ハン ツー トラッシュ 195。 ちょいエロ「ハンツートラッシュ」をネタバレ紹介!水着でポロリな青春漫画!

ハンツー×トラッシュ

ハン ツー トラッシュ 195

ハマジに萩原の代わりは出来ないか、と言い出した速水。 すぐに我に返って思いました。 そしてハマジを追った速水は、男子生徒がハマジをからかっているのを目撃。 自分の中では萩原がいるのに、速水と関係を持ったら彼女に失礼だと聞き… ハマジに追いついた速水は一緒に帰り、途中でボーリング場に寄ってボーリングをエンジョイ。 それを聞いて、萩原の事を思い浮かべたハマジ。 その様子を察した速水は、 どうして萩原はハマジをフッたんだ と心でつぶやきました。 その翌日、速水は萩原を喫茶店に誘い、話をしようとして… 速水はハマジの告白を断った理由を聞こうと、萩原を喫茶店に呼ぶが、中々言い出せずにいました。 彼女が自分を呼んだ理由を察したのか、萩原はハマジの事かと自ら話題に出し、何でも聞くように速水に言います。 それならと速水は意を決して、どうしてハマジの告白を断ったのかと聞きます。 対して、いつも水球の方に目が行って恋には向いていないと、自分より速水が相応しいと冷静に語る萩原。 それから、彼女と別れて1人になった萩原は、ハマジへの好意を抱きつつ、速水が羨ましく感じていました。 翌日、ハマジを近くで行われている、水球の試合の観戦へと誘う速水。 試合に興奮しているハマジの様子を見た速水は、これでいいのだと、自分は萩原の代わりにはなれないと理解。 今回の話から速水は別れてもなお、ハマジの事を想っている感じがしましたね。 だとしたら前回のように萩原の代わりになれませんかとは言えませんからね。 それにそう言った時にハマジが何も気づいていなかった事に複雑な思いを抱いたのも彼への好意が残っていたからです。 しかし、ハマジに対する好意があると共に萩原への疑念も抱いているはずです。 ハマジが前々から萩原の事が好きなのは速水も知っており、その事を知っているが故にハマジをフッた事に疑問を抱いていました。 フラれても尚萩原の事を忘れられないハマジの姿を間近で見て、尚更何でフッたんだと更に疑念を深め、それを問いただすために休日の日に萩原を喫茶店に呼んだのだと思います。 速水はハマジの事を諦める…? 今回の話で速水の誘いを受けて、中学生の水球大会に一緒に行ったハマジ。 その際、中学生ながら熱い試合をするので、ハマジは熱がこもった声で興奮していました。 様子を見ていた速水は、自分はこれでいいと思っていた事から、ハマジの事は諦めたんじゃないかと思われます。 試合を見ていたハマジを見ていて、昨日の喫茶店の事を思い出したのではないでしょうか。 萩原は速水に、自分は水球にしか目を向けられず、恋愛まで目を向けられるほど器用ではないと言っていましたよね。 きっとそこで、試合を見ているハマジに、水球に情熱を注ぐ萩原の面影が見えたのではないでしょうか。 また、自分の都合でハマジと別れた負い目もあるはず。 その事から、ハマジには自分じゃなくて、やはり萩原が相応しいと感じたのではないかと思われます。

次の

ハンツー×トラッシュ【第198話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

ハン ツー トラッシュ 195

電子書籍を探す• 毎日を流されるままにフラフラと過ごしてきた高校1年生・浜路洋平のもとに、ある日部活の勧誘がやって来て、こうつぶやいたのです。 登場人物• 浜路洋平 はまじようへい 旧都高校1年生。 萩原先輩目当てで水球部に入部。 何をやっても冴えないダメ男。 萩原千聖 はぎわらちさと 旧都高校2年生。 女子水球部のエース。 不器用な性格で、恋愛はとにかく奥手。 中島 なかじま 旧都高校2年生。 エッチなことばかり考えている男子水球部員。 真野 まの 旧都高校2年生。 水泳部だが、中学までは有名な水球の選手だった。 美好まなみ みよしまなみ 旧都高校の教育実習生。 女子水球部のOGでもある。 ズバリ童貞が大好物。 篠崎 しのざき 旧都高校1年生。 女の子だけど萩原先輩が好きで、水球部に入部。 雨宮 あまみや 旧都高校2年生。 女子水球部所属。 ロケット乳の持ち主。 Twitter.

次の

ハンツー×トラッシュ18巻の発売日とネタバレ感想!

ハン ツー トラッシュ 195

水球部を舞台にした本作はキワキワのシーンから始まって、どんどんエロ度が増していく作品です。 先輩の中島は水球部をこう表します。 水着で激しい動きをして戦う水球はポロリあり、タッチありの夢のような競技が水球。 もちろん競技に集中しているからこそ、そんなことが気にならないくらい白熱するのですが、やっぱり出ているならば見るしかない。 エロだけではただの18禁漫画になってしまいますが、たまにはエロ要素控えめの恋愛メインの巻もあるなど、しっかりと読者を焦らして物語に引き込んでくるのです。 胸だけは大きいものの、冴えない地味女子にそこまで言われる彼は、確かに何にも興味が持てず、「オッパイ研究会とか夢のある部活」なら入ってもいいな〜とアホなことを考えて日々を無駄に過ごしている男子高校生です。 そこにやってきたのは2年の中島という男。 どう見ても高校生には見えず、むしろその筋の方臭がします。 怪しさ満点の中島ですが、彼はこんな夢のあることを言ってきます。 「女子と組んず解れつ!!触り放題揉み放題!!」の部活がある、と。 水中に沈んでその動きを観察して学ぶ浜路。 中島いわくそこは「巻き足パラダイス」!水面下で必死に足を動かすので女子の水着がかなり食い込んでいるのです。 そして浜路はなんと萩原につきっきりで巻き足を教えてもらうことになりまです。 間近で見るヒロインの食い込み! 「うむっ!!」と凝視してるそこには何が見えるんだ!教えてくれ!!はたしてかつてここまでヒロインの股を凝視した主人公がいたでしょうか。 羨ましすぎるぞ浜路。 そんな萩原はちょいちょい抜けてるところが可愛い子。 一生懸命ジャンプをしすぎてパンツを見せてしまったり、座っている浜路と同じ目線になるためにスカートなのにしゃがみこんだりとかなり無防備。 水球をしている女性たちは半裸になれているから見られることへの意識が低いのでしょうか……。 そんな甘い誤解すら与えてしまう罪な萩原。 そのままでいてほしい王道ヒロインです。 5巻で初登場し、浜路から乳首の色を聞かれるという屈辱的なことをされたにも関わらず、徐々に彼に惹かれていくのが速水です。 彼女をつくりたい人は明日から出会い頭に乳首の色を聞いてみるのがいいのかもしれません。 そんな速水は水球に興味を持ったものの、巨乳がコンプレックス。 水着姿でいやらしい目で見られていたにも関わらず、中島のエロ目的の「才能あるよ」という言葉を鵜呑みにして入部してしまいます。 純粋すぎて心配になりますが、可愛いです。 最初は乳首の色を聞いてきたり、自分の胸を見ているのだろうと言って浜路をボコボコにしていた速水でしたが、彼に手取り足取り水球について教えてもらううちに彼のことが好きだと気づきます。 そしてある日、雨に振られたふたりは速水の家に行くことに。 怪しい展開です。 全裸の彼女とのラッキースケベがあった後、気まずいふたり。 浜路は耐えきれなくなって帰ろうとしますが、それを速水が引き止め、「好きなの」と告白してきます。 「いいよハマジ君なら…ね…あたしのこと好き…?」涙目でそんなことを言う彼女の可愛さに浜路はたまらなくなり……。 エロさをネタバレ!【彼女ができた浜路のために美好大活躍】 浜路に速水という彼女が出来たことを聞き、いつか彼の童貞をもらおうとしていたので焦ります。 そして浜路にだけ居残り練習を命じるのですが、それがパラダイスのようなのです。 なんと美好はたまたま持っていた女王様の格好をするのです。 そして不機嫌そうにムチを持って彼をしごきます。 しかし彼がまだ童貞だということを知ると嬉しそうに言葉責め。 そしてそのまま彼の上にまたがります。 そしてまさかの上から速水。 もはや本当に水球のことなどどこへやら。 ただのエロ漫画です。 けしからん、最高です。 ふたりの情事シーンが描かれますが、結局何もできずじまい。 そしてついにふたりは……。 できなかったようです。 気まずい雰囲気になったままお別れし、浜路はプレゼントをもらえずじまい。 あえなくクリスマスムード前回の街の中、浜路はひとりになるのです。 どんまい、浜路。 辛い思いをする浜路ですが、ここでまさかの萩原と偶然バッタリ。 そこからふたりは……。 詳しい内容は13巻でお確かめください。 怪我から復帰した萩原の水着姿解禁に、美好が教員採用試験に受かったことで時間ができてまた母校に登場など、見所満載です! エロさをネタバレ!【最新14巻で三角関係に嵐が!】 14巻では、浜路がまだ萩原に想いを寄せていることに焦りを感じた速水が、誰もいない家に彼を呼び出します。 そこではアクシンデントで速水の弟御用達のAVが流れたり、速水は下着を上下つけずにミニワンピースで誘惑してきたりと、もう、GO!としか言いようのない状況がセッティングされます。 しかも速水はこの前のホテルの続きをしようと、ワンピースをあげて、体をあらわにしてくるのです。 色々と、すごい。 さらにさらに、速水はそのまま浜路と向かい合って彼にまたがってくるのです。 親が帰ってくるという危険はありますが、さすがに女子にここまでされたら男として黙っている訳にはいきません。 しかも速水はさらに大胆に彼を誘惑してきて……。 ここまで明るいところで色々とさらけだしているのに、まだ何もしていないというのが信じられません。 しかしまたしてもここから波乱の展開が訪れます。 おそらく本作のファンの誰もが思っているはず。

次の