教えていただけると幸いです 英語。 I would appreciate if you could V.お願い編「〜していただければ幸いです」

翻訳いただけれれば幸いです。

教えていただけると幸いです 英語

お教え = 教えること• ご・お~いただければ = 「〜してもらえれば」の意味の敬語• すると「お教えいただければ幸いです」の意味は… 「教えてもらえたら嬉しいです」 のように解釈できます。 ようは「 教えてほしい!」「 教えてください!」ということなのですが、このままではあまりにストレートすぎて目上や上司・取引先につかうにはイマイチです。 そこで「~してもらえたらと嬉しいです」というように遠回しにして、 とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「お教えいただければ幸いです」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「教える」• 可能形にして「 お教えいただける」• 仮定「たら・れば」をくっつけて「 お教えいただければ」• ひらがな表記「お教え いただければ」の両方OK。 このようにして元になる語「教える」を敬語にしています。 つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「お教えしていただければ幸いです」は間違い敬語となりますのでご注意を。 「教えていただければ幸いです」とすれば正しい敬語ではありますが…長くなるため理由は省略。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 使い方・ビジネスメール例文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「お教えいただければ幸いです」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 【基本の使い方】依頼・お願いビジネスメール 「お教えいただければ幸いです」の使い方 上司や社外取引先・目上に何かしら教えてもらいたいとき。 お願いのビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 たとえば、• 【例文】お教えいただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】お教えいただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 のようにして何かの依頼・お願いをともなうビジネス文書やビジネスメールで結び・締めくくりとして使われます。 もちろん結びでなく文章の途中でつかっても丁寧です。 まぁ、ようするに「教えてもらえたら嬉しいな!よろしく」という意味なのです。 ただしビジネスメールでは「ご教示」に言い換える なお繰り返しにはなりますが… ビジネスシーンで上司や目上・取引先になにか教えてもらいたいときには「ご教示=教えること」をつかって言い換えるのが一般的です。 とくにビジネスメールにおいては「お教えください」というフレーズはほとんど使いません。 私、現在就職活動をしております、就活大学・就活学部の就活一郎と申します。 この度は、今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い致します。 突然のご連絡、大変失礼をいたします。 株式会社就活・開発担当の就活と申します。 この度は貴社ホームページを拝見し、連絡を致しました。 さて首記の件、貴社製品を以下の用途へ適用検討しております。 ご多忙のところ大変恐れ入りますが、 ご教示のほど何卒よろしくお願い致します。 【例文】教えていただけますか?• 【例文】お教えいただけますか?• 【例文】お教えいただけますでしょうか?• 意味としては「教えてもらえますか?」であり、敬語をつかって丁寧な表現にしています。 「〜いただけますか?」サラッと言えるためビジネスシーンで重宝するフレーズです。 会話シーン例文:xxを教えてほしい• 【例文】製品の仕様を教えていただけますでしょうか?• 【例文】スペックをお教えいただけますでしょうか?• 敬語の解説 「 お教えいただけますか?」「 お教えいただけますでしょうか?」 の敬語の成り立ちとしては…• 可能形にして「お教えいただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 どちらかというと「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧なのですが…バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」を使うのをオススメします。

次の

英語で進捗状況を教えてくださいとたずねる|英文メール例文とサンプル

教えていただけると幸いです 英語

「英語には日本語のような敬語はない」と思っている人は多いかもしれません。 けれども、英語にも敬語は存在します。 とくにビジネスの現場では、敬語を使わないと相手を怒らせたり不快な気分にさせたりすることも……。 上司、顧客、取引相手などに対して丁寧な対応が必要なのはどの言語を使っていても同じですよね。 というわけで今回は、ビジネスの現場で使う敬語の英語表現をクイズ形式で紹介します。 「どのようなご用件でしょうか?」 会社に顧客や取引先から電話がかかってきました。 「どのようなご用件でしょうか?」と尋ねるときに適切なフレーズはAとBのどちらでしょうか? A. May I help you? How may I help you? AのMay I help you? は、お店の店員などが「何かお手伝いしましょうか?」や「何かお探しですか?」と尋ねるときの定番表現です。 質問をした時点では、相手が手伝いを必要としているかどうかはわかっていません。 BのHow may I help you? は、「どのようなご用件でしょうか?」と尋ねるときの定番表現です。 会社で外部からの電話を受けたとき、カスタマーサービスでの顧客対応のときなど、相手が自分(または会社の誰か)に用事があることがわかっているときに使います。 ですから、クイズの正解はBです。 「しばらくお待ちください」 ビジネスで頻繁に使われる「しばらくお待ちください」というフレーズ。 相手を不快にさせないように丁寧に伝えたいですよね。 そこでクイズです!下のA、B、Cの例文は、どれも「しばらくお待ちください」というときに使えます。 丁寧な順に並べましょう。 Please wait for a while. Could you please wait for a while? Can you wait for a while? 英語圏の子どもたちは、Pleaseは頼みごとをするときのMagic Word(魔法の言葉)だと習います。 けれども、ビジネスの現場では、何か依頼するときにPleaseと言っただけでは、失礼になることも。 とくに顧客や目上の人を待たせたいときは、Aの例文のような表現は避けましょう。 英語で依頼をするときの定番表現「Can you ~?(~してもらえますか?)」の敬語表現が「Could you~?(~していただけますか?)」です。 「しばらくお待ちください」を丁寧に言いたいときはBのCould you please wait for a while? を使います。 「大変お待たせいたしました」 相手を待たせたときに使う「お待たせいたしました」は、どれくらい相手を待たせたかによって表現が変わります。 では、そこまで長い時間を待ってもらっていない時に適したフレーズはAとBのどちらでしょうか? A. Thank you so much for waiting. (お待ちいただき大変ありがとうございます。 ) B. Sorry to keep you waiting so long. (長らくお待ちいただき申し訳ございませんでした。 ) 日本人はすぐにSorryと言ってしまいがちです。 けれども、待たせた時間が少しの場合は「Thank you ~」で感謝の気持ちを伝えましょう。 ですから、クイズの正解はAです。 「~していただけると幸いです」 「~していただけると幸いです」というのは、とても日本語的な表現なので、英語で言いたいときに悩む人は多いかもしれません。 そこで問題です。 (来週の月曜日にお越しいただければ幸いです。 ) 「happy=幸せ」と習うので「幸いです」と表現したいときにも、It would be happy if you could ~と言いたくなるかもしれません。 けれども英語では、It would be great if you could ~が自然です。 ただ、このフレーズは、とても丁寧であると同時にかなり控えめな表現でもあります。 ですから、相手に本当に何かをしてもらいたいときには、下の例文のようなフレーズを使うことをお勧めします。 Could Would you come to see me next Monday? (来週の月曜日にお越しいただけますか?) Could you ~?とWould you~?は、英語で依頼をするときの定番の敬語表現です。 英語の敬語をマスターすると仕事が円滑に進む!? たとえ悪気がなかったとしても、失礼な言葉遣いのせいでビジネスが上手くいかなくなることも……。 ビジネスで英語を使うときも、日本語で会話しているときと同じように、相手に対する気づかいを言葉で伝えることが重要です。 では、ビジネスのさまざまな場面で使える「承知しました」を紹介しています。 今回の表現と合わせてマスターしましょう! Please SHARE this article.

次の

「ご検討いただければ幸いです」 英語のメールでどう書く?【10】

教えていただけると幸いです 英語

「英語には日本語のような敬語はない」と思っている人は多いかもしれません。 けれども、英語にも敬語は存在します。 とくにビジネスの現場では、敬語を使わないと相手を怒らせたり不快な気分にさせたりすることも……。 上司、顧客、取引相手などに対して丁寧な対応が必要なのはどの言語を使っていても同じですよね。 というわけで今回は、ビジネスの現場で使う敬語の英語表現をクイズ形式で紹介します。 「どのようなご用件でしょうか?」 会社に顧客や取引先から電話がかかってきました。 「どのようなご用件でしょうか?」と尋ねるときに適切なフレーズはAとBのどちらでしょうか? A. May I help you? How may I help you? AのMay I help you? は、お店の店員などが「何かお手伝いしましょうか?」や「何かお探しですか?」と尋ねるときの定番表現です。 質問をした時点では、相手が手伝いを必要としているかどうかはわかっていません。 BのHow may I help you? は、「どのようなご用件でしょうか?」と尋ねるときの定番表現です。 会社で外部からの電話を受けたとき、カスタマーサービスでの顧客対応のときなど、相手が自分(または会社の誰か)に用事があることがわかっているときに使います。 ですから、クイズの正解はBです。 「しばらくお待ちください」 ビジネスで頻繁に使われる「しばらくお待ちください」というフレーズ。 相手を不快にさせないように丁寧に伝えたいですよね。 そこでクイズです!下のA、B、Cの例文は、どれも「しばらくお待ちください」というときに使えます。 丁寧な順に並べましょう。 Please wait for a while. Could you please wait for a while? Can you wait for a while? 英語圏の子どもたちは、Pleaseは頼みごとをするときのMagic Word(魔法の言葉)だと習います。 けれども、ビジネスの現場では、何か依頼するときにPleaseと言っただけでは、失礼になることも。 とくに顧客や目上の人を待たせたいときは、Aの例文のような表現は避けましょう。 英語で依頼をするときの定番表現「Can you ~?(~してもらえますか?)」の敬語表現が「Could you~?(~していただけますか?)」です。 「しばらくお待ちください」を丁寧に言いたいときはBのCould you please wait for a while? を使います。 「大変お待たせいたしました」 相手を待たせたときに使う「お待たせいたしました」は、どれくらい相手を待たせたかによって表現が変わります。 では、そこまで長い時間を待ってもらっていない時に適したフレーズはAとBのどちらでしょうか? A. Thank you so much for waiting. (お待ちいただき大変ありがとうございます。 ) B. Sorry to keep you waiting so long. (長らくお待ちいただき申し訳ございませんでした。 ) 日本人はすぐにSorryと言ってしまいがちです。 けれども、待たせた時間が少しの場合は「Thank you ~」で感謝の気持ちを伝えましょう。 ですから、クイズの正解はAです。 「~していただけると幸いです」 「~していただけると幸いです」というのは、とても日本語的な表現なので、英語で言いたいときに悩む人は多いかもしれません。 そこで問題です。 (来週の月曜日にお越しいただければ幸いです。 ) 「happy=幸せ」と習うので「幸いです」と表現したいときにも、It would be happy if you could ~と言いたくなるかもしれません。 けれども英語では、It would be great if you could ~が自然です。 ただ、このフレーズは、とても丁寧であると同時にかなり控えめな表現でもあります。 ですから、相手に本当に何かをしてもらいたいときには、下の例文のようなフレーズを使うことをお勧めします。 Could Would you come to see me next Monday? (来週の月曜日にお越しいただけますか?) Could you ~?とWould you~?は、英語で依頼をするときの定番の敬語表現です。 英語の敬語をマスターすると仕事が円滑に進む!? たとえ悪気がなかったとしても、失礼な言葉遣いのせいでビジネスが上手くいかなくなることも……。 ビジネスで英語を使うときも、日本語で会話しているときと同じように、相手に対する気づかいを言葉で伝えることが重要です。 では、ビジネスのさまざまな場面で使える「承知しました」を紹介しています。 今回の表現と合わせてマスターしましょう! Please SHARE this article.

次の