メダカ 卵 食べる。 メダカ飼育とスネイル(スネール)~増えすぎる彼らとの接し方~

メダカは卵を食べるのか!?

メダカ 卵 食べる

カテゴリー• CLOSE スポンサーリンク メダカの「繁殖の悩み」として、卵に水カビが生えてしまう・・・と、いうものがあります。 水カビは、他の正常な卵に移ってしまうので、水カビを放置してしまうと卵が全滅なんてことも珍しくありません。 そんな水カビ対策として、メチレンブルーといった魚病薬を使った方法や、カルキを抜かない水道水を使用するといった方法などがありますが、ここで紹介するカビ対策は「生体」を使った方法です。 その生体というのが「エビ」なのですが、、、 ミナミヌマエビといえば、コケ掃除として水槽に導入されることが多い存在で有名ですが、実はこのエビ、、、メダカの卵の水カビの除去にも一役買う存在として知られているんですね。 以下では、なぜミナミヌマエビがメダカの卵に付着したカビだけを食べてくれるのかをご説明しますね! 目次• ミナミヌマエビとメダカの相性が抜群!? まず、ミナミヌマエビがどんなエビかをちょっぴりご説明しますね! アクアリウムで、水槽のコケ掃除をするエビといえば、間違いなく「ヤマトヌマエビ」と「ミナミヌマエビ」の2つの名前が真っ先にあがるでしょう。 それほど古くから親しまれてきたエビなんですね。 ちなみに、ヤマトヌマエビは体長が5cm~6cmと大きいのに対し、ミナミヌマエビは3cmほどと、ヤマトの半分ほどの大きさまでしか成長しません。 故に、小型の魚との混泳に適したエビなんですね。 ミナミヌマエビがメダカを食べる心配はないか!? 結論から言いますと、ミナミヌマエビが元気に泳ぎ回っているメダカを捕食してしまうことは、まずあり得ません。 逆に、体長さがありすぎるとメダカがミナミヌマエビを捕食してしまうリスクがあります。 生まれたばかりの稚エビなんかがそうですね! 口に入らないサイズであれば全く問題はありませんが、稚エビは格好の餌食になってしまう恐れがあるので、ミナミヌマエビを繁殖させる場合は、隠れ家を多く作ってあげる必要があります。 スポンサーリンク ミナミヌマエビがメダカの卵の水カビを食べる真相はいかに!? ミナミヌマエビが、メダカの卵に付着する水カビを綺麗に食べてくれる。。。 卵は食べないで、水カビだけを食べてくれるなんて、そんな都合のいいことがあるのかって疑問に思いますよね。 ただ、これは効果が実証されていることなのですが、以下のことが考えられます。 メダカの卵って、有精卵はかなり弾力性があって丈夫なんですね。 卵を回収する時に、指で掴んでも、そう簡単に潰れてしまうようなことが無いくらい丈夫なんです。 (あんなに小さいのに凄いですよね!) ミナミヌマエビは、とても小さいエビなので、卵に付着した水カビは食べられても弾力性があって丈夫な卵を食べることは出来ないのでしょう。 つまり、ミナミヌマエビの小さな口(歯)では、メダカの卵の殻を破ることが出来ないということですね。 ちなみに、ヤマトヌマエビでは普通に卵を食べてしまうようですので、体長の小さなミナミヌマエビじゃなきゃダメ見たいですね! ただ、エビからしてみると卵は「餌」に過ぎないので、もしかしたら成熟した大きな個体では、ミナミヌマエビであっても卵を捕食してしまうことがあるかもしれません。 とはいえ、水カビ対策としては有効であることは間違いないので、水カビが付着して悩んでいる方は試してみる価値は大きいですよ! それに、メダカの繁殖水槽に常に混泳できる存在でもあるので、卵のカビ取りの他に、コケ・食べ残し掃除など、いろいろと活躍してくれますよ。 そういえば、ミナミヌマエビといえば、他にも似たような種がいます。 例えば、スジエビなんかは、日本の川にも普通に生息しているエビで、ミナミヌマエビと同じくらいの大きさなので、これを混泳させてもいいんじゃない?、、、って思うかもしれません。 が、ミナミヌマエビ以外のエビ類は、獰猛な種が多く、そもそも混泳には向いていないことがあります。 なので、効果が実証されているミナミヌマエビに限った方がいいでしょう。 メダカとミナミヌマエビは屋外でも混泳可能 上で、メダカとミナミヌマエビは相性がいいと書きましたが、これは大きさが似ているため混泳させやすいというだけじゃなく、「飼育条件」もほぼほぼ同じで飼うことが出来るからです。 ミナミヌマエビもメダカも、日本の川に生息している生き物なので、基本的には熱帯魚のようにヒーターを使わなくても飼育することが可能なんですね。 メダカは屋外でビオトープを設置して飼育する方が多いですが、そのビオトープに混泳させる生体としてもミナミヌマエビは最適と言えるんです。 他にも、メダカと相性の良い生体は下記リンクにまとめていますので、いろんな生体と混泳させたいとお考えの方は、ぜひ一度ご覧になってくださいね! 他のメダカの卵に付着する水カビ対策については、以下の記事をご覧ください! カテゴリー•

次の

タニシとメダカの飼育!メダカの卵はタニシに食べられてしまうの?

メダカ 卵 食べる

さて、僕は屋外でメダカを飼育している。 こんなカンジだ。 尚、この水槽にはメダカ以外にも様々な生物を入れている。 で、今年もメダカの産卵が始まった。 で、先週、茶漉し槽を浮かべて卵を回収したわけだ。 で、これから毎朝、卵回収の日々が始まる。 ウキウキ。 で、月曜の朝(出勤前に)ホテイアオイの根を探すと・・予想に反して1個も無い。 ??? で、火曜日の朝(出勤前に)ホテイアオイの根を探すと・・あれ、今朝も1個も無い。 ??????? とてつもなく嫌な予感がする。 で、火曜日の夜、仕事から帰って、懐中電灯で水槽を見ると。 ホテイアオイの根元に多数のプラナリアが巡回しているではないか! さらに、メダカ卵を入れておいた茶漉しにもプラナリアが侵入して、回収した卵を喰っているではないか!!! ノォーーー!!! 急いで茶漉しをバケツに移して、明るい屋内に持っていって、ピンセットでプラナリアを摘もうとしたら。 二つに千切れる。 ニョォーーー!!! 尚、プラナリアは千切れると再生して増える。 で、焦ってピンセットで摘めば摘むほど千切れる。 ウギャー。 ピンセットでは駄目だ! 歯ブラシで、オリャ! ・・・潰れる。 ゲゲゲゲゲゲッ・・ 爪楊枝で、トリャ!・・・茶漉しから外に破片が散らばる・・・・。 ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 綿棒で、 ギョエェェー! テッシュペーパーで、 アイヤー!! こうなったら指で、 嫌ーーーーーーー! 数分後・・・ 上半身は回収したよ。 下半身は・・・・ なんとゆうか、擂り潰したというか・・・ 網だけに、「裏ごし」したというか・・・ エッ・・エッ・・エッ・・ 実は、プラナリアはメダカの卵を食べるという情報は知っていたのだ。 でも、「メダカだって卵食べるワケだし、同じじゃん。 」と軽く考えていた。 が、こんなに根こそぎ喰い尽されるとは・・・・ みんな〜。 メダカ水槽にプラナリア入れちゃ駄目だよ〜。 って、メダカ水槽にプラナリア入れてる人間なんて俺だけか・・・ ハァ〜・・。 リセットしかないのかなぁ〜。 面倒だなぁ〜。 やりたくないなぁ〜。 それに、結構、プラナリアも好きなんだよね。 ハァ〜・・。 とりあえず、採卵は休日の日中にこまめにやろう。 夜は奴等に時間だ。 プラタン・・おバカな顔して結構、問題児。

次の

初心者でもできるメダカの卵の簡単な取り方と取るタイミング

メダカ 卵 食べる

スポンサードリンク この辺りは、日々環境に合わせて試行錯誤していくことになるのですが、どうやってもコケは一定の割合で水槽内に発生することや、ガラス面の除去は簡単であっても、水草や流木などに発生するコケの除去は容易ではないことが殆どなのです。 その為、室内水槽にといては、コケ取り専用の生体を適切な個体数飼育している人が多くなり、そう言ったコケ取り用の生体が水槽内のあらゆるコケをきれいに食べてくれるので、費用対効果も大変高いようです。 魚系で言えばオトシンネグロ、オトシンクルス、貝で言えばヒメタニシやピンクラムズホーンなどであり、当然ミナミヌマエビもコケは食べてくれますから、ミナミヌマエビの単独飼育をされている場合は、コケ自体は定期的な水槽の掃除で解決できることが多くなります。 屋外水槽のコケに関しても同様で、屋外水槽の場合は太陽の光をコントロール出来ないため、設置場所によってはコケだらけになってしまったりすることもありますので、コケ取り用の生体を飼育していれば、ある程度はコケの大発生を防ぐことができます。 水槽内に発生するコケの種類と生体がコケ取りをしてくれないコケ。 いわゆる、茶ゴケに該当するコケでしたら、オトシンネグロ、ヒメタニシ、ミナミヌマエビ等が好んで食べてくれるのですが、それに該当しない緑色の頑丈なコケに関しては、定期的に飼育者が除去するしかありません。 水槽のガラス面にこびり付くように付着している頑丈な緑色のコケは、水質が安定していると必ず発生してきますので、一定期間で水槽のガラス面をメラニンスポンジで掃除すれば大丈夫です。 逆に言えば、メラニンスポンジ以外では、頑丈な緑色のコケを落とすのは容易ではありませんし、下手な対応をすると、水槽を破損させてしまう恐れがありますから、注意が必要になります。 このように、特定の水が安定している際に発生する、極端に頑丈な緑色のコケを除いて、コケ取り用の生体は好んでコケを食べてくれるのですが、メダカの飼育をしている人であれば、メダカの卵を食べてしまうのではないか?といった疑問が出てくるかもしれません。 コケ取り用のヒメタニシはメダカの卵を襲わないのか? 特に、強力なコケ取り要員であるヒメタニシなどは体も大きくて、メダカの卵くらい豪快に食べてしまいそうな感じがするものですから、余計に心配になるのは仕方がありません。 結論から言えば、コケ取り用のヒメタニシ、オトシンクルスについてはメダカの卵を食べてしまうことはまずありませんので、安心して水槽内で同居させることが可能です。 絶対にヒメタニシやオトシンクルスがメダカの卵を襲わないのか?と聞かれると、個体差があるかもしれませんし、環境の差もあるかもしれませから、断定をすることはできないのですが、基本的に食べないものと思って問題ありません。 ミナミヌマエビに関しても、メダカの稚魚飼育、孵化専用水槽で大量に同じ環境下で飼育していますが、普通にメダカの稚魚は生まれてきていますから、ミナミヌマエビがメダカの卵を襲って食べることもないと言えます。 基本的に、ミナミヌマエビは雑食なのですが、卵を含めて、生きている生体などを食べることは殆どありませんから、ボウフラですら手が出せないような小心者的な生き物です。

次の