プラス トークン 最新 情報。 PlusToken(プラストークン)とは?|詐欺コインと呼ばれているプロジェクトについて解説

【最新情報まとめ】plus token 紹介&手数料配当について

プラス トークン 最新 情報

アービトラージ(裁定取引)とは?同じ価値を持つ金融商品でも、取引所などによっては、微妙に価値が変動する場合があります。 その際に、価格の安い方で買い、価格の高い方で売ります。 こうした価格差を利用した取引手法がアービトラージ(裁定取引)と言われています。 プラストークンはとにかく優秀なアプリで、 預けておくだけで日利0. 33%、月利約10%ほど増えていくというアプリです。 しかも、 アプリの使用料などは無料で、独自のアービトラージ運用システムAI-Dogを開発し、そのシステムがこれだけの収益を実現しています。 ただ、いいことばかりでもなくて、• 運用資産が500ドルを下回ってしまうと取引停止• 運用開始から28日以内に運用停止すると手数料5%、29日以降は1%必要• 運用通過はETHだけ というデメリットもありますが、それ以上にメリットが強力です。 紹介コード:08056185153 これだけ強力なメリットがあるので、やはり怪しいと思う人もいます。 あなたも、詐欺かどうかが気になって、この記事を見てくれていると思いますので、どの部分が詐欺っぽいのか、まとめてみました。 プラストークンは詐欺なの? これだけの優秀なプラストークンなので、詐欺だと思っている人も多いようです。 私がネットで収集した詐欺だと思える理由について、まとめてみました。 完全招待制でMLM(マルチ)形式になっている• 公式のストア登録がされていない• 運営していくには月利30%以上を稼ぐ必要があり、実現できているなら、なぜ自社で稼がないのか• プラストークン日本サポートの運営者を検索すると、詐欺被害を呼びかけるサイトなどに出てくる• 怪しいアフィリエイターが一斉に紹介している などとまあ、かなり不安になるような点が挙げられていて、こういった内容を見ると詐欺なんじゃないか?って思ってしまいますよね。 ですが、プラストークン日本サポートサイトを見ると、まさに詐欺っぽいんじゃない?って思っていた疑問のいくつかに、ちゃんとした理由や仕組みがあることを、かなり詳細に解説してくれています。 プラストークンは破綻しないのか? この部分が一番気になっている部分だと思います。 これだけの利率の良い商品なんて、詐欺なんじゃないかと思ってしまうのは、通常の感覚だと思います。 ですが、実際には破綻するほどの還元をしているのかどうか、下記の画像を見てください。 出典:プラストークン日本サポート この図を見て、破綻するかもと思う人もいますが、実際にはそれほど還元率が多くないという意見の人もいます。 現状では破綻するか、しないかの判断は100%できませんが、勢いを見るとその不安は払拭出来ると思います。 この日本サポートサイトの話では、今後プラストークンがさらに普及して、 価値が高くなることを見越して中国の富裕層がガチホしていることや、2019年には1プラストークンが100ドルは超えてきて、その後は一気に300ドル以上にもなる可能性も記載されています。 プラストークンの価値は、5月には0. 8ドル(約100円)だったのに対して、10月には15ドル(約1700円)にもなっている事実があります。 さらに、月利10%ほどを安定的に稼げるなら、自分たちでやればいいじゃないかってことも言われていますが、 プラストークンは現状だけを見ているわけではなく、いかに一般ユーザーに普及させて、その後の莫大な手数料が本来の目的だとしています。 簡単に言えば、今はとにかくプラストークンを普及させるために、しっかりと信用を作りたいから現状の仕組みになっているということみたいですね。 私の見解では、 現状で実際に収益がしっかり発生していますので、詐欺だとは思っていませんし、むしろ早く登録しないのは損しているなという思いです。 紹介コード:08056185153 レボレット公式が破綻について解説! レボレットの公式LINEから 「レボレットが潰れるか、潰れないかのリスクについて」という題名で、レボレットが本当に怪しいのかどうかの、解説が届きましたので簡単にまとめてご紹介します。 現状でレボレットでLTDを行っている人は、2週間に1度のペースでドルが入ってきています。 スポンサーリンク これは レボレットが、仮想通貨トレードやICO運用での利益を出している分を、LTDの配当として出しています。 レボレットは元々FX証券会社ですので、この配当はアービトラージでもマイニング報酬でもありません。 あくまでトレードが専門です。 ですから、配当の%も毎月異なります。 レボレットはDMMやGMOと同じく証券口座です。 証券口座では「お客様から預かったお金で運用してはいけない」というルールがあります。 さらに「お客様が入金している額の2倍の自己資金が会社にないと、運用をしてはいけない」というルールもあります。 では、レボレットはどのようにして稼いでいるのか? レボレットの収益源は、お客様がFXやお金の入出金に伴う「手数料」が、会社のキャッポイントになります。 現にレボレットを使用している法人は複数社います。 個人ではなく、すでに法人がレボレットを使用しています。 そこから入る手数料を考えてみて下さい。 こんな仕組みがある会社を、わざわざ潰すメリットがありません。 仮想通貨事業者が、手数料で莫大な収益を上げていることはコインチェックなどを見ても一目瞭然です。 今後は、ウォレットや取引所、さらにbooksという仮想通貨市場のインフラを整えるための、準備を仕掛けていきます。 今まで、法人向けだったレボレットを、一般向けに今後普及させていきます。 ということでした。 つまり、レボレットの本来の収益源は元々のFXでの手数料も含まれるので、会社としては仮想通貨事業だけに頼っているわけではありません。 本来のレボレットの中身を知ることで、潰れるとか破綻するとかの心配は遠のくでしょう。 プラストークン PlusToken の実績画像公開! それでは、実際に私が500ドルで運用している実績の証拠画像をお見せしましょう! 日利0. 3%以上の配当があることが分かります。 ちなみに、この私の配当はあくまで一部であって、他にもさらに配当がありますが、500ドル預けているだけで、ここまでの増え方をするのはかなりすごいです。 ちなみにですが、500ドルでこれらの配当を複利で回した場合は、下記のような感じになります。 こちらが通常の複利運用表です。 さらに、あまりお見せしたくはなかったのですが、実績という意味で紹介報酬の一部も特別に公開します。 プラストークンは早く登録するほど有利 さて、ここまでプラストークンの詐欺についての話や、私の実績について後悔してきました。 現状でプラストークンの価値もかなりの勢いで高騰してきていますし、なんといっても登録数ユーザーがすごい勢いで増えています。 今回の、アービトラージでの配当だけではなく、紹介者登録でもあなどれないほどの収益をもたらしてくれています。 実際に渡しの実績を公開しましたが、日々配当は入ってきていますし、紹介者報酬も入ってきています。 さらに、今後プラストークン自体がさらに普及していけば・・・ 現状では、詐欺だという情報が出回ってはいますが、しっかりと事実を探っていき、本当に価値があるかもしれないと思われたら、実践してみることをオススメします。 最低500ドルからの資産運用で、これだけの高待遇なものは他に見当たらないのではないでしょうか? さらに言えば、 はじめは500ドル運用で様子を見てみて、実際に結果が出れば複利で回すもよし、それ以上の資金を投入するもよし。 一番公開するパターンは、自分でやりもしないで周りの不確定な情報に流され、利益を得られなかった時です。 500ドル(約6万円)であれば、アルバイトでも稼げる金額です。 決して安い金額とは言いませんが、実践しても痛手を被るほどの金額ではないので、今のうちに実践してみて、自分の目で結果を確かめてみることをオススメします。 1度登録すると変更出来ませんので グループ選びは注意してください。 設定方法動画.

次の

【最新情報まとめ】plus token 紹介&手数料配当について

プラス トークン 最新 情報

韓国で締結したばかりの「 World Blockchain Conference」は、韓国第 2位のメディアと Tokenが 主催し、 40以上のメディアが参加しました。 この会議にはオントロジーなど多くの有名なプロジェクト参加者が 参加しました。 関連するビデオやその他の情報はすぐに発表される予定です。 plusToken はキャッシュ自動預払機を開発しています。 近いうちに直接人民元( RMB)を要し、 すぐに利用可能になります。 毎月の収入は約 10~ 20%で、年間収入は 400%を超えます。 プラス・ T oken・ウォレットを使用するユーザーは、 プラスの通貨を保持する必要があります。 この通貨は流動性が高く、年末に 50ドルのコストがかかることが 予想されます。 Plusウォレットを使用してコードをスキャンし 、 Plusコインを使用して RMBまたは USDで引き出せます。 直接収益を押し出す:あなたはスマートドッグ移動の利点を 100 %、直接プッシュアカウントを取ることができます。 例えば、 ダイレクトプッシュアカウント、 1日にスマートドッグの移動に 1 0Plusを得ることができます。 リンク収益: 2~ 10世代以内にすべてのアカウントが傘下にあり 、各口座の収益の 10%。 条件: 世代を取るために有効なアカウントをプッシュし、 10世代にわた って 10をプッシュします。 更なる高レベル(格差あり): [ シニアユーザー ]:ダイレクトプッシュ 10回を完了した後、 傘下のプロモーション市場の総市場価値は 20万ドルに達し、 シニアユーザーにアップグレードし、無制限の世代の 5%を奪う。 [ 達人ユーザー ]:大きなチーム作るために傘下に 3本の線 があります。 無限世代の 10%を得ることができます。 [ 神ユーザー ]:大きなコーヒーを生産するために傘の下に 3 本の線があり、無限の世代の 15%を占めます。 すべての収入は、毎日 13 時に Plus コインで決済され、順次に支払いされます。 コインは、いつでもウォレット内で ETH に交換し、 再投資したり、他の取引所に譲渡することができます。 PlusToken はアメリカと韓国のチーム開発された PLUS TOKEN 3. 0 時代をつくり、分散型デジタル資産財布と分散型取引プラットフォームです。 これは世界をリードするデジタル資産のスマートウォレットです 😻 無料なので、ぜひ使ってみてくださいませ 💞 無料 download. pgyer. html Download 手順は plustoken. 紹介者番号 💞 8097525568 💞 です。 pltoken. io Wallet 使いにくい場合は新しい PlusToken wallet 更新されました。 秘密キを大事に控えてから、古いのは削除、新しく download してください。 これは、 大規模なデータをキャプチャするためのリアルタイム追跡、 主要な取引プラットフォームの高効率市場分析、 リアルタイムのインテリジェントな裁定取引、 ユーザーがオンラインでリアルタイムの取引パイプラインを閲覧で きるようにするために使用されます。 「スマートドッグ」 の意味は、 ロボットは、 各取引プラットフォーム上のデジタル資産の相違および取引量を特 定し、裁定業務を実行するかどうかを決定し、 適切な時期に裁定取引を開始する。 また、 リアルタイムで各主要取引プラットフォーム上の各デジタル資産の 普及状況を把握したり、取引を行うかどうかを決定したり、 通貨取引やその他の裁定方法を交換したりすることで、 価格変動から完全に免れることができます。 アービトラージの様々な欠点とリスクは 世界の 253取引プラットフォームのほとんどにスプレッドがあり ます。 それを手動で使用するとなると、 主要取引プラットフォームのリアルタイムデータを常にチェックす る必要があり、非常に大変な作業になります。 そこで、月会費なし、初期投資なし、WALLETに置くだけで月利約10%ももらえるサービスを受けてみますか?ぜひあなたの plustokenスマートドッグに任せてください。 韓国のチームはすでに中国に進出し、 市場開放を始めたばかりです。 あなたは、 マーケットビルディングチームを構築し始めましたか? あなたがそれを持っていないなら、今すぐ行動してください! 仮 想通貨などであまり上手く行っていない皆さんは何か良いプランが ありますか? Plus tokenプロジェクトは 0投資に相当し、 資産の保管場所を変えるだけで、価値が大幅に向上します!.

次の

さやのプラストークン運用日記

プラス トークン 最新 情報

プラストークンウォレットの評判を客観的な立場からまとめてみました。 プラストークンウォレットって? 最近何かと仮想通貨業界をにぎわせているプラストークンウォレットですが、ご存じない方もいるかもしれませんので簡単に説明しておきます。 プラストークンウォレットはその名前の通りウォレットアプリで、他のアプリケーション同様 プライベートキーをユーザーが保持できる分散型ウォレットとなっています。 マルチカレンシーウォレットでビットコインやイーサリアム、EOSなど 2018年11月時点で9種類に対応しています。 これだけ見ると普通なのですがプラストークンウォレットには自動アービトラージ機能が備わっており、資金を専用口座に移し替えることで自動で資金を増やすことが可能と言われています。 詐欺と言われる理由は? 世間を騒がせているのはまさにこの自動アービトラージシステムなわけなのですが、これが詐欺なのではないかという意見と素晴らしい投資システムだという2つの意見に真っ二つに分かれてるわけです。 詐欺だという意見の人たちは主に以下の点を問題視しています。 そもそも情報が不透明• ポンジスキーム(いわゆるねずみ講)の疑いがある• 専用口座に移すことで横抜きの危険性がある• アプリストアで取り扱っていない プラストークンの運営はとにかく 自分たちを信じてついてくればいいというスタンスで情報がほとんど公になりません。 これは詐欺師の手口とまったく同じであり多くの人が危険視するのも理解できます。 またプラストークンで自動アービトラージを行うにはAI-DOGという専用の口座に資金を移す必要があり、運営がここから資金を横抜きできる可能性が指摘されています。 このような理由に加えてGooglePlayやAppleStoreで取り扱っていないことも相まってプラストークンは詐欺ではないのかといわれているわけです。 プラストークンウォレットが優良投資案件であるといわれる理由 一方、プラストークンウォレットは詐欺ではないという人も一定数いるのは事実で、その人たちは以下のような意見を述べています。 情報は小出しにされているが、きちんと中身が伴っているといいます。 例えばプラストークンウォレットは着々と取引所とのパートナーシップを結んでおり、近いうちにウォレット内で仮想通貨の交換ができるようになるとのこと。 またあのナスダックに広告が大きく公開されたこともあり、信憑性がましたという意見も多くあります。 ポンジスキームという意見に対してはそもそも 自動アービトラージで得られる配当は預けた資金ではなくPLUSという独自トークンであるためポンジスキームには当たらないとしています。 確かにビットコインやイーサリアムで資金を集めて自分たちが無料で発行したPLUSトークンを渡すなら自転車操業とは言いませんよね。 更に横抜きできる可能性に関しては、ユーザーはいつでも制限なくAI-DOGに入金した資金を引き出すことができるのでリスクは低いとのこと。 結局どっちが正しい? 結局どちらが正しいのかは現時点ではプラストークンの運営陣にしかわかりません。 詐欺だと心配する人の意見ももっともですし、実際に運用している人たちからの意見も事実なので現状は何とも言えません。 なので詐欺だと心配する人は手を出す必要なないと思いますし、期待できると思う人は利用してみるといいと思います。 筆者の意見は? ここまで客観的な意見を述べてきましたが、筆者はどっち側の意見なのかというと、事実としてプラストークンウォレットを運用しています。 ですが一定のリスクもあると思っています。 ただ運営が高跳びするリスクもあると思っておりちょっと不安ではあります。 ですのでもし始めようと思っているなら以下のようにするのがベストだと思っています。 原資が回収できたら初期投資分を回収する• 稼いだ分だけで運用を始める 投資にはリスクはつきものであるため完全に安心して運用することはできないでしょう。 ただ原資分を稼いでしまえば気持ちの面ではノーリスクで運用できると思います。 プラストークンはAI-DOGの 利用者数を1000万人までで締め切ると発表しており、すでに3割近くが埋まっているとの報告もあります。 また運用は2024年までとの発表もあるので、期限が近付くにつれて横抜きの心配も出てきます。 そのためなるべく早く投資を開始して原資を回収し、気兼ねなく運用していくのがベストだと思います。 興味のある方は以下のページからウォレットをインストールしてみてください。 99 views• 59 views• 34 views• 25 views• 18 views• 17 views• 14 views• 11 views• 10 views• 10 views• 9 views• 9 views• 7 views• 7 views• 7 views• 6 views• 5 views• 5 views• 5 views• 5 views カテゴリー•

次の