会計士 税理士 転職。 公認会計士の税理士法人への転職

会計士・税理士の転職・求人情報|エン ミドルの転職

会計士 税理士 転職

海外勤務のチャンスもある大手税理士法人。 専門分野に特化したチームが多数 数千万円~数十億円のクライアントを程担当予定。 IPO準備企業も。 税理士として専門性を高められる環境。 男女問わず働きやすい環境で、資格取得に向けた勉強の両立可。 18時退社が基本で確定申告の時期でも20時頃まで。 上場企業及び上場準備会社の支援に強み。 資産税と相続税に強み じっくり腰を据えて、仕事・勉強に取り組める。 有給休暇取得を積極的に推奨。 外資系企業・日本企業に対する会計税務業務 語学力を生かし、国際税務や外資系企業の日本進出支援など幅広い業務へ挑戦。 顧問先は10社程度。 研修制度が充実。 30代が中心でアットホームな雰囲気。 残業削減、落ちついた雰囲気で就業環境も良好。 有資格者が多数在籍。 決算業務の他、国内外税務に関するコンサルティング業務。 ワークライフバランス推進。 裁量大、部署間の垣根がないフラットで自由な社風。 いざ、資産税の案件にアサインされた際に、スキル不足を痛感し転職を決断。 強みを活かしつつ、 法人個人に限らず幅広い業務へ携わることが出来る求人をご紹介。 その際、年収等の業務内容以外の部分についても優先度の整理を実施。 無事内定を獲得され納得の転職を実現されました。 以前より中小企業に対するコンサル業務を身に付けたいと考えおりましたが、産休制度や残業の実態が気になり転職には踏み切れない状態でした。 ご相談を受け、応募を検討している法人の代表とカジュアルな面談の場を設置、 業務内容やワークライフバランスに対する不安を解消して選考に進んでいただきました。 将来的には独立も考えてはいるもののまだ年齢が若いため、まずは 税理士としてスキルの幅を拡げたいとお考えになり転職活動を決意。 会計コンサルの市場と、どのような税理士が活躍をしているのかご説明を差し上げたところコンサルティングに非常に興味をお持ちに。 面接対策を数回にわたって実施し対策を練ることで無事内定を獲得されました。 事業会社側でしか出来ない経験をするため経理職で求人をお探しでした。 一人完結型での業務が多い会計事務所と異なり、チームで動くことが多く、経験者を求められやすいのが事業会社です。 模擬面接で対策をしっかりと実施、最終的に内定を勝ち取られました。 よくあるご質問 キャリアカウンセリングを受けるのに、費用は掛かりますか? すべてのサービスを無料で提供させていただきます。 土曜日や平日夜の面談は可能でしょうか? 土曜日や、平日は20時開始まで面談可能です。 ご都合の良い日時をお申し付けください。 非公開の求人情報はどうしたら見られますか? サイト上では非公開求人を見ることはできません。 サイトへの登録をいただき、ご希望を伺った上で沿った非公開求人をご紹介します。 職務経歴書の作成に自信がありません。 アドバイスしてもらうことはできますか? もちろん、対応可能です。 貴方のご経歴を引き立たせる職務経歴書の書き方をアドバイスさせて頂きます。 面接が苦手で不安です。 模擬面接などしてもらえますか? もちろん、対応可能です。 キャリアアドバイザーが、一緒に面接対策をさせて頂きます。 企業によって面接の質問内容が異なりますので、応募企業にあった模擬面接を行います。 採用内定の際の好条件の交渉や入社に当たってのサポートはしてもらえますか? 年収や各種条件面の交渉は、弊社がご協力致します。 採用内定を受諾後も、実際にご入社頂くまでサポートさせて頂きます。

次の

ジャスネットキャリア

会計士 税理士 転職

公認会計士は、ストレスの多い職業だといわれています。 多くの株主がいる大企業の会計監査業務などでは、自分たちが出した財務諸表に基づいて株式の取引が行われるため、その企業の株価だけではなく、株式相場全体にも影響を与えます。 さらに日頃から多忙で、特に繁忙期には長時間労働が増え、休日出勤を余儀なくされることもあります。 責任の重い仕事に多忙な労働環境と、会計士の仕事は心身ともにストレスを感じやすい条件がそろっていて、転職希望者も多く存在します。 ほかの職業と比較すれば、確かに年収面では恵まれている部分もありますが、キャリアアップをするためには常に勉強が欠かせず、ワークライフバランスもとりづらいのが実情です。 そこで、公認会計士によくある転職理由をポジティブなものとネガティブなものに分けながら、いざ転職するときにはどんな転職先があるかについてご紹介します。 現在、監査法人では会計士の積極的な採用トレンドが続いています。 IPO(新規公開株)の伸びや日本版の内部統制報告制度(J-SOX)の導入、四半期決算の導入など、監査法人に対する新たなニーズが高まりを見せているためです。 しかし、大手監査法人では、必要な人材確保が終わったことや、離職者の減少、さらにはAI(人工知能)の発達などを受けて、人材獲得の動きは少し鈍化しています。 また、大手監査法人は、待遇や職場環境などが整っているため離職率が低く、採用を控える法人がある一方、積極的な採用を続けている法人もあり、採用の姿勢にも大きな違いがあります。 そして中堅監査法人では、常に会計士の採用に積極的な傾向があります。 大手監査法人の出身者を管理職待遇で迎え入れるケースも増加傾向にあるため、30代後半~40代の転職希望者には狙い目ともいえます。 会計士試験に合格した当時、監査法人は採用氷河期にあたり、一般事業会社の経理ポジションにて就業した会計士のケースです。 その後、会計士としての専門性を活かしたキャリアを形成していきたいという理由から、監査法人への転職にチャレンジし、見事に第一志望から内定を受けました <転職成功のポイント> この会計士はマイナビ会計士を活用し、面談の中でキャリアの棚卸をすることで、自分のキャリアパスが明確になったことがポイントになりました。 キャリアアドバイザーからの助言により、入社後のイメージを持って応募法人を絞り込んだことで、志望理由も明確になりました。 内定を獲得してからも、スムーズに最終的な入社の決断をすることができました。 ケース2 Big4監査法人から一般事業会社に転職し、内部から成長を支援 Big4と呼ばれる大手監査法人で、法定監査業務や内部統制報告制度の監査、財務デューデリジェンス業務に従事したというキャリアを持つ会計士のケースです。 会計知識や経験を活かして、企業の内側からその成長を支援したいと思うようになり、一般事業会社での転職を希望しました。 その結果、最終的に一般事業会社の経理や経営企画等を行う、管理部門への転職に成功しました。 <転職成功のポイント> 一般事業会社での勤務は未経験であり、前職が大手監査法人だったことで、大幅な年収ダウンや仕事になじめるのかといった不安が強くありました。 しかし、マイナビ会計士のキャリアアドバイザーの助言により、これまで培ってきたスキルや知識を活かすポジションに絞り込めば、新しい仕事も早期にキャッチアップでき、経験やスキルに対する高い評価から年収ダウンの幅も小さくて済むということがわかりました。 最終的には経理や経営企画等の管理部門に応募を絞り込んだことで、未経験ながら内定を獲得でき、年収ダウンも想定の範囲内に収めることができました。 ケース3 税務のスペシャリストとして、会計事務所の法人責任者候補に転職 会計事務所、監査法人、コンサルティングファーム、一般事業会社と一通りの経験があり、直近6年間は上場企業でのCFO候補、上場準備企業での財務部長といった経験のあるハイキャリアな会計士のケースです。 40代でしたが、税務を会計事務所で学び直した上で、スペシャリストになりたいという思いから転職を希望していました。 税務業務については、ブランクがあることから即戦力での入社が難しく、税務業務のみに従事する場合は年収が大幅ダウンしてしまうという課題がありました。 しかし、マイナビ会計士のキャリアアドバイザーの助言で、これまでのコンサルティングの実務経験を活かした上で、税務業務に携われる中堅規模の会計事務所の採用に応募し、見事内定を得ました。 <転職成功のポイント> 税務実務だけにフォーカスするのではなく、これまでのすばらしい経験を絡めながら転職活動をしたことが成功のポイントになりました。 結果としては年収がダウンするどころか、現職を上回る条件での転職となりました。 それが可能になったのは、マイナビ会計士の経験豊富なアドバイザーが、通常の人事経由による応募ではなく、法人代表者へのトップアプローチを図ったことによります。 転職したいという方の中には、明確な理由がなく、ただ漠然と違う働き方をしてみたいという理由から転職を希望し、活動を始めてしまう方もいます。 しかし、大切なのは自分の転職理由をきちんと見極めることです。 そして、転職を成功させるには、応募先に理解してもらえるだけの明確な志望理由が必要です。 それが明確でないと、成功する転職にはつながりません。 転職理由や志望動機を明確にする一番の近道は、マイナビ会計士などの転職エージェントを活用することです。 キャリアアドバイザーとの面談の中で、自分のキャリアの棚卸をすることでキャリアプランが明確になったり、自分では知らなかった多様な選択肢に気付いたりすることもできます。 公認会計士としてキャリアアップし、転職を成功させるためには、年代を問わず、積極的にマイナビ会計士をご活用ください。

次の

マイナビ税理士|税理士の転職・求人

会計士 税理士 転職

会計士・税理士・司法書士・行政書士・弁護士・弁理士 とは? 【会計士】 企業の会計指導や税務、財務に関する監査のお仕事です。 財務に精通しているスペシャリストを会計士(公認会計士)といいます。 実際に会計作業を行っているわけではなく、売上などの数字を読み取り、会計学、税制、法律などにも精通し、企業にとっての有益な情報をもたらすコンサルティング的な業務にも対応します。 企業が年1回発行する財務諸表の正確性を第3者の立場で証明する役割をもち、企業の健全な経済活動をサポートする社会的意義の大きなお仕事です。 M&Aなどの大きな経営に関わる場での活躍も見受けられます。 【税理士】 税理士は正しい納税・申告を助ける税務処理のスペシャリストです。 主な仕事としては、税務代理(税金の申告や申請、不服申し立てなどを代理で実施)、税務書類の作成、税務相談などを受け、適正な納税をサポートします。 また、財務や会計に関するアドバイスをしたり、税務調査に立ち会ったりします。 顧客には中小企業が多いため、経営・財産など相談内容も多岐に渡る場合が多くなる傾向があるようです。 税理士事務所に勤める場合が多いようですが、経験を積んだ後には事務所を立ち上げる場合が多いようです。 【司法書士】 裁判や登記、供託の際には、法律にのっとった線密な書類が必要となります。 こうした書類を作成し、代理として登記や供託、審査請求を行うことなどから、街の法律家とも言われます。 仕事の内容としては、不動産登記に関するものから、簡易裁判所での訴訟代理、民事調停での代理、簡易裁判所の訴訟事件についての法律相談業務、裁判外の和解代理など活躍のシーンはどんどん広がっています。 司法書士試験に合格後、司法書士事務所で経験を積んで独立する場合が多く見受けられます。 【行政書士】 官公庁に提出する書類の作成には、細かい決まりがあります。 法人や個人に代わり、図面を含む種類を作成し、提出手続きを代行するのが行政書士のお仕事です。 業務は非常に広範囲で、建設許可に関する申請から、会社設立、相続や遺言、内容証明、開発許可関係、産業廃棄物許可関係、風俗営業許可関係、外国人の出入国事務関係、各種契約書の作成などまさに書類作成に関するスペシャリストです。 関連する書類は1万種類以上にものぼるといわれ、幅広い知識が必要とされます。 【社会保険労務士】 社会保険、人事・労務管理、年金まで、労働者の福祉関連の相談から手続きまでを行うスペシャリストを社会保険労務士といいます。 労働基準法・健康保険法などに通じ、事業者に代わって諸官庁に提出する書類を作成します。 扱う書類は300種類に渡り、相談や指導も請け負います。 企業に勤務する場合と、独立開業する場合があります。 【弁護士】 民事訴訟や刑事事件など、法廷における代理人として、事実を整理し、法律にもとづいて交渉を行う法律のスペシャリストです。 広範かつ複雑な司法の場にあって、依頼人になり代わって法律上の権利や利益を保護・確保し、人権侵害などの不利益から依頼人を守ることが弁護士の役割です。 業務内容としては、民事・刑事における訴訟、事件の処理、離婚や交通事故などの示談折衝。 法律の異なる外国での取引に関する交渉などになります。 【弁理士】 技術的な創作や工業デザイン、または業務上の信用を、「特許権」「意匠権」「商標権」などの形で権利化するための特許庁への出願手続代理や、それらを取消または無効にするための異議申し立て手続きの代理を行います。 現在の市場では情報・知識・コンセプトが大きな付加価値を生み出す時代であり、知的財産を権利として適切に保護し、活用する必要があるという認識が広がっており、弁理士のニーズは非常に高まっています。 会計士・税理士・司法書士・行政書士・弁護士・弁理士 になるには? 【会計士】 会計士(公認会計士)になるには、国家資格の取得が必要です。 ただ、試験の難易度は高く、狭き門となっています(2014年度の合格率は10. 1%)。 そのため、大学やスクールに通って勉強し、受験するのが一般的なケースとなっています。 試験に合格後に日本公認会計士協会に公認会計士として登録を行うには、資格取得後に2年以上の実務経験と、実務補習を終了することが必要とされます。 必要資格:会計士 【税理士】 国家資格である税理士試験に合格すること、もしくは弁護士資格か公認会計士資格をもち、なおかつ2年以上の会計事務の従事経験を積むと税理士になれる。 試験が非常に難しいため、養成学校や大学などに行って勉強するケースが一般的とされています。 11科目のうち5科目の合格が必要で、年1科目ずつ受験することも可能です(2014年度の合格率は18. 4%)。 必要資格:税理士 【司法書士】 司法書士の試験に合格するか、裁判所書記官や法務事務官を一定期間歴任後に法務大臣の許可を受けることが必要です。 そのため、大学や養成学校で学んで受験するのが一般的なケースとされています。 試験に関しては大学法学部卒業程度の知識と実務知識が必要となります(2014年度の合格率は3. 0%)。 必要資格:司法書士 【行政書士】 行政書士の資格試験は非常に難しいため、法学系の上級学校に進学し、受験するのが一般的とされているようです(2014年度の合格率は8. 27%)。 試験合格後に日本行政書士会連合会への登録、名簿への登録が必須となり、その他にも各都道府県の行政書士会への登録が必要となります。 【社会保険労務士】 社会保険労務士の資格取得が必要になります。 試験合格のほかに、労働社会保険関係事務に2年以上従事するか、所定の講習を受けて、資格登録されます。 必要資格:社会保険労務士 【弁護士】 弁護士になるには、司法試験に合格することが必須となります。 法科大学院終了後、最初の4月1日から5年以内で、なおかつ3回の受験以内に合格することが条件です。 所定の期間・受験回数を超過すると受験資格を失うため、注意が必要です。 必要資格:弁護士 【弁理士】 特許事務所や企業内の特許部などに勤務し、経験を積むことが弁理士になるための近道と言われています。 経験を積んだ後に、弁理士試験を受験し合格後、日本弁理士会に登録することで弁理士になることができます。 必要資格:弁理士.

次の