ガーゼ で 作る マスク。 手作りマスクの作り方!ガーゼ以外の材料や方法のまとめ【動画】

簡単・布マスクの作り方!平面も立体もプリーツも!手作りのコツ・ガーゼ生地の扱い方を徹底解説!

ガーゼ で 作る マスク

寒く乾燥する季節に大活躍のマスクですが、付けるのを嫌がる子も多いのが悩み。 お気に入りの生地で作った手作りマスクなら、喜んでつけてくれるかも! セリアにあるダブルガーゼで作れる3種類のマスクを紹介します。 この時期、私の住む地域の園や小学校では、うがい手洗いと合わせてマスク着用をするように指導されます。 この時に、子どもがすんなりマスクをつけてくれるといいのですが、嫌がって付けなかったり、帰ってくる頃にはどこかへいってしまったり……なかなかきちんと付けるのが難しいこともありますよね。 そんな時は、子どもが気に入った生地を使ってマスクを作ってあげると、意外と喜んで進んでマスクを付けてくれることがあります。 使い捨てマスクのゴワゴワ感や、ひもの締め付けで耳が痛くて嫌がる場合も多いので、柔らかいガーゼで作ると解決したり。 今回は、セリアのダブルガーゼを使って作れる3種類のマスクの作り方を紹介しますので、お気に入りのマスクを作ってみてくださいね。 セリアで揃う! マスクを作るために必要な材料は? セリアには、さまざまなクラフト用品が販売されています。 手芸コーナーでは、マスクを作る材料も必要なものは全てそろいます。 ダブルガーゼ マスクには通気性の良い生地が向いています。 鼻や口周りを覆うので、呼吸しやすく、柔らかい感触のダブルガーゼがおすすめです。 店舗によって変わると思いますが、男の子が喜びそうな乗り物や恐竜柄など多数あるので、お好みの柄を見つけてください。 もちろん、女の子が好きそうな柄もあります。 手触りが柔らかく、ほとんどのものは綿や麻などの天然繊維で作られています。 セリアのダブルガーゼも綿100%。 ガーゼの特徴を生かして、赤ちゃん用品やハンカチ、マスクなど、特に肌に触れるようなものに使うのが適しています。 マスク用ゴム マスク用のゴムもセリアでは取り扱われていて、この2種類がありました。 耳が痛くなっていやがる子には幅広のゴムがおすすめです。 その他の材料 糸はミシン糸も手縫い糸もあります。 作る前の下準備 ガーゼの特徴として織り目が荒いため、洗い縮みがかなりあります。 ハンカチなどは縮んでもあまり困らないので、すぐに裁断・縫製作業に入ってもいいのですが、マスクは縮むとサイズが変わってしまい困ります。 そこで、まず初めの下準備として、あらかじめ水に浸けて生地を縮ませてから作るのがおすすめ。 この作業を「水通し」といいます。 水通しは、水に1〜2時間浸してから干すだけ。 シワシワになるので、アイロンをかけてから裁断します。 どれだけ縮むかはこの通り! 上の生地が水通し後です。 特に横幅がかなり変わっていて驚きです。 縦1cm、横は3〜4cm縮みました。 裁断は、そこまで正確でなくても大丈夫! 園児くらいの子ども用サイズだと、セリアのダブルガーゼをちょうど半分にカットすれば1個作れます。 中表に横長に半分に折って、端から1cmの部分をミシンで縫います。 塗ったところはアイロンでしっかり割っておきましょう。 表に返して、縫い目は真ん中に持ってきてアイロンをかけます。 片端を1cmで折り、アイロンをかけます。 反対側の端は11cm幅で折ってアイロンをかけます。 紐を通す部分を1cmほど空けて三つ折りに。 端をミシンで縫います。 片方の端も同じく1cm幅のところでミシン掛け。 両端にゴムを通す部分ができました。 ゴムを通して結び目は中に入れるようにして見えなくすれば完成です。 ガーゼは6枚重ねになるので厚みがある平面マスクができました。 通気性はありますが厚みがある分、保温性もあります。 立体的なので、鼻や口周りに圧迫感が少なく、顔にフィットします。 平面タイプより、難易度は少しUPします。 立体マスクはセリアのサイトで作り方が紹介されています。 型紙も無料でダウンロードできるので手軽に入手できます。 seria-group. ちょうど生地の半分くらいで作れるので、1枚のダブルガーゼで2個のマスクを作ることができます。 大人用は生地を4枚に分けて裁断するので、作業工程も1つ多くなっています。 生地は中表に重ねて、左右の端から1cmの部分を縫います。 曲線になっているので、表に返すときにきれいになるよう、端に切り込みを入れます。 塗った部分を切らないように気を付けてくださいね! 塗った部分を開いて割ります。 立体的になってきましたね! ここが1番の難関です。 上下の端をそれぞれ1cm内側に折り込みます。 縫い代にカーブが付いている生地が4枚あり、それぞれズレないように折るので大変ですが、ここは丁寧に。 アイロンをかけてマチ針でとめましょう 上下の端をミシンで縫います。 ゴムを通すために、端は全て1cmあけて返し縫いします。 後はゴムを通すだけ。 ダウンロードした作り方には、ゴムを通してから縫うように書かれています。 どちらでも大丈夫ですが、確かに先に通してからの方が作業は楽でした。 平面よりも顔にフィットします。 子ども用サイズは園児〜小学校低学年くらいです。 プリーツはたくさん作ればそれだけ生地の面積は必要ですが、その分シッカリ顔を覆うことができます。 今回は上下に1か所ずつ入れました。 大きい方の生地を、縦半分に中表に折ります。 端から1cmの部分をミシンで縫います。 生地を表に返してしっかりアイロンをかけます。 真ん中の位置から上下1. 5cm のところで山折りにし、しっかりアイロンをかけます。 折ったところから1cmのところで今度は反対に谷折りにして、しっかりアイロンを。 プリーツがずれないように、端から1cmのところをミシンで縫って押さえます。 プリーツが盛り上がっている面ができ上がりの上になります。 小さい方の生地を中表にして端を揃えて下に重ね端から1cmのところを一緒に縫います。 塗ったところで折り返しアイロンをかけ、端を1cmで折ってアイロンをかけます。 縫い目に被せるようにして折り、ミシンをかけて押さえます。 ゴムを通したら完成です。 こちらは、全てセリアのダブルガーゼで作っています。 1番上の猫デザインは、猫が大好きな娘が小5の時に自分で作ったマスクです。 今現在は小学生以上しか我が家にはいませんが、手作りマスクを給食の準備や調理実習のときなどに使っています。 まとめ セリアでは手作りマスクの材料が揃っています。 ダブルガーゼは男の子も、女の子も喜ぶようなデザインの柄があるので、お気に入りのものを探してみてください。 ダブルガーゼは柔らかく肌に優しい反面、ちょっと縫いずらく、洗うと縮みやすい生地です。 マスクを作るときは作り始める前に水通しをして、あらかじめ縮ませてから作るのがおすすめ。 マスクは、平面タイプ、立体タイプ、プリーツの3種類あります。 セリアのサイトで立体マスクの作り方と型紙をダウンロードすることができます。 平面やプリーツマスクは、直線しかないので裁断しやすいです。 今回は3種類のマスクの作り方をそれぞれ紹介しましたが、難易度や使い心地は違うので、お好みで作ってみてください。 関連記事.

次の

マスクが買えない時はダブルガーゼマスクを作ろう!写真付きで紹介

ガーゼ で 作る マスク

1.生地を中表にたたみ、アイロンをかける 2.縫い代1cmで両端を縫い合わせて筒状にする 3.縫った部分をアイロンで割り、全体にアイロンをかける 4.生地を表に返す 5.生地の端を隠すために片側を1cm折り、アイロンをかける 6.生地を三つ折りにしてマスクの形を作る(このとき片方の端を1cm残す) 7.6で折った部分にコバステッチ(折り目のぎりぎりで縫う)をかける 8.反対側は縫い代1cmで縫う 9.マスクの上下にコバステッチをかけて補強する(ゴム通し部分は縫わないように注意) 10.マスクゴムを片側約30cmに切り、マスクゴムを通す 11.糸の始末をして完成 平面マスク作りの失敗点 平面マスクを本当に簡単に作れるのか、手芸初心者である筆者が試してみました。 初めてのマスク作りでは失敗点もありましたが、子どもができ上がったマスクに大喜びしてくれたので、ほっとしています。 これからマスクを作る方は、実体験を踏まえた次の注意点を参考にしてみてくださいね。 ・大雑把はNG マスクは顔の正面に使用するものなので、生地が少しでもずれているととても目立ってしまいます。 筆者は裁断と縫製をやや大雑把にしてしまったため、マスクを折りたたんだときに上下がそろわず、生地がはみ出てしまうというミスがありました。 初歩的なことですが、正確さ(型紙通りに裁断することやまっすぐに縫うこと)がとても大事だと感じました。 ・糸の色に注意 マスクの表の部分にカラー糸でステッチをかけたらかわいいのではないかと思い、子どもの好きなピンクで縫ってみました。 しかし、おしゃれどころかかえって縫い目のずれが目立ってしまい、白い糸で縫い直しました。 ミシンやガーゼ生地に慣れていない場合、糸と生地の色を合わせることが大事だと思いました。 ・失敗しても良いように2個作る 生地を反対に縫った、縫い目がずれたなどのミスがあっても良いように、2つ同時に作ることをおすすめします。 1つ目のマスクで失敗したとしても、2つ目は失敗を踏まえて作れるため、より完成度が高いマスクが作れると思います。 動画は100均の手ぬぐいを使用しています。 1.大きいほうの生地を中表にして半分に折る 2.1の上部を縫い、筒状にしてから生地を返す 3.生地の縫い目で折り、アイロンをかける。 4.生地を半分に折り、中央と上下1. 5cmのところに印を付ける 5.1. 5cmの印を付けたところで折り、アイロンをかける 6.5の折り目からさらに1cmのところで折りアイロンをかけてプリーツを作る 7.小さい生地をマスクの端に合わせて縫い代1cmで縫う 8.小さい生地を反対側に倒し、アイロンをかけながらマスクの端を折り込む 9.8で折り込んだマスクのサイドを縫う 10.反対側も同様の手順で行う 11.マスクのゴムを通し、ゴムの両側を結ぶ プリーツマスクは思いのほか簡単 平面マスク作りに慣れてから、プリーツマスクの手作りに挑戦しました。 プリーツマスクは平面マスクに比べてやや工程が多いですが、平面マスクでガーゼ生地に慣れたこともあり、思いのほか簡単に作れました。 プリーツの折り方は試行錯誤し、より自分の口元にフィットしやすくなるように調整しました。 次に作る機会があれば、メインの生地とサイドの生地の柄を変え、切り替えデザインに挑戦したいです。 完成した手作りプリーツマスクは日常的に使用していますが、使い捨てのプリーツマスクよりも肌触りが良いです。 プリーツの広がり方が大きいので、顎の下までしっかり覆うことができます。 ガーゼは保温性が高いので、自転車での子どもの送り迎えに重宝しています。 立体マスク作りの注意点 ・左右・表裏の生地のズレ 立体マスクは左右・表裏の4枚の生地を縫い合わせます。 そのため型紙通りに切っていなかったり、縫っているズレてしまったりするといびつになってしまいます。 きちんと型紙通りに切る、左右がズレないようにするという点に気をつけると良いでしょう。 まち針の代わりにマスキングテープを利用すると便利でした。 ・生地の中心合わせが難しい 左右の生地の柄の中心をあわせると、見た目がきれいに仕上がると思います。 今回はそこまで気が回らず、左右の柄がズレてしまいました。 左右の柄合わせに自信がない方は、柄が小さい生地を選ぶと良いでしょう。 ・数枚重なって縫う部分は慎重に 立体マスクは左右の表地と裏地が重なる部分があるため、縫うときに注意が必要です。 ガーゼ生地はやわらかく糸が絡まりやすいため、重なっている部分は慎重に縫うと良いと感じました。

次の

マスクが買えない時はダブルガーゼマスクを作ろう!写真付きで紹介

ガーゼ で 作る マスク

1.生地を中表にたたみ、アイロンをかける 2.縫い代1cmで両端を縫い合わせて筒状にする 3.縫った部分をアイロンで割り、全体にアイロンをかける 4.生地を表に返す 5.生地の端を隠すために片側を1cm折り、アイロンをかける 6.生地を三つ折りにしてマスクの形を作る(このとき片方の端を1cm残す) 7.6で折った部分にコバステッチ(折り目のぎりぎりで縫う)をかける 8.反対側は縫い代1cmで縫う 9.マスクの上下にコバステッチをかけて補強する(ゴム通し部分は縫わないように注意) 10.マスクゴムを片側約30cmに切り、マスクゴムを通す 11.糸の始末をして完成 平面マスク作りの失敗点 平面マスクを本当に簡単に作れるのか、手芸初心者である筆者が試してみました。 初めてのマスク作りでは失敗点もありましたが、子どもができ上がったマスクに大喜びしてくれたので、ほっとしています。 これからマスクを作る方は、実体験を踏まえた次の注意点を参考にしてみてくださいね。 ・大雑把はNG マスクは顔の正面に使用するものなので、生地が少しでもずれているととても目立ってしまいます。 筆者は裁断と縫製をやや大雑把にしてしまったため、マスクを折りたたんだときに上下がそろわず、生地がはみ出てしまうというミスがありました。 初歩的なことですが、正確さ(型紙通りに裁断することやまっすぐに縫うこと)がとても大事だと感じました。 ・糸の色に注意 マスクの表の部分にカラー糸でステッチをかけたらかわいいのではないかと思い、子どもの好きなピンクで縫ってみました。 しかし、おしゃれどころかかえって縫い目のずれが目立ってしまい、白い糸で縫い直しました。 ミシンやガーゼ生地に慣れていない場合、糸と生地の色を合わせることが大事だと思いました。 ・失敗しても良いように2個作る 生地を反対に縫った、縫い目がずれたなどのミスがあっても良いように、2つ同時に作ることをおすすめします。 1つ目のマスクで失敗したとしても、2つ目は失敗を踏まえて作れるため、より完成度が高いマスクが作れると思います。 動画は100均の手ぬぐいを使用しています。 1.大きいほうの生地を中表にして半分に折る 2.1の上部を縫い、筒状にしてから生地を返す 3.生地の縫い目で折り、アイロンをかける。 4.生地を半分に折り、中央と上下1. 5cmのところに印を付ける 5.1. 5cmの印を付けたところで折り、アイロンをかける 6.5の折り目からさらに1cmのところで折りアイロンをかけてプリーツを作る 7.小さい生地をマスクの端に合わせて縫い代1cmで縫う 8.小さい生地を反対側に倒し、アイロンをかけながらマスクの端を折り込む 9.8で折り込んだマスクのサイドを縫う 10.反対側も同様の手順で行う 11.マスクのゴムを通し、ゴムの両側を結ぶ プリーツマスクは思いのほか簡単 平面マスク作りに慣れてから、プリーツマスクの手作りに挑戦しました。 プリーツマスクは平面マスクに比べてやや工程が多いですが、平面マスクでガーゼ生地に慣れたこともあり、思いのほか簡単に作れました。 プリーツの折り方は試行錯誤し、より自分の口元にフィットしやすくなるように調整しました。 次に作る機会があれば、メインの生地とサイドの生地の柄を変え、切り替えデザインに挑戦したいです。 完成した手作りプリーツマスクは日常的に使用していますが、使い捨てのプリーツマスクよりも肌触りが良いです。 プリーツの広がり方が大きいので、顎の下までしっかり覆うことができます。 ガーゼは保温性が高いので、自転車での子どもの送り迎えに重宝しています。 立体マスク作りの注意点 ・左右・表裏の生地のズレ 立体マスクは左右・表裏の4枚の生地を縫い合わせます。 そのため型紙通りに切っていなかったり、縫っているズレてしまったりするといびつになってしまいます。 きちんと型紙通りに切る、左右がズレないようにするという点に気をつけると良いでしょう。 まち針の代わりにマスキングテープを利用すると便利でした。 ・生地の中心合わせが難しい 左右の生地の柄の中心をあわせると、見た目がきれいに仕上がると思います。 今回はそこまで気が回らず、左右の柄がズレてしまいました。 左右の柄合わせに自信がない方は、柄が小さい生地を選ぶと良いでしょう。 ・数枚重なって縫う部分は慎重に 立体マスクは左右の表地と裏地が重なる部分があるため、縫うときに注意が必要です。 ガーゼ生地はやわらかく糸が絡まりやすいため、重なっている部分は慎重に縫うと良いと感じました。

次の