超fc岐阜。 岐阜の韓国人MFキム・ホが練習試合で負傷、ハムストリング肉離れで全治3カ月【超ワールドサッカー】

岐阜の韓国人MFキム・ホが練習試合で負傷、ハムストリング肉離れで全治3カ月【超ワールドサッカー】

超fc岐阜

関連ニュース カマタマーレ讃岐は10日、韓国人MFチョン・サネ 20 を獲得したことを発表した。 背番号は「29」を着用する。 2018年に韓国の中京高等学校からFC岐阜に入団したチョン・サネは昨シーズン、日本フットボールリーグ JFL に所属する鈴鹿アンリミテッドFCへ期限付き移籍。 JFLで9試合に出場していたが、シーズン終了後に契約満了で岐阜を退団していた。 讃岐でプレーすることが決まったチョン・サネはクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「カマタマーレ讃岐に加入することができたことを本当に嬉しく思います。 チームのために、一生懸命プレーをしたいと思います。 よろしくお願いします」 2020. 10 17:10 Tue FC岐阜は27日、昨シーズンまで在籍していたDF阿部正紀 28 が現役を引退することを発表した。 東京国際大学から2014年に岐阜へ入団した阿部は、ルーキーイヤーからレギュラーに定着。 昨シーズンも明治安田生命J2リーグ33試合、天皇杯1試合に出場していたが、今年1月に岐阜を退団していた。 キャリア通算ではJ2リーグ209試合で7ゴール、天皇杯では6試合に出場していた。 6年間の現役生活にピリオドを打った阿部は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度2019年のシーズンをもちましてプロサッカー選手を引退することを決めました。 6年間FC岐阜一筋でプレー出来たことは自分に関わってくれたすべての方々のおかげだと思っていますし、自分の夢であったプロサッカー選手にしてくれたことに感謝しかありません。 そしてこんな自分を毎年支えてくれたチームメイトにも感謝しかありません」 「ファン、サポーターのみなさんには、なに一つ恩返しが出来ず引退を決めてしまったことについて心から申し訳ない気持ちです。 この6年間サッカー選手として続けてこれたのは、みなさんの応援など支えがあったからです。 自分はFC岐阜で関わってくれた人たちが本当に大好きです。 引退してもこの気持ちは変わらないです」 「これからは社会人として新たなスタートをきっていこうと思いますので、あたたかく見守っていてください。 6年間本当にありがとうございました」 2020. 27 16:15 Thu アイルランド1部リーグのスライゴ・ローヴァーズは25日、元ニュージーランド代表FWライアン・デ・フリース 28 を獲得したことを発表した。 国際移籍証明書と労働許可書を待っている状況とのことだ。 ライアン・デ・フリースは、ワイタケレ・ユナイテッドやベントリー・グリーンズ、オークランド・シティなどニュージーランドの複数クラブでプレーし、2018年にFC岐阜へ加入した。 1年目から背番号10を背負うと、2019シーズンは明治安田生命J2リーグで27試合4得点を記録。 しかし、チームはJ3へと降格し、2020年1月に契約満了により退団することが発表されていた。 Jリーグでは、2シーズンを過ごし、J2リーグで53試合8得点、天皇杯で1試合に出場していた。 リアム・バックリー監督は「彼は素早く、強く、良いフィジカルがあり、タッチも繊細で、ゴールを決めているのがわかる。 ニュージーランドの人とも話をしたが、彼らは我々のリーグにフィットし、上手くいくと考えているようだ」とコメント。 ライアン・デ・フリースを評価している。 スライゴ・ローヴァーズは、アイルランド・プレミアリーグに所属。 開幕したばかりの新シーズンは3試合で3連敗とスタートに失敗。 「労働許可を取得する必要がある。 少し時間はかかるが、できるだけ早く参加してもらいたい」とバックリー監督は期待を寄せているようだ。 2020. 27 11:11 Thu FC岐阜は5日、昨シーズン限りで退団していたDF横山知伸 34 が現役を引退したことを発表した。 2008年に川崎フロンターレでプロキャリアをスタートさせた横山は、セレッソ大阪、大宮アルディージャ、北海道コンサドーレ札幌、ロアッソ熊本でプレーした。 熊本からの退団が決まっていた2018年12月末には、体調不良で病院へ搬送され脳腫瘍と診断。 同月31日に摘出手術を受けた。 その後、母校の帝京高校などの協力を得てコンディションを整えると、2019年9月から岐阜へ加入。 だが公式戦の出場はなかった。 現役生活に幕を下ろす横山は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「昨シーズンをもって、現役生活を終えることにしました。 これまでの選手生活を振り返ると、子どもの頃から夢見ていたプロサッカー選手として12年間、楽しい時間を過ごす事ができました。 もちろん苦しい時もありましたが、スポンサー企業様・社長をはじめ、クラブスタッフ・監督・コーチ・チームメイト、そしてファン・サポーターの皆さんからの熱く温かいご声援が支えとなり、ここまで12年間やってくることができました。 その全ての方に感謝しかありません」 「2018年末に脳腫瘍が見つかった時は、まさに青天の霹靂でした。 しかしその時『もう無理だ』と思っていたプロサッカー選手に戻れた事は誇らしく思います。 これもひとえにお世話になった病院の先生、退院からリハビリに付き合ってくれた石神井マメックス、帝京高校サッカー部、励ましてくれた先輩、友人、家族などいろいろな人に支えられながら、病気を乗り越え再び選手としてスタジアムに戻ることが出来ました」 「FC岐阜では皆さんが温かく受け入れてくれました。 去年途中からの加入となりましたが、残留の力になれず申し訳なく思っています。 今シーズンでの昇格を陰ながら応援しています。 今後は、自分を成長させてくれ、素晴らしい方々に出会わせてくれたサッカー界に恩返しをしていけたらと考えております」 「今まで培ってきた経験を活かし、さらに知識を上積みしながら優秀な選手を輩出できる指導者になれるよう頑張っていきます。 最後に、ここに綴りきれないほどの感謝の想いを込めて、引退の挨拶と変えさせていただきます。 12年間、本当にありがとうございました」 2020. 05 19:25 Wed.

次の

FC岐阜後援会 オレンターノ岐阜

超fc岐阜

関連ニュース カマタマーレ讃岐は10日、韓国人MFチョン・サネ 20 を獲得したことを発表した。 背番号は「29」を着用する。 2018年に韓国の中京高等学校からFC岐阜に入団したチョン・サネは昨シーズン、日本フットボールリーグ JFL に所属する鈴鹿アンリミテッドFCへ期限付き移籍。 JFLで9試合に出場していたが、シーズン終了後に契約満了で岐阜を退団していた。 讃岐でプレーすることが決まったチョン・サネはクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「カマタマーレ讃岐に加入することができたことを本当に嬉しく思います。 チームのために、一生懸命プレーをしたいと思います。 よろしくお願いします」 2020. 10 17:10 Tue FC岐阜は27日、昨シーズンまで在籍していたDF阿部正紀 28 が現役を引退することを発表した。 東京国際大学から2014年に岐阜へ入団した阿部は、ルーキーイヤーからレギュラーに定着。 昨シーズンも明治安田生命J2リーグ33試合、天皇杯1試合に出場していたが、今年1月に岐阜を退団していた。 キャリア通算ではJ2リーグ209試合で7ゴール、天皇杯では6試合に出場していた。 6年間の現役生活にピリオドを打った阿部は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度2019年のシーズンをもちましてプロサッカー選手を引退することを決めました。 6年間FC岐阜一筋でプレー出来たことは自分に関わってくれたすべての方々のおかげだと思っていますし、自分の夢であったプロサッカー選手にしてくれたことに感謝しかありません。 そしてこんな自分を毎年支えてくれたチームメイトにも感謝しかありません」 「ファン、サポーターのみなさんには、なに一つ恩返しが出来ず引退を決めてしまったことについて心から申し訳ない気持ちです。 この6年間サッカー選手として続けてこれたのは、みなさんの応援など支えがあったからです。 自分はFC岐阜で関わってくれた人たちが本当に大好きです。 引退してもこの気持ちは変わらないです」 「これからは社会人として新たなスタートをきっていこうと思いますので、あたたかく見守っていてください。 6年間本当にありがとうございました」 2020. 27 16:15 Thu アイルランド1部リーグのスライゴ・ローヴァーズは25日、元ニュージーランド代表FWライアン・デ・フリース 28 を獲得したことを発表した。 国際移籍証明書と労働許可書を待っている状況とのことだ。 ライアン・デ・フリースは、ワイタケレ・ユナイテッドやベントリー・グリーンズ、オークランド・シティなどニュージーランドの複数クラブでプレーし、2018年にFC岐阜へ加入した。 1年目から背番号10を背負うと、2019シーズンは明治安田生命J2リーグで27試合4得点を記録。 しかし、チームはJ3へと降格し、2020年1月に契約満了により退団することが発表されていた。 Jリーグでは、2シーズンを過ごし、J2リーグで53試合8得点、天皇杯で1試合に出場していた。 リアム・バックリー監督は「彼は素早く、強く、良いフィジカルがあり、タッチも繊細で、ゴールを決めているのがわかる。 ニュージーランドの人とも話をしたが、彼らは我々のリーグにフィットし、上手くいくと考えているようだ」とコメント。 ライアン・デ・フリースを評価している。 スライゴ・ローヴァーズは、アイルランド・プレミアリーグに所属。 開幕したばかりの新シーズンは3試合で3連敗とスタートに失敗。 「労働許可を取得する必要がある。 少し時間はかかるが、できるだけ早く参加してもらいたい」とバックリー監督は期待を寄せているようだ。 2020. 27 11:11 Thu FC岐阜は5日、昨シーズン限りで退団していたDF横山知伸 34 が現役を引退したことを発表した。 2008年に川崎フロンターレでプロキャリアをスタートさせた横山は、セレッソ大阪、大宮アルディージャ、北海道コンサドーレ札幌、ロアッソ熊本でプレーした。 熊本からの退団が決まっていた2018年12月末には、体調不良で病院へ搬送され脳腫瘍と診断。 同月31日に摘出手術を受けた。 その後、母校の帝京高校などの協力を得てコンディションを整えると、2019年9月から岐阜へ加入。 だが公式戦の出場はなかった。 現役生活に幕を下ろす横山は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「昨シーズンをもって、現役生活を終えることにしました。 これまでの選手生活を振り返ると、子どもの頃から夢見ていたプロサッカー選手として12年間、楽しい時間を過ごす事ができました。 もちろん苦しい時もありましたが、スポンサー企業様・社長をはじめ、クラブスタッフ・監督・コーチ・チームメイト、そしてファン・サポーターの皆さんからの熱く温かいご声援が支えとなり、ここまで12年間やってくることができました。 その全ての方に感謝しかありません」 「2018年末に脳腫瘍が見つかった時は、まさに青天の霹靂でした。 しかしその時『もう無理だ』と思っていたプロサッカー選手に戻れた事は誇らしく思います。 これもひとえにお世話になった病院の先生、退院からリハビリに付き合ってくれた石神井マメックス、帝京高校サッカー部、励ましてくれた先輩、友人、家族などいろいろな人に支えられながら、病気を乗り越え再び選手としてスタジアムに戻ることが出来ました」 「FC岐阜では皆さんが温かく受け入れてくれました。 去年途中からの加入となりましたが、残留の力になれず申し訳なく思っています。 今シーズンでの昇格を陰ながら応援しています。 今後は、自分を成長させてくれ、素晴らしい方々に出会わせてくれたサッカー界に恩返しをしていけたらと考えております」 「今まで培ってきた経験を活かし、さらに知識を上積みしながら優秀な選手を輩出できる指導者になれるよう頑張っていきます。 最後に、ここに綴りきれないほどの感謝の想いを込めて、引退の挨拶と変えさせていただきます。 12年間、本当にありがとうございました」 2020. 05 19:25 Wed.

次の

岐阜の韓国人MFキム・ホが練習試合で負傷、ハムストリング肉離れで全治3カ月【超ワールドサッカー】

超fc岐阜

アウェイカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ 株式会社岐阜フットボールクラブ Gifu Football Club Co. , Ltd. 市場情報 未上場 本社所在地 502-0841 長良福光青襖2070-7 岐阜県長良川スポーツプラザ1F 設立 事業内容 サッカークラブの運営他 代表者 宮田博之 資本金 2億6,900万円 2018年1月期 売上高 9億5,100万円 2018年1月期 営業利益 8,300万円 2018年1月期 経常利益 8,400万円 2018年1月期 純利益 7,100万円 2018年1月期 純資産 1億6,600万円 2018年1月期 総資産 3億1,800万円 2018年1月期 決算期 1月期 主要株主 49. FC岐阜(エフシーぎふ)は、のを中心とする全県をホームタウンとする 、(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブである。 概要 [ ] 運営会社は 株式会社岐阜フットボールクラブであり 、2007年3月にとして承認され 、2008年にJリーグへ加盟した。 チームカラーやエンブレムなどは岐阜県花である「」と「」をモチーフとして、は情熱、は知性、は調和をそれぞれ表している。 ホームスタジアムは、、練習場はやなどである (詳細はを参照)。 なお、2013年4月28日から(ぎふ清流国体)のマスコットの「ミナモ」が 、またよりのマスコット「」がそれぞれ期限付きで応援マスコットとなっている。 その後、2017年7月22日、公式マスコットキャラクター「 」のデザインを発表。 同年10月1日のホームゲームで着ぐるみがお披露目となった。 歴史 [ ] 創設の経緯 [ ] 2001年4月、に向けて強化する目的で岐阜県サッカー協会により創設。 2002年、が中心となって地域に根ざした総合スポーツクラブの実現を目指して設立され、(NPO法人) スティックルバックスポーツクラブ(SSC)が運営母体となった。 SSCはまず陸上競技部門とサッカー部門、2004年からラグビー部門を設立(サッカー部門の監督に元監督のが就任)。 サッカー部門のトップチームはJリーグ加盟を目指すため、運営会社となる 株式会社岐阜フットボールクラブ(岐阜FC)を2006年8月30日に設立した。 初代代表に岐阜経済大学教授、鈴木誠が就任。 これに伴いSSCのサッカー部門の育成普及事業を岐阜FCに移管、SSCは名称を「 NPO法人FC岐阜スティックルバック」に変更した。 2005年 - 2006年(東海リーグ) [ ] 2005年 元総監督のが顧問に就任。 元のが入団。 2部は、最終節前節まで3位だったが最終節に7-0で勝利し、得失点差「1」で2位となり、東海リーグ1部に昇格。 2006年 が監督に就任。 8月30日、運営会社となる株式会社岐阜フットボールクラブを設立。 東海リーグ1部で優勝、で準優勝(優勝は)。 入替戦でに連勝して、2007年からの(JFL)昇格を決めた。 岐阜県のチームが社会人の全国リーグに所属することは、西濃運輸以来である。 2007年(JFL) [ ] Jリーグ入会を祝って岐阜市 庁舎に掲げられた横断幕 戸塚体制2年目。 1月、が(GM)に就任。 2月20日、申請していたはJリーグの理事会で常勤役員1名、常勤スタッフ2名の確保という条項を満たしておらず継続審議。 3月の再審議で準加盟が承認されたが、「経営基盤の強化」の条件付で8月末までの経営の改善が求められた。 クラブは9月に正式な準加盟承認を目指すとしたが、Jリーグがそれを見送り、12月まで猶予となった。 リーグ戦は、6月21日(第17節)から戸塚に代わってが監督に就任。 12月2日の戦に勝利して、シーズン3位に入り、Jリーグ加盟条件のリーグ戦4位以内が確定。 のJリーグ臨時理事会で加盟が承認され、J2昇格が決定した。 なお、では名古屋についで2クラブ目のJリーグクラブとなった。 2008年 - 2019年(J2) [ ] 2008年 [ ] チームスローガン: 「Chance! Challenge! Change! 」 松永体制2年目。 J2に昇格して初のシーズンとなり、序盤戦は4月12日の戦で5分間で4点を奪って逆転勝ち するなど、第4節で3位 、1巡目終了時には8位に付けた。 7月12日 - 9月27日の間までは13試合勝ちなし (5分8敗、うち8月24日 - 9月23日までは6連敗 )となり、9月7日の広島戦で7点 、同月15日の戦で6点を失点した。 J2初年度は15チーム中13位で、10勝のうちホームは3勝。 3戦3敗を喫したC大阪からは3試合で合計12失点した。 この年をもって森山が現役を引退。 シーズン終了後、経営危機からレギュラー選手を含む15人が退団した。 2009年 [ ] 太字の選手は天皇杯準々決勝の スターティングメンバー。 チームスローガン: 「Challenge to…! 」 松永体制3年目。 大卒9人、高卒2人を含む15人の選手を獲得。 一方で、6月にがへ移籍。 リーグ戦は2008年度はホームゲームで、5月2日の戦の引き分けから8月16日の戦で敗れるまで、11戦負け無し(6勝5分)を記録し (2008年度はホームゲームで3勝 )、目標の10位には届かなかったが、前年より1つ上の12位で終えた。 は、4回戦でJ1に勝利。 準々決勝でに敗北したが 、ベスト8入りを果たした。 2010年 [ ] チームスローガン: 「前進し続けること STEP BY STEP BY STEP」 監督にが 、ヘッドコーチに元監督のが就任。 またがGMに就き、今西は社長業に専念することとなった。 (へ完全移籍)、(・へ)、らが退団、、らが加入し、、のレンタル移籍期間が延長した。 また、岐阜市の姉妹都市である・との交流事業の一環として同市のサッカー選手を獲得。 7月にはのを獲得、よりをレンタル移籍で獲得。 リーグ戦は昨年の12位より順位を2つ下げて14位。 2011年 [ ] チームスローガン: 「共に創る STEP BY STEP BY STEP」 強化方針の相違により倉田が監督を退任したため 、強化部長に就任することが内定していた元広島監督のが後任の監督に就任した。 これに伴い強化部長は服部がGMと兼任し、チームOBのが強化部に入った。 が・へ移籍、がレンタル移籍期間満了につきに復帰、が退団(その後引退)。 (から完全移籍)、(札幌から完全移籍)、らが加入した。 また、6月に(柏)が期限付き移籍で加入した。 リーグ戦は第11節(5試合目)で最下位に転落。 また、第20節から6試合連続での無得点負け。 成績はクラブ史上初のJ2最下位。 なお、シーズン終了後に木村が監督を退任した。 天皇杯は初戦(2回戦)でに敗退。 2012年 [ ] チームスローガン: 「MOVing こころ、ひとつに。 」 や元監督のが監督に就任。 、、(期限付き移籍期間満了でに復帰)、(北九州に完全移籍)、(栃木に完全移籍)らが退団。 元日本代表の(から完全移籍) 、(北九州から完全移籍)、、らが加入。 シーズン開幕から7試合連続勝ちなし、第3節からは4連敗、第6節、第7節と最下位に沈む。 第8節で北九州からシーズン初勝利を挙げて最下位を脱出。 第10節から3連敗、第11節から第17節まで再び最下位。 第18節で最下位から脱したが、出場圏内の21位でシーズンを終えた。 なお、でJ2入会基準を満たしたクラブが(JFL優勝)のみであったため、J2に残留した。 天皇杯は初戦で熊本に敗退。 8月にはが深刻化し、今西和男が運営会社の代表を辞任。 元岐阜県助役のが後任代表に就任。 この年よりおよび富山と組んでダービーマッチとして「」を開始した。 2013年 [ ] チームスローガン: 「岐阜力 -FOR THE NEXT-」 行徳体制2年目。 ()、(鳥取)、(札幌)、()、(JFLから期限付き移籍)、(ユース)らが新加入した。 また、2007年から3年間監督を務めた松永英機が、統括副本部長兼チーム統括部長として4年ぶりに復帰した。 シーズンは第1節から単独最下位(22位)となり、第8節松本戦でシーズン初勝利を挙げるまで7戦勝利なし、初勝利後も再び9戦勝利なしとなるなど低迷。 前半戦終盤となる6月は3勝1分1敗であったが、後半戦初戦のホーム戦で、J2最多失点記録となる2-8で敗北するなどし、第19節と第26節で21位に上がった他は長く最下位に沈んだ。 後半戦から(から期限付き移籍)、、らが加入。 第29節終了後の8月19日に行徳が解任され、トップチームのアシスタントコーチ兼FC岐阜SECOND監督のが後任の監督に就任。 監督交替後3試合は勝ちがなかったが、第33節から6月以来シーズン2度目となる連勝を果たし、第34節終了時に鳥取と入れ替わり最下位を脱出して、J2・JFL入れ替え戦出場圏内の21位でシーズンを終えた。 なお、で入れ替え戦出場基準を満たしたクラブが(JFL2位)のみだったため、J2に残留した。 シーズン終了後、辛島が監督を退任した。 天皇杯は2回戦敗退。 2014年 [ ] チームスローガン: 「共進共闘! BOLA PRA FRENTE GIFU! 」 監督に元監督のが就任。 社長のが個人的に強化費を投入(にて後述)し、(磐田)、(横浜FC)、(横浜FC)、(大分)、(栃木)ら実績のあるベテランを補強。 木谷の期限付き移籍期間が延長、、、らが加入。 チーム最年長であった服部が引退、樋口(清水に復帰)、李漢宰(に完全移籍)、(に完全移籍)らが退団した。 4月、元経営戦略部長のが運営会社の社長に就任した。 シーズン中に地主園秀美、スティッペ、が退団。 とが完全移籍で、とが期限付き移籍で加入。 シーズンは第36節磐田戦から5連敗を喫するなど終盤に息切れしたものの、開幕前の評判通りの高い攻撃力を発揮し、残留争いに巻き込まれることなく前年から4つ順位を上げた17位でシーズンを終えた。 に初勝利した。 集客面での成長が著しく、J2主催試合における総入場者数は前年から64,227人増の159,259人、平均入場者数も3,059人増の7,584人であった。 天皇杯は2回戦敗退。 2015年 [ ] チームスローガン: 「共進共闘! ぎふを元気に! ぎふをひとつに! 」 ラモス体制2年目。 (大分)、(清水)、(北九州)、(期限付き移籍)らが加入、期限付き移籍のを完全移籍で獲得した。 一方、前年チーム得点王のナザリト(札幌へ完全移籍)、生え抜きの(JFL・へ完全移籍)ら16名が退団、木谷と美尾が引退。 シーズン途中には、、らが期限付き移籍で加入した。 シーズンを通して得点力、守備力両面で振るわなかった。 23敗、総得点37、総失点71、得失点差マイナス34はいずれも降格対象の大分・栃木よりも悪い数字であったが、勝利数はこれらよりも多く、20位でシーズンを終えた。 かねてからの症状が進行していた恩田は、のアビスパ福岡戦で社長職を退任すると発表。 12月14日には12月1日から顧問に就任していた宮田博之が後継社長として就任した。 2016年 [ ] チームスローガン: 「思いはひとつ 願いも一つ energy to communication」 ラモス体制3年目。 (名古屋)、(京都)、()、(山形)、(東京Vから期限付き移籍)、(大分)、らが移籍加入。 、昨シーズンだった、が新卒で加入、期限付き移籍中の風間宏矢を完全移籍で獲得した。 一方、昨シーズンの主将だった(に完全移籍)、川口能活(相模原に完全移籍)、高木和道(磐田に完全移籍)ら14選手が退団、宮沢と砂川が引退。 第1節、第2節とも0-4で大敗し最下位になるが、第3節ホーム戦、89分のレオナルド・ロシャのゴールでシーズン初勝利を挙げると、同節から4連勝で、第6節終了時には一旦5位にまで順位を上げる。 しかしこれがシーズン最高順位となり、第13節アウェー岡山戦での勝利の後、第14節から第31節までの18試合で僅か勝点8(1勝5分12敗)しか挙げられず、第20節から5連敗となった第24節の後の7月22日、ラモスが解任され、後任にヘッドコーチのが昇格した。 監督交代後も連敗は7、連続試合未勝利は12まで伸び、第27節終了時には20位まで順位を下げた。 吉田体制初勝利は第32節の愛媛FC戦で、リーグ戦では3か月ぶり、ホームゲームでは実に半年ぶりの勝利となった。 第33節も勝利し、連勝したものの、第34節から5連敗。 第38、39節終了後には第2節以来の最下位となる。 しかし、第39、40節を連勝し19位に再浮上、第41節で敗れ20位となるがの東京V戦に勝利し、12勝7分23敗の勝点43、2シーズン連続の20位でシーズンを終えた。 失点がJ2リーグワーストの71(次点は群馬の66)、敗戦数も23とワースト(次点は熊本、北九州の20)だったものの、得点がJ2リーグ12位の47で、勝利数も12位タイの12だった。 シーズン終了後、監督の吉田が退任した。 2017年 [ ] チームスローガン: 「挑戦!Challenge! 」 元日本代表コーチで、甲府や京都などを率いた経験のあるが新監督に就任。 チーム得点王のレオミネイロがレンタル期間満了となったのを始め、特別指定選手時代から在籍していた、主将の髙地系治、岡根直哉ら主力を含む19選手が退団。 2014・2015年に在籍したが完全移籍で復帰。 加えて新外国人としてスペイン人のと、のを完全移籍で獲得。 日本人ではレンタル移籍で()、()、()が、完全移籍ではの主力であった、前のが加入。 昨シーズン特別指定選手だったら大学生3名が加入した。 シーズン途中には、がレンタル移籍で加入。 シーズン開幕直後の3月27日、がによる自損事故を引き起こしたことが発覚、3月31日付けで契約解除、また代表取締役社長とチーム統括部長は減給処分となった。 シーズンは好不調の波が激しく、得点はリーグ10番目の56点を挙げたものの、失点が愛媛と並んでリーグで下から3番目、勝利数も町田と並び下から4番目の11勝しか挙げられなかったこともあり最終順位は18位で終わった。 天皇杯は2回戦で徳島に勝利したものの、3回戦で広島に敗れた。 この年限りで高木が引退した。 2018年 [ ] チームスローガン: 「新時代を拓く」 大木体制2年目。 前年のチームの核であったシシーニョ、、庄司が引き抜かれ、2015年主将の深谷、16年の高地に続き3年連続で主将が退団。 ヘニキ、瀧谷らも移籍した。 他クラブで主力を務めたや、元FWのらが加入し、福村と中島が完全移籍でチームに残った。 開幕から2連敗し21位となった後、第3節でシーズン初勝利を挙げるが調子は上がらず、第11節終了時点で2勝4分5敗の19位だったが、第12節から初の連勝、1敗を挟んでさらに4連勝し、一気に7位まで順位を上げる。 その後1分2敗で前半戦終了時点で11位。 後半戦に入り、第25節から10連敗を喫し、順位を一気に19位に下げ、さらに1引き分けを挟み2連敗し、第35節終了時点で20位にまで落ちる。 21位に終わった熊本との勝点差が大きかったこともあり、降格圏に落ちることはなかった。 第41節終了時点で一旦19位に浮上するも、第42節に再逆転され結局20位でシーズンを終了した。 2019年 [ ] チームスローガン: 「躍進 -Breakthrough-」 大木体制3年目。 田中パウロ淳一がに移籍するなど主力選手が退団したものの、から元日本代表のらを獲得し、期限付き加入していた北谷が完全移籍加入で残留。 開幕から6戦は2勝2分2敗で、第6節終了時には11位だったが、第7節からの4連敗で一気に21位にまで降下、直後に1勝1分するものの、さらに6連敗し、第13節から最下位に低迷。 第18節終了後の6月18日に、大木の退任、ならびに前讃岐監督のの後任就任が発表された。 夏の移籍期間ではやらを放出する一方で、昨季J2で2ケタ得点を記録した()、()を始め、、(ともに)、(前)を補強したがチーム状況を上向かせることはできず、第40節で新潟に敗れたことによって、降格圏である21位以下が決定。 この時点では、J3・の成績次第で残留の可能性があった が、11月16日に行われた第41節で甲府に1-3で敗戦し、J2最下位の22位が確定。 J3で藤枝以外のJ2ライセンス未所持クラブの3位以下が確定していたため、クラブ史上初のJ3降格が決まった。 シーズン終了後、北野が契約満了により監督を退任した。 2020年 - (J3) [ ] 2020年 [ ] ・前監督で、過去にはでも監督を務めたが新たに監督に就任。 成績 [ ] 岐阜メモリアルセンター長良川球技メドウ ホームスタジアムは(以下、長良川競技場)である。 なお、過去のホームゲーム開催スタジアムは「」を参照のこと。 は(ぎふ清流国体)による長良川競技場の改修工事により(以下「長良川球」)でホームゲームを15試合開催した。 なお、シーズン前は一部の試合をのを使用する予定もあった が、全て長良川球で開催された。 なお、Jリーグは近隣にJリーグ基準を満たしたスタジアムが無いことを理由として長良川球と光明寺での開催を特例で認めたとしている。 練習場 [ ] 練習場は以下の通り。 (岐阜市)• (各務原市)• () なお、J1ライセンス取得の要件の一つである専用練習場の設置について、・は2014年9月1日の定例会見で、それの建設の判断を2014年内までに行う方針を固めた。 FC岐阜では、岐阜市に対し、 の敷地内にクラブハウスを併設した練習場の建設・整備を要望しており、それの実現へ向けた募金・署名運動「ぎふJ1チャレンジ」 を進めている。 同11月2日、の取材に答えた細江が、クラブハウスを整備する方針を固めたことを明らかにした。 その後、多くの署名と募金に基づき、市が約3億円をかけて、2016年1月にクラブハウス機能を備えた「岐阜市スポーツ交流センター」を完成。 センターは鉄骨平屋約657平方メートル。 岐阜市北西部運動公園の隣に建設されている。 クラブが常時優先使用できる部分は、メディカルルームや更衣室、浴槽付きシャワー室などで施設全体の4分の1程度。 運動公園のグラウンド使用時は、会議室と談話室を優先的に利用でき、トレーニングルームやストレッチルームは常時、市民と共用する形となる。 緑 ユニフォームスポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考 胸 NGK NTK スパークプラグ ニューセラミック 日本特殊陶業 2014年 - 鎖骨 かなえたいを、協える。 名鉄協商 2018年 - 左側に表記 岐阜車体 2018年 - 右側に表記 背中上部 SEINO 西濃運輸 2016年 - 2014年はパンツ (「」名義) 2015年は袖 2014年 - 2015年は「SEINO」表記 背中下部 ACT HOLDINGS 2018年 - 袖 COPIN 2013年 2020年 - 2010年 - 2012年、2015年 - 2019年はパンツ 2010年は「 Grown with sports COPIN」表記 パンツ 太平洋工業 2020年 - ユニフォームサプライの遍歴 [ ]• - 2007年:• 2008年 - 2012年:• 2013年 - 2016年:• 2017年 - 現在: 歴代ユニフォーム [ ] FP 1st 詳細は「」を参照• アカデミー(育成) - 2008年、NPO法人FC岐阜スティックルバックのジュニアユースおよびサッカースクールから移管。 U-18、U-15、U-12(サッカースクール)• FC岐阜BELTA• 「岐阜女子フットボールクラブ」(創設)が2005年に「FC岐阜BELTA」へ名称を変更して発足。 トップチームは に所属しているが、に女子小中学生サッカーチームを「FC岐阜ベルタセカンド」として分割した(2012年より「」へ名称変更)。 経営 [ ] 経営問題 [ ] 債務超過(2008年) [ ] FC岐阜はJリーグ準加盟時に「経営状況の改善」が付帯事項に掲げられる(前述)など、経営問題を抱えながらのクラブ運営を行っていた。 2007年にはJリーグ経営諮問委員会でクラブを運営する株式会社岐阜フットボールクラブ(岐阜FC)の経営状態が指摘されたことを受け、同年10月に岐阜市内の製菓会社社長を理事長とする「FC岐阜個人持株会」を設立し、1口5万円での出資募集を開始。 しかし、個人持株会も大口スポンサーとはなりえず、2008年のシーズン終了時には3億366万円の累積赤字と1億4,616万円の債務超過となった。 公式試合安定開催基金からの融資(2009年から2010年) [ ] 岐阜FCは2008年シーズン終了後にJリーグよりから5,000万円の融資を受けた(に次いで2例目)。 さらに2009年6月24日、入場者数が当初の予想より大幅に下回っていることと、このままの状況が推移すれば当初の予想興行収入である1億円を下回り、公式試合安定開催基金より借入した5,000万円の融資を返済した後、選手やスタッフに給与の支払いができなくなるほど資金が底を突く可能性があると発表 、存続を願う地元ファンや企業から2,800万円を集めて何とかしのぎ、2009年に「公式試合安定開催基金」から融資を受けている5,000万円の返済期限の延期をJリーグに申し入れ た後、2010年4月16日、公式試合安定開催基金から融資を受けていた5,000万円を返済 し、同年には単年度黒字を計上した。 予算管理団体指定と今西和男社長の退任(2011年から2012年) [ ] しかし累積赤字・債務超過の状況が解消されたわけではなく、2011年度には7,100万円の単年度赤字を計上(過去5期中4期が赤字)。 これを受け2012年4月18日、将来のの導入を見据える形で、岐阜FCがJリーグから予算管理団体の指定を受け、経営状態について随時指導を受けることになった。 さらに同年6月20日、岐阜FCは2012年シーズン終了までに1億5,000万円の資金が不足し、7月末までに1,000万円の資金ショートが発生するとの見通しを示した。 これを受けて、県内の企業・団体などはFC岐阜に資金支援する意向を表明、岐阜県や岐阜市は直接の資金援助(税金投入)は否定したものの、側面支援を約束した。 また、経費削減のために、2012年シーズンは戦と九州でのアウェー戦以外の遠征はすべてチームバスで行った。 2012年8月20日、クラブライセンスの可否を判断するためのクラブへの事前ヒアリングにおいて、Jリーグは経営が悪化している岐阜FCについて2013年度のライセンス交付に厳しい姿勢を示した。 結果的にこの年はJ2ライセンスの交付を受けたが、同時に債務超過の解消や単年度黒字計画の策定を求めるための是正を通達された。 今西は8月末日付けで社長を退任、後任に出身のが就任した。 藤澤信義Jトラスト社長の支援(2013年から2014年) [ ] これまで大口スポンサーを持たなかったFC岐阜だったが、2012年シーズンオフに岐阜出身で社長のがクラブ支援に乗り出すことを表明。 2013年については個人で1億5,000万円を拠出(寄付)する方針を明らかにした。 また、Jトラストグループのが2013年シーズンのユニフォームスポンサーに就くことも決まった。 2013年4月24日、岐阜FCの株主総会が開催され、2012年度決算が4,800万円の赤字で、債務超過額が1億9100万円へ増加したことが明らかとなった。 2015年1月までに債務超過を解消しなければクラブライセンスが発給されずJリーグ退会となるため、増資も検討していると発表した。 債務超過については、2014年度のクラブライセンス交付時にJリーグ側から「債務超過の解消に向け、(1)今期損益見通し詳細を報告し、Jリーグの指導を受けること(2)2014年度予算編成に際し、Jリーグの事前指導を受けること」との是正通達が付帯された。 債務超過解消について、藤澤は「地元財界の支援による債務超過解消が前提」とコメントし、債務超過が解消されればさらなる資金援助を行う意向を表明した。 2013年12月、藤澤による追加支援の条件となっていた「地元での債務超過の解消」に目処が付いたことが明らかになる。 具体的な債務超過解消策については明らかになっていないが、FC岐阜のであるが債務の圧縮に応じたものが大きいとみられている。 これを受けて「無制限の強化費用の支援を行う」という藤澤の方針がメディアにより報じられた。 2014年4月24日、岐阜FCは同日行った株主総会で2億4,000万円のを承認。 これを藤澤が個人で引き受け、藤澤が岐阜FCの49. 経営問題にめどがついたことを受けて、同日の株主総会をもって社長の薫田が代表権のない会長に退き、後任の社長にJトラスト出身のが就任した。 決算 [ ] FC岐阜の決算は、つぎのとおり。 損益 [ ] 年度 収入 広告料 入場料 配分 その他 費用 事業費 人件費 管理費 利益 純利益 2008 401 115 80 108 97 477 385 178 92 -76 -86 2009 420 115 71 104 129 464 327 156 137 -45 -56 2010 519 188 77 98 156 505 298 186 207 14 1• 金額の単位: 百万円• 人件費は事業費に含まれる。 出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 、 、 年度 収益 広告料 入場料 配分 育成 その他 費用 人件費 試合 トップ 育成 女子 販売 利益 純利益 2011 448 153 59 106 31 99 510 192 43 54 18 0 203 -62 -71 2012 528 193 73 100 32 130 568 212 46 75 18 0 217 -40 -49 2013 576 266 74 90 41 105 611 241 67 101 33 0 169 -35 88 2014 831 380 140 95 89 127 979 503 90 140 48 0 198 -148 -63 2015 999 516 131 85 47 220 992 468 84 124 35 0 281 7 3 ボランティア [ ] GREENS [ ] 「岐阜県民が常に快適にスポーツに関わることができるようにサポートし、スポーツ文化の醸成のための活動の在り方を求め続ける」を活動理念とし、「全緑サポート」を心掛けて試合運営を支える活動を行っている団体 参加メンバーは、学生、社会人、主婦、シニアなどの幅広い年代の方が参加しており、現在も参加募集を行っている。 活動内容は、受付や、エコステーションなどのお客様への手伝いを行うボランティア。 また、ボランティアポイントとして、ポイントが1回に付き100ポイント貰える ピアサポート [ ] 「岐阜就労支援センター」で働く障害のあるスタッフにFC岐阜の運営業務を、おこなっていただくことで、社会とのかかわり・自立支援へとつながることを目的とした取り組み。 チア [ ] グリーンエンジェルズ [ ] FC岐阜専属のチアダンススクールとして、地域貢献と地域スポーツ文化発展を願い、2018年7月に開校 現在は、avex前面監修チームとなっている。 GGG [ ] 現在執筆中 メディア [ ] テレビ [ ]• 毎週日曜日 22:54 - 23:00(2015年3月8日放送再開)• Jリーグ昇格以前から不定期にホーム戦中継を行っていたが、2015年よりテレビ・ラジオ合わせてのホーム全試合中継を開始した(テレビは編成の都合により、一部録画中継あり)。 毎週月曜日 18:30 - 19:00(「WEEKLY FC岐阜」で主に試合のハイライトを放送)• 毎週金曜日 18:30 - 19:00(「Forza! FC岐阜」で主に次節の試合告知や練習風景等を放送) (チャンネル長良川)• 緑の話を聞け! 毎週金曜 19:55 - 20:00(リピート放送あり) ラジオ [ ]• 毎週月曜日 19:00 - 19:20頃(内)• その他不定期でFC岐阜をメインとした特番を放送している。 毎週土曜日 12:00 - 12:30 (FMわっち)• Fight Together For GIFU(長良川競技場からホームゲームを生中継) JFL が2006年度のシーズン中に数回中継。 ケーブルテレビのがホーム戦を主に中継し、応援番組も放送。 レギュラーシーズンは(J2開幕戦3月9日の生中継が最初)と岐阜放送(3月16日の生中継が最初)とメ〜テレ(3月23日の録画中継が最初)で中継が行われた。 スカパー中継は、Jリーグからの委託を受けて、岐阜放送とメ〜テレが試合ごとに映像を製作。 ラジオは主に地元コミュニティFM放送のが生中継を行い、2009年7月19日の対戦の中継より会場限定のミニFM局を開設した。 2015年より岐阜放送ラジオでもホーム戦の生放送を行う予定。 脚注 [ ] []• 日本プロサッカーリーグ. 2016年7月22日閲覧。 FC岐阜. 2017年10月8日閲覧。 FC岐阜. 2020年4月14日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2018年8月7日閲覧。 2014年4月25日. 2014年7月31日閲覧。 岐阜新聞 2007年3月17日. 2020年4月15日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜, 2013年4月29日 , 2020年4月15日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜, 2014年3月21日 , 2020年4月15日閲覧。 プレスリリース , J's GOAL, 2017年10月1日 , 2017年10月2日閲覧。 岐阜経済大学リリース、 2008年5月25日• 岐阜新聞 2007年2月21日. 2020年4月15日閲覧。 岐阜新聞 2007年6月22日. 2020年4月15日閲覧。 岐阜新聞 2007年12月3日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜 2007年12月3日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜 2008年4月12日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜 2008年3月23日. 2020年4月15日閲覧。 岐阜新聞 2008年5月19日. 2020年4月15日閲覧。 岐阜新聞 2008年9月28日. 2020年4月15日閲覧。 岐阜新聞 2008年9月24日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜 2008年9月7日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜 2008年9月15日. 2020年4月15日閲覧。 岐阜新聞 2008年12月23日. 2020年4月15日閲覧。 岐阜新聞 2008年12月7日. 2020年4月15日閲覧。 岐阜新聞 2008年12月24日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜 2009年1月21日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜 2009年6月13日. 2020年4月15日閲覧。 岐阜新聞 2009年8月6日. 2020年4月15日閲覧。 岐阜新聞 2009年12月6日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜 2009年11月15日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜 2009年12月13日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜 2009年12月23日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜 2010年1月15日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜 2010年12月27日. 2020年4月20日閲覧。 FC岐阜 2010年12月27日. 2020年4月20日閲覧。 FC岐阜 2011年12月20日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜 2011年12月19日. 2020年4月15日閲覧。 岐阜新聞 2012年4月9日. 2020年4月15日閲覧。 岐阜新聞 2012年4月16日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜 2012年8月24日. 2020年4月15日閲覧。 FC岐阜. 2015年12月16日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜, 2016年11月24日 , 2020年4月14日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜, 2016年11月29日 , 2020年4月14日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜, 2017年3月31日 , 2017年8月8日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜, 2019年6月18日 , 2019年6月18日閲覧。 藤枝は、J2昇格に必要なライセンスが交付されなかったため、仮に藤枝がJ2昇格圏でシーズンを終えた場合はJ3降格チームが1つ減る可能性があった。 ゲキサカ. 2019年11月16日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜, 2019年11月28日 , 2019年12月12日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜, 2019年12月11日 , 2019年12月12日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜, 2018年6月5日 , 2020年4月14日閲覧。 (岐阜新聞2014年9月1日 10月3日閲覧)• (中日新聞2014年9月4日 10月3日閲覧)• 岐阜新聞. 2014年11月3日. 2020年4月20日閲覧。 プレスリリース , 公式サイト, 2016年1月31日 , 2017年8月27日閲覧。 プレスリリース , 岐阜新聞, 2016年1月31日 , 2017年8月27日閲覧。 プレスリリース , Viewpoint, 2016年2月22日 , 2017年8月27日閲覧。 プレスリリース , ええとこたんと岐阜市 , 2017年8月27日閲覧。 プレスリリース , 2016年10月20日 , 2016年10月21日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜, 2011年2月24日 , 2012年12月8日閲覧。 2007年10月13日. 2014年5月10日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜, 2010年4月19日 , 2012年12月8日閲覧。 岐阜新聞. 2012年4月18日. 2014年5月10日閲覧。 FC岐阜公式ホームページ 2012年4月18日• 岐阜新聞. 2012年6月21日. 2014年5月10日閲覧。 (2012年6月21日・朝日新聞岐阜県版 同7月4日閲覧)• 『』2012年7月2日放送分における服部年宏へのインタビューより• 岐阜新聞. 2012年8月21日. 2020年4月20日閲覧。 岐阜新聞. 2012年9月29日. 2020年4月14日閲覧。 岐阜新聞. 2012年9月4日. 2014年5月10日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜, 2012年12月25日 , 2014年5月10日閲覧。 PDF プレスリリース , Jトラスト, 2013年5月22日 , 2014年5月10日閲覧。 中日新聞. 2013年4月25日. の2013年4月28日時点におけるアーカイブ。 2014年5月10日閲覧。 プレスリリース , FC岐阜オフィシャルサイト, 2013年10月1日 , 2013年10月3日閲覧。 2013年12月26日. の2014年1月16日時点におけるアーカイブ。 2014年5月10日閲覧。 2014年4月25日. 2014年5月10日閲覧。 デイリースポーツ. 2013年12月26日. 2014年5月10日閲覧。

次の