ウーバー イーツ 仕組み 料金。 図解でわかる、ウーバーイーツのシステムの仕組みとビジネスモデル

図解でわかる、ウーバーイーツのシステムの仕組みとビジネスモデル

ウーバー イーツ 仕組み 料金

最近何かと話題になって注目されている宅配サービスのひとつが「 Uber Eats ウーバーイーツ 」ですが、注文し利用するにあたって、利用料金は誰もが気になるところです。 今回は、 Uber Eats ウーバーイーツ の料金やシステムの仕組みから、利用する際の料金が高いのかを検証していきます。 Uber Eats ウーバーイーツ とは? Uber Eats ウーバーイーツ とは、海外でスタートした料理宅配サービスで、日本では 2016 年からサービスが開始した、新しいタイプの宅配サービスです。 Uber Eats ウーバーイーツ の概要• 業種 オンラインフードデリバリー• 設立 2014 年• 本社 アメリカ・カリフォルニア• 事業エリア 全世界• 日本でのサービス開始 2016 年 Uber Eats ウーバーイーツ はアメリカ発祥のオンラインフードデリバリーサービスで、日本でのサービスは上記にもあったように、 2016 年から東京都を中心にサービスが開始されました。 世界各国に事業所をもっており、まさに全世界を対象に事業を展開する、新しいタイプのサービスと言えます。 日本でのサービスは、「飲食店の料理を宅配する」ことをメインのサービスとして展開しており、現在では関東・関西の各主要エリアを中心として年々拡大傾向にあり、 2020 年 4 月 23 日時点では 16 都道府県がサービス対象エリアとして展開されています。 普段なら外食でしか味わえない飲食店の料理を、気軽に自宅で味わえることが、 Uber Eats ウーバーイーツ を利用する大きな魅力のひとつだと言えるでしょう。 配達パートナーとしての報酬・給料換算・時給換算が高いかどうかについて、下記ページで実績を公開して紹介しているので、興味のある方はみてみてください。 3 つの関係性で成り立つシステム Uber Eats ウーバーイーツ の宅配サービスは、「注文者」「飲食店」「配達パートナー」この 3 つの関係性によって成り立っていると言えるでしょう。 注文者 料理を注文するユーザーであり、お客様のことです。 飲食店 料理を注文者に提供する飲食店で、レストランや中華料理、ファストフードなどさまざまな飲食店と提携しています。 配達パートナー 料理を注文者に届ける役であり、 Uber Eats ウーバーイーツ から個人事業主として仕事を受けます。 料理を注文する「注文者」、料理を提供する「飲食店」、それを配達する「配達パートナー」これらの 3 つの関係性をバランスよくつなげ、それぞれにメリットを提供するのが Uber Eats ウーバーイーツ の大きな役割と言えるでしょう。 注文者のメリット 利用する側にとっては、そのサービスを利用する上でどのようなメリットがあるのか気になるのは当然で、そのメリットが利用する判断にもなります。 Uber Eats ウーバーイーツ では注文者が利用するにあたり次のようなことがメリットとして考えられます。 簡単操作のオンラインなので素早く注文できる• 普段家では食べられない飲食店の料理を家で楽しめる• 電話注文の煩わしさがない 一番のメリットは普段宅配サービスをしていない飲食店の料理も自宅で楽しめる点で、 Uber Eats ウーバーイーツ を必要とする飲食店の多くは、宅配サービスを自社で展開してないので、普段であれば来店して食事をする必要があります。 ですが、 Uber Eats ウーバーイーツ と提携することで、新たに「宅配」というサービスが加わることで、普段自宅で味わえない飲食店の料理を自宅で堪能することができます。 注文から宅配までの流れ それでは次に、 Uber Eats ウーバーイーツ を利用する際の、注文から宅配の流れまでを解説していきます。 電話番号、氏名、メールアドレスなど、ガイダンスに従って必要となる情報を登録します。 会員登録時には自宅住所の他にも、勤務先やその他指定場所の登録も可能です。 Uber Eats ウーバーイーツ の料金の仕組み ここからは、上記で紹介した仕組みを踏まえて、 Uber Eats ウーバーイーツ の利用料金を見てきます。 料金の仕組み Uber Eats ウーバーイーツ の料金は「料理代+サービス手数料 10 %+送料」この算出方法で料金が決まります。 料理代 料理そのもの料金で、飲食店によって価格が異なります。 サービス手数料 10 % 料理代に対しての手数料で、例えば料理代が 500 円の場合は、 50 円が手数料となります。 送料 宅配にかかる費用で、宅配距離や時間帯、エリアなどさまざまな要素で変動します。 たまに、 Uber Eats ウーバーイーツ の料金は高いとされることがありますが、その理由としては、料理の代金に加えて、「サービス手数料」と「送料」が必要になることが大きな要因と言えます。 送料が変動する理由 上記の「料金の仕組み」にもあったように、送料はさまざまな要素で変動します。 Uber Eats ウーバーイーツ を利用するにあたり、料金の目安を計る上では、この送料が肝になる項目と言えます。 距離に関しての料金は正式には公表されていませんが、配達パートナーとして Uber Eats ウーバーイーツ で仕事を受けた際は、 1km 当たりの単価が配達パートナーに支払われます。 このことから、距離に関しての送料は「 1km 単位で変動する」と考えることができるため、飲食店と自宅との距離が近いほど送料は安く、遠ければ遠いほど送料が高くなると言えます。 また、配達パートナーには距離料金の他にも、インセンティブが追加報酬として発生し、こちらは「時間帯」や「天候」などによって発生します。 送料が変動するポイント• 距離に応じて変動する• ピーク時など時間帯に応じて変動する• 天候に応じて変動する これらのことを踏まて、送料の目安を計りましょう。 Uber Eats ウーバーイーツ を安く利用する方法は? Uber Eats ウーバーイーツ の料金が高いとされている理由は、「手数料」「送料」この 2 点が大きな要因であると言え、これは宅配サービスを利用する上である意味仕方のない経費のようなものです。 ですが、工夫をすることによって Uber Eats ウーバーイーツ の宅配サービスを 安く利用することもできます。 近い店から探していく Uber Eats ウーバーイーツ は注文する際にアプリを使いますが、そのアプリにはマップ機能が搭載されているので、自宅に近い飲食店を探すことができます。 送料は距離によって変動するため、なるべく近いお店の料理を注文することで、少しでも送料を節約することができます。 配達しやすい天候や時間帯 Uber Eats ウーバーイーツ の送料の変動は、上記にあったように天候や時間帯にも影響します。 配達しにくい雨の日や、お昼時などのピーク時などは、送料が高くなる要素が多いですが、逆にそれ以外であれば変動する要素が少なくなると言えます。 割引サービスの活用 利用回数による配達料金の割引や、クーポンによる割引など、 Uber Eats ウーバーイーツ ではさまざまな割引サービスが実施されています。 これらを上手くタイミング良く活用すれば、 Uber Eats ウーバーイーツ を比較的安く利用することができるため、 Uber Eats を継続して利用する際は、アプリの情報は積極的にチェックしておきましょう。 まとめ ここまで Uber Eats ウーバーイーツ の料金についてさまざまな角度から検証してきました。 あくまでも宅配サービスなので、飲食店に来店にして直接飲食するよりも、料金は高くなってしまいますが、上手に工夫することで、比較的安く利用することもできます。 Uber Eats ウーバーイーツ を利用する際は、ここまで紹介させていただいた仕組みを理解した上で、工夫することを心掛けて使えば、注文者にとってもメリットの多いサービスだと言えるでしょう。 また注文するだけでなく、 配達パートナーとして仕事をしてみたい方は、下記で実際に仕事をした収入・時給換算を公開しているので、みてみてください。 報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、 招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。 また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。 東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

次の

【評判】Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みを解説。配送料やエリア、プロモーションコードも掲載

ウーバー イーツ 仕組み 料金

まとめ 最近では「食事のデリバリーサービス」が注目されています。 自社宅配サービスや出前館などを経由したデリバリーなども人気ですが、特に注目されているのが「Uber Eats ウーバーイーツ 」。 配達パートナーの姿を目にする機会も増えてきました。 そこで今回はこの「Uber Eats 以下、ウーバーイーツ 」の解説を行っていきます。 Uber Eats ウーバーイーツ とは? まずはじめに、「ウーバーイーツとは何か」について簡単に解説していきます。 なんとなく知っているけど、詳しい内容は知らないという方も多いはず。 概要をつかんで理解を深めていきましょう! Uber Eats ウーバーイーツ ってなに? ウーバーイーツとは、アメリカにある企業「ウーバー・テクノロジーズ」が展開するフードデリバリーサービスです。 もともと、配車サービスで有名な企業で「車に乗りたい人」と「車に乗せて運転ができる人」をマッチさせるサービスを行っています。 その会社が、食事のデリバリーサービスに目を付けて開始したのが「ウーバーイーツ」です。 「食事のデリバリーを注文したい人」と「配達できる人」と「飲食店」を結んで展開する新しいデリバリーサービスなのです。 Uber Eats ウーバーイーツ の特徴や他社との違い ウーバーイーツの特徴は、• 配達パートナーは個人が担当する 以上の3点が大きな特徴であり、他のサービスとの違いと言えるでしょう。 ウーバーイーツでは、宅配パートナーが個人であるため、店舗は人材を用意する必要がなく、配達範囲の細かい限定も不要となります。 配達パートナーを個人でまかなう点、そこから派生してそれぞれの特徴が生まれているのでしょう。 Uber Eats ウーバーイーツ の仕組みとは ウーバーイーツはどのようなシステムで展開されているのか、簡単に確認していきましょう。 Uber Eats ウーバーイーツ のシステム ユーザーから注文が入ると、配達パートナーのマッチングが行われます。 そこから決定した配達パートナーが飲食店へお届けすす商品を受け取り、注文をしたユーザーへお届けする流れとなっています。 これまでの宅配サービスとは異なり、宅配業者や店舗のスタッフが配達するのではなく、毎回異なる個人の配達パートナーが行います。 「その飲食店の一番近くにいてスムーズに配達できる人」によって受け取りから配達までがなされるわけです。 また、ユーザーは配達パートナーについての情報、配達状況に関しても、ウーバーイーツのアプリ上で確認することができるようになっているのも安心です。 ウーバーイーツは全てにメリットがある? ウーバーイーツは、利用するお客様や店舗、配達人のそれぞれにメリットがあります。 それぞれのメリットとして代表的な内容を以下で確認していきましょう。 ウーバーイーツ配達パートナーのメリット 自分の都合で仕事ができる。 働く時間と場所を生活に合わせて選ぶことができるため、副業やちょっとしたお小遣い稼ぎにも活用できる点が魅力となっているでしょう。 また、報酬は週払いであるため、コンスタントに収入が得られる点も人気の一つとなっています。 ウーバーイーツ加盟店 飲食店 のメリット 配達パートナーがいるため、専用のデリバリースタッフや配達手段を用意する必要がありません。 コストをかけずにデリバリーでの売り上げ拡大が期待できます。 外国でも人気であるため、外国人観光客が増加するなかでインバウンド対策としても使えるでしょう。 ウーバーイーツユーザー 注文者 のメリット アプリ上で簡単に注文ができるようになっています。 デリバリーサービスを行っていない店舗がウーバーイーツの加盟店になっていることもユーザーにとって人気の理由の一つです。 また、配達場所に関しても自宅以外でも指定することができるため、住所特定等の不安がある方や、ちょっとしたイベント等で利用したい場合にも有効ですね。 配達状況や配達パートナーに関しては、アプリ上で確認できるため安心して利用できるようになっている点もポイントでしょう。 ウーバーイーツの各種料金 ウーバーイーツでは、利用の際に手数料が発生します。 手数料の種類は3種類あるため、混同しないように確認しておきましょう。 2020年の1月に最新の手数料が改定されています。 ウーバーイーツでは、随時この手数料の改定を行っているようなので今後も動きがあるかもしれません。 配達手数料 ユーザーへのお届けに関する配達手数料です。 お届け先や配達パートナーの数などによるバランスで算出・決定されています。 そのため、毎回同じ配達手数料ではない変動制というのが特徴です。 最安値として50円の場合もあるようですが、この配達料が気になる場合は、アプリ上の各飲食店の所に記載されているのでチェックしましょう。 サービス料 ウーバーイーツの配達サービスを利用する際に、注文金額の10%がサービス料として発生。 店舗のスタッフによるお届けの場合はこのサービス料は発生しないようになっています。 注文金額による手数料 少額 700円未満 の注文の場合、別途150円の手数料が発生します。 お一人でのご利用や単価が低いもののみを注文する場合などにおいては注意が必要です。 ウーバーイーツ加盟店への登録が増加中? ウーバーイーツの加盟店は、サービス開始当初150店舗ほどだったものが、現在では10,000店舗以上とも言われています。 こうした加盟店の拡大はなぜ起こっているのでしょうか。 その理由ともなる、加盟店としての魅力をさらに掘り下げてチェックしていきましょう! コストをかけずにデリバリーができる ウーバーイーツには、全体として様々なメリットがありますが、特に飲食店としては日頃集客できないお客様を集客することのできるメリットがあります。 普段はコストの関係でデリバリーを行っていないため、集客できる層やお客さまが限定されていても、これを機に大きく拡大するチャンスにもなるでしょう。 インバウンド対策としても使える また、外国ではウーバーイーツは浸透しているサービスでもあるため、外国人にとっては安心感もあるはず。 今後さらなる外国人観光客が増加することが期待されている日本において、インバウンド対策として重要な要素になってくるかもしれません。 解約金がない 加盟店としての登録を終了する際に心配なのが解約金。 ウーバーイーツではこうした登録に関する契約期間や解約金がないため、安心して登録できるでしょう。 集客効果 通常ではデリバリーを行っていない店舗の場合、人件費や配達のためのコストをかけずにデリバリーからの売り上げを得ることが可能になってきます。 また、ウーバーイーツは特に昨今注目が集まってきていて、オフィスや若者を中心にユーザーも拡大しています。 こうした注目を集めている今のうちに加盟店として登録しておくことで新たな集客手段としても効果的かもしれません。 消費税増税でテイクアウトへの需要 2019年10月に消費税が増税されましたが、飲食物に関して、テイクアウトやデリバリーはそれまでの8%の据え置き措置である「軽減税率」が設定されています。 こうしたなかで、外食で高い消費税を支払うよりもテイクアウトやデリバリーを利用することへの興味・需要も高まっているでしょう。 ウーバーイーツはこうした時代の流れにも合致したサービスとも言えます。 まとめ 今回は今注目されている「Uber Eats ウーバーイーツ 」とはなにか、仕組みやメリット等についてご紹介しました。 現在、軽減税率やコロナウィルス対策としても外食を控える傾向にあるなかで需要がさらに増していくのではないでしょうか。 こうしたなかで、外食産業は店内集客だけでなくテイクアウト等の時代の流れにも注目して対策していく必要があるでしょう。 集客や売り上げの心配が増すなかで、「Uber Eats ウーバーイーツ 」がその解決策の一つとして重要なサービスになるかもしれません。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金の仕組みを解説【料理の代金+手数料】

ウーバー イーツ 仕組み 料金

バイトや副業としてUber Eatsの配達員を行うのであれば、時給に換算したらどの程度になるのでしょうか。 ウーバーイーツ配達員の1回あたり配達でもらえる平均報酬は、400円程度だと言われています。 初心者でも、1時間に2件は確実にこなせます。 400円の報酬を2回で計算し、時給800円は最低でも稼げるでしょう。 長く続けていて、稼ぐコツを理解している方は、1時間に3軒、4軒のお店を回る配達員もいます。 3軒回れば基本報酬だけで1,200円、4軒回れば1,600円の時給になります。 また、回数を増やしてブーストやクエストを上手に使えば、時給2,000円を超える人も少なくありません。 平均すると、時給1,000円~1,200円程度は、慣れれば稼げるようになります。 ウーバーイーツの配達員の仕事は、時給に換算すると1,000円程度の時給です。 これは初心者でもベテランでも、大差はありません。 しかし、 月収や年収となると、人によって大きな差が出てきます。 これは、Uber Eatsの配達員の仕事が、ウーバーイーツのアプリの稼働時間内であれば、好きな時間に好きなだけ働くことができるためです。 Uber Eatsのアプリの稼働時間は、エリアによって異なりますが、朝9時~夜11時くらいまで、1日に14時間ほど稼働しています。 毎日本業として8時間以上、配達を受け付けている方であれば、1日に1万円を超える日給になることも珍しくありません。 25日稼働したとしたら月収25万円、ウーバーイーツの配達員だけで年収300万円も夢ではありません。 ウーバーイーツでは、距離料金を稼いだ方が、より稼げるように見えます。 しかし、依頼を引き受けてからお店に向かうまでの距離は、カウントされません。 また、GPSの不調でアプリが距離を正しく計測しなかった場合も、報酬は支払われません。 距離料金を稼ぎに入れずに考えたほうが、リスクは少なくなります。 よって、 短距離の配達を数多く引き受け、受け取り料金と受け渡し料金で稼ぐことを考えたほうが、多く確実に稼げます。 配達員の中には、距離が依頼を受けた際に、1km以上のお店は断る、5分以上受け取りに行くのにかかるお店の依頼は断る、といった方もいます。 できるだけ短距離の依頼を、たくさんこなすようにしましょう。 ただし、配達員を始めたばかりの際は、これをやってはいけません。 依頼をキャンセルし続けていると評価が上がらず、依頼が来なくなります。 最初は遠くのお店からの依頼も引き受けて、ある程度評価をしっかりと上げてから、この戦略を取りましょう。

次の