新しい天皇誕生日。 国民の祝日について

静岡県民、新しい天皇誕生日に困惑?「2月23日は富士山の日で休みなんだけど…」(1/2ページ)

新しい天皇誕生日

令和元年(2019年)5月1日に今上天皇 きんじょうてんのう・在位中の天皇のこと が即位されました。 今上天皇のお誕生日は 2月23日ですが、前の天皇だった上皇陛下(じょうこうへいか・退位した天皇のこと)のお誕生日は12月23日でした。 これまで12月23日は「天皇誕生日」という祝日だったのですが、今後どうなるのでしょうか? また、昭和以前の天皇誕生日はどのようになっていったのでしょうか?元号 年号 が変わるたびに増えるのでしょうか? そんな疑問について調べてみたいと思います。 関連: 天皇誕生日 祝日 は今後変わる? まず天皇誕生日とはどういった祝日なのでしょうか? 国民の祝日に関する法律 祝日法 では「天皇の誕生日を祝う事」を趣旨とされ、 今上天皇の誕生日を祝う日とされています。 ですので、平成30年(2018年)までは上皇陛下の誕生日である12月23日が「天皇誕生日」でしたが、現在は、令和元年(2019年)5月1日に即位された今上天皇の誕生日である2月23日が「天皇誕生日」となりました。 では、今後12月23日はどうなるのでしょうか? 関連: 天皇誕生日と祝日 崩御された天皇陛下のお誕生日もいくつかは祝日として今でも残っています。 昭和天皇のお誕生日は4月29日「昭和の日」として、そして 明治天皇のお誕生日は11月3日「文化の日」として現在でも祝日となっています。 しかし、明治と昭和の間の年号である 大正の天皇陛下のお誕生日は8月31日ですがこの日は祝日とはなっておりません。 この違いは一体何なのでしょうか。 まず明治天皇のお誕生日から振り返りますと、11月3日は天皇陛下が崩御されてから一時祝日ではなくなっていたようです。 その後、国民が「近代日本の礎を築いた明治天皇の功績を後世に伝えていくために11月3日を祝日としてほしい」ということで運動を起こし、「休日ニ関スル件」という勅令によって昭和2年(1927年)に「明治節」という名称で祝日になりました。 しかし、敗戦後の昭和22年(1947年)、当時日本を占領していたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)は、「明治節」を廃止しました。 日本弱体化を考えていたGHQは、天皇と国民の繋がりを少しでも排除しようとしたのでしょう。 明治節が廃止された後、11月3日を「憲法記念日」にしようという動きがありました。 日本国憲法の前の大日本帝国憲法の公布日は2月11日です。 2月11日は「建国記念の日」ですが、もともとは「紀元節」といって、日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日です。 神武天皇の即位日という縁起の良い日を選んで大日本帝国憲法を公布したのですが、このことに倣って(ならって)、日本国憲法の公布日を明治節である11月3日にして「憲法記念日」にしようとしましたが、GHQから強く反対されました。 GHQは、天皇と国民の繋がりを少なくさせたい、なくしたいと考えていたため、国にとって重要な憲法記念日と、明治天皇の誕生日を結びつけたくなかったのです。 そのかわり「憲法記念日じゃなければいい」ということで、昭和23年(1948年)に「文化の日」が祝日に加えられました。 関連: 関連: 関連: 次に昭和天皇のお誕生日ですが、4月29日は昭和の日となる前は「みどりの日」という名称で祝日となっていました。 現行の祝日法では、天皇陛下が崩御された際、天皇誕生日は新しい天皇陛下のお誕生日に変わるため、祝日として存続することはありません。 ですが、ゴールデンウィークの一角を構成する祝日を廃止することによる国民生活への影響が懸念されたという理由から、平成元年から平成18年までの間は祝日法によって「みどりの日」という祝日とされていました。 その後、平成17年に行われた法改正により平成19年からは名称を「昭和の日」と改め、今まで国民の休日だった5月4日は「みどりの日」と改称されました。 このように上記二つの祝日には天皇誕生日以外の理由があり、祝日として残っていますが大正天皇のお誕生日のように崩御後、祝日にしようと言う動きがないまま今日に至っていしまう場合もあります。 上皇陛下の誕生日である12月23日はクリスマス前の時期ですし年末商戦や冬休みなどに影響があるとも言えますが、昭和の日の件を加味しても祝日として存続するかは微妙なラインかもしれません。 国民としては祝日が増えるのはうれしい事ですが、法が関わってくるものなので希望だけでは進められない部分もあるかと思います。 関連: 平成29年(2017年)12月21日に政府は、「 退位後の12月23日は、当面の間は平日にする検討に入った」と発表しました。 この発表で菅官房長官は、「どのような日を祝日にするかは多様な論点があり、皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするかは国民各層の幅広い議論が必要だと思っている」と述べました。 12月23日を「上皇誕生日」として祝日にした場合、「二重権威」ともなりかねないため、当面は平日にするのがふさわしいとの指摘もあります。

次の

天皇陛下と皇太子殿下の誕生日と御年齢は?天皇誕生日の祝日変更について

新しい天皇誕生日

スポンサーリンク 皇太子殿下の御誕生日とご年齢は? 皇太子殿下の誕生日は、1960年(昭和35年)2月23日生まれです。 現在、58歳です。 (2019年年2月22日まで) 来年の2月23日に59歳になられます。 天皇誕生日の祝日はいつ変更される? 来年2019年5月1日に、皇太子殿下は即位され、新しい日本の天皇になられます。 よって、新しい天皇誕生日は再来年、2020年の2月23日から変更されることになります。 すなわち、2019年の2月23日は特に祝日にはなりません。 また、今後、現在の天皇誕生日、12月23日が祝日になるかどうかに関しては、現在の情報は出ておりません。 ただし、過去の慣例に従うと、12月23日が祝日になる可能性はあると思われます。 まとめ 天皇陛下、皇太子殿下の御誕生日、現在の御年齢、そして今後の天皇誕生日の変更情報をまとめました。 現在の皇太子の御誕生日の2月23日は再来年2020年から天皇誕生日として祝日になります。 <関連情報>.

次の

新しい天皇誕生日は2月23日。12月23日はどうなる?

新しい天皇誕生日

令和元年(2019年)5月1日に今上天皇 きんじょうてんのう・在位中の天皇のこと が即位されました。 今上天皇のお誕生日は 2月23日ですが、前の天皇だった上皇陛下(じょうこうへいか・退位した天皇のこと)のお誕生日は12月23日でした。 これまで12月23日は「天皇誕生日」という祝日だったのですが、今後どうなるのでしょうか? また、昭和以前の天皇誕生日はどのようになっていったのでしょうか?元号 年号 が変わるたびに増えるのでしょうか? そんな疑問について調べてみたいと思います。 関連: 天皇誕生日 祝日 は今後変わる? まず天皇誕生日とはどういった祝日なのでしょうか? 国民の祝日に関する法律 祝日法 では「天皇の誕生日を祝う事」を趣旨とされ、 今上天皇の誕生日を祝う日とされています。 ですので、平成30年(2018年)までは上皇陛下の誕生日である12月23日が「天皇誕生日」でしたが、現在は、令和元年(2019年)5月1日に即位された今上天皇の誕生日である2月23日が「天皇誕生日」となりました。 では、今後12月23日はどうなるのでしょうか? 関連: 天皇誕生日と祝日 崩御された天皇陛下のお誕生日もいくつかは祝日として今でも残っています。 昭和天皇のお誕生日は4月29日「昭和の日」として、そして 明治天皇のお誕生日は11月3日「文化の日」として現在でも祝日となっています。 しかし、明治と昭和の間の年号である 大正の天皇陛下のお誕生日は8月31日ですがこの日は祝日とはなっておりません。 この違いは一体何なのでしょうか。 まず明治天皇のお誕生日から振り返りますと、11月3日は天皇陛下が崩御されてから一時祝日ではなくなっていたようです。 その後、国民が「近代日本の礎を築いた明治天皇の功績を後世に伝えていくために11月3日を祝日としてほしい」ということで運動を起こし、「休日ニ関スル件」という勅令によって昭和2年(1927年)に「明治節」という名称で祝日になりました。 しかし、敗戦後の昭和22年(1947年)、当時日本を占領していたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)は、「明治節」を廃止しました。 日本弱体化を考えていたGHQは、天皇と国民の繋がりを少しでも排除しようとしたのでしょう。 明治節が廃止された後、11月3日を「憲法記念日」にしようという動きがありました。 日本国憲法の前の大日本帝国憲法の公布日は2月11日です。 2月11日は「建国記念の日」ですが、もともとは「紀元節」といって、日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日です。 神武天皇の即位日という縁起の良い日を選んで大日本帝国憲法を公布したのですが、このことに倣って(ならって)、日本国憲法の公布日を明治節である11月3日にして「憲法記念日」にしようとしましたが、GHQから強く反対されました。 GHQは、天皇と国民の繋がりを少なくさせたい、なくしたいと考えていたため、国にとって重要な憲法記念日と、明治天皇の誕生日を結びつけたくなかったのです。 そのかわり「憲法記念日じゃなければいい」ということで、昭和23年(1948年)に「文化の日」が祝日に加えられました。 関連: 関連: 関連: 次に昭和天皇のお誕生日ですが、4月29日は昭和の日となる前は「みどりの日」という名称で祝日となっていました。 現行の祝日法では、天皇陛下が崩御された際、天皇誕生日は新しい天皇陛下のお誕生日に変わるため、祝日として存続することはありません。 ですが、ゴールデンウィークの一角を構成する祝日を廃止することによる国民生活への影響が懸念されたという理由から、平成元年から平成18年までの間は祝日法によって「みどりの日」という祝日とされていました。 その後、平成17年に行われた法改正により平成19年からは名称を「昭和の日」と改め、今まで国民の休日だった5月4日は「みどりの日」と改称されました。 このように上記二つの祝日には天皇誕生日以外の理由があり、祝日として残っていますが大正天皇のお誕生日のように崩御後、祝日にしようと言う動きがないまま今日に至っていしまう場合もあります。 上皇陛下の誕生日である12月23日はクリスマス前の時期ですし年末商戦や冬休みなどに影響があるとも言えますが、昭和の日の件を加味しても祝日として存続するかは微妙なラインかもしれません。 国民としては祝日が増えるのはうれしい事ですが、法が関わってくるものなので希望だけでは進められない部分もあるかと思います。 関連: 平成29年(2017年)12月21日に政府は、「 退位後の12月23日は、当面の間は平日にする検討に入った」と発表しました。 この発表で菅官房長官は、「どのような日を祝日にするかは多様な論点があり、皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするかは国民各層の幅広い議論が必要だと思っている」と述べました。 12月23日を「上皇誕生日」として祝日にした場合、「二重権威」ともなりかねないため、当面は平日にするのがふさわしいとの指摘もあります。

次の