歯磨き 動画 子供。 子供の歯磨きいつから?保育士が教える!嫌がる時の原因と歯磨きのコツはあるの?ひとりで磨けるのはいつから?

子供の歯磨きいつから?保育士が教える!嫌がる時の原因と歯磨きのコツはあるの?ひとりで磨けるのはいつから?

歯磨き 動画 子供

歯が生えてきたらスタートの合図 赤ちゃんの歯磨きはいつから始めればいいのでしょうか?結論としては、歯磨きスタートは、歯が生え始める6か月~1歳頃にしましょう。 このころの赤ちゃんは、口の中を触れられるということに慣れることが大切です。 ママがガーゼや綿棒などで拭いてあげることから始め、慣れてきたら乳児用の歯ブラシで磨く練習をしていきます。 歯磨きトレーニングを始める前にすべきこと なんでもいきなりとりかかると、大人でも動揺することがありますよね。 赤ちゃんはなおさらです。 口の中はデリケートなので、赤ちゃんも敏感に反応します。 順を追って、取り組みましょう。 顔や口まわりを愛情をもって触れる• 慣れたら口の中を清潔な指で触れてあげる• ガーゼで口の中を拭いてあげる• 親や兄弟が楽しく歯磨きしているのを見せる 口や口の中、デリケートな部分だからこそ、いかに不快を与えずに触れることができるかがカギを握っています。 すぐ口の中を触れようとせず、そこに至るまでのステップが肝心。 愛情をもって触れるのは、遊びの中でも取り入れられますよね。 そのあとで、口の中をケアするところにもっていきます。 月齢別 歯磨きスタートとケアの仕方 月齢別に歯磨きを始めるケアの仕方についてお話しします。 歯が生えはじめる頃 歯が生え始める0~6か月ころは、口周りや口腔内に指を入れたり触ったりして、お口に触れられることに慣れさせましょう。 ケアのポイント• 上唇の裏を触られることに慣れさせましょう• 上唇をめくった部分にカスがつきやすいため、ガーゼなどで拭ってあげましょう 下の前歯が生えだす頃 下の前歯が生えてきたら、歯磨きに慣れさせるためのお手入れをしてあげましょう。 ケアのポイント• ガーゼや乳児用の歯ブラシを使い、歯を拭きましょう• ご飯の後は、飲み物を飲ませて食べカスを流しましょう• 赤ちゃん用の歯ブラシを与えるのもOK 前歯が上下、2本ずつ生えてくる頃 上の前歯はもっとも虫歯になりやすい歯!上下合わせて4本生えてきたら本格的なお手入れのスタートです! ケアのポイント• 赤ちゃん用歯ブラシを与えましょう• ママが仕上げ磨きをしてあげましょう 前歯が上下、4本ずつ生えてくる頃(1歳~) 前歯が4本ずつ生えてきたら、食べる量も増え歯に食べ物が挟まることが増えてきます。 寝る前の歯磨きを習慣にしましょう。 ケアのポイント• 哺乳瓶からコップを使うように変えましょう• おやつの時間や回数を決め、だらだら食べないようにしましょう 奥歯が生えてくる頃 さて、いよいよ奥歯が生えてきました!奥歯には溝があるので、食べ物が詰まりやすいので念入りに磨きましょう。 また、前歯の付け根は唾液による自浄作用が働きにくいため、虫歯になりやすい箇所。 敏感で磨きにくい箇所ですが、しっかり磨いてあげましょう。 ケアのポイント• 食後は歯を磨く習慣をつけましょう• 寝る前の仕上げ磨きをしっかりしましょう• 歯ブラシを噛んでしまうため、子供用と仕上げ磨き用を準備しましょう アンパンマンの歌を替え歌してみたり、おかあさんといっしょなど、朝なら歯磨きシーンがあるので、それを観せ、一緒にかやってみてます! 最近は、やっとですが膝に頭をコロンとしてくれるまでになりました😊 根気がいりますが、いつかは分かってくれると思い、バイキングいるからキレイにしようね!あーサッパリしたねー!などと言いながらやっています! 大好きなアンパンマンの歌に合わせたり、TV番組などのシーンのまねっこをしたりすれば、嫌がらずに磨かせてくれるかも。 膝にころんと寝ころんで磨かせてくれるまでは本当に大変ですが、ママの根気よい語りかけで、歯磨きの大切さを知ってくれると良いですよね。 それに、ママが楽しそうにお話をしてくれながらの歯磨きトレーニングは、赤ちゃんも楽しい時間になるはずです。 体験談3:お気に入りキャラクターでご褒美作戦! うちもよく嫌がってたので 歯磨き後にタブレットとTOMASのシールなどを張るのとどっちにする?? 大好きなキャラクターのシールやハンコ、おいしいタブレットは嬉しいご褒美です。 タブレットは食べられる対象年齢が決まっているので、商品を確認してから購入しましょう。 それでもどうしようもない場合には、押さえつけてしまうのも仕方ないかもしれません。 歯磨きの気持ちよさや大切さに気付くには、少し時間がかかりますね。 出典元一覧• 日本小児歯科学会「産まれてから2歳頃まで」(,2018年2月28日最終閲覧)• 東京都福祉保健局「乳幼児期の上手な歯みがき指導法」(,2018年2月28日最終閲覧)• 東京都福祉保健局「乳幼児期の上手な歯みがき指導法」(,2018年2月28日最終閲覧)• ふかみスマイル歯科「年代別、子供の歯磨きのやり方。 」(,2018年2月28日最終閲覧) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

2歳児への歯磨きの教え方は?子供が歯磨きを好きになる方法を紹介♪

歯磨き 動画 子供

歯磨きを好きになってもらうのは親の根気が大切! 魔の2歳児と言われるだけあって、2歳になった途端に「いや!」攻撃が始まります。 でも嫌がるからといって、そこで仕上げ磨きをやめてしまっては絶対にダメです! むしろ、3歳頃までに乳歯に虫歯菌がうつらなければ、その後も虫歯になりにくいと言われている最も大切な時期なので、食べたら歯磨きを習慣づける生活を親が根気よく行う事が大切です。 なぜ仕上げ磨きを嫌がるのか?子供の視点に立ってみましょう じゃあなぜ子供は仕上げ磨きを嫌がるのでしょうか?不安からくる抵抗と、その他の要素からくる抵抗なのでは?と思っています。 下記の子供の違いを見てあげてください。 仕上げ磨きする時に親の目を見ながら抵抗する• 仕上げ磨きする時に目も合わさずに抵抗する 私の子の場合、 後者の目も合わさずに抵抗するという状態でとても苦労しました・・恐らく歯磨きの棒も嫌いだったのかなと(涙) しかし、親が諦めてはダメだ!と思うようにして、歯磨きを好きになってもらうよう色んな事を試しました。 そして、今では自分から歯磨きをしてくれて、仕上げ磨きの時に口をあけてくれるようになっています。 しかし、子ども達は歯磨きの方法を知らないので、最初のうちは親が仕上げ磨きをしてあげないと磨き残しから虫歯菌が繁殖してしまいます。 どんなに優秀な子でも、何かを教える事は根気と体力がいると思います、 しかし子どもの将来のことを考えると虫歯になりにくい歯を作ってあげられるのは親だけなんです。 歯磨きを好きになってもらうためのアイディア この章では方法を下記の順番でご紹介していきます。 子どもが好きになる、歯磨き粉を試す• 好きなぬいぐるみ、おもちゃなどを使って誘ってみる• 食べたものを再発見!ワクワクさせながら歯磨きする方法 子どもの好きな歯磨き粉を探す うちの場合、この歯磨き粉ですべてが変わりました。 めちゃくちゃ嫌がっていた歯磨きも今では、『歯ブラシしゅ~(する~)』と言ってせがんでくる程です。 選ぶ時のポイントは、無添加や殺菌剤など強い成分が入っていないものを選ぶ方が安心なのと、入っている成分に注目しましょう。 筆者のおすすめは「BLIS M18」という善玉菌を含んだ歯磨き粉です。 この「BLIS M18」がなぜスゴイのか?というと虫歯になりにくい子供たちから発見された、虫歯予防に最も適した善玉菌なんです。 粉タイプの歯磨き粉だったんですが、逆にこれが良かったのかな?娘も歯ブラシに粉を付けて嬉しそうに歯磨きするようになりました。 「BLIS M18」配合のブリアンを実際に1ヶ月間使い続けた娘の変化をご覧ください。 ちなみに、公式サイトでしか変えない歯磨き粉で市販されていません。 自分で磨いている間は、とにかくそのぬいぐるみは歯磨きの様子を「お~!自分で上手に磨けるんだね~!」とベタ褒めします。 仕上げの段階になったら「ボクがしっかり口の中を見て磨いてあげるね」と言って、話しかけながら仕上げ磨きをしましょう。 うちの子はこの方法がとても効果的でしたが「ちゃんとクマちゃんが磨いてる?」とチェックされたりして、ぬいぐるみだと歯ブラシを持ちにくいので、指人形ならやりやすいと思います。 食べたものを再発見!ワクワクさせながら歯磨きする方法 次にいいのが「あ!ここにニンジンあった!ごはんもあった!」と、 今日食べたものを見つけたように言いながら磨く方法です。 たまに虫歯のバイキンを見つけたりすると、子供は焦ってしっかり口を開けてくれます。 ただこれは、ちゃんと仕上げができる体勢になっていることが前提だと思いますが、きれい好きなお子さんには有効だと思います。 手鏡などで自分が歯磨きされている姿を見せる方法 次におススメなのが、手鏡を子供に持たせておく方法です。 子供にとっては、仕上げ磨きをするときの無防備な姿勢がとにかく嫌だったりするんですよね。 今から何をされるんだ!という不安があるわけです。 そこで仕上げをしている様子を自分で鏡で見ることによって、仕上げに対する恐怖心をすっかり忘れて、鏡を見ることに集中してしっかり口を開けてくれる子もいます。 最終手段!手足を抑えて仕上げ磨きを! それでもダメ、毎日そんなにあれこれ試して時間をかけていられないという場合には最終手段で強制的に仕上げ磨きをします。 子供を仰向けに寝かせて股のところで子供の頭をはさみ、太ももで肩を押さえて下半身はひざから下で押さえるようにすれば、子供は身動きが取れなくなります。 嫌がって泣いて大きな口を開けている隙に、さっさと仕上げをしてしまうというわけです。 うちの下の子にはよくこの方法を使いましたが、押さえられるのはよっぽど嫌なようで、そのうち「ちゃんとじっとするから押さえないで」と言うようになりました。 ちょっとごめんね・・と思いましたが、自分から仕上げ磨きをして欲しいと言ってくるようにもなったので良かったです。 なぜ、そんなに歯磨きが嫌なのかを考えてみて 仕上げの何が嫌なのかというと、怖い、痛いというのが大きな原因なようです。 無理に押さえられて、怖い顔をしたお母さんがガーッと力を入れて磨いて痛い!なんて、仕上げ磨きがもっと嫌になるに決まってますね。 ですから先程紹介したような、押さえて磨く方法でも、声を荒げてしまったり、力を入れてしまうことがないようにしましょう。 体はガッシリ押さえていても、優しい顔と優しい声で、頑張って仕上げ磨きに耐えている子を励ましてあげるといいですよ。 毎日のことですから、しっかりと仕上げをしておかないと、虫歯に近づいてしまいますよね。 親御さんにとってもお子さんにとっても、負担の少ない仕上げ磨きの方法を見つけられるといいですね! 記事作成で参考にしたサイト.

次の

歯磨きアプリおすすめ厳選!無料で大人も子供も楽しめる?【2018】

歯磨き 動画 子供

スポンサーリンク 子供が歯磨きをしない!嫌がる原因は? 歯みがきを嫌がる子供の意外な原因にドキッとするパパやママがいるかもしれません。 しかし、毎日の歯磨き習慣は大人になっても大切な生活習慣の一つです! なので、「歯磨きしないと寝られない」と子供が言い出すような習慣づけを目指して、毎日の歯磨きが楽しくなるような工夫をしていくといいですよ。 また、動画を見せるなんて…と抵抗のある場合でも、 毎日の子供の暴れっぷりに「今日は歯磨きしなくてもいいか」と根負けしてしまうくらいなら、子供動画の力を借りて、歯磨きの時間が楽しくなるように工夫することをおすすめします。 私も子どもが2歳近くなるまではレスリングのように抑え込んで仕上げ磨きをしていました。 「楽しそうに声をかけて歯磨きに導入する」とか「できたらシールを貼っていく」とか、方法はいろいろありますよね。 しかし、毎度子供にウケるわけでもなく、就寝時間も迫ってくると、やはりレスリングの始まりになってしまいます。 本当に毎日のことですから、親子ともども疲れちゃいますよね。 そこで、そもそもどうして歯磨きを嫌がるのか、原因を探ってみました。 ごろんと寝転がるのがイヤ これは1歳を過ぎるとオムツ替えでも感じることではありませんか? 子育てサロンなどのふれあい遊びでも、ごろんとしなくなったりする時期です。 ついつい向かい合わせになって磨いてしまいがちですが、やはり口の中の状態をよく見るためには「ごろん」と寝転がってもらうのが一番です。 歯ブラシがイヤ 離乳食の始まりの時に、スプーンや母乳以外の食べ物を口に入れることを慣れさせるように、歯ブラシを口に入れることにも慣れが必要です。 歯ブラシにもいろいろな形状と素材があります。 柔らかいシリコン状のものや、パパママの指にはめてこするタイプのものなど多様です。 大人でも歯ブラシを変えるとちょっと変だなと感じることがありますよね。 口に歯ブラシを入れることに慣れること、子供が気に入る歯ブラシを使うことを心がけると良いでしょう。 口をあけるのがイヤ 長い時間口をあけていると唾液がたまってきてしまいますね。 毎日の歯磨きでは歯医者さんのように吸い取ってはもらえませんから、それを不快に感じていることも考えられます。 余裕があれば、半分磨いたところで唾液を吐きだすことができれば理想ですが、 なにより嫌がる前に手早く磨いてあげるのも方法の一つです。 以前に保健師さんとの話の中で、磨きはじめるポイントを毎日変えてあげると、長い目で見て全体がきれいになるという目からうろこの言葉がありました。 毎回同じ場所から順番に磨いていると、後半で子供が嫌になってきたときに、毎回同じ場所が十分に磨けていないということになるため、毎日磨きはじめる場所を変えることで、長い目で見て磨き残しを減らす効果があるということでした。 良かったら参考にしてみてくださいね。 パパやママの顔がイヤ これを言われては元も子もないのですが、 必死に歯を磨くパパやママの顔が怖いという話です。 「原因は私~?」となってしまいますが、歯磨きに関しては少しゆったり構えて、気持ちに余裕を持って臨むと良いですね。

次の