ガレリアzz 電源。 【GALLERIA ガレリア ZG 2080Super 実機レビュー】スペックやベンチマーク、おすすめカスタマイズについて解説

GALLERIA ZZ(ガレリア ZZ)8358|ゲーミングPC|パソコン通販のドスパラ【公式】

ガレリアzz 電源

この記事の目次• 変更されることもあるので、最新の情報は公式ページを見てください。 超高性能モデルなのでカスタマイズは特に必要ありません。 こだわるのであれば電源ユニットをもう少し容量の大きいものにするぐらいでしょうか。 メモリも16GB搭載されていますし、そのまま注文しても特に問題はありません。 ガレリアZZ 9900Kの開封&付属品 まずは開封から。 大きな梱包材に挟まれる形で梱包されています。 小さな梱包材は特に無いのでゴミも少なく、かつ衝撃に強そうな感じです。 付属品は他のガレリアシリーズと同じです。 ドライバディスク、キーボード、マウスと基本的なモノになります。 またそれ以外にも• 接続用のマニュアル 取扱説明書• eスポーツ施設24時間分ペアチケット• Steam版PUBG・Steam版PUBGのゲーム内アイテムもしくはSteam ウォレットコード1,000円分 が付属します。 付属品は充実しているため、購入してすぐそのまま使用できます。 毎度のことですが、マウスは使用感が微妙なのでおすすめしません。 サイズや形で馴染みやすさが全然違いますし、自分の手にあったものを別途用意しておくほうが良いです。 ガレリアZZ 9900Kの外観 外観は他のガレリアゲーミングPCと同じく真っ黒でシンプルなデザインです。 ケースは ガレリア専用 KTケースで、カスタマイズでサイドパネルをアクリル 透明 に変更可能です。 USB3. 1 x2• SDカードリーダー• MicroSDカードリーダー• マイク入力• ヘッドホン出力• 再起動ボタン• 電源ボタン フロントパネルの接続端子です。 SDカードリーダーがついているため、撮影した画像や動画データを手軽に転送できます。 割と重要なポイントですね。 使う機会はそう多くないですが、再起動ボタンがついているのもポイント。 DVDドライブも搭載されています。 最近はデザイン重視でDVDドライブを搭載できないタイプのケースが多かったりしますが、割と使うので標準搭載はありがたいです。 USB3. 1 x2• DVI-D• D-Sub• HDMI• USB3. 1 Type-C x1• USB3. 1 x1• USB2. 0 x2• LANポート• マイク入力• ラインアウト ライン出力• ラインイン ライン入力 一通り揃っていて、モニターの出力端子は使用しないためカバーが取り付けられています。 USBポートの数も豊富なのでまず困ることはないと思います。 USB Type-C• DisplayPort x3• HDMI x1 グラフィックボードの出力端子はRTXシリーズの定番ともいえる構成で、今まで標準搭載されていたDVI-Dが消えています。 ゲーミングモニターであればHDMIやDisplayPortに対応していますが、古いモニターだとD-SubやDVI-Dしか繋がらない場合もあるため、別途変換コネクタ等を用意しておく必要があります。 とはいえ、たいていのモニターにはHDMIがあるはずなので平気なはずです。 注意すべきはデュアルディスプレイにするようなケースですね。 上部はメッシュになっていて、排気用のファンが付属しています。 ケースの上に物を置くことも多いですが、ここを塞ぐと熱がこもりやすくなるため、できるだけ開けておきましょう。 ガレリアZZ 9900Kの内部パーツをチェック 続いては内部のパーツを見ていきます。 全体的にスッキリした印象で、大きなCPUクーラーとグラフィックボードが目立ちます。 comなどのランキングでも1位です。 グラフィックボードはPalitの「RTX2080Ti 11GB GamingPro OC」が使われていました。 見た目もシュッとしていてカラーも渋いです。 とてもカッコイイ。 RTX 2070やRTX 2080の赤も良かったですが、ゴールドな色合いもシックな感じで良いですね。 性能については後述しますが、RTX 2080 Tiなのでもちろん高性能です。 マザーボードはASRockの「Z390 Phantom Gaming 4」が使われていました。 最新のCPUに合わせてマザーボードも選ばれていますね。 電源ユニットはSILVERSTONEの750W電源が使われています。 フルプラグインタイプなので使用しないものについては外しておけます。 メモリスロットは4つ。 8GBメモリが2枚搭載されているため、2枚まで増設可能です。 続いてストレージ類。 ガレリアZZ 9900KはNVMe接続SSDが標準搭載になっており、「Samsung 970 EVO」が使われていました。 こちらも高速なSSDでとても人気です。 ただしNVMe接続のSSDは確かに早いものの、ので、そこまで大きな期待はしないほうが良いと思います。 HDDはSeagateの3TBです。 ガレリアZZはM. 2 SSDが使われているため、3. 5インチベイの空きが他のモデルよりも多いです。 そのため拡張性も少しだけ高くなっています。 5インチベイはDVDドライブでひとつ使用しているため、4箇所空いています。 5インチベイと合わせてこれだけ空いていればまず困らないはずです。 ガレリアZZ 9900Kをデスクに設置 実際にデスクに設置するとこんな感じになります。 ケースの蓋はあえて開けてみました。 中が見えるほうが良い!という場合は、カスタマイズでサイドパネルをアクリルにしましょう。 サイドパネルを付けるとこんな感じになります。 真っ黒でシンプルなため、どんな部屋にも合いそうですが、サイズが大きいのでデスクの上に置くのはちょっと微妙です。 やはり机の下に置くのがベストですかね。 ホコリ的な意味では机の上に置くほうが良いから迷うね。 ガレリアZZ 9900Kの性能をベンチマークソフトでチェック もっとも重要なゲーミング性能をチェックしていきます。 フルHDでゲームを遊ぶなら最高画質も余裕ですし、むしろ持て余すぐらいの性能です。 4Kなども視野に入れたゲーマー向けという感じですね。 ガレリアZZ 9900Kのゲーム性能をチェック ガレリアZZ 9900Kにゲームをインストールし、実際に遊んでフレームレートを計測します。 フレームレートの目安• 144fps:ゲーミングモニターを最大まで活かせる• 60fps:普通のモニターで快適に遊べる• ここが限界• 50fps以下:カクカクしてまともに遊べない。 FPSは酔ってしまったり、負けやすくなる。 基準はこんな感じです。 フレームレートはゲームの快適度に直結するところなので最も重要です。 CoD:BO4 最高設定 135. 95fps 中設定 162. 49fps 最低設定 169. 53fps マップ内を一周 モンハンワールドは最高設定で130fps超えです。 やはりすごい性能です。 ガレリアZZはどのゲームも最高設定で遊べる超高性能PC 最強のグラボ+最強のCPUということで、 どのゲームも最高画質で満足できるほど快適に動作させることができました。 僕自身もRTX 2080 Tiを使っている身ですが、フルHDのゲームであればどれも余裕で持て余す性能です。 どちらかというと WQHDのゲーミングモニターや 4K、 VRでゲームを遊びたい人向けですね。 フルHDで高画質目的であれば、RTX 2080でも良いのかなぁというのが正直なところです。 ただ、黒い砂漠のリマスター版など、超高スペックでなければ快適に動かせない場合もあるので、遊びたいゲームに合わせるのが良いと思います。 また今回は検証していませんが、BFVなどのレイトレ対応したゲームを遊ぶ場合もガレリアZZがおすすめです。 中途半端に妥協すると求めていた画質で遊べなくなってしまうので、予算に余裕があるなら高性能なPCを選びましょう。 ガレリアZZでやっておくべきカスタマイズ 実際に使っている限りでは、特に気になる点はありませんでした。 騒音も気になりませんでしたし、通常時のまま購入し、すぐに使うのがおすすめです。 もし予算に余裕があれば電源ユニットを更に高品質なものにしたり、サイドパネルをアクリルにする等のカスタマイズをしても良い気がします。 ガレリアZZの評価まとめ さすがの最高スペックと言うだけあって、どのゲームも快適に動かせました。 これだけの性能なら数年後でも一線級ですし、まず買い替えは必要ないでしょう。 スペック不足で悩まされることもなく、これから出てくる最新ゲームはどれも快適に遊べます。 ガレリアZZのメリット• 最強のグラボと最強のCPU• 高画質でゲーミングモニターは余裕• VRや4Kでゲームを遊びたい人向け• 拡張性が高い• 新しく出てくるゲームも快適に遊べる• 数年先も一線級のスペック• フルHDでゲームを遊ぶなら過剰な性能 メリットはとにかく性能で、 最新ゲームも快適に動かせます。 ただし価格は30万円を上回りますし、 フルHDで軽いゲームしか遊ばない人には不向きです。 とはいえ、最近はe-Sportsが大流行していますし、PUBGのようなゲームが突然現れる可能性もあります。 そのため、将来性も考えるなら十分選ぶ価値があります。 コスパを求めるのであればやを搭載したゲーミングPCのほうが優秀ですが、 性能で妥協したくない、どのゲームも最高設定でヌルヌル動かしたいというのであれば、ガレリアZZは良い選択肢です。

次の

GALLERIA ZZ(ガレリア ZZ)8358|ゲーミングPC|パソコン通販のドスパラ【公式】

ガレリアzz 電源

2mm OS Windows 10 Home 64ビット CPU インテル Core i7-8700K 6コア12スレッド 3. 製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。 外観 スマートなミドルタワーケース 日本刀をイメージしたという、エッジのきいたフロントマスクが印象的なミドルタワーケースです。 カラーもブラック一色でとてもスマート。 使う人を選ばない良いケースですね。 どうしても見た目に目が行ってしまいますが、個人的には底面の防振用インシュレーターも好きです。 プラスチック製ではなく、 ゴム製の頑丈なタイプが取り付けられており、安定感はバツグン。 高冷却ケース エアインテークは フロントパネル、サイドパネル、底面、天板の4か所。 給排気用のファンは 12cmファン計3基で、吸気用のファンがフロントに1基、排気用のファンが背面と天板にそれぞれ1基づつ取り付けられています。 スムーズなエアフローで文句なしの冷却能力を誇ります。 回転数が上がるとたちまちうるさくなる12cmファンですが、 静音タイプが取り付けられているので、 とても静か。 深夜の静かな部屋で動かしてもほとんど気になりません。 なお、オプションで12cmファンを増やせますが、これだけあれば十分すぎます。 ちなみに、フロントパネルには ダストフィルターが取り付けられており、フロントパネルを外せば掃除できます。 ただ、パネルの配線がつながっているので、破損しないように注意です。 USB Type-C端子搭載 インターフェースですが、 USBはオール3. 0の前後あわせて計8つと、十分な数が付いています。 スマホなど、Type-Cを搭載するデバイスが増えてきているので、このあたりは時代を感じますね。 一方で、昔ながらの PS2ポートも搭載されているので、そのギャップがなかなか面白いです。 ともあれ、古いキーボードを再利用できるのでとても便利です。 フロント部分に SDカードリーダーがついているのも、地味ながら嬉しいですね。 ケースが狭いと手が思うように入らず、最悪ケガをしてしまうこともあるのですが、このケースではそんな心配もありません。 その数は 5インチベイ5基、3. 5インチベイが5基の計10基!デュアルストレージ構成なので、残りは5インチベイ4基、3. 5インチベイは3基です。 まさに拡張しがいのあるケースということで、購入後もおいしいケースに仕上がっています。 ちなみに、この3. 5インチベイは ツールレスとなっており、ワンタッチで取り外しが可能です。 HDDやSSDの交換もかんたんにできるようになっています。 裏配線には非対応ですが、インシュロックでしっかりまとめられているので仕上げはとてもきれいです。 裏配線のメリットとして、エアフローがスムーズになる、 きれいな配線を見てニヤニヤできる…などがあげられます。 しかし、きれいにまとめさえすればエアフローに大差ありませんし、なにより内部が見えないケースなので、 全く問題なし。 ASRock製マザーボード搭載 BTOでは組み込み専用のマザーボードを使うのが当たり前でしたが、最近では自作パーツを使うことが多くなってきました。 このモデルではASRock製の 「Z370 Pro4」を搭載しています。 ASRocのZ370チップセットといえば「まずこれ」というべきスタンダードモデルです。 スタンダードですが、欲しい機能はしっかり装備しています。 高耐久で品質の高い部品を使用し、通常のSSDよりもさらに高速なNVMeタイプのSSDに対応した M. 2スロットを標準装備しています。 また、ゲームで嬉しい機能も標準装備。 ネットの安定性に優れた インテル製のLANチップや、独自のサウンドシステム 「ELNA Audio」を搭載しています。 なお、電源は90%の電力変換効率を誇る低発熱・省エネの 800Wのゴールドクラス電源を搭載しているのも嬉しいですね。 大型CPUクーラーでしっかり発熱対策 Zシリーズのモデルということで、 「静音パックまんぞくコース」が標準で搭載されています。 サイドフロー式は、ヒートシンクの熱を前から後ろに排熱するタイプで、エアフロー上冷却効率に優れた構造になっています。 外排気タイプのGTX 1080 Ti搭載 グラフィックボードは最強の GTX 1080 Tiを搭載しています。 パワーアップしたCore i7-8700Kとの相乗効果で、 4Kの超高解像度に最適。 ボードそのものはよくある ブロワファン搭載の外排気タイプです。 大型のファンを搭載したいわゆる「オリジナルファン」タイプより冷却性能は弱いですが、ダイレクトに外部へ排気できるのが強み。 オリジナルファンのように内部に排熱をまき散らさないので、 エアフローがスムーズで内部に熱がこもりにくく、オーソドックスながらも優れた冷却システムです。 温度 こちらはFF14ベンチマークを実行した際の各パーツの温度です。 さすがヒートパイプ4本のサイドフロー式は伊達じゃないですね。 まさに優れたエアフローのたまものですね。 ベンチマーク 各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみました。 CINEBENCH CINEBENCHは3Dグラフィックのレンダリングソフトで、CPUのシングル・マルチでの性能を測ることができます。 6コア12スレッドに増え、TB時のクロックが高くなっているので、性能はしっかり上がっています。 Core i7-7700Kより 約47%も性能高くなっているので、レンダリングやエンコードなどのマルチタスクでさらに性能を発揮します。 3DMARK 3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。 現在主流の 「Fire Strike」と「Time Spy」のスコアをチェックしてみましょう。 GTX 1080 Tiの貫禄十分なハイスコアです。 重量級のテストがスムーズに動くのは感動ものですね。 Time Spyでは伸びがイマイチですが、グラフィック能力に重点を置いたテストなので、やむなしです。 FF14 ゲーミングPC業界において、 ある意味「標準ベンチマークソフト」ともいえるFF14ベンチマーク。 DirectX 11・フルHD解像度・最高品質という重量級のグラフィック設定で、 スコア7000以上の「非常に快適」をマークできれば、現行オンラインゲームを幅広くプレイできるスペックだと判断することができます。 4K WQHD フルHD ガレリア ZZ 8765 15654 18561 LEVEL-R027-i7K-XNA 8721 15553 18053 CPUの性能向上がスコアに ほぼ反映されない結果に。 それもそのはず、FF14は4コア8スレッドに最適化されたゲームだからです。 4コア8スレッドに最適化されたゲームが多い現状では、どちらを選んでも大差ないと言えます。 しかし、「Call of Duty: WWII」や「PUBG」などマルチコア・マルチスレッドに最適化されたゲームがじわじわとリリースされてきているので、 将来的にみるとやはりCore i7-8700Kがおすすめです。 ともあれ、GTX 1080 Tiであれば、 FF14をとても快適にプレイすることができます。 4Kも十分いけますが、60 FPSに少し届かないので、設定をワンランク落としてあげるのがいいでしょう。 以下サクッと軽いゲームのベンチマークをチェックしてみましょう。 PSO2 エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。 スコア5000以上が快適にプレイできる目安となり、フルHDで 67319と非常に高いスコアです。 ドラゴンズドグマ オンライン このゲームもPSO2と同じく、軽めのゲームです。 スコア7000以上で「とても快適」となります。 フルHDでスコア 15500と余裕のスコア。 モンスターハンターフロンティアZ こちらはさらに軽いモンハンZのベンチマークスコアです。 特に目安となるスコアはないのですが、フルHDでスコア 63251と文句なしのハイスコアです。 ちなみに現在では 「High Grade Edition」という 高グラフィックバージョンがリリースされていますが、GTX 1080 Tiであれば光や影をマシマシにしてプレイすることもできます。 ドラクエ10 グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。 スコア5500以上で「すごく快適」の評価となります。 結果は言わずもがなです。 ゲームのインストール容量がどんどん重くなってきていますが、500GBもあれば容量不足の心配もありません。 ストレージ速度を測るソフト「CrystalDiskMark」で、転送速度をチェックしてみました。 SSDとHDDの速度差は一目瞭然ですね。 一番速さの違いを体感できるパーツがSSDといわれるだけあり、ゲームにおいてはランチャーの起動やロード時間が短縮され、数値以上の速さを実感することができます。 SSDは信頼性の高いCrucial製のスタンダードモデル 「MX300シリーズ」が搭載されています。 シーケンシャル・ランダムともにムラなく速い、コスパに優れたモデルです。 おすすめカスタマイズ カスタマイズの必要がないほど充実した初期構成です。 あえてやるなら、グリスのカスタマイズが安いのでおすすめ。 また、予算や用途次第でストレージやメモリの容量を増やして、さらに上を目指してみるのもいいでしょう。 icon-check-circle まとめ マルチタスクに強くなった最新のCore i7ですが、ゲームとなると前世代のCore i7と大差ないというのが現状です。 しかし、今後は6コア12スレッドに最適化されるゲームが多くなることを考えると、今なら最新のCore i7一択と言えるでしょう。 ハイエンドのGTX 1080 Tiとあわせて、 長く使えるパーフェクトな4Kモデルです。

次の

【GALLERIA ガレリア ZG 2080Super 実機レビュー】スペックやベンチマーク、おすすめカスタマイズについて解説

ガレリアzz 電源

Xbox Game Pass for PC同梱版は、Windows 10上で100本を超えるハイクオリティなPCゲームを無制限にお楽しみいただけます。 Xbox Game Pass for PCのアカウント登録には、クレジットカード情報が必要です。 トライアル期間が終了すると、キャンセルしない限り現在のサブスクリプション料金が毎月請求されます。 Xbox Game Pass for PCの30日間トライアルの利用にはアクティベーションおよびクレジットカードが必要です。 お客様がキャンセルしない限り、トライアル期間終了時に、現行のサブスクリプション料金が請求されます。 時間の経過と共に、ゲームカタログは変化します xbox. Xbox Game Pass Ultimateユーザーには、変換率が適用されます。 All rights reserved. セーフティサービスなら!! 月々680円~• お客様過失の故障もすべて修理無料! パソコンを落としてしまっても、コーヒーをこぼしても、液晶を割ってしまっても最長3年間すべて無料で修理いたします。 365日&リモートサポート無料! 電話&リモートで家にいたまま何度でも無料でサポートを受けることができます。 パソコン内部清掃サービス無料! 故障の原因となるパソコン内部に溜まったホコリなどの清掃を無料で承ります。 より長く快適に使えます。 中古買取10%アップ! 中古の買取査定額をいつでも何度でも通常査定額の10%アップで買取いたします。 最低利用期間や、解約手数料はありません。 OS Windows 10 Home 64ビット オフィスソフト Office なし Steam Steamクライアントのインストール CPU インテル Core i9-9900K 3. 60GHz-5. 2 x2 入出力ポート 前面:USB3. 0 x2 背面:USB2. 0 x2 USB3. 2(高さ) mm 重量 約13. 9kg 持込修理保証 保証期間1年 主なカスタマイズ メモリ 電源 CPU SSD ハードディスク グラフィック機能 ユーザーレビュー PC性能は文句無しなのですが、 届いた初日に初期不良でパーツ交換をしてもらいました。 そして2日後に手元に戻って来たのですが、 カラカラと音がするなと思い中を確認してみると、 マザーボードの部品が1箇所取れていました。 それと、コードがきちんと刺さってなかったのか 一本抜けてる物まであると言う状況で帰ってきました。 初期不良で修理依頼で返したのに、マザーボード壊されてるはコードはきちんと刺さってないわで最悪な対応でした。 今は半年使ってますが。 半年の間にPCの処理落ち数十回、PCの初期化十数回 そして今はOSすら起動しない状態です。 なのでPC自体の性能は良いですが。 サポート、修理、などはお勧めできないので 買うなら違う所で買うのをお勧めします。 2人中、2人の方が、「この評価が参考になった」と投票しています。 主なカスタマイズ メモリ このPCでプレイするゲーム ファイナルファンタジーXIV(FF14), その他 ユーザーレビュー 6年ぶりの新PCです。 次も長く使うことを考えてこのグレードに決めました。 ガレリアを選択したのは知り合いの多くが使ってるのを知ったからです。 良いところは他の人と同じ感じなので、気になった部分だけ書きます。 〇サウンド ホームシアターに光デジタルで接続5. 1chにしたかったのですが、標準構成では難しいようです。 これは購入前に聞いて知っていたので、SoundBlaster Zを自分で追加して対応しました。 〇静音性 以前に使っていたケースがP180で無音に近かったのもあって、思ったより音がします。 ゲームで音を出しているとまったく気にならないレベルです。 〇KTケース フロントにあるSDカードリーダーの向きが逆なのが最初気になりました。 フロントパネルの外し方がよくわかりません。 〇マニュアル Windows10の認証のやり方の説明が今のやり方と違っていて、電話対応してもらいました。 いくつか気になった点も書きましたが、総合的には大満足です。 2人中、2人の方が、「この評価が参考になった」と投票しています。 主なカスタマイズ メモリ ユーザーレビュー Intel Core i7-2600K(3. 4GHz)からの変更です。 構成についてですが、すでにレビューに書かれているものとほぼ同じです。 メモリを変更しており、16Gx2枚32Gにしましたが、Samsungのメモリになっていたところが違うところでした。 速度においての感想ですが、起動時間が短いのに驚かされました。 待っているという感じはないです。 いつもなら、スリープにして放置するところ、電源切ることが多くなりました。 ZBrushにおいて、2600kは300万ポリゴンでもっさりしているのに対し、9900kは2000万ポリゴンを超えても遅延を感じることがありません。 FF14のベンチですが SCORE:21736 平均フレームレート:156. 974 画面サイズ: 1920x1080 スクリーンモード設定: フルスクリーンモード DirectX バージョン: 11 グラフィック設定のプリセット: 最高品質となっておりまったく問題ありません。 ゲームにおいても3D制作においても、ストレスなく作業ができるようになり満足しています。 2人中、2人の方が、「この評価が参考になった」と投票しています。 主なカスタマイズ メモリ ユーザーレビュー CPUはCore i9-9900K、GPUはGeForce RTX 2080Tiとスペック的には申し分ありません。 メモリも32GBにしたので、これから動画編集やゲーム配信などに使っていきたいと思っています。 なお、私が購入したPCのマザーボードは「AsRock Z390 Phantom Gaming 4」でした。 このモデルはマザーボードのメーカーにかかわらず、PCIeのスロットはPCI-E x16 x2, PCI-E x1 x3と表記されていますが、このうち、GeForce RTX 2080TiによってPCI-E x16 x1とPCI-E x1 x2が占有されるため、拡張性は実質、PCI-E x16 x1(実際はPCI-E x4 x1)とPCI-E x1 x1の2つとなります。 私には2つだと少し拡張性には乏しい印象です。 例えば、マザーボードが「AsRock Z390 Phantom Gaming 4」ではなく「AsRock Z390 Phantom Gaming 6」であればもう1つスロットに空きができるため、できればマザーボードもカスタマイズ項目にあると、拡張性に関する選択肢があって良かったのではないかな、と思います。 あと納期についてですが、ここはさすがドスパラということでとても早かったです。 とても満足しています。 気になることとして1点、サイドパネルを開けて中の配線を確認してみたのですが、マザーボードに刺しているGeForce RTX 2080Tiの下に電源からケーブルが通っていて、そのままだと空いているPCIeスロットにキャプチャーボード等を刺そうとしたときに、明らかにそのケーブルが干渉してしまうように見えました。 このような配線が普通なのかはPC自作に疎い私にはわかりませんが、今度、写真を撮ってみて店舗で確認してみようかな、と思っています。 最後になりますが、このモデルのPCでできないことはほとんどないと思いますので、色々な用途で活躍させていきたいと思います。 拙いレビューとなりますが以上です。 2人中、2人の方が、「この評価が参考になった」と投票しています。 このPCでプレイするゲーム レインボーシックス:シージ, その他 ユーザーレビュー 性能的には文句の付けようがなく、逆に欲張りすぎてオーバースペック気味になったぐらいです(笑)カスタマイズもグリスを多少良いものにしたぐらいで初期構成のままで十分幸せになれます。 ただ一点マイナス面をあげるとすれば、RTX2080tiグラフィックカードに残る不安です。 ゲーム中にカクツキが何度か見られるのと、一度フリーズしそのまま強制終了する場面がありました。 が、死亡はしていないので初期不良によるものか、ドライバーが安定していないのかが現時点では判明していないのでしばらく様子見をしたいと思います。 その一点を除けば、共に至福の時間を過ごせる頼もしいパートナーであり購入した事に間違いないと思える存在になります。 1人中、1人の方が、「この評価が参考になった」と投票しています。 ・マザボ ASRock ・グラボ Palit ・メモリ Hynix ・HDD SEAGATE ・CPUファン 虎徹Mark2 【感想】 ・購入時に「2日で出荷」と書いてありましたが、購入から2日で届きました。 ・PC内を確認したところ、サウンドカードを増設することもできるようです。 ・ゲーム用途で高いフレームレートが出せるPCを求めて「ガレリアZZ i9-9900K」を選びました。 まだ届いてから2,3日しか経ってませんが、とても満足しています。 1人中、1人の方が、「この評価が参考になった」と投票しています。 実際に購入したユーザーに質問ができます。 質問内容は、回答がつくと掲載されます。 質問方法 1. 「この商品について質問する」をクリック。 質問内容・名前 ニックネームOK ・メールアドレスを入力。 「投稿する」ボタンをクリック。 その後、ご入力いただきましたメールアドレスに確認のメールが届きます。 メール内にある「質問の投稿を申請する」ボタンをクリック。 以上で質問完了です。 質問に回答されると、質問者のメールアドレスに回答内容が届き、後日WEBに反映されます。 ハードとソフトには多くの種類があり、どの組合せで快適プレイ出来るかがわかりにくい状況です。 ドスパラxゲームライナー監修で快適にゲームプレイ出来る組合せを創りました。

次の