ウイイレ 2020 cf。 【(ウイイレアプリ2020)おすすめ金玉最強選手一覧(ポジション別)】レベマで黒玉を超える最強選手たち!確定スカウトあり<随時更新>

【ウイイレアプリ2020】CFの最強選手ランキングTOP10|ゲームエイト

ウイイレ 2020 cf

以前の記事でサイドに配置したST セカンドトップ とWG ウイング の違いについてご紹介させていただきましたが、似たような疑問がもう一つあると思います。 それはCF センターフォワード とセンターに配置したSTの違いです。 そこで今回は、中央を主戦場とするフォワードの役割であるCFとSTの違いと使い方について、ご説明します。 ウイイレ戦術講座|CFとSTの違いと使い方とは?【myClubSIM攻略講座】• WGとSTの違いについてはこちらの記事で STとCFのポジション位置の違い フォワードのポジションの中で中央の位置にCF(センターフォワード)ではなくST(セカンドトップ)を設定したと仮定をして、ご説明します。 このような形で、3トップの中央の位置に普段ならCFを配置する位置へSTを配置しました。 センターの位置にSTを配置することで、 CFを配置していた時に比べてボールを下がって受けるようになります。 具体的に言うと、ポストプレーをする位置が下がるイメージです。 なので、ゴールキックでせり合う位置も気持ち下がり目になるため、小柄な選手でもせり合いに勝てる時ができますし、足元へのボールは収まりやすくなるという利点があります。 これが元のCFならば、高い位置でのポストプレーを意識するので、競り合いは激しくなるために長身でフィジカルコンタクトが高い選手でないとボールを保持したり、味方へボールをつなぐ事が難しくなりますが、高い位置なのでゴールチャンスは多くなります。 強靭なフィジカルを持つタイプのフォワードならば問題ないでしょう。 このように、中央に配置したフォワードのタイプによって、フォワードの役割を使い分けることで、 プレースタイルに応じてさらに使い分ける STに「チャンスメイカー」のプレースタイルを所持した選手を配置すると、STを中央に配置したときよりも、より積極的に中盤へボールを受けに戻ってくるようになります。 「チャンスメイカー」はCFにすると効果がなくなります。 なので、CFに適正がある選手ならば、「チャンスメイカー」のプレースタイル持ちでもその効果をなくして、頻繁に中盤に下りてボールを捌くプレーを抑えることができます。 ネイマールやデイバラなどを使うとき、上記のような方法で使うとより攻撃的にすることができます。 そして、「ポストプレー」や「ボックスストライカー」の特性が付いているCFをSTで配置すれば、STに適正はないので効果はなくなります。 なので、上記のプレースタイルの動きをなくしたい場合はSTにすることをおすすめします。 STの本職は少ないのでスカウトで狙い目! 少し番外的な話ですが、ウイイレ にはSTがメインの選手は他のポジションに比べてすごく少ないです。 なので、 スカウトでの組み合わせで確定スカウトにすることが比較的容易です。 SIM戦では自分で操作することができないので、チームに変化を起こすことは難しいのですが、CFとSTを変更するだけでチームに変化を起こすことができます。 ぜひ、今回の記事を参考にCFとSTの設定を見直してみて、自分らしいフォーメーションと戦術を編み出してくださいね! chrono0520.

次の

【ウイイレアプリ2020】「CF」最強当たりランキングTOP20

ウイイレ 2020 cf

今回は ウイイレ2020の中で最強のCFを決めていきたいと思います。 そこで最強のCFを決めるにあたって「何を持って最強と言えるのか」という基準を作らなければいけません。 そこで僕が考えるCBに必要な能力値は• ボールコントロール• 決定力• 空中戦• スピード• 対人戦 の5つです。 なぜこの5つかというと、まずCFを点を取ることを第一に求められるので 決定力はマストですよね。 そしてCFにはポストプレーの役割も求められるので、 ボールコントロールや フィジカルの要素も必要です。 そして見方からのクロスボールを得点に結びつける ヘディングの能力値、そしてスルーパスなどに反応し一気にDFを置き去りにする スピード、この2つも非常に重要。 ワントップに置くよりも、STといった1. 5列目のポジションでプレーさせ、プレースタイルの「2列明からの飛び出し」を上手く活かして使っていきたいです。 ダブルタッチ• シャペウ• コントロールループ• ミドルシュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• スルーパス• ピンポイントクロス• すでに8試合に出場し5得点を決めるなど早速新天地で活躍しています(2019年10月26日現在)。 フィジカルコンタクトは驚異の99。 ヘッダー• コントロールカーブ• 無回転シュート• ワンタッチシュート• PKキッカー• レベマ時にはスピードが99、瞬発力が97とウイイレトップクラスの足の速さを持つ選手です。 一方でウイイレ2019と比べ空中戦やフィジカルの能力値が下がってしまったのが残念なところ・・・。 まあオーバメヤンの強さは異常すぎたので、ウイイレ2020では調整が入ったかんじでしょう。 シザーズ• コントロールループ• 無回転シュート• ドロップシュート• アクロバティックシュート• ヒールトリック• ワンタッチシュート• PKキッカー• 瞬く間にブンデスリーガトップクラスのCFに成長し、今シーズンからはレアルマドリードに移籍しプレーしています。 裏抜け、ヘディング、ワンタッチシュートなどなど、様々なパターンで得点できる万能型で最強金玉CFです。 軸裏ターン• ヘッダー• コントロールループ• ミドルシュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• チェイシング• 決定力は95とCFの中でもトップクラスで、さらに181cmながらヘディングが94、ジャンプが97と非常に空中戦に強いです。 ヘッダー• コントロールカーブ• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• PKキッカー• マリーシア• キャプテンシー• レベマ時にはスピードが97、瞬発力が99と爆発的なスピードが持ち味です。 またフィジカルや空中戦にも強く、決定力も十分あるので非常に優秀なCFですね。 スタミナも高く、ウイイレ2020ではオーバメヤンに代わるゴリゴリのスピードスターとして人気銘柄になるでしょう。 エッジターン• ワンタッチシュート• チェイシング• 175cmと小柄ではありますが、ジャンプ力が高いのでヘディングでも得点を決めることができます。 総合値も95まで上がり、ウイイレトップクラスのCFです。 エッジターン• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• アウトスピンキック• PKキッカー• 5 CFランキング3位はアルゼンチン代表で現在マンチェスターシティに所属する セルヒオ・アグエロ! プレミアリーグで4シーズン連続で20得点を記録し、プレミアリーグ通算122得点を記録しているプレミアリーグ最高のCFです。 レベマ時には決定力が97まで上がり、シュートを打てば高確率で枠内に打つことができます。 ウイイレ2020で雷玉に昇格し、総合値も97まで上がります。 シザーズ• ルーレット• コントロールカーブ• 無回転シュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• アウトスピンキック• 闘争心• また決定力も96とトップクラスで、スピードもそこそこあるので隙のない万能型CFです。 今シーズンも開幕から絶好調なので、ますます能力値が上がってもおかしくありません。 シャペウ• 軸裏ターン• 足裏コントロール• ヘッダー• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ヒールトリック• ワンタッチシュート• PKキッカー• レベマ時にはスピード・瞬発力が共に99とMAXの値に。 そしてドリブルの能力値も非常に高いので、ドリブルで一人でもっていて決め切る力をもっています。 ウイイレ2020でも引き続きチート選手になるでしょう。 シザーズ• ダブルタッチ• エッジターン• 軸足あて• ミドルシュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• ラボーナ• ウイイレ2020ではレヴァンドフスキやアグエロといった雷玉CFも多くいますが、やはり最強CFはキリアン・ムバッペですね。 これでまだ21歳というのが恐ろしすぎます・・・。 センターフォワードの出来によってゴールの数も大きく変わってくるので、今回紹介したCFを使って得点を量産していきましょう! 最後まで読んでいただきありがとうございました! 他にもウイイレアプリ攻略についての記事を書いてるのでよかったら見ていってください! 【ウイイレをやってる人に読んでほしい記事】• 【ポジション別おすすめ選手】•

次の

おすすめ白玉選手!!最強白玉CFランキングTOP5【ウイイレアプリ2020】

ウイイレ 2020 cf

9月に発売されたeFootball ウイニングイレブン2020(PES2020)。 毎週新しいFPバージョンのカードが登場しており、飽きないプレーが可能となっている。 今回はそのゲームに収録されている選手の中から「ドリブルの能力が最も高いCFの選手」を特集しよう。 もちろん第一ポジションがCFに設定されている選手のみなので、WGであるメッシは入らないぞ。 誰がトップなのか…。 10位:セルヒオ・アグエロ(FP) クラブ:マンチェスター・シティ ポジション:CF ドリブル数値:89 FPバージョンは3種類存在するアグエロ。 10月、11月、そして1月に登場したが、その3パターン全てでドリブル89となっている。 9位:アントワーヌ・グリーズマン(FP) クラブ:バルセロナ ポジション:CF ドリブル数値:89 グリーズマンのFPバージョンは5種類という豪華さ。 ただアグエロとは違ってドリブル数値に結構差があり、最も高いのは2月20日登場のもの。 他は86、85、85、84だ。 8位:ドリース・メルテンス(FP) クラブ:ナポリ ポジション:CF ドリブル数値:89 グリーズマンと同じくFPバージョンは5種類。 ドリブルが89なのは3種類で、9月、12月、そして3月5日に登場したばかりのもの。 10月と11月のものは88だ。 7位:マーカス・ラッシュフォード(FP) クラブ:マンチェスター・ユナイテッド ポジション:CF ドリブル数値:89 そして、このゲームで最多クラスとなる6種類のFPバージョンがあるラッシュフォード。 そのうち5種類はドリブル86で、10月に登場したもののみが89となっている。 6位:ウィサム・ベンニェデル(FP) クラブ:モナコ ポジション:CF ドリブル数値:90 モナコの小柄なエースストライカー。 3種類のFPバージョンがあり、1月に2つ、2月に1つが配布された。 その全てがドリブル90である。 5位:イアゴ・アスパス(FP) クラブ:セルタ ポジション:CF ドリブル数値:91 かつてリヴァプールでプレーしたことでも知られるイアゴ・アスパスがドリブル91に。 FPは1月30日に登場したものだけなのでわかりやすい。 4位:アレクサンドル・ラカゼット(FP) クラブ:アーセナル ポジション:CF ドリブル数値:91 今年2月13日に登場したFPバージョンでドリブルが91に向上したラカゼット。 9月、12月のものはそれぞれ87、88となっている。 3位:メンフィス・デパイ(FP) クラブ:リヨン ポジション:CF ドリブル数値:93 かつては左ウイングだったがフランスでストライカーに変化。 FPバージョンは4種類存在し、11月7日登場のものだけがドリブル93。 他は9月、12月、1月のものがあり、それぞれ89、90、89となっている。 2位:ジェラール・デウロフェウ(FP) クラブ:ワトフォード ポジション:CF ドリブル数値:93 バルセロナユースの元至宝がさすがの2位。 1月23日に初めてのFPバージョンが登場しており、ドリブル数値は93となった。 1位:キリアン・エムバペ(FP) クラブ:PSG ポジション:CF ドリブル数値:97 2位に4ポイントもの差をつけてトップになったのはエムバペ。 意外にFPバージョンは2種類しかないが、9月登場のもので93、そして3月5日登場のもので97にまで引き上げられている。

次の