました。 ジャーマン・スピッツがこの愛らしい犬種の祖先と考えられています。 スピッツの標準的な色であるグレーやホワイトではなく、明るいカラーで体が小さいものを選んで繁殖し、現在の容貌になったといわれています。

次の