ピープロテイン メリット。 ピープロテインはまずい?メリット・デメリットと他のプロテインとの違いを紹介!

ANOMAピープロテインがピー(エンドウ豆)を採用するメリット

ピープロテイン メリット

見出し• ピープロテインとは プロテインは英語で「タンパク質」という意味があり、タンパク質を摂取できる栄養補助食品を「プロテイン」と呼んでいます。 プロテインは原料となるタンパク質の違いで種類が異なり、ピープロテインはエンドウ豆由来の植物性タンパク質でできています。 植物性プロテインの一種 プロテインは原料の違いから動物性プロテイン、植物性プロテインに分けられます。 動物性プロテイン:ホエイプロテイン、カゼインプロテインなど• 植物性プロテイン:ソイプロテイン(大豆プロテイン)、ライスプロテインなど ピープロテインはエンドウ豆から作られているので、植物性プロテインの一種となります。 肉や魚に含まれるタンパク質を摂取できないビーガンやベジタリアンの人は、植物性プロテインを活用すると不足しがちなタンパク質の摂取に役立てることができます。 ピープロテインのメリット・デメリット ピープロテインにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。 それぞれのポイントをチェックしてみましょう。 メリット まずはピープロテインのメリットを見てみましょう。 一般的なアレルゲンがない プロテインというと、牛乳を原料としたホエイプロテインやカゼインプロテイン、大豆を原料としたソイプロテインが有名です。 しかし、これらの成分にアレルギーがある人は、プロテインを使えないということがあります。 ピープロテインには一般的なアレルゲンがないので、今までアレルギーが問題でプロテインを摂取できなかった人も活用できるのがメリットです。 ただし、豆類にアレルギーのある人は、エンドウ豆由来プロテインでアレルギー反応が出る可能性も考えられます。 商品の成分表や注意書きをよく読み、不安のある人はかかりつけの医師に相談してから摂取しましょう。 BCAAが豊富 私たちの筋肉や髪の毛、肌などはタンパク質で作られています。 タンパク質は多数のアミノ酸が結合してできていて、体内に入ったときに分解されて吸収されます。 アミノ酸には11種類の非必須アミノ酸と9種類の必須アミノ酸があり、必須アミノ酸は体内で作ることができないため、食事から摂取する必要があります。 「BCAA 分岐鎖アミノ酸 」は、必須アミノ酸に含まれるバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類で、筋肉の分解を抑える効果や筋力アップ、疲労軽減効果が期待できるのが特徴です。 ホエイプロテイン以外のプロテインには多く含まれていないのですが、ピープロテインにはこのBCAAが豊富に含まれているため、効率良く体作りに役立てられます。 鉄分・マグネシウムを豊富に含む ピープロテインには鉄分やマグネシウムが豊富に含まれているのもメリットのひとつです。 女性にとって鉄分は不足しやすい栄養成分になるため、しっかりと補給することで鉄分不足からくる貧血や疲労感などの予防効果が期待できます。 また、マグネシウムはカルシウムの働きをサポートして、骨の強化や筋肉の動きを良くする効果が期待できます。 普段の食生活で不足しがちな人はピープロテインから摂取してみましょう。 デメリット 次に、ピープロテインのデメリットも確認しておきましょう。 メチオニンの含有量が低い ピープロテインは9種類の必須アミノ酸が摂取できる食品ですが、必須アミノ酸のひとつであるメチオニンの含有量が低い傾向があります。 しかし、米・卵・魚・肉などにメチオニンは多く含まれているので、普段からバランスの良い食生活を心がけていればメチオニンが不足することはありません。 豆の味がする ピープロテインは豆の味がするため、飲みにくいと感じる人もます。 プロテインパウダーは水以外にも果汁100%ジュースや牛乳、豆乳などに混ぜて飲むことができますし、商品によって飲みやすいように味が付いているものもあります。 また、プロテインパウダー以外にも手軽に食べられるプロテインバーもあります。 味が苦手という人は、混ぜるものを工夫したり、摂取しやすい商品を見つけて続けてみましょう。 ピープロテインはダイエット効果が期待できる ピープロテインはタンパク質を手軽に摂取できることから、ダイエット効果が期待できます。 どんな理由があるのか見てみましょう。 低カロリーで効率良くタンパク質を摂取できる 植物性たんぱく質は動物性たんぱく質よりも低カロリーな傾向があるため、ダイエット中でカロリー制限をしたい人に向いています。 タンパク質含有量が動物性タンパク質よりも劣ることもありますが、筋肉強化よりもしなやかな体作りや健康維持に役立てられます。 ダイエットしながら筋力アップを目指すなら、運動後30分以内に摂取するのがおすすめです。 この時間は筋肉を修復するために栄養を吸収しやすくなるため、効果的に筋肉を強くすることができますよ。 満腹感が得やすく食欲を抑えられる ピープロテインは消化吸収速度が遅いため、食事の前に飲むと満腹感が持続して食べ過ぎを予防することができ、血糖値の上昇を抑える効果があるといわれています。 1日1食をピープロテインに置き換えたり、おやつ代わりに摂取する方法もあるので、自分が取り入れやすい方法で活用してみましょう。 過剰摂取には注意が必要 低カロリーでダイエットに効果的だとしても、プロテインだけを摂ればいいわけではありません。 ダイエットにはタンパク質以外に鉄分やビタミンB群、食物繊維などの栄養を摂取するのがおすすめです。 プロテインだけに頼らず、栄養バランスをきちんと意識しましょう。 また、タンパク質を過剰摂取しすぎると内臓に負担がかかり、悪影響を与える可能性もあります。 成人女性の場合、1日のタンパク質摂取量は体重1kgあたり1gが目安になるので、購入した商品のタンパク質含有量をチェックして、プロテイン摂取量を調整しましょう。 ピープロテインは美容や健康効果も期待できます。 目的別の摂取方法について詳しくはこちらの記事もチェック!.

次の

ANOMAピープロテインがピー(エンドウ豆)を採用するメリット

ピープロテイン メリット

待ってました!ANOMAのプロテインの抹茶フレーバー!去年から出る出るって聞いて、待ってたんスよ!乳製品由来じゃないし、BCAAもアルギニンも入ってるし、マジでしっかり抹茶味! — 西川貴教 TMR15 ピープロテインのメリット 当然、本場米国でも多くのシェアを集めているのは理由があります。 アルギニン含有量が豊富 一般的な ホエイプロテインのアルギニンの含有量は、だいたい100g中2,000mg前後です。 それに対して ピープロテインは5,500mg程度のアルギニンを含んでいるため、およそ 2. 5倍の含有量を誇ります。 アルギニンは、高アルカリ性で味が非常に独特なため、単体での摂取は非常に困難です。 したがって、アスリートやトレーニー等アルギニンを追加で摂取したい人たちには、 ピープロテインはベストな選択肢になります。 乳糖や大豆イソフラボン、アレルギーを含まない 今までホエイプロテインやソイプロテインを 飲みたくても飲めない人は、主に以下のような課題がありました。 大豆イソブラボンによるホルモン変化を避けたい。 乳アレルギー又は 大豆アレルギー ホエイ・ソイ• ヴィーガンや ベジタリアン ホエイ そしてこれらの課題を全て解決できるのが ピープロテインです。 ピープロテインには、 アレルゲンが含まれていないため、唯一どなたでも飲むことができるプロテインとして注目を浴びています。 したがって 今まで飲めなかった人もプロテインを摂取できるというのが大きなメリットの1つとなります。 地球に優しい さらに最近最も ピープロテインが注目されている理由の1つが、 地球環境への負担の少なさです。 いくつかの研究によれば、 肉食や牛乳が原因のメタンガスの発生量は、交通機関から発生する全ての二酸化炭素よりも多いと言われています。 もちろん、肉食を全てやめるのが難しくても、毎日飲むプロテインだけでもピープロテインに変えることで、 地球環境を守る大きな一歩になるのです。 ピープロテインのデメリット 価格がホエイと比較するとやや高い 現在、 ピープロテインは国内外共に ホエイプロテインの1. 5倍から2倍程度の値段になっています。 これはいくつかの理由がありますが、最も大きい理由はそもそも ピープロテインの原材料の値段自体が高いということ。 現在欧州を中心に 大豆農家が エンドウ豆農家に変わるなどして値段が安くはなってきているものの、ホエイで腹痛を全く気にしない ボディビルダーや、アルギニンは別途サプリメントから摂取できる人などは、ホエイという選択肢もあるでしょう。 ただし、 ホエイプロテインに加えて アルギニンを別途で摂取するとなると、 ピープロテインとほとんど変わらない料金になるので、あまり気にならない程度でしょう。 メチオニンの不足がある ピープロテインは、単体で摂取するとアミノ酸の一つである 「メチオニン」が不足する傾向にあります。 したがって、エンドウ豆だけを配合したピープロテイン よりも ライスプロテインやヘンププロテインを混ぜたものがおすすめです。 別で混ぜることにより、 アミノ酸の不足を補うことができます。 これは、しっかりと相性が良くないと意味がないのですが、 ピープロテインと ライスプロテインは相性抜群です! どんな人におすすめ? それでは、 ピープロテインは一体どんな人におすすめなのでしょうか。 大きく分けると以下のような人たちです。 アスリートや トレーニー、ダイエッターの方• アレルギーなどが気になる方• より健康になるためにタンパク質を摂取したい方 これ以外にも、そもそもが質の高いタンパク質のため、多くの人が利用しやすいタンパク源です。 ピープロテインは ダイエット向けの製品が多いのですが、 トレーニー向けに配合しているものもあるので、チェックしてみましょう! まとめ 今回はピープロテインについてご紹介しました。 ピープロテインにはメリット・デメリットがあるものの、現代では非常にメリットが多いプロテインパウダーです。 この機会に、ぜひ試してみてください。

次の

ピープロテインとソイプロテインの成分を比較!どっちを選ぶべき?

ピープロテイン メリット

ライスプロテイン(玄米プロテイン)とは? ライスプロテインとは、玄米由来の植物性のプロテインです。 「ブラウンライスプロテイン」と呼ばれることもあり、国産のものやオーガニックの玄米を使った種類もあります。 植物性のライスプロテインは、消化吸収の時間がゆっくりのため、満腹感が続き、 ダイエットにおすすめです。 さらに、他のプロテインと比べると カロリーも低く、値段も安いのが特徴です。 日本人は乳製品などを取りすぎると、内臓に負担がかかりやすいですが、玄米由来のたんぱく質は 日本人の身体にも非常に優しいたんぱく質だと言われています。 オーガニック志向、ヴィーガンの方も飲める? 玄米由来のライスプロテインは、 完全植物性です。 そのため、 ベジタリアンやヴィーガンの方でも飲めるプロテインです。 さらに、ライスプロテインに使う玄米は、 健康志向の方向けに、オーガニックの玄米を使用しているメーカーも多いです。 国産の玄米を使用しているものもあります。 ダイエットはもちろん、健康や美容を目的にプロテインを飲む方で、 サプリなどの薬ではなく、 自然由来のオーガニックを重視している方にも、ライスプロテインは口コミで評判が高まっています。 その他のプロテインの種類 ・ホエイプロテイン 牛乳に含まれるタンパク質の一種です。 吸収率が早く、トレーニングで 強い肉体を手に入れたい方や男性におすすめ。 ・カゼインプロテイン ホエイと同様に牛乳からできますが、カゼインプロテインは不溶性で固まりやすく、 体への吸収速度がゆっくりであることが特徴です。 ダイエット時の間食や運動をしない日のタンパク質補給、また就寝時におすすめです。 ・ソイプロテイン 大豆のタンパク質部分だけを粉末にした植物性のプロテインです。 消化吸収速度がゆっくりのため、満腹感が持続しやすく、ダイエットにおすすめ。 また、女性に嬉しい大豆の イソフラボンが多く含まれています。 ・ピープロテイン えんどう豆から作られるタンパク質です。 大豆から作られる「ソイプロテイン」と同様に植物由来のプロテインのため、乳製品にアレルギーがある方にもおすすめです。 大豆植物の遺伝子組み換えを心配する人にも選ばれています。 他に植物由来のプロテインは、ヘンププロテイン(麻の実)なども食物繊維が豊富です。 ライスプロテインの効果とメリット それぞれのプロテインの種類には、特徴やメリットとデメリットがそれぞれあります。 さらに、他の乳製品由来のホエイやカゼインプロテインよりも カロリーも低いのが嬉しいポイントです。 子供から妊婦さんの栄養補給にもいいでしょう。 また、 ホエイやガゼインは、摂取しすぎると内臓に負担をかけてしまうと言われています。 玄米由来のたんぱく質は内臓に負担をかけることもなく、そして日本人の身体に合った成分です。 継続して飲むことを想定すると、費用は安い方がおすすめです。 国産の玄米などを使っている場合や、完全オーガニック商品などの場合は、費用が高くなる場合もあります。 商品によって変わるため、比較してみるといいでしょう。 玄米由来のプロテインは、 少し香ばしい香りと自然な甘味で飲みやすいのが特徴です。 スムージーにしたり、スープに入れたりして、おいしく飲むことができます。 アミノ酸スコアは? 玄米プロテインは、アミノ酸スコアが80であり、バランスよくアミノ酸を含む良質な食品です。 アミノ酸スコアとは、食品中に含まれるアミノ酸のバランスを点数にしたものです。 筋肉を生成するタンパク質は、アミノ酸からできています。 アミノ酸は100種類程度もありますが、その中で人間が体内で生成することができず、外部から取り入れなければならないものが「必須アミノ酸」です。 この「必須アミノ酸」を特に多くバランスよく含んだものはアミノ酸スコアが高くなります。 牛乳や鶏肉、卵のアミノ酸スコアは100です。 そのため、スコアが80のライスプロテインは、他の牛乳由来のホエイプロテインなどよりはスコアが劣ってしまうのがデメリットと言えるでしょう。 男性で、筋肉を素早く大きくしたい方、鍛えたい方よりは、女性のダイエットやシニアの方の栄養補給などに適していると言えます。 ライスプロテインのおすすめの飲み方 ライスプロテインは、クセがなく、飲みやすいのが特徴です。 そのため、水やジュースに溶かして簡単に摂取できます。 私のおすすめはココアに入れる飲み方です。 香ばしさがよくマッチして美味しく飲めます。 また、ホットケーキに混ぜて朝食にしてもいいでしょう。 他に、料理にはシチューなどに混ぜるのも味はほとんど変わらず、おすすめです。

次の