死霊館 あらすじ。 映画『アナベル 死霊館の人形』感想(あらすじ&ネタバレあり)

映画『アナベル 死霊館の人形』感想(あらすじ&ネタバレあり)

死霊館 あらすじ

タグ C級以下 リベンジ バイオレンス映画 パニック パニック映画 パロディ ブラックジョーク ホラー ホラー映画 マンガ原作 マーベル モンスター リメイク ハーシェル ゴードン ルイス ループもの 下品 呪い 実在の事件 拷問 理不尽 考えさせられる 胸糞 良作 解説・考察 バイオレンス ネットフリックス SF コラム おすすめ映画 どんでん返し ほっこり アイドル映画 アクション映画 アルバトロス アレクサンドル・アジャ イーライ・ロス グロ コメディ映画 サイコパス デスゲーム サスペンス映画 サム・ライミ シッチェス映画祭 シャマラン シリーズ スティーブンキング スプラッタ スプラッター映画 スラッシャー映画 スリラー映画 ゾンビ 食人族 目次• 死霊館のキャスト ロレイン・ウォーレン — ヴェラ・ファーミガ(小林さやか) エド・ウォーレン — パトリック・ウィルソン(咲野俊介) キャロリン・ペロン — リリ・テイラー(藤貴子) ロジャー・ペロン — ロン・リビングストン(飛田展男) アンドレア・ペロン — シャンリー・カズウェル(英語版)(川庄美雪) ナンシー・ペロン — ヘイリー・マクファーランド(坂井恭子) クリスティーン・ペロン — ジョーイ・キング(清水理沙) シンディ・ペロン — マッケンジー・フォイ(潘めぐみ) エイプリル・ペロン — カイラ・ディーヴァー(佐藤美由希) ドルー — シャノン・クック(英語版)(後藤ヒロキ) ブラッド・ハミルトン巡査 — ジョン・ブラザートン(英語版)(間宮康弘) ジュディ・ウォーレン — スターリング・ジェリンズ(英語版)(早見沙織) ジョージアナ・モラン — マリオン・ギュヨ ゴードン神父 — スティーヴ・コールター(牛山茂) 映画死霊館のあらすじ 前半 1968年「アナベル事件」について話しをするところから始まる。 看護師である2人が多くの怪奇現象を体験して霊媒師に相談したところ、人形に「アナベル・ヒギンズ」という少女が憑依していると言われ、同情した彼女たちは「人形に取り憑いて自分たちと同居する許可」を与える。 しかし、それが災いして彼女らに不可解な事件が頻発したためウォーレン夫妻に相談したのだった。 その後、講演会におい彼らは神父に浄められ、平穏な生活を送っていることが語られる。 時は流れ、1971年、若い夫婦と5人の娘のペロン一家は、ロードアイランド州ハリスヴィルの田舎にある、いささか古いが屋敷のように広い部屋を持つ一軒家を購入した。 念願のマイホーム購入を喜ぶペロン一家であったが、翌日から奇怪な現象が次々と発生するようになる。 妻キャロリンの身体の謎のアザが生じ、嫌がって家に入ろうとしなかった愛犬セイディーが翌朝には無残な姿で死んでしまい、四女シンディが夢遊状態で長女アンドレアの部屋に入り込みクローゼットの扉に頭をぶつけるという謎の行動を取り、池のそばの巨木の根元でオルゴールを拾った末っ子のエイプリルは「見えない友だち」ローリーと仲良くなる。 そして、エイプリルが拾ったオルゴールには霊の影が見え、無数の鳥が家に激突して絶命するようになる。 ついに娘たちにもその危害が及ぶに至って、ペロン夫妻は超常現象研究家として名高いウォーレン夫妻に助けを求める。 夫のエドはカトリック教会が唯一公認した非聖職者の悪魔研究家であり、妻のロレインは透視能力を持っている。 家を見て回る夫妻は一連のドアを3回たたく音や腐敗臭、奥さんのアザについてはすべて悪霊の仕業だと断定する。 さらにロレインには首をつる少女の霊の姿が見える。 家や庭に霊がいることがわかり、すでに家族にとりついていることもわかる。 事態を重く見たエドは悪魔祓いをすることを提案する。 ウォーレン夫妻はペロン一家を救うべく尽力するが、霊力の強さと邪悪さはウォーレン夫妻の想像をはるかに超えるものであった。 ロレインの調査の結果、戦慄すべき血塗られた過去が明らかになる。 ペロン一家が競売で入手した家は元は農家で、1863年に「ジェドソン・シャーマン Jedson Sherman 」という人物が建てたものだったが、彼の妻「バスシーバ Bathsheba 」は生後7日目の我が子を悪魔の生け贄にしようとしたのを夫に見つかり、巨木に登り「この土地を奪う者は呪ってやる! 」と叫んで首つり自殺を遂げ、悪霊と化した。 バスシーバは母親の心を持っておらず、神からの授かりものである子供を捧げることは究極の冒瀆で魔女としての格が上がる貢ぎ物という認識しかなかった。 彼女の死亡時刻は午前3時7分。 実は、バスシーバは魔女だったのだ! しかも悪名高い「セイラムの魔女裁判」で公判中に死亡した「メアリー・タウン・イースティ Mary Towne Estey 」の親戚であった。 1930年代の住人であるウォーカー夫人の森で謎の失踪を遂げた息子ローリーこそエイプリルの「見えない友だち」であり、ローリーの失踪後、ウォーカー夫人は地下室で自殺し、200エーカーの土地は分割されて売却、敷地内に家があった少年が池で溺死、近隣の家のメイドも自殺と不審な事件が続いていた。 敵の正体が判明した直後、テープレコーダーのスイッチが勝手に入り、消えていたキャロリンの声の代わりに獣のような唸り声と女性のうめき声が流れるのだった。 時計は3時7分を指していた。 ウォーレン夫妻に対する魔女の宣戦布告だった。 映画死霊館のあらすじ 後半 彼らはバチカンに悪魔祓いの許可を得る証拠集めに調査を開始した。 家中にカメラを設置して、急激に温度が下がったときにシャッターをおろすような仕掛けやブラックライトで痕跡を追うような仕掛けを作った。 ある夜部屋の音声を聞いていると、囁くような「あの女がやらせた」という若い女性の声が聞こえ、その声の主と思われるメイド姿の女性がブラッドに襲い掛かり、2階の部屋のクローゼットの裏の空間にシンディが「こっちにおいで、ここが僕の部屋だよ。 」とローリーに呼ばれて入ってしまう。 エイプリルは「ローリーは怖いとここに隠れる」とロレインに説明する。 首つりのロープを見つけた時、その空間の床が突如抜け落ちてロレインは地下室に転落してしまう。 オルゴールを奏でると蓋の鏡に女性の霊の姿が映るが、それは魔女に憑依されて息子を殺してしまい「あの女がやらせた」と嘆くウォーカー夫人であり、池で溺死した少年も近隣の家のメイドがやらされたことを知り、魔女の狙いがキャロリンに娘を殺させることだと気づく。 また、ナンシーにも霊が乗り移り、事態はどんどん悪化。 ペロン一家はモーテルに避難する。 ペロン夫妻は子供たちにも洗礼を受けさせていなかったため、バチカンの許可は望みが薄かった。 魔女の攻撃はウォーレン夫妻の一人娘ジュディにも迫る。 アナベル人形を使って部屋に閉じ込められてしまうが、間一髪のところでジュディは救い出される。 その一方で、屋敷から退避していたペロン家では魔女に支配されたキャロリンが5人の娘のうち、霊が見えるクリスティーンとエイプリルを連れ出して行方をくらます。 連絡を受けたウォーレン夫妻は霊が2人の娘を生け贄にするために屋敷に連れて行ったと睨み、助手のドルーやキャロリンの夫ロジャーらとともに屋敷に駆けつける。 まずクリスティーンを救い出し、キャロリンを教会に連れて行こうとするが、ロレインの透視で屋敷から連れ出すとキャロリンが死ぬことが分かる。 しかし、事態が切迫していることから、エドが自ら悪魔祓いをすることにする。 激しく暴れるキャロリンは地下室を飛び出し、恐怖に駆られてキッチンの床下に隠れたエイプリルに襲いかかるが、ロレインやロジャーの必死の説得でキャロリンは本来の自分自身を取り戻し、魔女は地獄に追い払われる。 こうしてペロン家とウォーレン家に平安が訪れる。 エイプリルが拾った霊を呼び出すオルゴールは博物館に収められた。 死霊館のネタバレ感想 死霊館は 1971年のロードアイランド州で夫婦と子供たち(意外と子沢山)で田舎の一軒家に引っ越してきたペロン一家は次々と起こる怪現象に悩まされ、超常現象ハンターのエドとロレーヌのウォーレン夫婦に相談するお話。 これらはお決まりのパターンで内容はエクソシストと悪魔の住む家と同じく悪魔VS悪魔祓いという単純な設定。 死霊館含め悪霊の映画というのはワンパターンなのに見終わった後の満足感というのはかなりあるんですよね。 死霊館のような悪霊映画の良さ 死霊館のような悪霊映画がいいと思うのはシナリオよりもなんだかありえなそうで、ありえちゃいそうなリアル感だと思っています。 例えばドアが勝手に開いたり、バンって閉じたりするのは日常生活でもありますが、悪霊がいるのでは?という状況ではそれだけで怖くてしょうがないんです。 特に日本人は悪霊はなじみが薄いですが、幽霊というのはとてもなじみがあるのでこういう話には世界観があっているのだと思います。 そういう意味ではゾンビ映画よりもとってもあっているのでしょう。 死霊館は構成もよい 死霊館には有名な俳優は出ていませんが俳優陣の演技もなかなかよかったと思います。 一方で、構成もいいと思います。 はじめにアナベルのネタを仕込んでおいて、それは過去のエピソードとして一度ジャブをうっておく。 そこからどんどんゾクゾクッとするエピソードを盛り込んで、中盤から終盤にかけて一気に悪魔祓いでの悪魔との対決を見せる作りは見ていて飽きません。 突然「わっ!」と脅かしたり、いきなり「バッ」と出てきたりと古典的なホラーの手法は多いですが、息つく暇もない位に盛りだくさんで飽きる暇もありません。 ところどころに出てくる死霊館の小道具もいいですね。 タンス、人形、オルゴール、鏡、ロッキングチェア、時計も効果的に怖さを増徴していて手抜きが見られない。 繊細に作りこまれています。 死霊館では悪魔祓いはちょっと雑でしたかね。 本当に呪文を読むだけというのが、、、まああんまりあそこで尺をかせがれても微妙なのかもしれませんね。 最後はかなりあっさりって感じでした。 ただ、死霊館は実話を基にしているのでこれぐらいのほうがリアリティがあるのかもしれません。 エンドロールで実際の写真が出てくるのでこれもよい。 なんだか本当に不思議な体験をしたようなそんな映画に満足です。 最後に 死霊館は続編ができるのも納得の映画です。 ただ、たいていこういう続編はいまいちなことが多いのであまり期待せずに見ることにしましょうかね。 と思って他のレビューを見ているとなんと高評価が多い! これは期待できますね。 死霊館や悪霊映画好きならこちらもどうぞ!•

次の

映画「アナベル死霊博物館」あらすじと感想

死霊館 あらすじ

アナベル死霊博物館のあらすじ 引用:アナベル死霊博物館公式ホームページ 死霊館シリーズに幾度となく登場してきた呪いの人形『アナベル』。 今作品ではこのアナベル人形が、超常現象研究家であるウォーレン夫妻の家へ引き取られた直後に引き起こすこととなる戦慄の物語が描かれる。 ------ 数々の災いや不幸を持ち主にもたらしてきたアナベル人形。 物語はそんな人形をウォーレン夫妻が引き取る場面から始まる。 夫妻は厳重なお祓いをした後、人形をガラスケースの中へ封印し、『絶対に開けてはいけない』という札と共に、これまでに夫妻が関わってきた数々のいわくつきの品が保管された部屋へと閉じ込める。 数週間後、夫妻は仕事のために家を1週間ほど空けることに。 そこでいつものごとくシッターをメアリー(マディソン・アイスマン)に依頼する。 メアリーは誕生日を控えた夫妻の娘ジュディ(マッケンナ・グレイス)のために、パーティーを計画。 しかし、超常現象研究家であるウォーレン夫妻の子供の誕生日パーティーとあって、参加者は一向に集まらない。 仕方なくメアリーは、なぜか参加したがっていた友人であるダニエラ(ケイティ・サリフ)を招待することに。 そしてパーティー当日。 ケーキを準備するメアリーを横目に、ダニエラはローラースケートをジュディへプレゼント。 『外で遊びたい』とごねるジュディに負け、『ケーキが焦げないように見張ること。 そして家の中のものには、絶対に一切触れないこと』という条件をダニエラに残し、メアリーは外出することに。 一人家に残されたダニエラは、何か目的を持っているかのごとく家の中を歩き始める。 そしてついに見つけてしまう、あの人形が封印されている部屋を。 そしてそれは、この物語の本当の始まりを、これからこの家で巻き起こる戦慄の幕開けを告げる合図となる。 視聴前の感想 死霊館シリーズはこれまで全部見てきましたからね。 過去作のクオリティを考えると、そりゃあもう期待値はマックスでしたよ。 特に今回はすべてのシリーズに登場してきたアナベル人形にフォーカスした作品でしょ?もう見ずにはいられない訳ですよこれ。 個人的に期待していたのはやっぱりホラーですから、いわゆる『背筋も凍るような』まさしく、THE 死霊館な展開です。 ホラー作品は嫌いじゃないのでよく見るんですけど、突然どデカイ音で『ッドーン!』とか、恐怖でゾワーっというよりは、ビックリしてドキッの方がメインになっちゃってる作品って意外と多いんです。 まぁそーゆう楽しみ方もあるんですけどねえ… 笑。 でもやっぱりゾワっとがいい! そんな中にあってこの死霊館シリーズは何度も鳥肌が立つようなゾワーっとする演出で、怖いのに思わず見入っちゃうんです。 この感覚がたまんないんですよねー。 期待が裏切られないことを祈りつつ、観てきました! ネタバレ解説 封印されているアナベル 引用: 映画『アナベル 死霊博物館』US版予告動画 結論、やっぱりアナベル人形が悪さをしまくります 笑 !ざっくりすぎましたね。 なぜ封印されていたはずのアナベルが悪さをできたのか。 そう、ダニエラですよ。 なぜかパーティーに参加したがっていた、あのお友達。 彼女は一人残された後家を歩き回り、アナベルが封印された部屋を見つけました。 もちろん鍵が何個もかかっているので、中に入ることはできません。 『そりゃそうよね。 私がバカだったわ。 』的な空気をかもし出しつつ、その場を去ろうとすると、まるで彼女を招きれるかのように部屋の扉がゆーっくりと開いたんです!僕はこの時点でまず鳥肌でした 笑。 封印が解かれた場所が、数々の悪霊が閉じ込められた部屋であったこと。 そしてダニエラが部屋中の品に触れてしまっていたことです。 アナベルはこの悪霊たちを呼び起こし、子供たちを恐怖のどん底へとおとしめていきます。 そしてダニエラがパーティーに参加したがっていた理由もここで発覚。 実は彼女少し前に、自らの運転で起こした交通事故で父親を亡くしており、ウォーレン夫妻の家に来れば、再び父親と話せるのではないか、そして父親に謝りたいと考えていたんです。 結果的に話すことはできなかったんですけどね 涙。 ただでさえ最悪の悪霊が取り憑いているアナベル人形。 それに加えて悪霊のお仲間もついたとあれば、鬼に金棒。 アナベルの目的は、ジュディの体を支配することなので、あらゆる手段を使って目的を達成させようと彼女に迫ります。 一方のジュディもさすがは超常現象研究家夫妻の子供。 アナベルが引き起こす家の異変をいち早く察知し、ギリギリのところで憑依を回避していきます。 そんな中でまず犠牲となったのは、ダニエラ。 またダニエラっすよ 笑。 悪霊に取り憑かれた彼女は、ジュディやメアリーを襲い始めます。 必死に応戦する中で、二人はこの悲劇を止めるには、アナベルを再び封印するほかないということに気づきます。 家中を必死で探し回りついに人形を発見すると、急いであの部屋を目指します。 もちろん一筋縄ではいきません。 悪霊たちの障害をかいくぐり、なんとかたどり着きました。 そしていよいよガラスケースに封印!と行きたいところなんですが、ここでもアナベル、強力なパワーで抵抗します。 ケースの扉を力いっぱい閉めようとする二人ですが、アナベルの力を前になかなかうまくいきません。 まあ、映画なのでこうなりますよね。 ここで僕的MOSTゾワっとポイントをご紹介。 シーンは物語終盤、メアリーが悪霊と対峙する場面です。 暗闇の中で懐中電灯片手に必死でアナベル人形を探すメアリー。 すると暗闇の中に悪霊と思しき姿が、ぼーんやりと見えています。 距離にしておよそ2mといったところでしょうか。 恐る恐る懐中電灯で照らしてみると、姿が消えてしまいました。 次の瞬間、懐中電灯の光が消え、部屋は真っ暗に。 通常ならキャストの姿は見える程度に明るい演出がされるところですが、この時シアター内は本当に真っ暗に 汗。 まるで自分もメアリーと同じ空間にいるかのような錯覚さえ覚えました。 なんか見えてる?とスクリーンに目を凝らしていると、突然画面いっぱいにゾンビにも似た姿の悪霊の姿が、断末魔に似た叫び声と共に登場!と同時に僕のポップコーンもバーンッと宙を舞いました 笑。 真っ暗闇に包まれたシアター内は、なんとも言えない気味の悪さを感じさせ、次は何が来るんだという緊張感にゾワー。 からの王道ではあるものの、期待を裏切らないビックリ系の演出。 もう完全にやられましたね。 シアターから逃げ出したくなりましたもん 笑。 エンドロールが流れる頃には、軽い運動した後だっけ?ってくらい汗かいてましたわ。 まとめ.

次の

「死霊館4」か?第4作目の製作が決定!あらすじと公開日を予想!

死霊館 あらすじ

CONTENTS• 映画『アナベル 死霊博物館』の作品情報 C 2019 Warner Bros. Ent. 』 2019 、また「死霊館」シリーズにて脚本を担当してきたゲイリー・ドーベルマン。 超常現象研究家のウォーレン夫妻には ヴェラ・ファーミガと パトリック・ウィルソンが続投します。 また第1作で監督を務め、「死霊館」シリーズの原案者であるジェームズ・ワンが製作に携わっています。 映画『アナベル 死霊博物館』あらすじとネタバレ C 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved 心霊研究家として活動するエド・ウォーレンとロレイン・ウォーレン夫妻。 ある日、アナベル人形に取りつかれたという依頼者の元に向かい、除霊のために人形を持ち帰ることに。 夫妻は帰り道、交通事故に遭遇します。 そこでロレインは事故現場で若い女性の幽霊と思しき姿を発見。 回り道をして家に向かっていると、今度は車が故障してしまいます。 ちょうどそこは墓地のすぐ近くで、ロレインは事故で亡くなった女性の亡霊を再び見つけました。 しかしその後ろにはもっと大勢の亡霊が立っていたのです。 そのうちの一人がエドを道路に突き飛ばし、危うくトラックに轢かれそうになりますが間一髪助かるエド。 ロレインは亡霊を呼び寄せたのも事故の全てもアナベル人形が引き起こしたのではと考えます。 自宅に着いた夫妻はアナベルを地下の保管所に持って行き、神父と共に除霊を行いました。 人形の強い魔力を懸念して、夫婦は教会より持ち帰ったガラスケースに閉じ込めて鍵をかけました。 C 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved 封印してから1年後。 ウォーレン夫妻は変わらず除霊の仕事に協力していましたが、仕事の真偽が問われ、新聞にも夫婦を疑う記事が掲載されてしまいます。 娘のジュディは学校で白い目で見られ、同級生の男の子アンソニーにからかわれたり自分の誕生日パーティーを友達が断ったりと孤立していました。 ジュディは両親と同じく霊感があり、学校で神父のような霊を見かけました。 そんな中、夫妻が遠くの事件を解決するため家を空けることに。 夫妻はジュディよりも年上の学生、メアリーにベビーシッターを依頼します。 メアリーは友達のダニエラに宿題を一緒にしようと無理やり誘われたため、彼女もウォーレン家に連れていくことにしました。 彼女たちはメアリーが片思いしている青年ボブが働いている店に寄った後、家に向かいました。 ダニエラはジュディにローラースケートをプレゼントし、ジュディは大喜び。 メアリーもケーキを焼いてパーティーの準備を進めます。 メアリーはダニエラにケーキの番を頼み、ジュディと共にスケートをしに行きました。 オカルト品や骨董品に興味津々だったダニエラはチャンスとばかりに家を物色して回ります。 夫妻の書斎で、ある鍵を発見したダニエラは「入るな禁止」と書かれた地下の部屋を発見、忍び込んでしまいました。 花嫁衣装、猿の人形、古いテレビ…不気味なものが所狭しと並んでいるところで死者と交信できるブレスレットを発見します。 彼女は父親の写真を取り出しブレスレットに入れて祈りましたが何も起こりません。 ところが地下室を出ようとした瞬間物音がします。 それは椅子に座ったアナベル人形が箱の中で転落した音でした。 箱には絶対に開けてはならないという注意書きがしてあったものの、ダニエラは無視して開けてしまいます。 そこでダニエラはキッチンの火災報知器の音を聞き、慌てて戻りました。 ローラースケートで怪我をして戻ってきたジュディ。 学校のこともあり寂しそうなジュディに、ダニエラは彼女の運転する車のアクシデントにより父を失った経験を明かします。 ダニエラは幽霊でもいいから父に一目会いたいと願っていました。 家に戻ったジュディは閉じ込められているはずのアナベル人形が部屋に座っているのを発見します。 その瞬間、花嫁衣装を身にまとった幽霊がナイフを構えてジュディに突進してきました。 ジュディがとっさに十字架をかかげ悲鳴をあげ幽霊は消えました。 ジュディはあれは着ると凶暴性が目覚めるドレスだと言い、皆凍りつきます。 それでもウォーレン家のオカルト品を探索し続けるダニエラ。 書斎で3人は、狼男だとされる男性のファイルや、死者の魂と引き換えにコインを受け取ったフェリーマン、メアリーになぜかそっくりな少女のファイルと、大量の資料を発見。 ダニエラはアナベル人形についてジュディに尋ねますが、ジュディは怖がって拒否します。 C 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved そのあとダニエラに招待されたボブがピザ屋の配達と同時にやってきました。 ボブもメアリーが気になっていることに気がつき、音楽でアピールするようにアドバイスするダニエラ。 ジュディ、メアリー、ダニエラは早めの誕生日を祝うためケーキを切り、ジュディは2人を今度のパーティーに招待することを約束します。 そこに外から歌声が。 ボブが早速ギターを持って弾き語りをしていました。 しかし喜んだメアリーが外に向かう途中、ボブは黒い大きな犬のような怪物に追いかけ回され、そのまま一家の鶏小屋に隠れてしまいました。 ダニエラは帰ろうとしますが、あの部屋の鍵をそのまま持ってきてしまったことに気がつき引き返します。 ジュディを寝かしつけたメアリーがキッチンの片付けをしていると、コップが勝手にテーブルから滑り落ち割れます。 そこへドアを叩く音が聞こえ、外に出ると何やら不穏な少女が「アナベルと遊びたいの」と一言。 不審に思ったメアリーがジュディの部屋に行くとアナベル人形がジュディに寄り添っていました。 C 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved 一方恐る恐る地下室に戻ったダニエラは閉じ込められてしまいました。 鏡に映った父親の顔が恐ろしく変貌し事故を責め立てたり、未来の動きを映すと思しきテレビに自分の姿が映っていたり、猿の人形に驚かされりと散々な目にあうダニエラ。 何が起こっているのか確かめるため家を歩き回っていたメアリーは、床にコインを発見します。 魂を奪うフェリーマンが現れるものの何とか逃げ出し、ジュディの部屋に向かいました。 ジュディはベッドの中で何者かに足を引っ張られています。 そこにはアナベル人形の姿が。 ジュディは人形を床に投げつけますが、人形の影はどんどん膨張し悪魔の声が響き渡りました。 何とかメアリーと合流したジュディは共に夫妻に電話をかけます。 しかし電話に出たロレインの声はしわがれ声に変わり、人形は魂を欲しがっていると脅しました。 叫び声を聞きつけ2人はダニエラを地下室から救い出しますが、ダニエラは地下室にあるすべてのものに手を触れたことを認めました。 ジュディによれば、アナベル人形が閉じ込められた亡霊たちを解き放ったので、人形を再び封じなければこの事態は終わらないのです。 亡霊たちの動きが再び激しくなり彼女たちは散り散りに。 ダニエラは花嫁の霊に追いかけられ、ジュディはボブを追いかけていた黒犬に付きまとわれますが鶏小屋から出てきたボブがギターで撃退しました。 メアリーは侍の甲冑に妙に引き寄せらたり、フィッシャーマンに再び追いかけられたり散々な目に。 合流したジュディとメアリーはアナベルを見つけようとしますが、そこに花嫁の霊に取り憑かれ凶暴化したダニエラが追いかけてきました。 ジュディの機転で、夫妻が悪魔払いをするビデオを大音量を流し、ダニエラを救い出しました。 そこにジュディが学校で見かけた神父の霊が。 彼に導かれるままにアナベルを発見し地下室へ向かいますが、そこに悪魔が現れてジュディに襲いかかりました。 何とか十字架で撃退し、何とかアナベル人形をケースに戻し鍵をかけました。 こうして恐ろしい一夜は明けたのでした。 夫妻が戻り、そして迎えたジュディの誕生日。 仲違いしていた友達たちやメアリー、ダニエラもやってきたパーティーのシーンで映画は幕を閉じます。 最後には、2019年に亡くなった「ロレイン・ウォーレンに捧ぐ」という言葉が浮かびます。 映画『アナベル 死霊博物館』の感想と評価 C 2019 Warner Bros. Ent. しかし一番の本作の魅力は恐怖をこらえながら懸命に闘い、時に誰よりも冷静な ジュディを堂々と演じたマッケナ・グレイスちゃんのチャーミングさです。 本作はジュディ、メアリー、ダニエラという少女たちが主人公ですが、奇妙なことが起こったり亡霊の気配があっても彼女たちが少し呑気すぎるような構成は残念なポイントでした。 それでも撮影裏ではマッケナ・グレイスが撮影した写真に黒い影が映り込んでいたり、彼女がいきなり鼻血が止まらなくなったりと奇怪な現象が起こったそうで、 現場で専門家が除霊を行ったそうです。 まとめ C 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved 世界を拡大していく「死霊館」シリーズ。 2019年5月に日本で公開された、 花嫁衣装の亡霊が登場する『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』 2019 はシリーズのスピンオフ作品です。 本作で登場した フィッシャーマンや黒犬など亡霊たちに関する作品もこれから製作されていくかもしれません。 怖い怖いアナベル人形に再び会う前に、シリーズを振り返ってみてはいかがでしょうか?.

次の