浅見帆帆子 ブログ。 浅見帆帆子: 大阪城公園・大阪ビジネスパークの散歩道

あの浅見帆帆子さんの記事も盛り塩。シンクロニシティは引き寄せの前兆☆

浅見帆帆子 ブログ

こんにちは、きなこです。 浅見帆帆子さんの講演会で聞いたことをまとめておこうと思います。 物事に対して絶対的な評価がなくなってきています。 今までの雛形が通じないことも多くなっています。 (例えばいい大学を出ていい会社に入って…というのが幸せとは限らないのはみんな気づいています) 大多数が、偉い人が言うことが正しのではなく、あくまでも『私が』どう思うかが一番大切な基準になります。 良い意味では個性が認められる時代。 悪い意味では何を基準にしたらいいのかわかりづらい時代です。 幸せな人はすでにやっている生き方 自分自身の感じる力を信頼すること。 頭で考えるのではなく、感じたことを元に行動すること。 ひと昔前までは「何となく」など、他人に説明できないことは行動に移しづらい時代だったけれど、今はたくさんの価値観が認められています。 自分の本音に素直に行動していくことができます。 自分がどう感じているかわからない時 今まで自分の感覚よりも常識や周りを見ながら行動してきた人は自分の感覚に気付きにくくなっています。 自分と会話する時間を取りましょう。 「今、私はどう感じてる?」 「これ好き? 嫌い?」と自分にひとつひとつ聞きながら感じる力を取り戻していきましょう。 直感 直感は特別なことではなく、日常でふっと思うこと。 その感覚は日頃から自分の感情に敏感でいないとわかりづらいです。 普段、直感に素直に生きていない人に限って 仕事を辞めるべきか? 結婚するべきか? など、すごく大きなことで直感を試そう(頼ろう)とします。 でも、本当はそこにいく前に日常生活のちょっとしたことで直感に素直に行動する練習をしてみる。 生活の中でふっと心にわく 「これ、好き」「あのお店が気になる」という小さな感覚を大切にしてみる。 そうしていると心の感覚の違い、頭で考えていることなのか、直感なのかの違いに気づけるようになっていきます。 直感で生きるというと難しいことのように聞こえますが、要は自分の本音を見つめるということです。 そしてその本音の通りに動く。 これを日常の全てでやっていく。 やってみて何か得られたり、気づきがあったり、とかは考えなくて良いので、とにかくやってみる。 すると、どんどん大きな直感やひらめきを受け取れるようになります。 長くなりそうだから続きは次回。 kinako97.

次の

浅見帆帆子さん まぐスぺインタビュー

浅見帆帆子 ブログ

「本音で生きることが幸せにつながる」 浅見帆帆子講演会に行ってきました 講演が終わると、帆帆子さんから 、『質問をお一人だけお受けします』とおっしゃってくださり、一列目の女性が一番に手をあげたので、その女性からの質問を受けることになりました。 女性は『ハイヤーセルフについて』を質問。 それに答えて帆帆子さん『きっと、この中にも専門家の方がいらっしゃると思うのですが』とちょっと謙遜した感じで、説明。 『ハイヤーセルフは私の中では守護神や守護霊と一緒になっています。 ハイヤーセルフに名前をつけて、何かあるごとに話しかけてみるといいと思います。 うちの母は、ハイヤーセルフに「ダニエル」という名前をつけています。 「みちこ」とか、日本人の名前だと、なんだか呼びにくいでしょう。 』 というようなことを話していまして、会場は大笑い 難しい専門用語も、浅見帆帆子さんの説明だと分かりやすいですよね。 質問の後は、抽選会があって、当選した15名は、一人ずつ舞台の上に上がって、帆帆子さんとお話して本にサインをしてもらい、中には携帯電話でツーショット写真を撮ってもらう方もいましたね。 ほのぼのとした講演会 また大阪で講演会したら行きます。 それまでは帆帆子さんの本を読んで、日々を楽しく過ごしましょ 「本音で生きることが幸せにつながる」 浅見帆帆子講演会に行ってきました 帆帆子さんの今回の講演の中で印象に残っていることがいくつかあるので、それを書いてみようと思います。 「本音」というのは、潜在意識。 目にみえないメッセージや、サインのこと。 両手を上げて、「やってみよう」と思うようなことでなくていい。 「あれ、やってみよう。 」「こっちがいいな。 」と思った程度のことでよい。 世の中には色々な価値観の人がいる。 自分の居心地のいい状態を作る。 心の中で距離をおく。 罪悪感をもつことはない。 相手のエネルギーと自分のエネルギーが違うだけ。 相手が私のことをモヤっと思っても、それは今は合わないというだけ。 夢を宇宙にオーダーする時は、本音をオーダーする。 夢がかなう迄の足りない部分のことは心配しない。 夢がかなった時のことだけを思って放っておく。 帆帆子さんのファンクラブ会員40数名と、10月に伊勢神宮のお参りにいく時、直前まで台風の為、大雨だったのに、お参りの日には晴れになったこと 現地でファンクラブ会員(ホホトモ)と話したら、メンバー全員が、『晴れると思っていました』と話していて、晴れの中を参拝することをイメージしていた。 夢は最後まであきらめない。 あきらめてしまった時点で、夢もかなわなくなる。 「本音で生きることが幸せにつながる」 浅見帆帆子講演会に行ってきました 主催者の女性から紹介を受けて、下手側から 浅見帆帆子さん、登場。 髪はロングで後ろでポニーテール。 ゆるくカールしていて可愛い。 お洋服は、腕や胸の部分がシースルーになっていて、ちょっとしたパーティーにも着ていけそうな黒のワンピース。 スカート丈は膝位です。 AMIRI製と思われる金色のペンダントとブレスレッド。 耳には真珠のイヤリング。 笑顔がさわやか。 『最近は800名位の講演会が多かったのですが、400名位だとお客様のお顔が一人一人見れていいですね。 大阪の公演は面白いですね。 4年位前に大阪で講演をした時に、前から3番目でオペラグラスで見ていた人がいるんですよ。 真剣に見ていらっしゃって、地域によって、とらえ方が違うんだなぁ~と思いました。 』 と帆帆子さんが話すと、会場から笑い声。 この4年位前の講演会でオペラグラスで見ていたのは、私です。 宝塚大劇場など、劇場にいく時には必ずオペラグラスを持っていって見るのが習慣の私。 4年前は初帆帆子さんの講演会だったので、嬉しくて、オペラグラスで見てしまいました。 驚かせてゴメンナサイ。 今回も、オペラグラス持っていっていましたが、使いませんでした。 けれど、4年前のことなのに、こんな風に覚えてくださっているのって、照れくさいのと嬉しいのと両方です。 「本音で生きることが幸せにつながる」 浅見帆帆子講演会に行ってきました エレベーターで5階へ上がり、壁づたいに並んで、開場を待ちます。 予定よりも少し早い13:20に開場。 受付で自分の名前を言って、支払済の領収書を見せると、係員がリストに載っている私の名前をチェックしてくださり、入場。 自由席の為、席の確保をしなければいけないので、まずはホールの中へと進みます。 定員が400名ほどで、木の造りの優しい色調に心がなごみます。 バルコニー席がある、クラシックホールの形状で落ち着いた雰囲気。 ささっと席をとって、今度はもう一度ホールの外へ。 講演会の前に本などを購入すれば、番号札がもらえて、講演会後の抽選会で当選した15名が帆帆子さんとのサイン会に参加できるというもの。 私が興味があったのは、 「ドリームカード」そして、 「手帳」。 けれども、見ただけで購入せず。 目の保養ですね。 本や物販物を見ている間も、ホールの壁づたいにたくさんの人が並んでいて、順番に受付をして入場していきます。 盛況なんだなぁ ホール内の席に戻って休憩していると、下手に主催者の女性が出てきて、帆帆子さんの略歴を読みます。 その中で、あれっと思ったのは、「2006年にも講演を依頼したけれど、執筆活動に専念したいとの理由で断られてしまった。 今年になって朝日出版から本をだしていて、浅見先生のホームページを見たら、最近では講演活動もしているので、今回依頼して、講演会の開催になった」というくだり。 そして、「今日の講演会は10代から70代の方が来ていて、関西以外からも、きている」ということ。 以前は講演会の依頼があっても断っていたんだなぁ 「本音で生きることが幸せにつながる」 浅見帆帆子講演会に行ってきました 2013年11月9日(土)13:30開演 講演会は14:00~15:30 場所は大阪市北区堂島の エルセラーンホテル大阪 このホテル、 堂島のアバンザの隣にあって、分かりやすい所にあるのですが、一度も入ったことがなかったのです。 入ってみたら、あら、キレイ ホテルのコンセプトが、 「シンデレラ」だそうで、かぼちゃの馬車とか、ガラスの靴とか飾ってあって可愛い 講演会は自由席でしたが、ホテルが会場だから、整理券でも配るのかな、少し早めに行ってみようと思い、12:30l頃にホテルに到着。 エスカレーターに乗って、2階のフロントへ。 そして、フロントから離れた所にあるエレベーターに乗って、講演会会場のエルセラーンホールがある5階に行こうとしたけれど、あら、5階のボタンが押せない。 フロントに行って、いつになったらエレベーターが動くのか聞いてみたら、受付の女性が「13:30が開場ですので、13:30にエレーベーターが動きます。 」と説明してくださいました。 少し時間があるので、隣のアバンザに行って、お昼ご飯を頂きました。 13:10頃に エルセラーンホテルの2階に戻ってみたら、数人の女性がエレベーターホールで立ち話をしていました。 少しして一人がエレベーターに乗って、『ボタンが押せたよ 』というものだから、皆でエレベーターに乗り込んで、さてドアを閉めようとしたら、また一人の女性が 『あー帆帆子さん 』と叫ぶものだから、皆、締まりかけのドアごしに必死にエレベーターの外を見ます。 すると、そこには 颯爽と歩く、浅見帆帆子さんの後姿。 そのまま、帆帆子さんはフロントに歩いてゆき、私達の乗ったエレベーターは扉が閉まり、5階へ。 この瞬間だけで、エレベーターの中は熱気に包まれたのでした。 浅見帆帆子講演会「あなたは絶対!運がいい ~2013年、これからの時代に必要なこと~」 大阪中央公会堂 浅見帆帆子さんが話していたことの続きです。 例:理由はないれど、気が進まない。 思い込みの枠。 ・ 夢が実現する迄の過程を考えなくてよい。 でも、期日を過ぎても失敗ではない。 講演会の最後には 『枠を外してワクワク ここ、笑うところなんですけど』と弾けて話す帆帆子さんに、会場から爆笑 講演会後にはそのまま舞台上で抽選会があって、帆帆子さんの私物のコンパクトミラー、バラの香りの入浴剤、メッセージカードのプレゼントがありました。 そして1月29日がお誕生日だった帆帆子さんに、司会者から花束贈呈があって講演会は終了となったのでした。 講演会終了後、サイン会がありました。 公会堂で新刊 『だから、本音がいちばん!』を購入した先着100名が参加できるものです。 前回の講演会も楽しかったけれど、今回の講演会はますますパワーアップした印象でしたね。 浅見帆帆子さん、また大阪に来てくださいね。 浅見帆帆子講演会「あなたは絶対!運がいい ~2013年、これからの時代に必要なこと~」 大阪中央公会堂 さて、 浅見帆帆子さんが話していた内容。 楽しくなるようにイメージする。 ・ 過去のことは過去。 今のことに意識を集中する。 ・ 本『聖なる予言』を薦めていた。 引き寄せの法則。 ・ あなたが望んでいることは、色々なお知らせ(メッセージ)がくる。 直感や、シンクロニシティが起こる。 一緒にいていいなぁ、と思う人と会う。 好きな音楽を聴く。 いい香りをきく。 緑の中に浸る。 今ある生活の中で感謝できることを数える。 ネットには賛否両論が書かれているので、自分にとってマイナスになるものは読まない。 テレビや映画も悲惨なものは見ない。 浅見帆帆子講演会「あなたは絶対!運がいい ~2013年、これからの時代に必要なこと~」 大阪中央公会堂 浅見帆帆子さんが優しい声で 『大阪の講演会が好きです』と話しはじめます。 6年位前に初めて大阪で講演会をして、講演会後のサイン会ではプレゼントの品物が食べ物が多かったこと、サイン会に並ぶ列の前後の人のプレゼントが豚まんで重なってしまったとしても、必ず、帆帆子さんに『これ、世界一、おいしい豚まんです。 』と言って渡してくれたことを話します。 そして、その後に開催された講演会は収容300名くらいの会場で、前に立つ帆帆子さんからでも後ろのお客様の顔が見えるのに、前から3列目でオペラグラスで帆帆子さんを見ているお客様がいたことを話すと、客席から大爆笑 この、オペラグラスで見ていた人は私なのです その時の模様は、以前このブログでも書いたのですが。。。 帆帆子さん、まだ覚えてくださっていたのですね。 嬉しいやら、恥ずかしいやら゜. けれど、その後に帆帆子さんが 『楽しいことは重要ですね。 楽しい気持ちはその後続きます。 その人の状況は変わっていないのに、気持ちは楽しくなっています』と仰ってくださったのに救われました 私は小さい頃から音楽が好きで、中年になった今でも、ライブやお芝居、講演会などに通っています。 そして、そういったものに参加すると、必ずその後の日々を明るく過ごせるのです。 お金と時間はかかってしまいますが、自分のできる範囲で、これからも続けて行けたらいいなぁ、と思うのです。 そして、帆帆子さんが明るい声で 『大阪の講演会は楽しみだから、行きます 』と仰ってくださったので 、私も嬉しくなってしまいました。 大阪に変な女の人がいると思われなくてよかった~ ダイジョーブタ 浅見帆帆子講演会「あなたは絶対!運がいい ~2013年、これからの時代に必要なこと~」 大阪中央公会堂 14時になると、下手に司会者が現れて、 浅見帆帆子さんのプロフィールを話します。 そして、いよいよ浅見帆帆子さんが下手から舞台に登場 今日の衣装は、クラシックの音楽家が着るような、少しクリーム色がかかった白いロングドレス。 真冬だけれど、ノースリーブですよ 帆帆子さんが舞台中央に立つと、演台に隠れてしまって、残念ながらドレスの全体像は見えなくなってしまいました。 けれど、演台の上手側に置かれた大きな花瓶にはピンク色のお花が生けられていて、帆帆子さんの白いドレスとマッチしていましたね。 そして、帆帆子さんの胸元に飾られたシルバーのネックレスが時折、キラキラ っと光るものだから、舞台の中央部は、キレイな世界 まずは、大阪中央公会堂の建物の素晴らしさをほめて、 浅見帆帆子さんのお話は始まりました。 そうか、このレトロな建物に合わせて、クラシックの音楽家の様なドレスを選んだのかな。 浅見帆帆子講演会「あなたは絶対!運がいい ~2013年、これからの時代に必要なこと~」 大阪中央公会堂 開場前、公会堂の前で私は自由席用の列に並んでいたけれど、ファンクラブの方の為の列もあって、「会員の方のための優先席があるんだなぁ、私は大分後ろかなぁ。。。 」と思っていました。 13時になって開場し、大集会室に入ってみると真ん中のブロックの前部分がファンクラブ会員用の席で、指定席となっていました。 前部分の左右のブロックは自由席。 運良く私は真ん中ブロックよりのサイド席に座ることが出来ました。 帆帆子さんのファンクラブ、入会しようかなぁと迷ったけれど、アクセサリー代がかかるので少し高め。 それで第1期は入会しなかったのです 今後のファンクラブ会員募集はどうなるのか、チェックするつもり.

次の

浅見帆帆子さんの本一覧:浅見帆帆子さんファンブログ@人生思いどおり♪

浅見帆帆子 ブログ

Contents• 浅見帆帆子さんはどんな人? もしかすると浅見帆帆子さんについてあまりご存知ない方もいるかもしれないので、簡単にご説明させていただきます。 浅見帆帆子さんはどんな人でしょうか? 青山学院大学国際政経学部卒業後、ロンドンに留学、インテリアデザインを学ぶ。 そのほか、絵本、旅エッセイなど著書多数。 近年、インテリアデザインや文具などのプロデュース、オリジナルジュエリーブランド「AMIRI」など、独自のライフスタイルが多くの女性から注目されている。 私が浅見帆帆子さんの本と出逢ったのは2011年。 ベストパートナーでもある心理カウンセラーのmasaさんから紹介してもらいました。 ところが、自分のまわりに起こることを注意深く観察するようになると、私が意識を向けたもの(その中で知らないうちに長く強く考えていたこと)は、それから数日のうちに必ず日常生活に引き寄せられて来ることがわかりました。 久しぶりにある人を思い出して、「どうしとるかな」としばらく考えていると、数日以内に必ずその人から連絡がある、あれが欲しいなと思っていると、それに関係ある看板や記事を見る(その看板はのれまでもそこにあったはずなのに、意識してはじめて目に入るのです)、あそこに行きたいなと思っていると、そのに行った人の話を聞くことになる… 小さなことですが、あまりにもタイミングが良く毎日のように起こると、「意識を向けたことがやって来る」なんていうことは当たり前に感じられます。 ちょっと思っているくらいでこの影響力ということは、本気でしっかり意識したこと、強く思ったことは、より確実に引き寄せられて来るということです。 ところが、強く思いたいこと、つまり本気で実現させたいことに関しては、それがかなうイメージをしながらも同時に心配してしまうのが人間です。 「〇〇になる(する)」とイメージしながら、真剣なあまり、「でも実現しなかったらどうしよう」など、実現と真逆ことを考えている時間が多い… しかも本人はそれに気付いていないのです。 結果的に、実現するプラスのイメージと心配するマイナスのイメージと、両方のパワーが相殺されて、現実にはちっとも動きが出ないように感じられ、「引き寄せの法則はちっとも働いていない」と思ってしまうのです。 ところが、たとえば「ふと〇〇さんのことを考える」という思いにはマイナスの思いなどありません。 「電話がかかってこなかったらどうしよう」なんて思うはずもなく、ただその人のことを考えているだけです。 だから、純粋に力が強いのです。 このような、「何も色をつけずに、ただそれを思っているような考え方」をしているものは、確実に早く現実に現れます。 出典元:浅見帆帆子 著「出逢う力」P107〜P109を引用 浅見帆帆子さん本「出逢う力」純粋な思いが引き寄せる! 浅見帆帆子さんも「引き寄せの法則」を最初から完全に信頼していたわけじゃないいんですね。 ちょっと安心しました(笑) そして同時に、「引き寄せの法則」を使いこなしている人たちは 心から宇宙の仕組みを信頼しきっている人たちなんだ ということが分かり・・・ 心底納得!!! このようなシンクロ体験が日常でひんぱんに起こるようになると 「引き寄せの法則」が働いているんだな~と 体験すればするほど確信が高まります。 私たち 自遊人夫婦は 運を高め続けることによって ・お金 ・健康 ・仕事 ・仲間 ・パートナーシップ ・理想のライフスタイル などをすべて叶えることができました。 そしてその 『秘密』を 仲間うちにもシェアすることで 次々と豊かになる仲間が続出中です! どうやったら運気を高めて 望む人生を送ることができるのか? ・・・ その 『秘密』が知りたい方は 30日間のメルマガ講座に登録してみてください。 私たちはお金と時間から解放され 夫婦で仲良く毎日笑顔で過ごしながら 大好きな石垣島に移住して暮らしています。 どうして私たちは誰もがうらやむような 暮らしができるようになったのか? それは 運を高める学び をたくさんして 運を高める実践 をし続けてきたからです。 私たちなりに遠回りもしてきましたが 「コレをマスターすれば望む人生を スルスル引き寄せることができますよ!」 と声を大にしてお伝えすることができます! 知識は力です。 無知はコストです。 運を高める努力をすることで 望む人生を引き寄せていくことができる! 私たちがこれまで培ってきた知識や経験、知恵を ご縁ある皆さまに30日間の 無料メルマガ講座 で分かち合えればと思っています。 ご自身のモチベーションUPにお役立てください。 気楽にお付き合い頂けると私としても有難いです。

次の