演歌歌手。 日本年輕人為什麼不愛唱演歌? 日經中文網

歌手2018

演歌歌手

特徵 [ ] 演歌所使用的音階多為日本古代民謠採用的,如對應西方的音樂理論,其中的相當於除去第4音和第7音(以A調自然小音階的為例,係去掉D音和G音),由於餘下的五個音,包含一組(F音和B音),這亦是令日本演歌擁有獨特韻味的原因之一。 這種以陰音階所寫成的歌,由所發揚跟普及,自此構成當代演歌基本型態。 古賀旋律普及初期,東京藝術大學畢業的家 本名增永丈夫 的聲樂技巧是為主流。 直到1960年代確定了在演歌界巨匠的地位之後,利用裝飾音 小節 表現古賀旋律,以突顯演歌歌手個性的唱腔,才正式獲得日本演歌的主流地位。 同時,還可以技巧性的加入「顫音」。 這兩種表現的方法在後期的演歌中是不可或缺的。 一般而言,在公開場合中的演歌歌手(尤其是女歌手),會穿著以加深作為日本文化的印象,但亦有如冰川清志、、等較為年輕一輩的演歌歌手,會常以穿著來演唱。 其中如美空雲雀「悲哀的酒」(悲しい酒),「大阪時雨」(大阪しぐれ),大川榮策「山茶花之宿」(さざんかの宿),吉幾三「雪國」等為代表。 雖然演歌有上面所說的特徵,仍很難明確區分清楚演歌跟其他流行歌曲。 譬如爵士樂鋼琴家就曾經說過不能用「音樂理論性的觀點」來區分兩者。 除了男女之間愛情悲劇为主題的歌曲以外還有以下主題的代表歌曲:• 夫妻間的幸福——村田英雄「夫婦春秋」、三笠優子「夫婦舟」、川中美幸「二輪草」等等。 另外,還有不屬於以上任何分類的細川貴志「北酒場」,是作曲家根據酒館的樣子而創作出來的歌曲。 以完全跳脫出一般演歌歌詞的情景模式獨樹一方,獲得了日本唱片大獎。 演歌為日本大眾所接受,為日本流行音樂流派之一,但事實上討厭演歌的人也不少。 比如在日本歌謠界大有影響力的歌手就曾公開表示她非常討厭演歌,乃至提倡所謂的「演歌撲滅運動」。 作曲家在他的自傳裡也表示「演歌構成了日本音樂史上的黑暗時代」。 在台港陸演藝圈中翻唱、重新詮釋日本演歌的歌手不在少數,如、、、、、、、等,新生代如、等人或多或少也從演歌得到靈感而唱出屬於自己的領域。 歷史 [ ] 創生期 [ ] 演歌是「演說歌」的省略語,是時期的產物。 初期最主要是用來對政治的批判、宣傳的歌曲。 總而言之, 演說歌是用來諷刺政治的。 19世紀末,由於政府日漸嚴格地取締公開演講,使得「演說歌」逐漸變成「演歌」。 到了明治後半,以政治諷刺為主體的演歌轉變成為愛情、悲劇、社會諷刺相關的歌曲,逐漸確定演歌在日本歌唱界的地位。 到了時代演歌歌手中也出現了使用西樂手法作曲的人。 鳥取春陽是其中的代表,他作的『籠の鳥』一度風靡日本。 但這樣的歌曲通常稱為「流行歌曲」,沒有被歸類到「演歌」裡。 流行音樂的時代 [ ] 到了時代,國外的唱片公司到日本開製造公司,導入新的錄音方式,日本唱片界迎來了新時代。 昭和三年 1928年 佐藤千夜子、二村定一等,昭和六年 1931年 的出道使得日本流行音樂全面佔領日本市場,演歌逐漸淡出。 但上述的古賀政男的作品「吉良的仁吉」,或是使用了「小節」唱法的紅歌星等,都受到廣澤虎造等師的影響。 從這些的例子來看,作者和歌手有一部份重複也是事實,正是這個「流行歌」時代產生的音樂性和技巧成了現有「演歌」的基礎,所以說這也是一個演歌史上不能忽視的時代。 後 [ ] 1950年代 [ ] 戰後的日本大眾音樂主要是「流行歌曲」,不過隨著新一代的出現和昭和29年 1954年 藤山一郎的引退,音樂性開始搖動,逐漸開始出現接近現代演歌的歌曲。 在二戰時期以及二戰後非常的紅。 這個時期已經以出道的開始使用這種方式演唱,接著出現了小林旭、電影巨星,來自的望鄉歌謠歌手春日八郎、三橋美智也,的,的鶴田浩二,的村田英雄,泣節歌手島倉千代子等。 以民謠和浪花曲等為基礎,相對從前的「流行歌曲」另樹一幟成為了接近現代演歌的作品風格。 這個時期的流行歌曲有「お富さん」「別れの一本杉」「哀愁列車」「おんな船頭歌」「古城」「チャンチキおけさ」「からたち日記」「無法松の一生」「人生劇場」等。 用日本五音階法和裝飾音的唱法稱做「演歌」。 這雖說是戰前的「演歌」領域的捲土重來,演歌自身已轉變為,社會諷刺的要素完全消失,只有「演歌」這個名稱復活。 這個時期電影明星也參與歌壇,,,,,,,等歌手登場。 從流行音樂轉來的作曲家除古賀政男之外還有吉田正,豬俁公章,船村徹,市川昭介,遠藤實,從舞曲歌手轉來的平尾昌晃登場,作詞家出現了星野哲郎,岩谷時子,山口洋子,川內康范等。 「王将」「潮来笠」「三百六十五歩のマーチ」「北帰行」「港町ブルース」「池袋の夜」「柔」「悲しい酒」「函館の女」「兄弟仁義」「星影のワルツ」等大受男女老幼的歡迎,廣為流行。 1970年代 [ ] 進入1970年代出現了、、、、、、、、 等歌手。 產生了「なみだの操」、「女のみち」、「おやじの海」、「ふるさと」、「喝采」、「せんせい」、「心のこり」、「与作」、「舟唄」、「昔の名前で出ています」、「北の宿から」、「」、「おもいで酒」、「みちづれ」、「」、「よぞら」等膾炙人口的歌曲。 從1974年,由演唱的民間音樂家所作「襟裳岬」獲獎唱片大獎起,演歌和其他流派的協作開始。 1980年代-1990年代 [ ] 從1970年代後半到80年代在中老年之間產生了高潮,細川一樣適合在卡拉OK唱的演歌歌手抬頭了。 適合卡拉OK的樂曲製作和營銷開始。 年輕人的流行歌曲意向變得更脫離演歌。 1980年代半途以後,年輕人和中老年聽的歌更加背離演歌。 電視的歌曲節目也逐漸分離出適合年輕人跟中老年人的區別,不論年代誰都知道這個時代是流行音樂難產的時代。 當年輕人開始對卡拉OK熱衷之後,日本的流行歌曲適合卡拉OK的樂曲製作和營銷也開始。 演歌被限定在只迎合中老年人的口味,象北島三郎一樣地壓倒性的與象以聲量和歌唱力自豪的歌手,森進一一樣地獨特的聲音質量有歌唱法的個性性的歌手變得難發揮實力,對電視的曝光減少了。 為此緩慢的保守化和衰退開始了。 從1980年代後半到1990年代前半部分,1987年的「命くれない」成就昭和最後的熱潮。 ,,, ( 日语 : ), 等在這期間大熱,而這個時期初次亮相發出了安全打的中堅歌手如及也存在。 可是,90年代中期以後演歌的衰退開始加劇,在90年代末了時演歌的新曲CD以數十萬張 件 單位流行的例子幾乎全無了。 21世紀 [ ] 2000年代 [ ] 2000年的「孫」和的「箱根八里の半次郎」大流行,是相隔了好久之後的大高潮。 但,「孫」是在大泉和同年齡或者那個以上的中老年層之間大受歡迎,在10代,20代也博得了受歡迎的的情況作為演歌歌手根據規格外的容貌年輕人架下面部分很大,給歌本身的評價與以前變化並不是那麼大。 一方象的「ひまわり」 2002年演出 一樣的演歌歌手發表認識了流行歌曲的樂曲一樣的運動也增加著。 2003年因單曲「鳥取砂丘」大賣而人氣高涱的演歌後起之秀發表的作品都是以日本各地的景點為題,涵蓋了日本全國多個都道府縣的地標,例如「伊勢的周邊」、「一個人在長良川」、「松島紀行」、「安藝之宮島」等。 在這一個時期,從1人,或2~3人的大型新人演歌歌手的出道到每年4~5人也增加。 同時,也常常佔據著日本J-POP排行榜,相對的在位時間越長也意同於增加曝光率。 同時,2008年初次亮相之曲「海雪」黑人演歌歌手備受外界矚目,利用hip hop風格的流行的演歌歌唱成為話題也風靡一時。 並且,以印度人身份來日本演唱的演歌歌手chada也再來日本開始了音樂活動,並一度活耀。 演歌無所不在 [ ] 此表格 可能包含或。 请协助添加参考资料以。 详细情况请参见。 不可否定的是,對演歌的認識集中於中老年齡層,而年輕一代的歌迷則很少。 在兼備個性和實力之下,建立了所謂「演歌」這種新種類的基礎,但是在、、、、和有演歌女王之稱的(美空ひばり,又稱為「歌謠界女王」)等相繼逝世之下,後續的和(五木ひろし)、、等權威歌手也有難以發揮實力的情況。 自的「孫」,(氷川きよし)的『箱根八里の半次郎』推出以來,並沒有大肆暢銷,整體持續低迷著。 而且, 1960 年以降,聽慣西洋搖滾樂、日式民謠和新音樂、偶像流行歌曲等的戰後世代已漸成為中年層,有部分轉移到演歌上,由於傾向於搖滾民謠等音樂類型的人口增多,演歌粉絲的高齡化變得相當明顯。 在10幾歲、20幾歲的年輕人之中,有不少對這些曾經有代表性的暢銷曲、歌手的存在沒有認知的人。 然而也有部份將演歌作為興趣、餘興的熱烈粉絲。 2007年,舉行了一場日本人移民100週年紀念活動,活動中的日本音樂不是採用J-pop等,而是傳唱著演歌。 (大城バネサ与南かなこ這些南美出生的日系演歌歌手也在。 )在海外某些地區,所謂『日本的歌即是演歌』此一印象是十分強烈的。 除此以外,試看演歌在別國的接受程度,非洲在國歌和流行歌曲方面,乃在yona去掉音階和歌唱方法等特點上和日本演歌酷似,這是一個例子。 韓戰(朝鮮戦争)時,在日本的衣索比亞士兵被演歌所感動,因此對演歌特徵下了研究,並在自己的音樂上加入此特徵元素。 而在衣索比亞,細川貴志(細川たかし)、(都はるみ)等日本演歌歌星也被廣為接受。 在,因為二次世界大戰時是日本領土,而深受日本文化影響,當時的國語和台語流行歌曲也是從日語演歌改編,在歌舞廳大為傳唱,也是台語歌手在歌唱比賽時,選唱曲目最多的類型。 從這些例子可看出,演歌的元素已流傳於其它地區的旁證事實。 韓式演歌——「狐步」 [ ] 此章节 没有列出任何。 2009年6月19日 主条目: 在韓國,也受到日本演歌的強烈影響,以「狐步」(トロット,即fox trot)稱之,使得大眾歌謠有了分野(進入昭和後,民眾歌謠起了變化以來)。 到了戰後朴正熙政權時期,雖將「狐步」指為「演歌」一詞的韓語用法,但仍不少人使用연가稱之。 後來,基於東洋色彩去除運動(倭色追放運動),由日語訛變而來的「演歌」讀音——「연가」——這種名稱變得無法使用,遂專以「狐步」稱之了。 演歌的情調 [ ] 演歌的主題多為離別和失戀等帶有悲傷和難過情緒的小調。 在大調上,也大多趨近「四七拔音階」(ヨナ抜き音階)的味道。 而所謂「四七拔音階」,就是將西洋七聲音階裡的第四音與第七音去掉的五聲音階形式,有強烈的東洋意象,明治維新以後日本政府基於國際化考量,大力提倡使用這種折衷音階系統的音樂創作,塑造出近代日本流行音樂曲調的雛形,最後成了「演歌」這種和風作品的主流音階。 如: Oricon公信榜主要的冠軍得獎作品 [ ] 粗黑體字的曲子為銷售量突破百萬者。 還有要注意的是,下列曲子之中,分別屬於「歌謡曲」和J-POP(受西方影響的日本流行音樂)的作品類型。 週排行榜 [ ]• 『 星光的華爾茲』(星影のワルツ/千昌夫 1968年6月3日~7月1日、8月17日共6週)• 『 港町布魯斯』(港町ブルース/ 1969年6月9日~7月7日共5週)• 『 之夜』(池袋の夜/青江三奈 1969年9月8日~10月13日共6週)• 『女人的布魯斯』(女のブルース/藤圭子 1970年3月30日~5月18日共8週)• 『夜里展開圭子的夢』(圭子の夢は夜ひらく/藤圭子 1970年5月25日~7月27日共10週)• 『京都之戀』(京都の恋/渚ゆう子 1970年11月9日~12月28日共8週)• 『望鄉』(望郷/森進一 1971年1月25日~2月8日共3週)• 『橫濱・黃昏』(よこはま・たそがれ/五木弘 1971年7月19日共1週)• 『 我的城下町』(わたしの城下町/小柳留美子 1971年7月26日~10月11日共12週)• 『瀨戶的新娘』(瀬戸の花嫁/小柳留美子 1972年5月15日~6月5日共4週)• 『京都的疾雨』(京のにわか雨/小柳留美子 1972年9月11日~9月25日、10月9日~10月16日共5週)• 『 女人的道』(女のみち/宮史郎與pin三重奏 1972年10月30日~1973年2月12日共16週)• 『 眼淚的節操』(なみだの操/殿樣Kings 1974年3月18日~5月13日共9週)• 『夫婦鏡』(夫婦鏡/殿樣Kings 1974年7月15日~8月5日共4週)• 『冬天的火車站』(冬の駅/小柳留美子 1974年11月18日、12月9日共2週)• 『奉獻予你』(あなたにあげる/西川峰子 1974年12月16日共1週)• 『 昭和枯れすゝき』/櫻花和一郎(1975年4月28日~5月12日共3週)• 『遺憾』(心のこり/細川貴志 1975年7月28日~8月18日共4週)• 『 來自北方的家』(北の宿から/ 1976年12月6日、12月20日~1977年1月10日共4週)• 『 想酒』(おもいで酒/小林幸子 1979年7月23日共1週)• 『 矢切的渡口』(矢切の渡し/細川貴志 1983年4月18日~5月2日共3週)• 『八仙花橋』(あじさい橋/ 1986年6月23日共1週、史上第1位演歌初登場即上榜者)• 『雪國』(雪國/吉幾三 1987年2月9日共1週)• 『北方的旅人』(北の旅人/ 1987年8月24日共1週)• 『浪花Iroha節』(浪花いろは節/ 2004年10月4日共1週、平成時期首次以演歌上榜者)• 1968年度 『 星光的華爾茲』(星影のワルツ/千昌夫)• 1971年度 『 我的城下町』(わたしの城下町/小柳留美子)• 1972・73年度 『 女人的道』(女のみち/宮史郎與pin三重奏)• 1974年度 『 眼淚的節操』(なみだの操/殿樣Kings)• 1975年度 『 昭和枯れすゝき』/櫻花和一郎• 1979年度 『 追夢的酒』(夢追い酒/渥美二郎、第2名)• 1983年度 『 茶梅的宿』(さざんかの宿/大川榮策、第2名)• 1987年度 『生命紅』(命くれない/瀬川瑛子、第2名) (自1968年度~2006年度止,計共8曲) 参考文献 [ ]• 『「演歌」のススメ』:藍川由美、文春新書、文藝春秋:• 『さすらいのメロディー鳥取春陽伝』:菊池清麿、郁朋社:.

次の

演歌歌手年年紅白鬥派頭 中居目中無人被木村教訓

演歌歌手

演歌歌手の一覧 [ ] あ行 [ ] あ [ ]• ( あいかわ まさき )• ( あいざわ めぐみ )• ( あい・じょーじ )• ( あおい かをり )• ( あおい ひこた )• ( あおえ みな )• ( あおきこういち )• ( あおき みほ )• 青戸健 ( あおと けん )• ( あおやま かずこ )• ( あおやま ゆうた )• ( あかぎ けいいちろう )• ( あがた ひろこ )• 暁月めぐみ ( あかつき めぐみ )• ( あきおか しゅうじ )• ( あきもと じゅんこ )• ( あきやま りょうこ )• ( あぐねす ちゃん )• ( あさおか るりこ )• ( あさか みほ )• ( あさだ あつこ )• ( あさみ ちゆき )• ( あしかわ ももこ )• ( あしや がんのすけ )• ( あそう しおり )• ( あつみ きよし )• ( あつみ じろう )• ( あべ みどり )• ( あまくさ じろう )• ( あまつ はごろも )• ( あまね さとみ )• ( あらき とよひさ ) い [ ]• ( いけだ かずお )• ( いけだ てるお )…本名の池田輝男より改名• ( いざわ はちろう )• ( いしかわ さゆり )• ( いしだ あゆみ )• ( いしはら じゅんこ )• ( いしはら ゆうじろう )• ( いずはら れいこ )• ( いずみ しょうた )• ( いそがわ ゆき )• ( いちかわ たかし )• ( いちかわ ゆきの )• ( いちじょう せいや )• ( いつき ひろし )• ( いでみつ ひとみ )• ( いとう ひさお )• ( いとう みゆ )• ( いのうえ ゆみこ )• ( いぶき ゆり )• ( いりやま あきこ )• ( いわさ みさき )• ( いわで かずや )• ( いわなみ りえ )• ( いわもと くみ ) う [ ]• ( うえすぎ かおり )• ( うたがわ ふみこ )• ( うたかわ みやこ )• ( うつみ みゆき )• ( うめざわ とみお ) え [ ]• ( えいじろう )• ( えどあるど )• ( えと くにえ )• ( えり ちえみ ) お [ ]• ( おうぎ ひろこ )または(おおぎ ひろこ)• ( おうみ としろう )• ( おうやん ふいふい )• ( おおいし まどか )• ( おおいずみ いつろう )• ( おおい だいすけ )• ( おおえ ゆたか )• ( おおかわ えいさく )• ( おおかわ けんたろう )• ( おおき あやこ )• ( おおき のぶお )• ( おおき ひでお )• ( おおぐろ ゆき )• ( おおさわ ももこ )• ( おおした はちろう )• ( おおしま ゆうこ )• ( おおしろ ばねさ )• ( おおつき みやこ )• ( おおつ よしこ )• ( おかだ しづき )• ( おかだ ひさし )• ( おがた だいさく )• ( おか ちあき )• ( おか はるお )• ( おか みどり )• ( おかもと あつお )• ( おくむら ちよ )• ( おか ゆうこ )• ( おざき れいこ )• ( おざわ あきこ )• ( おだ じゅんぺい )• ( おとわ しのぶ )…司千恵子より改名• ( おばた みのる )• ( おるりこ )• ( おわせ よしと )…一時期尾鷲義仁(読みは現在と同じ)であったが再びデビュー当時の表記に戻した か行 [ ] か [ ]• ( かい けんと )• ( かがみ ごろう )• ( かがわ あきら )• ( かがわ まさし )• ( かきょういん しのぶ )• ( かぐらざか はんこ )• ( かげやま ときのり )• ( かしま ひろみ )• ( かじの つよし )• ( かすが はちろう )• ( かずは )…安田一葉より改名• ( かつ あや )• ( かつき なな )• ( かとう まさかつ )• ( かとう れいこ )• ( かどかわ ひろし )• ( かどくら ゆき )• ( かどわき りくお )• ( かなざわ あきこ )• ( かじ みつお )• ( かつらぎ りゅう )• ( かとう りゅうじ )• ( かだ たつえ )• ( かのう ひろし )• ( かのう やよい )• ( かのう れいこ )…叶麗子より改名• ( かみぞの さやか )• ( かみぬま えみこ )• ( かもん りょう )• ( かやま あきお )• ( かやま ゆうぞう )• ( からさわ りょう )• ( かれん )• ( かわい せいこ )• ( かわかみ だいすけ )• ( かわさき しゅうじ )• ( かわしま いっせい )• ( かわなか みゆき )• ( かわの なつみ )• ( かんべ いちろう )• ( かんむり じろう ) き [ ]• ( きくち まどか )• ( きさらぎ れおん )• ( きし こうたろう )• ( きし ちえこ )• ( きしかわ みよし )• ( きたおか ひろし )• ( きたはら けんじ )• ( きたがわ だいすけ )• ( きたじま さぶろう )• ( きたみ かずお )• ( きたみ きょうこ )• ( きたの まちこ )• ( きたはら みれい )• ( きたやま たけし )• ( きのした あきら )• ( きのみ なな )• ( きはら たけし )• ( きむ・よんじゃ )• ( きむら ともえ )• ( きょう しのぶ )• ( きょうやま こうしわか )• ( きりしま のぼる )• ( きりやま じゅんいち ) く [ ]• ( くどう あやの )• ( くすのき しげお )• ( くまがい ひろみ )• ( くれない はるみ )• ( くろかわ えいじ )• ( くろかわ しんいちろう )• ( くろき けん )• ( くろき けん じゅにあ )…唐木淳より改名 (現:黒木じゅん)• ( くろき ちさと )• ( くろさわ としお )…黒沢年男より改名 け [ ]• ( けい・うんすく )• ( けんじろう )• ( げん てつや ) こ [ ]• ( こうざい かおり )• ( こうだ しん )• ( こうの さくら )• ( こおり けんた )• ( こがねざわ しょうじ )• ( こが まさお )• ( こざくら まいこ )• ( こしの ひかる )• ( ごじょう てつや )• ( ごだい なつこ )• ( こだま よしお )• ( ごとう つばき )• ( ことかぜ こうき )• ( こと きよの )• ( このえ はちろう )• ( こばやし あきら )• ( こばやし さちこ )• ( こばやし たつや )• ( こまち ゆきの )• ( こみや けいこ )• ( こむら みき )• ( こやなぎ るみこ )• ( ころんびあ・ろーず ) さ行 [ ] さ [ ]• ( さいごう てるひこ )• ( さいじょう しろう )• ( さかい いちろう )• ( さかい ちはる )• ( さかきばら るみ )• ( さかた まゆみ )• ( さかもときゅう )• ( さかもと ふゆみ )• ( さがわ みつお )• ( さくらい くみこ )• ( さくらがわ けん )• ( さくら まや )• ( さこ みちよ )• ( ささ みどり )• ( ささき いさお )• ( ささき しんいち )• ( さつき みどり )• ( さとみ こうたろう )• ( さんじょう まさと )• ( さんじょう まちこ ) し [ ]• ( しいな さちこ )• ( じぇろ )• ( しえん )• ( しお まさる )• ( しずか たろう )• ( しま かずひこ )• ( しまくら ちよこ )• ( しまざき ゆり )• ( しま ちなみ )• ( しまづ あや )• ( しまづ えつこ )• ( しまづ ゆたか )• ( しみず せつこ )• ( しみず ひろまさ )• ( しらね かずお )• ( しるびあ )• ( じゅでぃ・おんぐ )• 寿里 ( じゅり )• ( しょうじ たろう )• ( じょう たくや )• ( じょうのうち さなえ )• ( しんかわ じろう )• ( しんの みか ) す [ ]• ( すいぜんじ きよこ )• ( すがた のりこ )• ( すがわら つづこ )• ( すがわら よういち )• ( すぎお せいじ )• ( すぎもと まさと )• ( すぎ りょうたろう )• ( すずき みえこ )• ( すな ひろし ) せ [ ]• ( せがわ えいこ )• ( せぐち ゆうき )• ( せん まさお ) そ [ ]• ( そね しろう )• ( その けいこ )• ( その まり )• ( そのまんま みかわ ) た行 [ ] た [ ]• ( だいち まこと )…平あつおより改名• ( だいもん ゆうこ )• ( たいら こうじ )• ( たかいし かつえ )• ( たかくら いちろう )• ( たかくら けん )• ( たかくら びん )• ( たかだ こうきち )• ( たかはし げんたろう )• ( たかみね ひでこ )• ( たかみね みえこ )• ( たかやま げん )• ( たがわ としみ )• ( たきがわ まいこ )• ( たき さとみ )• ( たけがわ みこ )• ( たけこし ひろこ )• ( たけしま ひろし )• ( たけやま あきよ )• ( たけやま いつろう )• ( たけや みわこ )• ( たしろ みよこ )• ( たちばな だいごろう )• ( たちばな まいこ )• ( たち ひろし )• ( たつみ ゆうと )• ( たなか あきら )• ( たなか しゅう )• ( たなはし しずお )• ( たにもと ともみ )• ( たに りゅうすけ )• ( たばた よしお )• 為我井絵里 ( ためがい えり )• ( たやま ひろし )• ( だんだ だん ) ち [ ]• ( ちあき なおみ )• ( ちあき まみ )• ( ちぇうに )• ( ちさと )• ( ちば かずお )• ( ちば げんた )…海堂玄太より改名• ( ちばやま たかひろ )• ( ちはら さき )• ( ちはら あいり )• ( ちゃだ )• ( ちゃん・うんすく )…チャン・スーより再びデビュー当時の名前(本名)に戻した• ( ちゃん・ゆんじょん )• ( ちょー・よんぴる ) つ [ ]• ( つかさ まなぶ )• ( つかはら てっぺい )• ( つむら けん )• ( つやま ようこ )• ( つるた こうじ )• ( つるた ろくろう ) て [ ]• ( でぃっく・みね )• ( て・じな )• ( てらもと けいすけ )…東大寺四郎より改名• ( てれさ・てん )• ( てんどう よしみ ) と [ ]• ( とくがわ いちろう )• ( とくなが ゆうき )• ( とくひさ こうじ )• ( とし いとう )• ( とっとり しゅんよう )• ( とば いちろう )• ( とば ゆうこ ) な行 [ ] な [ ]• ( ないとう くにお )• ( ないとう やすこ )• ( ないとう ようこ )• ( ながい みゆき )• ( ながい ゆうこ )• ( ながうち えいこ )• ( ながうち ようこ )• ( ながさか じゅんいち )• ( なかざと あみ )• ( なかがわ きょうみ )• ( なかざわ ゆうこ )• ( ながしま けんじろう )…山口貴光より改名• ( なかじま ゆきこ )• ( なかじょう きよし )• ( なかそね みき )• ( なかやま たかし )• ( ながた あつし )• ( ながた げんじろう )• ( なかたに みつお )• ( なかた まりあ )• ( なかにし りえ )• ( なかにし れい )• ( なかの ただはる )• ( ながほ ゆき )• ( なかむら こうぞう )• ( なかむら たいじ )…一時期読み方を なかむら やすし(漢字表記は現在と同じ)としていた• ( なかむら みつこ )• ( ながやま こうじ )• ( ながやま ようこ )• ( なぎさ ゆうこ )• ( なにわてい ともか )• ( なにわ みゆき )• ( な・ふな )• ( なみき みちこ )• ( なみひら あきお )• ( なら みつえ )• ( ならざき まさあき )• ( なるせ しょうへい )• ( なんぶ なおと )• ( なんだ けんじ ) に [ ]• ( にいぬま けんじ )• ( にしお ゆき )• ( にしかた ひろゆき )• ( にしかわ ひとみ )• ( にしかわ みねこ )…西川峰子より改名• ( にしき こうじ )• ( にしきの あきら )…にしきのあきらより改名• ( にしざき みどり )• ( にしだ あい )• ( にしだ さちこ )• ( にし つよし )• ( にしむら あきこ )• ( にしもり みわ )• ( にだいめ ころんびあ・ろーず )• ( にった こうや )• ( にのみや ゆきこ )• ( にん ちょうさく ) ぬ [ ] ね [ ] の [ ]• ( のぐち ごろう )• ( のなか さおり )• ( のびー )• ( のむら かつや )• ( のむら まさき )• ( のむら みな ) は行 [ ] は [ ]• ( ばーぶ さたけ )• ( はいだ かつひこ )• ( ぱく ひょんびん )• ( はこざき しんいちろう )• ( はし ひろゆき )• ( はし ゆきお )• ( はしり ゆうすけ )• ( はせがわ いちろう )• ( はせがわ しんご )• ( はたけやま みどり )• ( ばってん あらかわ )• ( はっとり ひろこ )• ( はな かおり )• ( はなさき ゆきみ )• ( はなみずきけい )• ( はなむら きくえ )• [ ] ( はまけいこ )• ( はま けいすけ )• ( はま ひろや )• ( はやし あさみ )…水牧あさ実より再びデビュー時の名前に戻した• ( はやし いさお )• ( はやま みずき )• ( はら さおり )• ( はら だいすけ )• ( はらだ ゆかり )• ( はらだ ゆり )• ( はれやま さおり )• ( はんだ こうじ ) ひ [ ]• ( ひかわ きよし )• ( ひだか まさと )• ( ひとふし たろう )• ( ひの みか )• ( ひょうご けんいち )• ( ひよし みみ )• ( ひらおか ちか )• ( ひろはた あつみ )• ( ひろやま ともみ ) ふ [ ]• ( ふくだ こうへい )• ( ふくだ みのる )• ( ふじ あやこ )• ( ふじ けいこ )• ( ふじ このみ )• ( ふじしま たけお )• ( ふじた えみこ )• ( ふじた まこと )• ( ふじの としえ )• ( ふじやま いちろう )• ( ふじ ゆうすけ )• ( ふじわら ひろし )• ( ふたば あきこ )• ( ふたば ゆりこ )• ( ふなき かずお )• ( ふなむら とおる )• ( ふらんく ながい )• ( ふるた みな ) へ [ ]• ( へいわ かつじ )• ( ぺぎー はやま ) ほ [ ]• ( ほしの さゆり )• ( ほし れいこ )• ( ほそかわ たかし )• ( ほりうち たかお )• ( ほりかわ なおゆき ) ま行 [ ] ま [ ]• ( まえかわ きよし )• ( まえだ ゆき )• ( まき ことみ )• ( まきの めぐみ )• ( まきむら じゅんこ )• ( まきむら みえこ )• ( まき ゆうこ )• ( まさき はじめ )• ( まさき ようこ )• ( ますいやま だいしろう )• ( ますざわ すえお )• ( まつお かずこ )• ( まつかた ひろき )• ( まつかわ みき )• ( まつざき こうすけ )…松崎英樹より改名• ( まつしま あきら )• ( まつだいら あきら )• ( まつだいら なおき )• ( まつだいら けん )• ( まつなが ひとみ )• ( まつばら たかお )• ( まつばら たけし )• ( まつばら ちえこ )• ( まつばら のぶえ )• ( まつばら みさお )• ( まつひら さやか )• ( まつまえ ひろこ )• ( まつむら かずこ )• ( まつやま けいこ )• ( まるしあ ) み [ ]• ( みうら こういち )• ( みかさ ゆうこ )• ( みかど ちゅうじ )• ( みかわ けんいち )• ( みき かつひこ )• ( みさき あかり )• ( みさき じゅんこ )• ( みざくら かなこ )• ( みさわ あけみ )• ( みしま としお )• ( みしろ さやか )• ( みずき けい )• ( みずき まい )…細江真由子より改名• ( みずさわ あけみ )• ( みすたー なかむら はんじろう )• ( みずたに ちえこ )• ( みずた りゅうこ )• ( みずはら ひろし )• ( みずもり かおり )• ( みずもり ひでお )• ( みそら ひばり )• ( みた あきら )• ( みた かおり )• ( みた りょう )• ( みづき ゆう )…花村みずきより改名• ( みどり りんご )• ( みなみ いっせい )• ( みなみ かなこ )• ( みなみ はるお )• ( みね うぐいす )• ( みね ようこ )• ( みはし みちや )• ( みはら さとし )• ( みはら じゅんこ )• ( みはら つなき )• ( みふね かずこ )• ( みふね としろう )• ( みふね ひろし )• ( みやこ はるみ )• ( みやじ おさむ )• ( みや しろう )• ( みやま ひろし )• ( みよし えいじ ) む [ ]• ( むーでぃー ながつま )• ( むらかみ さちこ )• ( むらき けんきち )• ( むらた ひでお ) め [ ] も [ ]• ( もりかわ つくし )• ( もり このみ )• ( もり しょうじ )• ( もりしげ ひさや )• ( もり しんいち )• ( もり まさこ )• ( もりや ひろし )• ( もりやま あいこ )• ( もりわか さとこ )• ( もんま りょう ) や行 [ ] や [ ]• ( やしろ あき )• ( やまうち けいすけ )• ( やまうち じろう )• ( やまおか さくら )• ( やまがた くるみ )• ( やまかわ ゆたか )• ( やまぐち かおる )…青木香織より改名• ( やまぐち つやか )• ( やまぐち ひろみ )• ( やまぐち よしみ )• ( やまぐち るみ )• 山崎順子 ( やまざき じゅんこ )• ( やまざき ていじ )…山崎悌史より改名• 山科里美 ( やましな さとみ )• ( やましろ さくら )• ( やまだ いすず )• ( やまだ じゅんだい )• ( やまだ たろう )• ( やまもと あき )• ( やまもと けんじ )• ( やまもと さとこ )• ( やまもと じょうじ )• ( やまもと みゆき )• ( やまもと りんだ ) ゆ [ ]• ( ゆはら まさゆき ) よ [ ]• ( よこうち ただし )• ( よし いくぞう )• ( よしおか たえこ )• ( よしなが かよこ )• ( よしなが さゆり )• ( よしなが みきお )• ( よしの えつよ )• ( よねくら ますみ ) ら行 [ ] ら [ ] り [ ]• ( り・こうらん )• ( りゅう てつや ) る [ ] れ [ ]• ( れいか )• ( れーもんど まつや ) ろ [ ] わ行 [ ] わ [ ]• ( わかはら いちろう )• ( わかはら りょう )• ( わかやま あきら )• ( わかやま かずさ )• ( わだ せいじ )• ( わたなべ かなめ )• ( わたなべ はまこ )• ( わたなべ やえ )• ( わたり てつや ) 脚注 [ ] [].

次の

演歌歌手

演歌歌手

演唱會上冰川清志還大膽挑戰洋樂,用日語翻唱了Queen樂隊的經典歌曲。 終演後,冰川清志接受採訪表示很喜歡電影《波西米亞狂想曲》,主唱弗萊迪的故事讓他很感動,引發共鳴。 其實不怪日本網友太敏感多心,而是冰川清志越來越解放天性做自己了。 11月25日冰川清志在ins上分享了身着婚紗的藝術照,宣傳新曲,引起網絡熱評,歌迷紛紛留言應援。 今年42歲的冰川清志於2000年以演歌《箱根八里的半次郎》出道,並拿下日本有線大獎、日本唱片大獎的新人獎,登上紅白歌會的舞臺。 憑藉絕佳唱功、俊朗形象,冰川清志兼備實力派和偶像派的雙優勢,之後更是拿獎拿到手軟,連續20年參演紅白歌會,今年在武道館舉辦了出道20週年紀念演唱會。 然而,一直零緋聞的冰川清志在2014年遭遇了醜聞危機,其影響程度不僅震動當時的演藝界,也使他今後的人生驟變。 接着《東體》稱冰川清志受到前經紀人和黑社會的威脅,對方抓住冰川清志的把柄進行勒索不成,向媒體爆料。 此次事件以私下和解、公開反省告終。 但關於冰川清志的同性小作文開始出現,先是和歌手平井堅的緋聞。 後來被《Friday》爆出與演員鬆村雄基的熱戀緋聞。 人設崩塌以醜聞開始,然後是同性緋聞,最後是冰川清志本人的自我放飛,造型和颱風發生巨大改變。 冰川清志小時候沒長開但一臉嬌憨,出道時清秀中帶點稚嫩。 演歌王子時期。 20週年演唱會的應援手燈也很小公舉。 舞臺上的他,2008年第59屆紅白歌會時是這樣。 2018年第69屆紅白歌會。 (此次舞臺變裝也是個亮點。 ) 冰川清志還曾打破次元壁,演唱《龍珠》片頭曲。 私下女子力十足,有自己的時尚主義。 據傳早在十年前冰川清志就想以自己的個性示人,但顧慮到公司和歌迷而作罷。 但這種日本獨有的絕妙音樂裏也有與我個性不相容的部分,按世間的期待而活讓我痛苦得想自殺。 舞臺之外的黑白對錯、孰是孰非成爲茶餘飯後的談資,動人的音樂能跨越時空、語言的限制引人共鳴。

次の