チュリネ 進化。 ポケモンのチュリネは何レベルくらいで進化させるのがいいんですか? ...

【ポケモンGO】新ポケモン「チュリネ」の入手方法は? ドレディアにも進化させてみた!

チュリネ 進化

チュリネ ねっこポケモン ぜんこくNo. 548 高さ 0. 5m 重さ• 6kg• けたぐり威力20 タイプ• タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 ORAS• マボロシ森 主な入手方法 ORAS• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 XY• なし 主な入手方法 XY• 『こんらん』状態にならない。 天気が『ひざしがつよい』の時、状態異常にならない。 4 ノーマル 変化 - - 20 自分の『こうげき』『とくこう』ランクが1段階ずつ上がる。 天気が『ひざしがつよい』の時は、2段階ずつ上がる。 自分は交代しても効果が引き継ぐ。 『くさ』タイプのポケモンには無効。 10 くさ 変化 - 75 15 相手を2〜4ターン 実質1〜3ターン の間『ねむり』状態にする。 『くさ』タイプや特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 13 くさ 特殊 40 100 15 相手に与えたダメージの半分だけ自分のHPが回復する。 19 くさ 特殊 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 22 くさ 変化 - 75 30 相手を『まひ』状態にする。 『でんき』タイプや『くさ』タイプ、特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 26 くさ 特殊 75 100 10 相手に与えたダメージの半分だけ自分のHPが回復する。 28 くさ 変化 - - 5 すべての味方のポケモンの状態異常を治す。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 37 ノーマル 変化 - 100 15 相手の特性を自分と同じ特性にする。 40 ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 44 ノーマル 変化 - - 15 相手は『すばやさ』に関係なく、この技を受けた直後に行動できるようになる。 ダブルバトル・トリプルバトル用。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 11 ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 連続で使うと失敗しやすくなる。 20 ノーマル 変化 - - 25 5ターンの間、状態異常にならなくなる。 交代しても効果は続く。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 22 くさ 特殊 120 100 10 1ターン目は攻撃せずに、2ターン目で攻撃する。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 70 ノーマル 変化 - 100 20 相手の命中率を1段階下げる。 85 エスパー 特殊 100 100 15 相手に与えたダメージの半分だけ自分のHPが回復する。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 86 くさ 特殊 - 100 20 相手の『おもさ』が重いほど威力が高くなる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 96 ノーマル 変化 - - 20 地形が草むらの時は『エナジーボール』、沼地の時は『どろばくだん』、水上の時は『ハイドロポンプ』、砂地の時は『だいちのちから』、岩場と洞窟の時は『パワージェム』、雪原の時は『こおりのいぶき』、氷上の時は『れいとうビーム』、ミストフィールドの時は『ムーンフォース』、グラスフィールドの時は『エナジーボール』、エレキフィールドの時は『10まんボルト』、それ以外とスカイバトルの時は『トライアタック』となる。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1 ノーマル 物理 50 95 30 通常攻撃。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 遺伝 フェアリー 変化 - 100 20 相手の『こうげき』ランクを2段階下げる。 遺伝 ノーマル 変化 - 100 20 相手全体が対象。 相手の回避率を2段階下げる。 フィールドで使うと野生のポケモンが出現し、群れバトルが発生する場所では群れバトルになる。 XYのみ雨が降っている場所では群れバトルは発生しない。 自分が『ひこう』タイプや、特性『ふゆう』のポケモンの場合は『じめん』タイプの技が当たるようになる。 遺伝 くさ 変化 - 55 15 相手を2〜4ターン 実質1〜3ターン の間『ねむり』状態にする。 遺伝 エスパー 変化 - - 10 自分が『ひんし』になる代わりに、次に出す自分のポケモンの状態異常とHPが全回復する。 遺伝 ノーマル 物理 - 100 15 持っている『きのみ』によって『タイプ』と威力が変わる。 『きのみ』はなくなる。 遺伝 くさ 変化 - 100 10 相手の特性を『ふみん』にする。 ただし、『なまけ』『バトルスイッチ』など一部の固有な特性の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS くさ 特殊 75 100 10 相手に与えたダメージの半分だけ自分のHPが回復する。 ORAS ノーマル 変化 - - 5 すべての味方のポケモンの状態異常を治す。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 ORAS ノーマル 物理 60 100 25 相手が持っている道具を自分の物にする。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 ORAS くさ 変化 - 100 10 相手の特性を『ふみん』にする。 ただし、『なまけ』『バトルスイッチ』など一部の固有な特性の場合は失敗する。 ORAS くさ 物理 80 100 15 通常攻撃。 ORAS ノーマル 変化 - - 15 相手は『すばやさ』に関係なく、この技を受けた直後に行動できるようになる。 ダブルバトル・トリプルバトル用。

次の

ポケモン図鑑DS|チュリネ|ポケモン!ブラック&ホワイト攻略広場

チュリネ 進化

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし チュリネの進化系統.

次の

ポケモン図鑑DS|チュリネ|ポケモン!ブラック&ホワイト攻略広場

チュリネ 進化

特徴 ・名前の由来:「」「」「」「」「」または「」「」だと思われる。 頭には花飾り、下半身にはロングドレスを纏う人間に近い姿をしているポケモンで同じ草タイプのと同様に美少女をイメージさせるポケモン。 体の部分は目が伸びた球根のような形状である。 舞う技を多く覚えるしちゃんと動けるのだろうが、足の形状的にどうやって動いているのかは長い間謎に包まれていた。 アニメでは普通に歩いており、第8世代では球根状になっている下半身を前後に動かすことで前進していることが判明している。 その美しい外見に違わず、様々なポケモンから好かれ、頭からは生物の心を癒す香りを放つ。 しかし、土の成分によって香りが変わってくるらしく、後述の花同様に各個体の個性やトレーナーの努力具合が出て来るポイントである。 頭の花はデリケートで、そもそも咲かせること自体が困難である上に、非常に難しい手入れを続けなければ枯れてしまう。 これはベテラントレーナーであろうと難しいレベルなのだというのだから、維持は非常に困難である事は想像に難く無い。 しかも、 どんなに手間とお金を賭けて人の手で育てられたものよりも野生下の個体が咲かせる花の方が美しいのだというシビアな記述が為されている。 だからといって、ゲーム内で預かり屋に預けてタマゴを手に入れても枯れることはないので安心されたし。 また、頭の花も一度手に入れてしまえば枯れたりすることなくずっと咲き続ける。 出現場所 ・『ブラック・ホワイト』より登場。 を進化させることで入手できるが、ホワイトバージョンでは野生でも出現する。 ブラックバージョンでは野生の出現はないが、シッポウシティに住む女性からブラックのみに出現すると交換することで進化前のチュリネを入手できる。 その他のソフトでも入手できるが、『サン』ではチュリネが出現しないので注意。 能力 種族値 能力は全体的に低めだが、とくこうは110と頭1つ抜けている。 この見た目ですばやさも90とそこそこあり、 あのやと互角の速さである。 眠り粉で眠らせ後述の「」で強化する戦法が主流。 覚える技 高性能な積み技 「ちょうのまい」 特攻、特防、素早さを1段階アップ や、 「」などを覚える。 高い特攻と素早さを更に強化できるので、「ちょうのまい」を積んでからの「はなびらのまい」は非常に高い火力を誇る。 また、特性が「マイペース」の場合は「はなびらのまい」使用後に発生する混乱を無効化できる。 「」等のくさタイプ特有の多彩な補助技にも恵まれているため、自力で「ちょうのまい」を積むための時間を稼げるのも大きい。 ただ、くさタイプ以外の技はあまり覚えないので、得手不得手ははっきりと分かれる。 具体的には「」と「」と「」しかない。 第6世代 新たに18のタイプが新たに登場。 相方のエルフーンにフェアリータイプが追加されたことによりドレディアもフェアリータイプが追加され、ドラゴン技を無傷で受けられ、を返り討ちにできる妖精となった… と思われた。 なんと ドレディアにはフェアリータイプを追加してもらえなかった。 エルフーンにはフェアリーが追加されムーンフォースも覚えられるようになったのに… ・新しく覚える技も種族値が合わない(物理攻撃)「」のみで、特殊攻撃のも威力が60固定になりフェアリーにもならない上、すら覚えなかった。 ・くさタイプや特性「」を持つポケモンにしびれorねむりごなが効かなくなる。 「ひでり」の効果も5ターンに変更されたことで「ようりょくそ」の効果も落ちるなど大きく弱体化。 実戦からも急速にその姿を消していくことになる。 第7世代 デザイン人気があり、持ち味もあるがさまざまな事情で使用には愛が必要であったドレディアであったが… 『サンムーン』発売後彼女は思わぬ大進撃を遂げることになった。 その舞台はシングルバトルではなく。 そしてその鍵を握るのはである。 第7世代でコータスの特性に「 」が追加された。 つまりどういうことかというと• コータスとドレディアを並べて出す。 コータスの「ひでり」で天候が晴れになる。 ドレディアの「ようりょくそ」発動。 素早さが上がったドレディアがコータスに 「」をしてサポート• 先手を得たコータスが 晴れ状態での「」。 相手は倒れる。 さらにコータスは天候特性ポケモンとして足が遅いので、相手に天候を上書きされる心配は少ない。 その上天候のおかげで素早くなったドレディアがすぐさまコータスを支援することで、超火力を生み出すことが可能になるというわけである。 特性がようりょくそかつおさきにどうぞを覚えるポケモンはいるが、その中で一番素早さが速いのはドレディアなので、正にベストコンビと言えるだろう。 第8世代 発売当初は影も形もなかったが、追加DLC『』より本格的に参戦。 天候が晴れの時にはに固定シンボルとして出現するので、探すのにそこまで苦労はしないだろう(むしろランダムエンカウント形式でしか遭遇できない進化前のチュリネの方が見つけ出すのに苦労したりする)。 もちろん、場所によってはのボスとしても登場する。 ストーリーにおいても 進化前のチュリネ共々少しだけ絡んでくるので、ドレディアのファンは必見。 一方で、対戦面では相変わらず厳しい状況に置かれており、めざパもゆめくいも覚えられなくなってしまったために苦手な相手に一層止まりやすくなってしまったのが気がかり。 一応、新たにを覚えられるようになってはいるものの、はっきり言ってそれだけでは止まりやすさは大して変わらず、焼け石に水である。 第7世代のダブルで一定の需要があったコータスとの組み合わせも、本作では 技で簡単に天候を上書きできるようになってしまったために以前ほど安定した運用ができなくなってしまったのも苦しい。 決して戦えないわけではないが、現在の環境下では活躍するのはやや難しいと言わざるをえない。 どちらかと言えば愛玩用やコレクション用としての側面の方が強いと言えるかもしれない。 主な使用トレーナー• 2020-07-19 12:00:00• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-19 16:56:07• 2020-07-19 16:55:54• 2020-07-19 16:55:53• 2020-07-19 16:55:11• 2020-07-19 16:54:55 新しく作成された記事• 2020-07-19 16:49:41• 2020-07-19 16:49:41• 2020-07-19 16:41:16• 2020-07-19 16:32:41• 2020-07-19 16:19:34•

次の