プレゼン 締め。 プレゼンでキレイに終わる締めの言葉とは?コツと例文は?

プレゼンでキレイに終わる締めの言葉とは?コツと例文は?

プレゼン 締め

プレゼンの終盤では、プレゼンの目的が重要• プレゼンを締めるときには相手へのベネフィットをまとめ、行動を呼びかけることがポイント• 締めの言葉を言うときは、自信を持った堂々とした喋り方を意識する プレゼンの印象を決めるのは「最後のまとめ」 社会人にとってプレゼンのスキルは必須。 スピーチの内容・構成を作成するコツ、話し方のコツ、スライドの作成方法などを学んでいる方も多いのではないでしょうか。 プレゼンの成功率を上げるためには、 最後のまとめが重要です。 まとめによってプレゼン全体の印象が決まるといっても過言ではありません。 本記事では、プレゼンの最後を締めるためのポイントについて詳しくチェックしていきましょう。 プレゼンを締める言葉の前に意識すること 「プレゼンをうまく締めるためには、締めの言葉が重要」だと思っている方も多いでしょう。 しかし、言葉だけですべてがまとまるほど簡単ではありません。 まずは、プレゼンの締めの言葉を決める前に、意識しておくべきことを確認しましょう。 プレゼン終盤で重要になるのは「プレゼンの目的」 プレゼンをするということは、「新しい企画の提案」「発注をしてもらう」など何かしらの目的があるはずです。 プレゼンの終盤では目的を達成できるような「 説得力の裏付け」をすることが重要となります。 プレゼン終盤では、これまで話してきた内容で 最も重要なポイント、結論を再度強調させましょう。 また、 印象的なエピソードを話して、観客たちの記憶に残るような終わり方にするのもおすすめです。 プレゼンの目的が「説得させること」であれば結論の強調を、「記憶に残すこと」であれば印象的なエピソードを話すことで、プレゼンの目的を達成しやすくなります。 プレゼンの目的を正しく把握する• プレゼンで話した内容の結論を再び強調する• 印象的なエピソードを話す プレゼンを締めるまとめを考える際の3つのポイント では、プレゼンを締めるときにはどのように内容をまとめていけばいいのでしょうか。 これから紹介する3つのポイントを押さえて、プレゼンの締めを考えてみましょう。 1.相手へのベネフィット・ポジティブな内容をまとめる プレゼンをまとめるときの1つ目のポイントは、 相手へのベネフィット(利益)やポジティブな内容をまとめることです。 プレゼンを聞いている相手が、「この提案を受け入れたらどんなメリットがあるのか」を明確に把握していないと、提案は受け入れられません。 プレゼンをしている側は説明しているつもりでも、相手に正確に伝わっていないと意味がありません。 そのため、最後に相手にどんなメリットがあるのか、ポジティブな内容をまとめて、最後のひと押しをすることがおすすめです。 2.心に残る言葉を引用する プレゼンをまとめるときの2つ目のポイントは、 心に残る言葉を引用することです。 偉人の名言や 企業理念など、心に残る言葉を最後に引用することで、 プレゼンに深い意味をもたせることができます。 特にメッセージ性を伝えたいときや、ストーリーを重視したプレゼンをする場合、心に残る言葉を引用するのはおすすめの方法です。 3.次の行動を呼びかける プレゼンをまとめるときの3つ目のポイントは、 次の行動を呼びかけることです。 プレゼンは「契約をしてほしい」「新規プロジェクトを立ち上げたい」など次のアクションを促すためのチャンス。 プレゼンをした後「いい内容だったね」で終わっては何の意味もありません。 プレゼンを聞いてもらった相手に、次にどんな行動をしてもらいたいのか、 具体的なアクションを呼びかけることで、相手に次の行動を促しやすくなります。 記憶に残るプレゼンを締める言葉 プレゼンの終盤の内容を決めたら、いよいよ締めの言葉について考えていきましょう。 「以上で発表を終わります」以外のプレゼンを締める挨拶 プレゼンを締める言葉として定番の「以上で発表を終わります」。 実はこのフレーズは、あまり丁寧な締めの言葉とは言いがたいものです。 なぜなら、最後までプレゼンを聞いてくれた人達に対する感謝の言葉がないから。 プレゼンを締める際は、プレゼンの聞き手に 感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。 「ご清聴ありがとうございました」と最後にお礼を伝えることは忘れない では、プレゼンの最後のお礼はどのように伝えたらいいのでしょうか。 よく使われるフレーズは「 ご清聴ありがとうございました」です。 「ご清聴いただきありがとうございました」• 「以上です。 ありがとうございました」 「ご清聴いただきありがとうございました」を締め言葉にすると、丁寧で感じのいい印象を受けますが、少しばかり噛みやすいので注意が必要です。 スムーズに言う自信がなかったり、シンプルに終わらせたかったりする人は、「以上です。 ありがとうございました」という言葉でプレゼンを締めくくるのもいいでしょう。 プレゼンの最後をかっこよくキメる「締めの言葉の言い方」 プレゼンの最後の言葉を工夫したとしても、言い方が微妙だとかっこよく締めることはできません。 プレゼンでは、 話し方・スピード・声の大きさ・目線・態度なども重要なポイントです。 では、話し方はどうすればベストなのでしょうか。 確認してみましょう。 締めの言葉を言うとき以外でも重要!プレゼンの話し方の基本 プレゼンは、多くの人の前で行うことがほとんど。 たくさんの人からの視線を受けると、緊張してしまう方が多いでしょう。 しかし、弱々しく言葉を発してしまうと自信がないように感じられ、せっかくのプレゼンが聞き手の印象に残らなくなってしまいます。 プレゼンの最後まで、「 大きな声で、ハキハキと自信を持った喋り方」を意識しましょう。 下記のプレゼンでの基本的な喋り方を参考にしながらプレゼン前に練習してみてください。 目線を下に向けない• 聞き手をまんべんなく見渡しながら話をする• パソコンを見ながら話すのはNG• スクリーンを確認するときは「こちらのスライドをご覧ください」などと聞き手と一緒に見る 「目は口ほどにものを言う」という言葉があるように、発表者の目線が下向きのままだと、聞き手は自分に向けて話しかけられていると感じなくなってしまいます。 しっかりと聞き手のほうを向いて、話し手に注意を引く必要があるということはプレゼンの基本として覚えておきましょう。 うなずいたり、リアクションしたりしてくれている人を中心に目線をあわせるようにすると、リラックスして話せますよ。 最後に表示させるスライドに注意 プレゼンの締めの挨拶をするときに、「ご清聴ありがとうございました」「質疑応答」といったスライドにしている方も多いもの。 しかし、最後に表示させるスライドには注意が必要です。 プレゼンは持ち時間の最後までアピールしきることがポイント。 それなのに「ご清聴ありがとうございました」とスライドにする意味のないメッセージを表示させているのは非常に もったいないことです。 プレゼンの内容をまとめたポイントや、相手へのメリットをスライドにして伝えることで、プレゼンを聞いている相手に「このプレゼンは結局どういう内容だったのか」整理しやすいようにすることがポイントです。 最後に表示させるスライドは、長時間残っているケースも多いので、ぜひ工夫してみてください。 プレゼンの最後に使える「締めの言葉」の例文集 上記で説明したポイントを包括して、聴衆の印象に残る締めの言葉を考えることが大切です。 だし、プレゼンの中身自体が短いにも関わらず、締めの言葉がやけに長いとプレゼンのバランスが悪くなってしまいます。 プレゼンの内容や長さに応じて、締めの言葉を決めるように注意しましょう。 【例文1】プレゼンの締めの言葉 本日は様々なお話をしましたが、我々の新商品についてご理解いただけましたでしょうか。 共働きが増えている中、忙しい人々の日々の暮らしを支えたいという気持ちのもと作られました。 ご興味を持っていただけたら、ご連絡いただけますと幸いです。 私のプレゼンテーションは以上です。 ご清聴ありがとうございました。 【例文2】プレゼンの締めの言葉 以上、私たちの提案する旅行プランについて説明させていただきました。 旅先では、バス・ホテルの手配や、食事会場の確保、ダイビングなどのツアーの提供を低価格で提案させていただきます。 価格以上に満足いただけるプランを保証しますので、ご検討の程よろしくお願いします。 ご清聴いただきありがとうございました。 最後の言葉でプレゼンを印象づける.

次の

英語プレゼン|始め方〜締めまで全例文と構成・スライド作成法

プレゼン 締め

せっかく頑張ってきたプレゼンで、終わり方があいまいだと、しまりのない印象のプレゼンになってしまい、今までの頑張りが水の泡に・・。 そんなことにはならないように、大事な機会なのですから、最後までいい印象を与えられるようにすべきです。 今一度、プレゼンでの挨拶の終わり方・重要さを確認しておきましょう。 締めの挨拶は安心・信頼を与えるため非常に重要! そもそもプレゼンなどを抜きにして、まずは挨拶というもの自体を考えてみてください。 人との出会いにおいて挨拶というのは、親近感や安心・信頼を与えるのに大きな役割を持つものです。 好感というのは、最初と最後の両方に決まるもので、最初が良くても最後の挨拶をおざなりにしてしまうと、結局、最初だけだったなとマイナスな印象になりませんか?それは、プレゼンという場においても全く一緒だということを、しっかりと把握しておいてください。 是非、好印象につながる締め方をしましょう! プレゼンの終わり方のポイントは? 最後の挨拶において気をつけておきたいポイントはどんなものかという事ですが、プレゼンの終わり方では、あまり長くならずに簡潔にするのがスマートです。 正直なところ最後の挨拶に関してはこの一点のみ、守って挨拶をすれば無難であり、最後も聞き心地がよかったと好印象になるでしょう。 終わり方は、気を抜かずにやりきりましょう。 長くならずに簡潔に締める挨拶がスマートで好印象! 最後の挨拶を簡潔に短くすることは、これまで自分のプレゼンを聞いてくれた人への配慮であり、最後に挨拶を時間をかけてやるよりも、短くしたほうが、次回も聞きたいというように惹きつけることができます。 そんな時に使えるのが「ご清聴ありがとうございました」のフレーズなのです。 「ご清聴ありがとうございました」の印象について 「ご清聴ありがとうございました」とよく最後にいいますが、プレゼンの終わり方としては、どんな挨拶がふさわしいのでしょうか。 聞いてくれた方々にお礼が伝わり「ああ、終わるんだな」というのがわかる挨拶・終わり方を心がけたいですね。 ここでは、締め方として最適な「ご清聴ありがとうございました」というフレーズについて、さらにまとめていきます。 気遣い・感謝を表すのに最適な終わり方が出来る 挨拶の締めとして「ご清聴ありがとうございました」というのは、プレゼンの最後で最も適した言葉であり、最後の挨拶で「ご清聴ありがとうございました」はとても良い言葉であるということです。 プレゼンなど、「以上が私からのプレゼンになります」「ありがとうございました」などの言葉では、好印象までにはなりません。 きっちりと、最後まで聞いてくれている人に対しての気遣いというのを持つようにしましょう。 最後も聞いてくれた事に関して感謝をしている事が最も伝わるのが、この「ご清聴ありがとうございました」という一文にその気持ちが込められていますので、積極的に使うようにしましょう。 エンディングでは結論を伝えるという非常に重要な部分でもあるので、最後の挨拶・意思を確実に伝えるには「大きくハキハキした声(響き)」を使うようにしましょう。 プレゼンの最後は「ご清聴ありがとうございました」と元気よく簡潔に言うと良い終わり方になる! 「ご清聴ありがとうございました」を使ったプレゼンの、最後の上手な締め方について見てきましたが、いかがでしたか?どんなに準備していたとしても、本番では緊張してしまい、なかなか思うようないいプレゼンができないときもあるかもしれません・・・。 でもそんなときでも、最後の挨拶・終わり方は気を抜かずにしておく必要があります。 「ご清聴ありがとうございました」などときちんとした締め方をしておくことで、聞いてくれた方への感謝になり、自分自身のなかでひとつの区切りにすることができるでしょう。 どんなときでも、丁寧ですっきりとした終わり方・締め方を目指してください。

次の

プレゼンの締め方次第で結果が変わることもある【締め方はかなり重要】

プレゼン 締め

「良いプレゼン」とは 良いプレゼンとは一言でいうと「誰にでも理解できる 」プレゼンです。 いくら有益な情報でも、聞き手に伝わらなければ意味がありません。 分かりやすさを担保する要素として、本記事では以下を取り上げます。 理解しやすい構成• 見やすいスライド• 聞き取りやすい話し方 伝わるプレゼンのコツは「三部構成」 どんなプレゼンも、基本は「イントロダクション」「ボディ」「クロージング」の三部構成です。 以下、各要素がどんな役割を果たすのか説明していきます。 イントロダクション イントロダクションは、プレゼンの導入となる部分です。 聞き手がプレゼンを最後まで飽きずに聞くかどうかは、イントロダクションで決定します。 聞き手に興味を持ってもらうためには、「なぜこのプレゼンを行うか」「語り手がどういった人物であるか」というストーリーが重要です。 イントロダクションでは以下の2点を伝えましょう。 プレゼンを聞くことによって聞き手が得られるメリット• なぜこのプレゼンをするに至ったかのストーリー ボディ ボディはプレゼンの核となる本論の部分です。 聞き手に伝えたい情報を、適切なデータと根拠をもって話します。 後述するを利用すると情報を整理しやすいです。 クロージング プレゼンの最後の締めにあたる部分がクロージングです。 一般的に「質疑応答」「まとめ」「締め」の流れで行われます。 質疑応答 あらかじめ予想される質問と、その答えを事前に用意しておきましょう。 どんな質問がされるか予想することは、プレゼン内容に足りない情報がないか確認する作業にもなります。 また、仮に質問されなかったとしてもに「このような質問があります」とスマートに対応できます。 質問を受けたときには以下の点に留意しましょう。 「ご質問ありがとうございます」と質問に感謝を述べる• 受けた質問を繰り返す(必要があれば要約する)• 質問者と同じ言葉を使う(質問者が「お客様」と言ったら「顧客」を使わずに「お客様」を使う)• 「ご質問の答えになりましたでしょうか」と確認する• 最後にもう一度「ありがとうございます」と感謝を述べる まとめ もう一度、このプレゼンで伝えたかったことを簡潔にまとめて述べましょう。 聞き手はプレゼン中に述べられたことを全て覚えているわけではありません。 繰り返し要点を伝えることで、プレゼンの内容を印象付けられます。 締め 最後に、聞き手にとってほしいアクションを提示します。 営業のばあいはサービスに対する問い合わせ先、ノウハウ系のプレゼンのばあいは「まずは〇〇から始めよう」とファーストステップを示しましょう。 プレゼンのボディ構成に役立つ5つのフォーマット プレゼンの内容を聞き手に正しく伝えるためにはボディの組み立て方が重要です。 有用なフォーマットがいくつかあるので紹介します。 プレゼン内容によって向いているフォーマット・向かないフォーマットがあるため、注意してください。 SDS 最初に「Summary(概要)」を述べてから「Detail(詳細)」、最後にもう一度「Summary(概要)」を伝えるフレームです。 結論を最初に述べることでテーマを明確に伝えられます。 テーマを言い換えながら繰り返し伝えられる構成です。 PREP 「Point(要点)」を述べてからその「Reason(理由)」と「Example(事例)」を述べて、もう一度「Point(要点)」を伝えるフレームです。 理由と事例を伝えることで、聞き手は具体的な状況をイメージしやすくなります。 DESC 聞き手の「Describe(現状分析)」をして課題を「Express(表現)」し、解決策を「Suggest(提案)」します。 その提案によって導かれる「Consequence(結果)」を示すパターンです。 聞き手の悩みに共感しながら、語り手の主張を伝えられるフレームです。 FABE FABEは営業や企画提案のプレゼンでよく用いられる手法です。 まず伝えたいサービスの「Feature(特徴)」と他サービスと比較したときの「Advantage(強み)」を伝えます。 そしてこのサービスによって聞き手が受けられる「Benefit(利益)」とそれを裏付ける「Evidence(証拠)」を述べるフレームです。 強みや利益を伝えるときに、聞き手が抱える悩みをどのように解決できるか説明するのがポイントです。 TAPS TAPSは会議のファシリテーションにも利用できるフレームです。 「To be(理想)」を前提に「As is(現状)」を分析し、出てきた「Problem(課題)」に対する「Solution(解決策)」を提案します。 聞き手の理想に共感してプレゼンをするため、聞き手は課題を強く意識します。 語り手の提案がしやすくなる構成です。 プレゼンのスライド作成に役立つ4つのコツ プレゼンという限られた時間の中で情報を伝えるには、わかりやすいスライドで視覚的に訴える技術が欠かせません。 以下で紹介する4つのコツを意識し、見る人を惹きつけるスライドを作成しましょう。 1スライド 1メッセージ 一枚のスライドに情報を詰め込みすぎると、聞き手はスライドを読むのに意識を取られてしまい、話を聞けなくなります。 スライドはシンプルにまとまるよう心がけましょう。 1スライド・1メッセージのルールを究極化したものに があります。 簡潔化されたスライド内容を大文字で表示するというインパクトの強いプレゼン手法で、相手の心を掴むにはもってこいでしょう。 テーマカラーで統一する スライドのテーマカラーを決め、デザインに統一感を持たせましょう。 聞き手を魅了するプレゼンハック術 メインカラーは会社やサービスのテーマカラーを使用するのがおすすめです。 アクセントカラーはメインカラーと同系色か補色を使います。 スライドの背景は白、文字の色はダークグレーか黒が見やすいです。 また彩度が高すぎる色は目を疲れさせるので、原色や蛍光色は使用しないようにしましょう。 過度なデザインを使用しない 過度なデザインはスライドを貧相に見せます。 余分なアニメーションや飾り付けを削ぎ落とし、シンプルでスタイリッシュなデザインを意識しましょう。 表とグラフを活用する 伝えたい内容に説得力を持たせるためには、表やデータなどで情報を裏付けることが必須です。 しかし、せっかくの情報が見づらくなっては意味がないので、見やすい図表づくりを心がけましょう。 色を多用しない(目立たせたいところは明度を変える)• 目盛りは必要最低限にする• 以下では、実際にプレゼンを行う際のコツを4つ伝授します。 事前準備を入念に行う 資料とスライドの準備はもちろん、プレゼンの予行練習を行いましょう。 一枚のスライドにつき3分程度で説明するのが目安です。 強調して伝えたい部分や感情を込めたい部分は手元を見ずに伝えられるとよいですね。 聞き手とコミュニケーションを取る 一方的に伝えるプレゼンだと聞き手は飽きてしまいます。 聞き手が考える時間をとったり、語り手側から質問を投げかけたりして、聞き手が能動的に聞ける環境づくりをしましょう。 態度に気を配る 話し方を工夫することは、語り手の熱意を伝えたり、プレゼンにメリハリをつけたりするうえで重要です。 資料を読み上げるだけの一本調子のプレゼンでは聞き手は聞く気を失ってしまいます。 まずは、聞き取りやすい大きな声でゆっくりと話すようにしましょう。 早口だと聞き手が内容の理解に追いつきません。 間を利用した話し方はのテンポに緩急をつけられます。 そして、大事な部分ではジェスチャーを利用するようにしましょう。 バラク・オバマ前アメリカ大統領の「Yes, we can. 」然り、五輪招致時の滝川クリステル氏の「おもてなし」然り、よいプレゼンには印象に残るジェスチャーがあります。 適切なフレーズを用いる プレゼンに慣れていないと自分の話し方の癖が出てしまいます。 ここではプレゼン初心者の方が覚えておくと便利な補助的フレーズと、使ってしまいがちですが控えるべきフレーズを紹介します。 【使える言葉】• 色々なお考えがありますが(日本のみで有用、反論を牽制できる)• あなたはどう思いますか?(聞き手とのコミュニケーションを取れる) 【使うべきでない言葉】• とても緊張しています(自信のなさが伝わってしまう)• 一応〇〇してみました、一応大丈夫でした(確実な情報でない)• えーと、あのー(話のテンポが悪くなる)• 時間ですので、駆け足になりましたが(適当に話された印象を与える)• 他社への批判 まとめ クライアントが企業でも、実際にプレゼンを聞いて意思決定を下すのは人です。 人の意思決定には理性だけでなく感情も大きな影響をもたらします。 人の心に残るプレゼンができるビジネスパーソンになりましょう。

次の