さんま 母校。 さんまがサッカー大迫選手の母校をサプライズ訪問!男子禁制のエステ科に潜入

誰も知らない明石家さんま/5弾/見逃し配信/大竹しのぶ/2019年12月1日無料視聴まとめ|ムービー館

さんま 母校

この記事で伝えたいこと• さんまの出身校・奈良商業高校について さんまの出身高校は、「奈良県立奈良商業高校」です。 1971年4月入学しています。 ただ、現在では(2007年~)名前が「奈良朱雀(ならすざく)高校」になっていますのでお間違いなく! 奈良には「奈良情報商業高等学校」という学校もありますが、さんまの母校は朱雀高校の方です! 現在の奈良朱雀高校は、6つの学科(「機械工学」「情報工学」「建築工学」「総合ビジネス」「観光ビジネス」「情報ビジネス」)があります。 奈良商業高校の歴史をたどってみると、さんまが入学した1971年より前の歴史がなかなか興味深い学校です。 (この記事の中では、さんまの母校という事で「奈良商業高校」と呼ばせていただきます。 enet. nara. 太平洋戦争時代には工業高校を併置し、逆に商業高校の生徒募集と停止するなどされていた時代もあります。 戦後、1946年4月に商業高校と工業高校が統合され「 奈良県立奈良商工学校」になります。 でも、また1948年9月には公立高校の統合・再編で、男子校の「奈良県立奈良高校」と女子高「奈良市立奈良高等学校」が統合します。 名前は男子校のほうをとったのか…いや県立の方が残ったという感じでしょうか、「 奈良県立奈良高等学校」になります。 戦後の混乱期の中で学制改革がはいってくるので、どんどん学校体制が変わっていったということでしょうか。 1952年4月、奈良県立奈良高等学校統合を解消して、「 奈良県立奈良商工高等学校」として独立します。 1967年4月、「 奈良県立奈良商業高等学校」に学校名がまた変わり、ここで初めて、さんまが通っていたころの名称になります。 2007年4月、戦時中・後にも併置や統合されていたことがある工業高校と再び統合します。 そして、2019年11月現時点の名称でもある「 奈良県立奈良朱雀高等学校」にまた名称が変わります。 2009年に奈良朱雀高校の校舎は「柏木校舎」がメインになり、奈良工業高校の校舎から引き継いだ「秋篠校舎」は廃止されています。 簡潔に言うと、2019年の現在は、さんまの母校「奈良商業高校」です! 現在は、名前を「奈良朱雀高校」と改名し、校舎は、奈良商業高校時代の柏木校舎になっています。 旧奈良県立奈良工業高等学校 奈良市秋篠町。 奈良商業高校と2007年に統合 奈良朱雀 、2009年に廃止。 一応朱雀高校の秋篠校舎という位置付けだったらしいが今は完全に廃墟。 — こざとへん brewerits 残念なことに旧奈良工業高校(奈良朱雀高校秋篠校舎は2018年の時点で廃墟になっているとのことです)奈良工業高校にゆかりのある皆さんにとってはさみしい事ですよね。 さんまの母校の奈良商業高校(奈良朱雀高校)は柏木校舎なので、現在でも現役校舎として活躍している! ということで、さんまが訪問出来るんですね。 分かりやすくしました!こちらをどうぞ。 後ほど説明します。 奈良商業高校の偏差値 奈良朱雀高校の偏差値として現在、調査したところ「43 — 46」ということです。 在校生の情報によると、卒業後、進学するにはおすすめ出来ないが、就職にはいいという事です。 6つの学科があるというのも強いですね。 奈良商業高校の場所 奈良商業高校(奈良朱雀高校)の場所はこちらです。 〒630-8031奈良県奈良市柏木町248 余談ですが、Wikipedia情報でこんな情報が! — 当校保健体育教諭・ラグビー部監督。 スポーツ好きのさんまが知ったら、ネタにするでしょう。 さんまの奈良商業高校はなくなる!? さんまの母校の奈良県立奈良商業高校がなくなってしまう!?という情報があります。 これからの予定として、2012年4月にまた学校名が変わる予定です。 「 奈良県立商工高等学校」になるみたいですね。 そして、 2023年3月31日に閉校予定とのことです。 さんまはこの事実をすでに知っているのでしょうか。 気にあるところです。 さんまの奈良商業高校時代の爆笑エピソード 奈良商業高校時代のさんまは、授業を抜け出して…なんと!パチンコ屋さんに行ってたこともあるという話もあります。 これだけ聞くと、相当の悪というイメージですが、さんまらしいというのは、勝った時には、仲間に分けていたとか。 今でも、自分が芸能界の頂点の位置にいて、若手の芸人さんや売り出し中のタレントを自分がMCを務める番組に呼ぶことがあります。 それは、自分で何とか出来る範囲でチャンスを与えてあげているというエピソードがあります。 そんなさんまに感謝している芸人さん、タレントさんは少なくないというのは有名な話です。 A post shared by jun6103 on Nov 27, 2017 at 3:01am PST ちょっと話がずれましたが、高校時代のさんまの画像がこちら!先生に叱られている!? もうこれだけで面白いんですけど…!! 奈良商業高校時代のさんまはサッカー部で活躍しています!いまだにサッカーに詳しいし、ワールドカップのころには特番でMCもよくしていますよね。 さんまは当時、元北アイルランド代表選手のジョージ・ベストの髪型をまねしていたそうで…それが上のインスタ画像!! そうなると、ジョージ・ベスト選手も気になりますよね。 こちら! ヨーロピアンカップを制した レジェンドの2人が、この日に逝去。 さて、続けてさんまの奈良商業高校時代にの爆笑エピソードをご紹介します。 さんま一人で21クラブ宣伝、人生最大の大爆笑 さんまにとって学校は、学ぶところというより、ただ「人を笑わせる最高の舞台』だったと思っていました。 そして、さんま自身が語る、高校時代にさんまが人生の中で経験したことがない『大爆笑の連発』が起きたことがあったと言います。 今でもその時の「笑い」が忘れられないとも言ってたさんま。 そして、高校時代の時の自分がいまだに「男としての頂点」とさえいってのけてしまうんです。 その笑いとは? 「偶然の産物やねんけども、俺がサッカー部で出て笑わせて、『サッカー部の杉本(さんまの本名)です。 どうのこうの』って笑わせたら、(他の部の)みんな『できひん、緊張するわ人前でしゃべるの。 杉本、お前行ってくれ』って。 『おう、おう、行ったるわ』っていって、『体育部の杉本です』って眼鏡かけて出て、次、相撲部が『杉本行ってくれ』って、『どすこい、相撲部の杉本だ』って(出たら)、もうドカーンって(笑いが起こって)。 ほんならもう(部活紹介の)4つ目から階段上るだけで、俺が眼鏡かけてるだけでドドドドって(笑いが起こった)。 後はもう出るだけで笑いが起こってくの」 語られたのは、2019年1月11日TBS系で放送の鶴瓶さんMCのトーク番組『A-Studio』にさんまがゲスト出演した時の話です。 想像しただけで、脳裏に浮かびそうです。 その空間が何とも言えない一体感に包まれていたのでしょうね! 「お笑いなんか」と言ってた高校時代 そんな杉本少年に対して、高校の英語の先生が言います。 「お前はお笑いに行け」と勧められます。 「ほないったるわ!」というと思いきや!杉本少年は、こんな風にいってのけてしまいます。 芸名の由来は有名な話で、さんまさんの実家が『さんまの水産加工業』を経営していたことからつけられています。 師匠の笑福亭松之助さんが、どうして自分のところに来たのか聞きます。 すると17歳の少年は、「センスがよろしいから」と、言ったとか。 すかさず師匠は「そら、おおきに」とお礼をいったという最高のエピソードもあります。 テレビで出ていて当たり前、目にしない日がないのも当たり前、面白くて当たり前のさんまですが、母校を訪問するさんまも観てみたいですね。 どんな話が飛び出すか、気になるところです。

次の

明石家さんま出身の奈良商業高校とは?大爆笑エピソードを紹介!|vodが大好き

さんま 母校

特に気になったのが、さんまさんの元奥さんである大竹しのぶさんとの対談です。 一度は愛し合った二人が今歳をとってどんなことを語るのかが気になります。 ディレクターすらもいない空間での対談だなんて、二人とも緊張するんじゃないかなと思いました。 だけど、めったに二人きりになることなんてないだろうから、 話に花が咲くこともあるんじゃないかなと思います。 さんまさんといえばお笑いをするために生きてきたような人物だけど、一人の男として、大竹しのぶさんにどんな顔を見せるのかが楽しみです。 また、大竹しのぶさんからお笑いモンスターではないさんまさんの素顔についても語られるそうなので気になります。 さらに、さんまさんの脳ドッグのロケもおもしろそうだなと思いました。 トーク力バツグンのさんまさんを脳から秘密を紐解くなんて、どんな脳の作りをしているんだろうかと気になります。 実はお笑い芸人よりも向いている職業があったということだけど、なんの職業なんだろうかと楽しみです。 医学的視点からさんまさんのことを丸裸にしてもらいたいです。 「さんまの脳、全部見せます」に関しては、医学的観点からその人の脳内を分析しどんな職業が向いているかなんて・・・ 特にさんまさんは私がTVを好きになった時から「お笑い」の人でしたので、もしお笑いでは無く違う職種だとしたら何が一番かと想像するだけで非常に興味が湧いてきます。 私的には、人を楽しませ心を柔らかくしてくれそうなイメージがあるので、例えば精神科医の先生とか、全く違うところで保育士の先生なんかがいいかなと思いました。 「元嫁・元奥様と何を語るのか!?」の関しては、時々TVでも大竹さんがネタになっているのでその当時は色々楽しい事も辛い事もあったのかと思うのですが、大竹さんが一人の男性、夫としてどんな感じで一緒に過ごし子供達と楽しい家庭を築いていたのか非常に興味があります。 私はバツイチですが再婚しているので、良い事悪い事を含め是非元嫁の立場からどの様な夫・男であったのか聞いてみたいです。 女性として男性というモノをどういった目線で見ていたのか、芸能人同士の結婚はどんなものだったのかと想像するだけでとても待ち遠しい番組です。 そしてトークの幅が広いことだと思います。 例えば、今若者の間で流行っているアイドル事情などに詳しく、欅坂46のメンバーと絡んでいた時はデビュー曲の「サイレントマジョリティー」を歌ってネタにしたりと、その場を盛り上げていました。 そしてタブーな話題が少ないことだと思います。 師匠であった桂三枝さんのことを当時の経験を思い出してネタにしたり、別れた奥さんである大竹しのぶさんのことも、面白おかしくネタにして、更には共演して夫婦漫才のようなことをやっていたりと、普通の人だったら隠しておきたいと思うような、汚点などもすべてさらけ出してネタにすることは普通の人間ではできないことだと思います。 また頭の回転も速く、色々なことにも気を配っているんだと思います。 大竹しのぶさんが、さんまさんが話すことは事実はないというようなことを言っていましたが、それも含めて面白く、現在も最強のコメディアンだと思います。 と思いました。 そのように思った考えとしては、自分がタレントなので、人の話を聞きながら、自分のタレントの芸を全面出し過ぎて、何のために、ゲストを呼んで、其の場に出したのか? 自分の引き立て役のために出しているのではないかと思われがちなMCの抜擢なので、失敗すると思っていました。 ところが、ふたを開けてみると、自分のタレント性を殺しながら、ゲストの話題を持ち上げる、そしてある瞬間に、自分のタレント性をアピールする絶妙なバランスを持った才能を発揮できるタイプのMCだたと感じ始めました。 例えば、自分んと性格がまるで不一致の場合は、会話が当然かみ合わないので、そのの場の難局をどの様に乗り越えるのかを見ていますと、何気なくアシスタントに目配せをして、そのの場を誤魔化し(乗り切る)会場にいるお客さまを何気なく自分のタレントの技で、お客さまを和ませた後に、話題を切り替えて、自分のペースに持っていくあたりが、私から見るとすごく上手な一コマだとと感心しています。 最近は、お笑いタレントが、MCを務める番組が多くなってきましたが、東野幸治さんは、昔のキャラクターを半分削りながら(出さないようにしている)上手にゲストの良い所をを引き出しているので、将来が期待できるMCになれと思いいます。 まとめ さんまさんをテレビで見ない日は、無いです。 本当に面白いと思います。 色んな番組の司会をされていますが、どれも面白いです。 そんなさんまさんですが、私生活はあまり見せておられなくて、謎が多いです。 この番組で、さんまさんの秘話やプライベートを知れそうで、とても興味があります。 サプライズロケでは、地元の奈良に行かれるそうで、興味津々です。 地元とかに行かれるロケとかは、あまり見たことが無いので、高校時代とか、どんな感じの学生だったのかな〜と気になります。 当時の先生や同級生からの話を聞けたりしたら、今まで知らなかったさんまさんが見られそうです。 当時からお喋りだったのかな〜と気になります。 どうしたら、あんなに喋られるのか不思議です。 尊敬します。 また、元妻の元奥様さんとの話もあるみたいで、それも楽しみにしています。 離婚された今でも仲の良いイメージがあるので、何故離婚に至ってしまったのか等聞きたいです。 1番の大喧嘩のエピソードもあるそうで、興味あります。 うちの夫婦と同じ様な事だったりしたら、面白いなと思いました。 今から、想像するとちょっとニヤッとしてしまいます。 トーク番組でも、凄く頭の回転が早いと感じるので、頭の中は一体どうなってるんだ、と、凄いなと感じています。 さんまさんが、お笑い芸人よりも向いている職業も発表されるみたいですが、芸人よりも向いている職業なんてあるのか、それは何なのか、とても気になるので、ぜひ見て確かめたいです。 明石家さんまが母校にサプライズ訪問というのが先ずは気になります。 生徒たちの驚く映像を見るのが楽しみです。 同行してるのがりんごちゃんとアインシュタインなんで余計に生徒達は嬉しいんじゃないかと感じます。 明石家さんまがどんな話をするのか気になります。 奈良テレビの「ゆうドキッ!」に生出演ということで奈良の視聴者を驚かせたサプライズというのが気になります。 百戦錬磨の明石家さんまなんでどんな状況でも笑いを生み出すだろうし楽しみにしたいです。 大竹しのぶと初めて二人きりのロケをするということで新婚当時の思い出話、大げんかした話、さんまが病気になったときの話を2人が喋っているのは面白そうです。 離婚してもテレビとはいえ仲良く喋るし楽しそうに見えるのが良いですね。 大竹しのぶが天然だから会話も面白くなるし明石家さんまがツッコミいれまくる映像が目に浮かびます。 この様子をフットボールアワーの後藤がモニタリングしながらコメントするというのも楽しみです。 今回の誰も知らない明石家さんまも面白い企画が沢山あって楽しみにしたいです。 まだまだ元気な明石家さんまを堪能したいです。 ゲストのメンバーも豪華なんでかなり面白い番組になると思います。 過去にはさんまさんが滅多に受けてこなかったロングインタビューの模様が放送されたりしましたが、今回もスペシャルな企画が目白押しのようです。 さんまが故郷である奈良に帰る企画や、人生で初めて脳ドックを受ける企画、元嫁である元奥様さんとロケをする企画が用意されているそうです。 どの企画もおもしろそうなのですが、やはり必見は元奥様さんとの2人きりでのロケでしょう。 離婚後もお互い悪口を言いながら、円満な関係を築いているようなお2人の本音の部分や今まで語られてこなかった話も聞けるのではないかと今から楽しみです。 さらに、毎回恒例のさんまさんの過去を描いたドラマもあるようなのでこちらも楽しみです。 以前には菅田将暉さんがさんまさん役を演じられましたが、今回はどんな俳優さんが登場されるのかにも注目です。 さんまさんファンにとって必見の番組であるのはもちろんですが、そうでない方にとってもバラエティ番組として楽しめるものになっていると思います。

次の

誰も知らない明石家さんま/5弾/動画/2019年/大竹しのぶ/12月1日/再放送配信/無料視聴まとめ|ムービー館

さんま 母校

今までも何度か別れた後もテレビで共演することはあったのですが、しっかり話すことはテレビ上ではなかったと思うのでどんな話が聞けるのか楽しみです。 さんまさんが大げさに話をしているといつも訴える元奥さんなのですが、今回はそんなおふざけよりも濃い話を聞けそうなので楽しみです。 結婚している時の話や別れてからの話など色々聞けたら嬉しいなと思う反面、さんまさんの真面目なところも観れるのかなとすごく楽しみです。 いつも共演しても笑顔な2人なのですが、本当はどう思っているのかも聞いてみたいなと思いました。 またさんまさんの脳ドッグもすごく気になりました。 他の芸人さんにはないキレや話の引き出しの数に色んなタレントさんの話したことを割と覚えていたりすることが多いのでどんな脳なのか気になりました。 脳ドッグで全てわかるわけではないと思うのですが、さんまさんほどの会話力がある人の脳は実は普通の人とは違うのではないかと思うことがあるので見てみたいなと思いました。 意外な結果だと面白いのですが、逆に何か病気とかは見つからないでほしいなとも思いました。。 決して本人は「ふざけてやろう」とか「笑わせてやろう」とかこれっぽちも思ってないはずなのですが、彼女の発言は本当に笑えます。 読み間違い、言い間違いは日常茶飯事、それがまた絶妙なバランスで成り立っています。 他の人が同じことをすると面白さは全くありませんし、真似したところでできることでもありません。 彼女が活躍しているバラエティー番組「脱力タイムズ」の世界美食遺産というコーナーでの一幕。 このコーナーは、彼女の朗読原稿の読み間違いと、料理や料理人に対するトンチンカンなコメントを楽しむ企画です。 一度彼女以外の女優さんが「私にもできますよ!」と滝沢カレンさんを真似て同じようにやってみたことがありましたが、クオリティが全然違いました。 狙ってやっちゃダメなんですよね、彼女のように自然にやらないと、「笑わせてやろう」というあざとさが出てしまい面白くないのです。 このコーナーで滝沢さんは、料理人や料理に対してめちゃくちゃ失礼なことを言っているわけですが、それが全く不快でないのも不思議です。 こんなことをして許される滝沢さんは、ある意味天才なのかもしれません。 テレビ出演してないときでもあのテンション、陽気さだそうで、ファンに対しても優しく対応するそうです。 昔のエピソードで、割りばしの袋にサインを求められ、そこにサインをしたさんまさん。 普通は、色紙や無地のTシャツなどそれなりのものを用意するのですが、その方はとにかくさんまさんのファンであり、なんとかしてサインが欲しかったとのこと。 さんまさんは快くサインを行い、そこから何年かたった後、そのころのサインを大事にもっている男性と再会しました。 正直、さんまさんは、その時の事を忘れていたのですが、そのファンの方はしっかりと覚えており、今でもファンであり応援しているとコメントしていました。 さんまさんはその出来事から、サインに対しては誰にでも対応すると、改めて思ったそうであり、ファンを大切にしようと感じたそうです。 そういった、優しい心遣いができるところがさんまさんの魅力であると思います。 明石家というくらいなので落語家さんなのかと思っていました。 気付いた時には沢山テレビに出ていて、賑やかな人で面白い関西の兄さんだなと思いました。 巨人軍の小林投手だったかな?物まねをしていました。 そのうち人気ものになっていって、テレビで見ない日はないくらいになりました。 以前のインタビューで一度干されてメディアに出れない日々が続いて、それでも使ってくれたラジオ番組に感謝していて、今でも恩義を感じているみたいな話をしていました。 人気者になっても人から受けた恩は忘れないという心根を持った人なのだと思いました。 人柄はテレビで見たままで、面白くておしゃべりで、人を楽しませるのが好きな人だとゴルフ仲間が話していたテレビを見ました。 かつては伝説の「男女7人夏物語」とか「男女7人秋物語」とかで俳優としても活躍されていました。 毎週どうなるのかハラハラしてみていました。 そのドラマもいいのですが、「空から降る100億の星」?でしたか、月9の木村拓哉さんも出演していたドラマ、面白かったです。 刑事役だったのですが、妹思いの仕事の出来る刑事さん、よかったです。 また、ドラマの仕事をして欲しいです。 また、同業である芸人をいじることで無理のないフックアップを実践してきた功績も素晴らしいと思います。 有名なところでは「アメトーーク」にて放送された東野さんの持込企画「どうした?品川」これは武闘派だった品川祐さんが家庭に入り、どんどん守りに入る姿を揶揄して終始いじり倒し、様々な角度から事実を検証。 挙句の果てに本人を呼び出して丸坊主にし、相方の庄司さんと心機一転で宣材写真を撮影するというもの。 悪口のオンパレードで悪者に徹し、品川さんをフィーチャーすることに成功。 驚いたのが一連の悪口が聞いていても嫌な気分にならないことです。 それに続く企画「帰ろか…千鳥」も上京したにも関わらず人気も拍車がかからず、弱腰になっている千鳥をいじり倒すことで鼓舞。 そんな彼らも今では見事なお茶の間の人気者の仲間入りを果たしたのです。 このようにプレイヤー以外で見せる顔のあまりにもいきいきした様子は見ていて胸のすくようなものばかりです。 別番組「あらびき団」でもスターを発掘してきた東野さんは「練習は3回まで!」など番組主旨をブレないものとし、裁いてゆく様子は職人気質で愉快です。 一刀両断なジャッジと進行はMCとしての手腕をアピールするに相応しいものだと改めて感じました。 さらにプライベートでは子煩悩な父としても有名であり、ちょっとシリアスな場面で「なぜ人は人を殺してはいけないのか」という質問に「そんなことしたら滅びるからや」と考える余地を与えない回答で納得させたという逸話も付け加えさせていただきます。 まとめ 楽しみな所は、お笑い界のスターとして活躍してい来た明石家さんまさんの故郷である奈良県の番組に出演するところです。 注目は、明石家さんまさんが、奈良の朱雀高校を訪ねる所です。 明石家さんまさんの通っていた学校の話は、番組でよく聞いていたので楽しみです。 運動会で生徒を笑わしたりと人気者だったらしいので当時の先生からみた明石家さんまさんの話も聞いてみたいです。 明石家さんまさんが、後輩にどんなエールをおくるのかも注目です。 明石家さんまさんが、奈良テレビに出演するのも楽しみです。 奈良県のスターである明石家さんまさんが、奈良テレビに出演していなかったのは、以外でした。 放送事故スレスレの騒動もおきるので慌ただしい放送になりそうですね。 面白いのは、明石家さんまさんの脳をみてみる企画です。 あれだけの喋りをしてきた明石家さんまさんの脳は、どうなっているのか興味深いです。 喋りの上手い人は、脳のどこが、発達しているのかも分かる企画ですね。 明石家さんまさんが、お笑いより向いている職業も知りたいです。 日本一の人気者でありながら、その本心についてはなかなか語ってこなかった明石家さんまさんの心の奥に迫ろうと、定期的に放送されている特別番組の第5弾です。 過去にはさんまさんが滅多に受けてこなかったロングインタビューの模様が放送されたりしましたが、今回もスペシャルな企画が目白押しのようです。 さんまが故郷である奈良に帰る企画や、人生で初めて脳ドックを受ける企画、元嫁である元奥様さんとロケをする企画が用意されているそうです。 どの企画もおもしろそうなのですが、やはり必見は元奥様さんとの2人きりでのロケでしょう。 離婚後もお互い悪口を言いながら、円満な関係を築いているようなお2人の本音の部分や今まで語られてこなかった話も聞けるのではないかと今から楽しみです。 さらに、毎回恒例のさんまさんの過去を描いたドラマもあるようなのでこちらも楽しみです。 以前には菅田将暉さんがさんまさん役を演じられましたが、今回はどんな俳優さんが登場されるのかにも注目です。 さんまさんファンにとって必見の番組であるのはもちろんですが、そうでない方にとってもバラエティ番組として楽しめるものになっていると思います。

次の