山陽 情報 システム コロナ。 株式会社山陽情報システム|お知らせ

新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER

山陽 情報 システム コロナ

政府の新型コロナウイルス対策に助言をしてきた科学者たちはウイルスとどう向き合ってきたのか。 連載3回目は、国立感染症研究所感染症疫学センターの鈴木基(もとい)センター長に聞いた。 【聞き手 くらし医療部・金秀蓮】 Q:「中国・武漢で原因不明の肺炎が集団発生している」と、いつ、どのように知りましたか A:昨年末に我々もメディアを通して知りました。 メールで情報交換をしながら、年明けすぐの1月6日に、脇田隆字所長以下、感染研の担当部局の研究者が集まりミーティングをしました。 その時はほとんど詳しい情報はなかったので、中国の疾病対策センター CDC 、世界保健機関(WHO)西太平洋オフィスの関係者と連絡をとりながら詳細な情報を集めようという話をしました。 Q:当時は危機感を抱いていましたか A:正直なところ、最初のミーティングの時点では私の中に危機感はあまりなかったですね。 海鮮市場で原因不明の肺炎が発生しているが新たな症例はないようだ、海鮮市場で扱っている野生動物が原因だろうと報道されていたと記憶しています。 ヒトとヒトとの間で感染する可能性についても話はしましたが、原因が何であるのかもわからなかったので、あまり有意義な議論にはならなかったと記憶しています。 Q:考えが変わったきっかけは何でしょうか A:原因がコロナウイルスであると判明したことです。 1月9日に患者からコロナウイルスが同定されたという海外メディアの報道がありました。 これを踏まえて、感染症疫学センターは1月10日に、一般的なコロナウイルスと重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)に関する情報をホームページに掲載しました。 その翌日に中国の武漢の研究者がウイルスゲノムの全配列を公表しました。 本当にヒトからヒトに感染するかもしれない、普通のコロナウイルスとは違ってSARSやMERSのように重症化するかもしれない、という危機感を持ちだしたのはそれからです。 Q:….

次の

岡山 コロナ

山陽 情報 システム コロナ

政府の新型コロナウイルス対策に助言をしてきた科学者たちはウイルスとどう向き合ってきたのか。 連載3回目は、国立感染症研究所感染症疫学センターの鈴木基(もとい)センター長に聞いた。 【聞き手 くらし医療部・金秀蓮】 Q:「中国・武漢で原因不明の肺炎が集団発生している」と、いつ、どのように知りましたか A:昨年末に我々もメディアを通して知りました。 メールで情報交換をしながら、年明けすぐの1月6日に、脇田隆字所長以下、感染研の担当部局の研究者が集まりミーティングをしました。 その時はほとんど詳しい情報はなかったので、中国の疾病対策センター CDC 、世界保健機関(WHO)西太平洋オフィスの関係者と連絡をとりながら詳細な情報を集めようという話をしました。 Q:当時は危機感を抱いていましたか A:正直なところ、最初のミーティングの時点では私の中に危機感はあまりなかったですね。 海鮮市場で原因不明の肺炎が発生しているが新たな症例はないようだ、海鮮市場で扱っている野生動物が原因だろうと報道されていたと記憶しています。 ヒトとヒトとの間で感染する可能性についても話はしましたが、原因が何であるのかもわからなかったので、あまり有意義な議論にはならなかったと記憶しています。 Q:考えが変わったきっかけは何でしょうか A:原因がコロナウイルスであると判明したことです。 1月9日に患者からコロナウイルスが同定されたという海外メディアの報道がありました。 これを踏まえて、感染症疫学センターは1月10日に、一般的なコロナウイルスと重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)に関する情報をホームページに掲載しました。 その翌日に中国の武漢の研究者がウイルスゲノムの全配列を公表しました。 本当にヒトからヒトに感染するかもしれない、普通のコロナウイルスとは違ってSARSやMERSのように重症化するかもしれない、という危機感を持ちだしたのはそれからです。 Q:….

次の

新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER

山陽 情報 システム コロナ

表示件数 2020年5月5日 コロナウィルス感染に関するお詫び この度は、取引先様をはじめ、地域の皆様、社員のご家族の皆様に、多大なるご迷惑とご心配をおかけしました事を、心より深くお詫び申し上げます。 4月4日(土)夜に弊社内の最初の感染者の情報を知りました。 これに対し私の情報、知識、判断力の甘さから社員の皆様及び関係先の皆様に対する報告を行っておりませんでした。 4月4日(土)時点で、保健所で濃厚接触者等の確認がされていると思っておりました。 保健所に対しても濃厚接触者に対することを連絡しておらず、受け身になっていた事が一番の反省点です。 その後保健所とは4月8日(水)に連絡をとり、濃厚接触者等の事実確認を致しました。 改めてこの様な対応になりました事を、深く反省致しております。 その事が、多数の感染者を出してしまう事態を招き、地域の皆様をはじめ、社員の皆様、社員のご家族、関係先の皆様に、大変なご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。 改めて心より深くお詫び致します。 今回の事を反省し、皆様に信頼して頂ける様、誠心誠意取り組んで参る所存です。 この度は、大変ご迷惑・ご心配をおかけ致しました事、心より深くお詫び申し上げます。 株式会社山陽情報システム 瀧 康浩 2020年4月21日 弊社事務所の消毒作業についてのご報告 この度はお取引先様をはじめ地域の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。 当事務所につきましては、4月19日に保健所からの紹介による専門業者にて、消毒作業を実施いたしました。 その他の感染拡大防止措置につきましては、保健所と連携し、これ以上の感染拡大を防止すべく、安全確保を最優先に実施してまいります。 お客様、地域の皆様、関係各社の皆様に対しまして、大変な不便をおかけすることを心よりお詫び申し上げます。 2020年4月15日 弊社における新型コロナウイルス感染症の発生について この度は、お取引先様をはじめ関係各位,地域の皆様に多大なご迷惑と ご心配をおかけしております事を心より深くお詫び申し上げます。 現在、弊社社員の5名が新型コロナウイルスのPCR検査の結果、 陽性であることが確認されました。 発生後、保健所の指示に従い、感染拡大防止の措置をとって参りましたが、 このような感染拡大となりましたことを心よりお詫び申し上げます。 また、発生状況のご報告が遅くなりましたことを重ねてお詫び申し上げます。 現在、保健所の指導に基づき、専門業者への除菌消毒作業を依頼しており、 安全な職場環境とするべく、感染防止・安全確保を最優先に取り組んで参ります。 また、お取引様の業務継続のため必要な最低限の作業につきましては、 リモートワーク(在宅作業)で対応させていただきます。 大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解をいただけますよう お願い申し上げます。 今後の感染防止対策の内容など、随時報告させていただきます。 お取引様、地域の皆様におかれましては、多大なご迷惑、ご心配を おかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。 2019年12月19日 年末年始の営業につきまして お客様各位 師走の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 さて、当社の年末年始の営業につきまして下記の通りお知らせいたします。 お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承のほど よろしくお願いいたします。 弊社データセンターご利用のお客様へ 技術スタッフが交代で監視業務を行っておりますので、お問い合わせ等ございましたら、ご連絡くださいませ。 2020年も、ご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 2019年10月16日 台風19号による被害を受けた皆様へ この度の台風19号による被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 台風19号は各地に甚大な被害をもたらし、今もなお、浸水被害や停電等の地域がたくさんあります。 被災された皆様が、一日でも早く日常の生活に戻ることができるよう、心よりお祈り申し上げます。 今回の改定は、消費税率引上げに伴い適正な消費税の転嫁を行う観点から市場実勢価格を踏まえた薬価改定を行うものであり、通常の薬価改定とは異なる臨時的な改定であります。 この度の、薬価改定に伴い、弊社はマスタへの改定を実施させて頂きました。 これまで同様システムをご利用頂けます様お願いいたします。 尚、詳細な点ご不明な点等お問い合わせがございましたら、各担当者宛てにお願い申し上げます。 2019年8月1日 2019年10月から消費税の軽減税率制度が実施されます 2019年10月1日より消費税が10%に引き上げられると同時に、軽減税率制度が実施されます。 酒類・外食を除く飲食料品、新聞(定期購読契約が締結された週2回以上発行されることが条件)が軽減税率対象となります。 これに伴い、弊社もお客様へ導入させていただいているシステムへの対応を行っています。 皆様も事前準備をされているかと思いますが、何かお困りごと等ございましたらお気軽にご相談くださいませ。 2019年6月3日 東京営業所を移転いたしました 平素は、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、このたび、東京営業所を移転いたしました。 これを機に社員一同、より一層社業に専念する所存でございます。 今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 2019年5月13日 新しい時代の幕開けです 平成から新元号(令和)へ 令和元年 5月1日 改元おめでとうございます。 皆様はどのように令和元年を迎えられましたか? 自粛ムードで迎えた平成とは一転して祝賀ムード一色の明るく華やかな幕開けとなりました。 平成に感謝し、引き続き平和で安心の時代になることをお祈りいたします。 山陽情報システムが新時代へ新たな気持ちでスタートできたのも、日ごろからご指導ご鞭撻をいただいております、皆様のおかげと感謝いたしております。 これからも全社員一丸となり、皆様に貢献できるよう頑張ってまいります。 今後とも宜しくお願いいたします。 2019年4月5日 新年度がスタートしました。 4月になり、新年がスタートし、新元号「令和」の発表もありました。 この「令和」には「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められているそうです。 新しい文化にはAIやICT・IoTが欠かせない時代になるかと思います。 私たちも新時代に沿えるよう、社員一丸となって精進していく所存です。

次の