アイ ライン 引き 方 一重。 アイラインの上手な引き方

【完全版】アイライン引き方!一重・二重・奥二重さん別で詳しく解説♡

アイ ライン 引き 方 一重

人間のまぶたの形には「二重」「奥二重」そして「一重」の3種類のタイプがあります。 まず最初に、それぞれの特徴を見ていきます。 「二重」は西洋の人に多い形ですが、目頭と二重の線がくっついた「末広型」と目頭と二重の線が離れている「平行型」があります。 一般的に化粧映えしやすいのはこの二重の人です。 同じ二重でも「奥二重」は二重の幅が狭くて、ぱっと見一重に見間違えられることがあります。 間違いなく二重なのですが、まぶたの厚みがあるためにキツく見られやすいという悩みがあります。 そして今回のテーマである一重ですが、一重の人はまぶたが腫れぼったく見られることが悩みです。 まぶたの脂肪が厚く、二重のラインがないので目が細かったり、目つきが悪く見えたり、暗い顔に見えるなどのマイナスポイントがあります。 一方で西洋人からは「アーモンドアイ」と呼ばれて大変魅力的に映るようです。 一重まぶたの人でもアイラインで目を大きく見せることができる! 一重まぶたの人は目が細い人が多いので、「パッチリした目もと」に憧れている人がたくさんいます。 しかも、平たんなまぶたにアイラインを引くのは難しく思えて、いつもアイメイクはおざなりになってしまう人がたくさんいるのが現状です。 一重まぶたの人はアイラインを描いても厚みのあるまぶたに隠れてしまうのが大きな悩みの種ですが、アイラインは二重まぶたの人のためだけのものではありません。 一重まぶただって、目もとに合った引き方をすれば、目を大きく見せたり、魅力をアップさせることができます! それでは、厚みのあるまぶたに隠れないアイラインの引き方を解説する前に、アイラインの選び方から説明していきます。 アイラインも種類がいろいろあるので、選び方も大切ですよ。 一重まぶたに似合うアイライナーのおすすめは? アイライナーに4つのタイプがある! ペンシルアイライナーは、鉛筆のような形をしています。 色鉛筆のように鉛筆削りで削りながら芯を出して使うものと、専用ケースに入って芯を使うものがあります。 描きやすく、ぼかしたり修正がしやすいので初心者の人にも使いやすくなっています。 しかし太いアイラインを描くときに何度も描かなければいけないので手間がかかるということと、皮脂や汗でこすれてにじみやすいという性質があるので、一重の人にはあまりおすすめできません。 ジェルアイライナーの特徴 ジェルアイライナーは、名前の通りジェルになっているので、アイラインの引き方しだいでシャープになったりやわらかくなったりと、さまざまな印象を作りやすいのが特徴です。 ブラシを使って描くものやスティックをくりだして使うものがあります。 濃くつきすぎてしまう傾向があるので、初心者の人には練習が必要です。 一重まぶたの人にはにじみやすく、乾くまでに時間がかかるというデメリットがあります。 パウダーアイライナーの特徴 パウダーアイライナーは、アイシャドウのように粉末になっています。 アイラインをぼかして入れることができるので、やわらかな印象を作りたいときに特におすすめです。 引き方にもよりますが、あまりクッキリとした印象にはならないので、仕上がりがナチュラルです。 一般的には二重のまぶたにグラデーションを入れるのに使われることが多く、陰影をつけにくい一重まぶたの人には不向きです。 しかしカラーバリエーションが多いので、いろいろ使っていくうちに似合う色が見つかるかもしれません。 アイラインの色の選び方 アイラインにはさまざまな色がありますが、もっとも一般的なのは黒とブラウンです。 初めて使う人は、黒かブラウンを選ぶと失敗がないでしょう。 このふたつの色は、一重まぶたの人にもよく似合う色です。 ではどちらを選ぶかというと、目の形やどんな仕上がりを目指すかによって異なってきます。 一重の人に多い、いつも目がキツイといわれる、と悩んでいる人は、ブラウンを使ってみるといいでしょう。 ふんわりと柔らかく、しかも目が大きく見えるようになります。 逆にもっとキリリとした印象のアイメイクをしたいという人は、黒のアイラインで目をクッキリさせるという引き方もあります。 アイラインは100円ショップでも売っているので、いろいろ試してみて色や引き方を練習してみるのがおすすめです! 一重まぶたにアイラインを引く前に覚えることは? アイラインを入れる場所はまつ毛から3mm以内 アイラインを入れる場所は、まつ毛とまつ毛の間の隙間を埋めるようにしていくのが基本です。 まつ毛から離れたところにアイラインを引いてしまうと、不自然になってしまうので注意しましょう。 アイラインの太さは、目を大きく見せるために太いアイラインを入れたい場合でも、目安として、まつ毛から上3mm以内が原則です。 目の粘膜にアイラインを描く方法もありますが、これは色素が目に入ったり目を傷めてしまう原因になるのでおすすめできません。 アイラインのバリエーション アイラインというと、目の周りを線で描くというイメージがあるかと思いますが、実際にはまつ毛とまつ毛の隙間を埋めることがもっとも大切です。 まつ毛の根元を黒くさせることで、目を大きく、クッキリと見せてくれます。 太いアイラインを引く前に、まずはまつ毛の間の隙間をしっかりと埋めてみてください。 これだけでもまつ毛のボリュームが増えたように見えて、目力が強くなりますよ! 一重まぶたの基本のアイラインの引き方 基本のアイラインの引き方• まぶたが厚い一重の人はにじみやすいので、ウォータープルーフタイプのアイライナーを使うのがおすすめですよ! 一重の目を大きく見せたいときのアイラインの引き方 目を大きく見せるアイラインの引き方• 陰影をつけるために、ブラウンのパウダーアイライナーでアイラインを引いていく(目安は目を開けたときにラインが少し見える太さ)• 黒のリキッドアイライナーで目頭から中央、目尻から中央、という方向に、まつ毛とまつ毛の隙間を埋めていく• 黒のリキッドアイライナーで目頭から中央、目尻から中央、という方向に、アイラインで線を整えながらアイラインを描く• 下まぶたの目尻から3分の1ほどの長さのところに、ブラウンでアイラインを引く 最初にブラウンで太めのアイライナーを引いておくのがポイントです。 こうすることで、陰影がついて目が大きく見えやすくなります。 よくあるアイラインの失敗:パンダ目にならないためには? ティッシュオフして油分をとりのぞく 一重まぶたの人はまぶたが厚いので、アイラインがにじんで目の周りが黒くなってしまうことがあります。 俗に「パンダ目」と呼ばれる現象ですが、アイライナーが先に塗った下地や乳液などの成分と混ざってしまうことで起こります。 一重まぶたの人にとって、目の大きさはとても大切です。 せっかく目を大きくしようとしてアイラインを引いたのに、これではガッカリですよね。 まず引き方を確認しましょう。 近頃では下まぶたまでぐるりと囲って描く方法が流行っていますが、これが逆に目を小さく見せている原因になることがあります。 目を大きく見せたい人は、下まぶたのアイラインは目尻から3分の1程度の長さにしてください。 また、まぶたに濃いアイシャドウを塗りすぎたり、アイラインを太く描きすぎると、その部分が引き締まって見えるのでかえって目が小さく見える結果になります。 一重の人はアイシャドウは寒色系の色を薄くぼかして塗り、アイラインはあまり太くならないようにしましょう。 まとめ 一重まぶたの人のアイラインの描き方を解説してみました。 初めての人は、100円ショップでいくつかのアイラインのタイプと色をいろいろ試してみて、自分の顔にどんなメイクが似合うかを見てみるといいですよ! 今までアイラインで失敗が多かったという人は、アイラインの引き方が目の形に合っていないのかもしれません。 太さや長さをほんの少し変えるだけでも、ずいぶん印象が変わるものです。 左右のバランスを見ながら調整していくのがおすすめです。 コツをつかんでしまえば、アイラインの引き方はそれほど難しいことではありません。 こちらでおすすめしたアイラインの引き方を参考に、ぜひより魅力的な目もと美人を目指してくださいね!•

次の

初心者でも簡単。アイラインの引き方【一重・二重・奥二重のコツ】|「マイナビウーマン」

アイ ライン 引き 方 一重

2.アイライナーの種類と特徴 アイラインを引くために使用するアイライナーには、大きく分けて「ペンシルタイプ」「リキッドタイプ」「ジェルタイプ」の3種類があります。 2-1.ペンシルタイプのアイライナー ペンシルタイプのアイライナーは、名前の通り、鉛筆のような形をしています。 ペンシルタイプは、芯がしっかりとしていることでラインがぶれにくく、描きやすいので、初心者さんや不器用な方にも使いやすいでしょう。 ペンシルタイプのアイライナーを選ぶときは、芯がやわらかめで、なめらかに描けるものを選ぶと、初心者さんでも簡単に引くことができます。 削って使うタイプと芯を繰り出して使うタイプのものがあるので、テスターなどで試してみて使いやすい方を選びましょう。 細いラインも太いラインも自在に描きやすく、種類も豊富です。 初心者の方には、ペン先が安定しやすいフェルトペンタイプが描きやすいでしょう。 筆ペンタイプは、しなやかな筆先で、目尻を跳ね上げたり、細かい部分まで埋め込むように描いたりすることに適しています。 ジェルタイプのアイライナーは発色がよく、落ちにくいので、アイラインをしっかりと引きたい方に向いています。 ペンシル状のもの(ジェルペンシル)は、ペンシルタイプのアイライナーと同じようにぶれにくく軸が安定しやすいので、初心者の方にも使いやすいでしょう。 今回は、初心者さんにおすすめの「ペンシルタイプ」と「リキッドタイプ」のアイライナーを使ってご紹介します。 3-1.アイラインの引き方|ペンシルタイプ まずは、ペンシルタイプのアイラインの引き方をご紹介します。 一気にラインを引かず、まつげの隙間を埋めるよう少しずつ描くことがポイントです。 まぶたをななめ上に引っ張ってまつげのキワが見えるようにすると描きやすいでしょう。 目頭に太く入れてしまうと不自然になってしまうので、気をつけましょう。 違和感のないように、丁寧にラインをつなぎましょう。 3-2.アイラインの引き方|リキッドタイプ 続いて、リキッドタイプのアイラインの引き方をご紹介します。 ペンシルと違い、一気に引いた方がきれいなラインが描けます。 初心者の方は、目尻のラインを自分の目幅より1~2mm長めに描くと自然に見えて失敗しにくいでしょう。 4-1.アイラインの引き方ポイント 一重の場合 一重の方がアイラインを引く際は、目を開けたときに見えるよう、やや太めに引くことをおすすめします。 の方は、目のキワがまぶたで隠れやすく、細いラインを引くと見えない可能性があるからです。 ただし、一気に太いラインを引こうとすると失敗しやすいので、まずは細いラインを引き、目を開けたときの見え方を確認しながら徐々にラインを太くしていきましょう。 の方は、まぶたの一部が目のキワを覆ってしまい、アイラインがまぶたに移りやすいので、全体的に太く描くことはおすすめできません。 目のキワぎりぎりに細めのラインを引いてまつげの隙間を埋めたら、目尻側のみラインを重ねて描いてみてください。 アイラインは目の際ギリギリに、とまつ毛の間を埋めるような気持ちで点を意識して描くようにするとナチュラルに目元を強調することができます。 また、アイラインのカラーはブラックよりもネイビーやブラウンを選ぶと目元の印象を穏やかにしてくれます。 4-3.アイラインの引き方ポイント たれ目 アイラインで実際よりもたれ目を演出したい場合には、目尻から上まぶたのラインの延長線上に3~4mmはみ出すようにアイラインを入れます。 また、黒目の下の延長線と引いたラインによってできる三角形の部分にブラウンのアイシャドウをのせると、目の重心が下がってたれ目に見えやすくなります。 目尻だけにアイラインを引くときには、目尻側の3分の1ラインを引き、目尻よりやや長めに流れるようにラインを引きましょう。 このとき、黒目の下と高さを揃えると、バランスよくナチュラルな印象になります。 ペンシルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプにわけてプチプラ・デパコスの両方をバランスよくお伝えするので、ぜひアイライナー選びの参考にしてください。 しっかりした芯で発色が良く、ナチュラルなカラーから少し個性的なカラーまで揃っている、12色という豊富なカラーもうれしいところ!ブラックやブラウンのノーマルなカラーに飽きた方は、ブルーなどのカラー系にチャレンジしてもよいかと思います。 専用のシャープナーが内蔵されている繰り出し式ペンシルなので、いつでも引きやすい状態を保つことができます。 カラーは、9色展開でどれも肌なじみがよく、派手過ぎるものではないのでその日のメイクやシーンに合わせて変えるのもおすすめ。 ラインの引きやすい、コシのある0. 1mmの極細筆!目のキワの細い部分や、目尻のハネもくっきりと鮮やかに引いてくれます。 にじみに強いウォータープルーフタイプで、美しい仕上がりを持続させてくれます。 落とす際にはお湯で簡単にオフすることができるので、特に刺激に弱い目元にうれしいアイテムです。 カラー展開は全3色!どれも肌になじみやすいカラーなので使いやすいです。 0ml 価格:2,800円(税抜) カラー:全5色(01ブラック・02ディープブラウン・04メタリックローズ・05カーキゴールド・06ネイビー) とろける描き心地が特徴的なのジェルライナーです。 繰り出しタイプですが、1~2㎜ほど繰り出して使うのがおすすめです!あまり繰り出し過ぎてしまうと折れてしまうこともあるので気を付けましょう。 軽い力でしっかりと引けるので、目のキワや目尻の跳ね上げラインなど、どんなラインも思うがままに引くことができます! 初心者の方でも扱いやすい1. 5mmの極細芯です。 汗・水・涙に強いウォータープルーフ&皮脂・こすれに強いスマッジプルーフなので、にじみにくいアイライナーをお探しの方にもおすすめです! カラーは肌になじみやすい3色展開!手持ちのに合わせても浮かないので、その日の印象に応じてさまざまなカラーを楽しむのも良いかと思います。 にじみにくくよれにくい、ウォータープルーフタイプのなので、汗・皮脂・涙を気にする心配もありません! 上品なくすみと深みを感じさせる9色のラインナップです。 また、アイライナーの種類にもよりますが、リキッドタイプのアイライナーが乾いたあとに使うと、ラインを軽く落とすこともできます。 アイラインの上からアイシャドウを重ねることで、アイラインだけが浮いて見えることがなくなり、ナチュラルに見えやすくなります。 ラインが少し失敗してしまってもカバーできるので、慣れるまではアイラインと一緒に使ってみることをおすすめします。 7.まとめ アイラインは、最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れてくるとコツをつかんで上手に引けるようになるでしょう! アイラインが上手に引けるようになると、ネコ目にしたり、垂れ目にしたりとメイクの幅も広がります。

次の

初心者向けアイラインの引き方!一重・奥二重・二重の簡単なコツ紹介

アイ ライン 引き 方 一重

アイライナーは大きく分けてペンシル、ジェル、リキッドの3タイプ。 その中でもペンシルには、シャープナーで削って先端を整える鉛筆タイプと、先端が楕円形や丸形の芯を繰り出すタイプがあります。 どちらも程よい芯の硬さで狙ったラインを描けるうえ、ぼかしやすく初心者におすすめ。 ジャータイプや繰り出し式があるジェルは、水や皮脂に強くにじみにくいのが特徴。 液状で出てくるリキッドは、筆ペンの形状に似ていて極細なラインが描きやすい。 (上から)目のキワにもぴったりフィットするクリーミィな質感。 NARS コーライナー 8231 ¥2,800/NARS JAPAN、コシのある筆先で思い通りのラインもお手のもの。 カラーステイ アイライナー カリグラフィー ブラシ 01 ¥1,300/レブロン、彩度高めのブラウンで簡単に今っぽEYEに。 デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル ダークブラウン ¥1,200/イミュ アイテム選びに困ったら、まずはお手頃価格のもので自分に合うものを見極めるのも手。 1,000円以下の優秀アイテムをご紹介。 (上から)キワを埋めるのに最適な1. 5㎜の極細芯。 赤みブラウン。 ヴィセ リシェ スーパースリム ジェルライナー BR321 ¥950(編集部調べ)/コーセー、パール入りのブラウンで上品な抜け感を演出。 セザンヌ ジェルアイライナー 30 ¥500/セザンヌ化粧品、高発色のリキッドタイプ。 ブラック。 インテグレート スーパーキープ リキッドライナー BK999 ¥950(編集部調べ)/資生堂、ピンクパール入りでうるんだ目元に。 トレンドのピンク。 マジョリカ マジョルカ ラインマニア PK777 ¥950/資生堂.

次の